WiMAX2+のピンポイントエリア判定が「△」や「圏外」だった場合は?

WiMAX2+を利用する前に、まずチェックしたいのは、使用する場所がWiMAX2+のサービスエリアの範囲内であるかどうかだと思います。

WiMAX2+の電波は、ほぼ全国の都市部はカバーしている一方で、都市部から離れた場所だと、提供エリアの範囲外だったりする場合があります。

 

また、WiMAX2+利用予定の場所が、サービスエリアの範囲内だったとしても、

  • エリアの僅かなすき間に入ってしまうような場所で、WiMAX2+の電波が届かない
  • 自宅のカベや周りの遮断物によって、WiMAX2+の電波が通らない

といったケースも考えられます。

 

そこで今回は、「WiMAX2+が利用できるかどうか分からない場合どうすればいいのか?」というテーマで分かりやすく解説していきます。

UQコミュニケーションズのピンポイントエリア判定

WiMAXの本家であるUQコミュニケーションズでは、「ピンポイントエリア判定」という無料ツールを提供しています。

これは言葉通り、自分がWiMAX2+を利用する予定の場所が、サービスエリアの範囲内であるかどうかピンポイントで判定してくれるツールです。

UQコミュニケーションズのサービスエリアマップ(WiMAX2+・UQ mobile)

特定の場所のWiMAX2+サービスエリアを判定してくれるサービス

特定地域のWiMAX2+電波を調べる場合、上記の「ピンポイントエリア判定」を使うのが効果的です。

「ピンポイントエリア判定」は、その住所でWiMAX2+が使用可能かどうかをチェックしてくれます。

サービスエリアマップについて

ちなみに、同じページにある「サービスエリアマップ」も、WiMAX2+の提供エリアを調べるツールです。

このツールは、WiMAX2+使用可能なエリアがピンク色になっているので、とても分かりやすいかと思います。

ただ、WiMAX2+電波の性質上、マップでは使用可能となっていても、エリアの一部だけ通信できないというケースが結構あります。

このため、「サービスエリアマップ」は、広い範囲でWiMAX2+の提供エリアを確認するためのツールと言えます。

判定は「〇、〇~△、△、圏外」の4段階

ピンポイントエリア判定〇~△②

ピンポイントエリア判定△

ピンポイントエリア判定では、「〇、〇~△、△、圏外」の4段階で判断が行われます。

ちなみに、現在UQコミュニケーションズの「ピンポイントエリア判定」では、そのアイコンが美女時計バージョンになってる点がユニークです。

「〇」判定の意味

ご利用可能と思われます。

ただし、建物周辺の地形、建物形状、建物内の利用階数・窓からの距離・利用場所等により通信しにくい場合や、圏外となる場合があります。

「〇~△」判定の意味

ご利用可能と思われます。

ただし、建物周辺の地形、建物形状、建物内の利用階数・窓からの距離・利用場所等により通信しにくい場合や、圏外となる場合があります。

「△」判定の意味

建物周辺の地形、建物形状、建物内の利用階数・窓からの距離・利用場所等により通信しにくい場合や、圏外となる場合があります。

「圏外」判定の意味

WiMAX 2+は現在エリア外です。

このエリア判定の結果が全てというわけではない

ただし、ピンポイントエリア判定で良い結果が出たからといって、必ずしもWiMAX2+が利用できるというわけではありません。

判定が「〇」なのに、WiMAX2+が利用できないことはあるのでしょうか?

「△」の判定が出た場合、WiMAX2+は利用できないのでしょうか?

WiMAX2+の電波はコンクリートなどの壁に遮断されやすい

WiMAX2+は電波の性質上、コンクリートなどの壁に遮断されやすい傾向にあるからです。

かつてWiMAX2+が登場する前の旧WiMAXは、建物の中など室内では「速度が急激に遅くなる」「ネットが繋がらない」といった不満の声が多数ありました。

WiMAX2+に移行してからはだいぶ改善されましたが、それでも「壁・建物に遮断されやすい」という性質は少なからず引き継いでいます。

特に、鉄筋コンクリートの建物の中は、今でも電波が遮断されやすいです。

判定が「〇」でも、何かがWiMAX2+の電波を遮断している可能性

そのため、ピンポイントエリア判定における「○」もそこに電波が通っていると言うだけで、何かによって遮断されている可能性も十分に考えられるわけです。

逆に「△」「✖」だからといって、WiMAX2+が絶対に繋がらないかといえばそうではありません。

いざWiMAX2+を契約してみると、「普通に使えた」「全然問題ない」といった口コミもネット上には多数見られます。

WiMAX2+のピンポイントエリア判定が「〇」「〇~△」だった場合

ピンポイントエリアの判定が「〇」だった場合、その場所でWiMAX2+が利用できる可能性はかなり高いです。

また、「〇~△」だった場合は、「〇」よりは可能性が下がりますが、それでも問題なくWiMAX2+が使える可能性の方が高いですよ、という意味です。

WiMAX2+が利用できないケース

ただし、上記で紹介したように、WiMAX2+の電波は「壁に遮断されやすい」という性質を持っています。

これはつまり、エリア判定が「〇」「〇~△」でも、WiMAX2+を使用する場所の周りにたまたま電波を遮断する建物があると、WiMAX2+が利用できないケースがあることを意味します。

エリア判定が「〇」でも不安に思うのは当然

そのため、

  • 自宅の近くに大きなビルがある
  • 自宅付近に大きなマンションが立ち並んでいる
  • 利用予定の職場・学校が建物に囲まれている

といった理由で、WiMAX2+の契約に不安を抱く方はいらっしゃるか思います。

 

特に、過去に旧WiMAXを利用していて、ビルなどの室内で通信が遮断された経験がある方は、WiMAX2+の電波にも少し不安になってしまうのは当然だと思います。

そんな人におすすめなのがGMOの「20日以内キャンセル」

ピンポイントエリア判定が「〇」でも、自宅の周りに建物が多いから不安という方には、

GMOとくとくBBのWiMAX2+の「20日以内キャンセル」

というサービスがおすすめ。

20日以内キャンセルとは

この20日以内キャンセルは、「WiMAX2+を契約後、20日以内であれば、キャンセルしてもGMOが解約違約金を全額負担してくれる」というサービスです。

 

つまり、実際に1度WiMAX2+を利用してみて

  • ネットが快適に使えない
  • 電波が遮断される
  • 速度が思っていたより遅い

といった場合、20日以内にキャンセルすれば、本来解約時にかかる違約金が免除されるサービスなのです。

20日以内キャンセルの注意点

キャンセルをする場合は、必ず「GMOとくとくBBお客さまセンター」まで連絡してください。

20日以内キャンセルは、申し込み住所がUQコミュニケーションズのピンポイントエリア判定が「〇」「〇~△」の方に限ります。

ですので、申し込み住所の「ピンポイントエリア判定」を必ず確認してから申し込むようにして下さい。

継続利用することになったとしてもGMOなら問題ナシ

もし、「GMOとくとくBBのWiMAX2+」を1度契約してみて、問題なく使えた場合、そのまま継続利用するかと思います。

その際、WiMAX2+が問題なく使えることが分かったら、「どうせならお得なキャンペーンを実施しているプロバイダのWiMAX2+を契約したい」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、「GMOとくとくBBのWiMAX2+」であれば、全く問題ありません。

そもそもGMOは、業界最高クラスのWiMAX2+キャンペーンを展開しているプロバイダ。

実際、WiMAX2+プロバイダの中で断トツの人気を誇ります。

 

「20日以内キャンセル」についてもっと知りたい方は、下記ページをご覧ください。

WiMAX2+のピンポイントエリア判定が「△」だった場合

ピンポイントエリアの判定が「△」だった場合、その場所でWiMAX2+が利用できる可能性は五分五分といったところでしょう。

分かりやすく言えば、そこまでWiMAX2+電波が強いエリアではないので、自宅付近の建物によって通信が遮断される可能性が「〇」「〇~△」の場合よりは高いといった感じです。

エリア判定が「△」でも利用できるケース

それでも、ネット上の口コミを見てみると、「判定は△だったけど、普通にデータ通信できた」といった内容のものがちらほら見られるので、試してみる価値は十分あります。

実際、UQコミュニケーションズも、エリア判定が「△」の場合

建物周辺の地形、建物形状、建物内の利用階数・窓からの距離・利用場所等により通信しにくい場合や、圏外となる場合があります。

と公式サイトに記載しているので、利用場所の通信環境によっては問題なく使えるということになります。

GMOの「20日以内キャンセル」は利用不可

ただし、ピンポイントエリア判定が「△」だった場合は、先ほど紹介したGMOの「20日以内キャンセル」は、利用することができません。

「20日以内キャンセル」の利用条件に

お申込み住所がUQ WiMAXのWiMAX2+ピンポイントエリア判定が○の方に限ります。

と記載があるので、エリア判定が「△」と出た場合は、このサービスを利用することができないのです。

そんな人におすすめなのがBroad WiMAXの「8日以内キャンセル」

Broad WiMAXの8日以内キャンセル

ピンポイントエリア判定が「△」でも、WiMAX2+が利用できるかどうか1度試してみたいという方には、

Broad WiMAXの「8日以内キャンセル」

というサービスがおすすめ。

8日以内キャンセルとは

Broad WiMAXでは、「8日以内の申請で契約キャンセルが可能!」というサービスが提供されています。

これは、ルーター端末が届いてすぐの段階であれば、解約金(違約金)を支払うこと無くキャンセルをすることができるサービスです。

 

つまり、実際に1度WiMAX2+を利用してみて

  • やっぱり周りの建物によって遮断された
  • データ通信はできるが、速度に不満足

といった場合、8日以内にキャンセルすれば、本来解約時に発生する違約金が免除されるということです。

8日以内キャンセルの注意点

キャンセル申請日から1週間以内に、「端末」「SIMカード」「保証書」「USBケーブル」「端末個装箱」のいずれかの返送がない場合、このサービスの対象外となります。

端末到着日を1日目とした8日以内に申請する必要があります。それ以降の申請はこのサービスの適用外となります。

返送料はユーザー負担となります。

継続利用することになったとしてもBroad WiMAXなら安心

もし、Broad WiMAXを1度契約してみて、問題なく使えた場合、そのまま継続利用するかと思います。

その際、WiMAX2+が問題なく使えることが分かったら、「どうせならお得なキャンペーンを実施しているプロバイダのWiMAX2+を契約したい」と思うかもしれません。

 

でもBroad WiMAXであれば、全然大丈夫です。

上で紹介したGMOと比較すると、キャンペーンの充実度は落ちますが、Broad WiMAXは月額料金が大幅割引されるので、おすすめできるWiMAXプロバイダの1社です。

実際、WiMAX2+プロバイダのランキング上位に位置しています。

 

Broad WiMAXについてもっと知りたい方は、下記ページをご覧ください。

WiMAX2+のピンポイントエリア判定が「圏外」だった場合

ピンポイントエリアの判定が「圏外」だった場合、その場所でWiMAX2+が利用できる可能性は限りなくゼロに近いです。

先ほど紹介したBroad WiMAXの「8日以内キャンセル」で、WiMAX2+が利用できるかどうか試すこともできますが、無駄になってしまう可能性の方が圧倒的に高いです。

そのため、エリア判定が「圏外」の場合は、WiMAX2+の利用をあきらめて他のモバイルルーターを模索した方が確実です。

WiMAX2+以外にも良いモバイルルーターはある

「高速無線通信」「持ち運び可能」「回線工事不要」で大人気のモバイルルーターですが、WiMAX2+以外にも良い商品は存在します。

確かに、WiMAX2+は大ヒットしてるだけあって素晴らしい商品ですが、利用できないエリアでは元も子もありません。

そんな人におすすめのモバイルルーター

そこで、ピンポイントエリア判定が「圏外」だった人におすすめしたいのが

「Yahoo! WiFi」と「NEXT mobile」

というモバイルルーターです。

Yahoo! WiFi

Yahoo! WiFiの上限なしプラン

Yahoo! WiFiは、最近じわじわと人気を集めているモバイルルーターです。

人気の秘密はなんと言っても、その「月額料金の安さ」です。

Yahoo!プレミアム会員限定のキャンペーンを適用すれば、506HWが業界最安の月額1,980円で利用できます。

また、WiMAX2+のギガ放題と同じ内容のプランも用意されています。

502HWなら、月額3,696円で月間のデータ容量を気にせず利用することができます。

NEXT mobile

NEXT mobileの速度や評判は?料金からキャンペーンまで徹底解説!

NEXT mobileは、大手キャリアであるSofttBank回線を使ったモバイルルーターです。

ですので、SoftBank携帯の圏内であれば、同じようにNEXT mobileも使えるということです。

大手携帯キャリアであるSoftBankと同じ通信エリアで利用可能なので、単純なエリアの広さだけで言えばWiMAX2+よりも広範囲。

つまり、サービスエリアだけで考えると、WiMAX2+よりも利用できる可能性が高いモバイルルーターなのです。

この記事を書いたユーザー

Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。 Arimaの記事一覧

PICKUP

トップへ