GMOとくとくBBのWiMAX2+のキャンペーン

GMOとくとくBBのWiMAX2+のキャンペーンや口コミを紹介!メリットは?

WiMAX2+を利用するためには、数ある通信事業者(プロバイダ)の中から自分が契約するWiMAX2+を選ぶ必要があります。

WiMAX2+の基本的な通信サービスは、どのプロバイダでも大差ありません。

ただ、申し込み時のキャンペーン特典や割引サービス、オプションサービスなどが、プロバイダによって全然違います。

どうせなら少しでも「お得に利用したい」「自分に合っているものがいい」と誰もが思いますよね。

今回は、WiMAXプロバイダの中でも特に人気のGMOとくとくBBが提供するWiMAX2+について徹底解説していきます。

GMOとくとくBBのWiMAX2+のおすすめポイント

  1. 業界最高クラスの高額キャッシュバック
  2. WiMAX2+の2年間の総支払額では最安プロバイダ
  3. 2ヶ月目まで月額料金割引(ギガ放題プラン)
  4. 端末代金無料
  5. 即日発送(送料無料)
  6. 初心者に嬉しいサービス「20日以内キャンセル」

大人気のGMOとくとくBBのWiMAX2+

GMOとくとくBBは、光回線や格安SIMなどの通信サービスも取り扱いしている通信事業者ですが、その中でも特にWiMAX2+が人気を集めています。

まず始めに、GMOのWiMAX2+が人気を集めている理由を見ていきましょう。

①高額キャッシュバックキャンペーンを常時開催

支持を集めている最大の理由は「高額のキャシュバックキャンペーンをいつも実施している」ことが真っ先に挙げられます。

GMOとくとくBBでは、WiMAX2+申し込み時に「最大30,000円以上(※選択するルーター端末によって変わる)」のキャンペーン特典が提供されています。

②「価格.com」でもGMOは大人気のプロバイダ

GMOとくとくBBは、「価格.com」でも大人気のWiMAX2+プロバイダとして知られています。

複数のサービスを比較して1社を選ぶ際には、こうした比較系のサイトを利用する機会があるかと思います。

こういった比較サイトは、各社のさまざまなデータを瞬時に見ることができるので、自分に適したサービスを選択するための参考にすることができます。

そして、メジャーな比較サイト「価格.com」で人気があるということは、それだけGMOのWiMAX2+に魅力的があるということです。

③「価格.com」から申し込むのは金額的に損!?

ただし、GMOのWiMAX2+を「価格.com」から申し込む場合は、キャンペーンの特典内容をしっかり確認してから行うようにして下さい。

GMOのWiMAX2+は、「価格.com」とGMO特設サイトで異なるキャンペーン特典を展開していたりします。

利用するサービスが同じでも、申し込み口によってキャンペーン特典が異なる場合は多々あるので、よく比較しておきましょう。

どちらかと言えば、GMOのキャンペーン特設サイトから申し込んだ方がお得になるケースが多いです。

GMOとくとくBBのWiMAX2+のキャンペーン詳細

次に、GMOとくとくBBのWiMAX2+を申し込み時のキャンペーン特典について詳しく見ていきましょう。

GMOで現在開催中のWiMAX2+キャンペーンは、「高額キャッシュバック」と「月額料金割引(最初の2ヶ月間)」の二つあります。

高額キャッシュバックキャンペーン

まずは高額のキャッシュバックキャンペーンからです。

GMOとくとくBBでWiMAX2+を契約すれば、最大30,000円以上の高額キャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバック額は、選択するルーター端末や料金プランによって違います。

 

ちなみに、キャッシュバック額が最も低いルーターを選択したとしても、27,000円以上のキャッシュバックを受け取れます。

また、選択する端末によっては、キャッシュバック額を減らす代わりに「クレードル」を無料で入手することもできます。

キャッシュバック特典

Speed Wi-Fi NEXT W04
2年 30,500円
2年(クレードルセット) 27,500円
LTEオプション無料プラン(3年) 30,500円
Speed Wi-Fi NEXT WX04
2年
2年(クレードルセット)
LTEオプション無料プラン(3年) 32,000円
LTEオプション無料プラン(3年)(クレードルセット) 28,500円
Speed Wi-Fi NEXT WX03
2年 32,000円
2年(クレードルセット) 28,500円
LTEオプション無料プラン(3年)
Speed Wi-Fi HOME L01
2年 29,100円
2年(クレードルセット)
LTEオプション無料プラン(3年) 28,100円

キャッシュバックの受取方法

GMOのWiMAX2+を契約後、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご案内メールが届きます。

基本メールアドレスは、GMOとくとくBB契約時に作成することになるメールアドレスです。(※既にGMOメールアドレスを所有している方はそちらに届きます。)

キャッシュバックの受け取りに関しては、そのご案内メールの指示通りに手続きすると、指定した口座に該当金額が振り込まれるという仕組みとなっています。

キャッシュバックが貰えないケース

振込時期までに

「特典の対象となるサービスを変更・解約している」

「月額利用料の未納によるサービスの一時停止または強制解約」

「案内メールの到着から翌月末日までに受け取り口座の連絡をしていない」

「その他、GMOとくとくBBが対応困難と判断した」

場合には、キャッシュバック特典を受け取ることができなくなってしまうので注意しましょう。

月額料金割引キャンペーン(最初の2ヶ月間)

続いて、月額料金の割引に関するキャンペーンです。

「ギガ放題プラン」を契約した場合、1~2ヶ月目までの基本料金が、本来の4,263円から654円の割引となり、「通常プラン」と同じ3,609円で利用することができます。

ただし、通常プランからギガ放題プランに変更した場合は、このキャンペーンの対象外となりますので注意して下さい。

GMOとくとくBBのWiMAX2+を契約するメリット

GMOのWiMAX2+のキャンペーン特典が充実していて、とてもお得なプロバイダであることはお分かりいただけたと思います。

次は、キャンペーン特典以外の部分で優れているGMOのWiMAX2+のメリットについてご紹介していきます。

WiMAX2+初心者に嬉しい「20日以内キャンセル」

WiMAX初心者に嬉しいGMOとくとくBBの「20日以内キャンセル」

まずは、GMOとくとくBBのWiMAX2+の大きな魅力の一つ「20日以内キャンセル」についてご説明します。

GMOのWiMAX2+では「20日以内キャンセル」というサービスが用意されています。

これは、端末が届いてすぐの段階であれば、解約金(違約金)を支払うこと無くキャンセルをすることができるサービスです。

ただし、このサービスはピンポイントエリア判定が「〇」の場合のみ対象ということに注意して下さい。

「20日以内キャンセル」の使い方のイメージ

例えば、WiMAX2+を申し込んでからすぐに解約したいというのは、

  • 「実際に利用してみると、思ってたより速度が不安定」
  • 「特定の場所でのデータ通信が快適にできない」
  • 「WiMAX初心者なので、まず使い勝手を知りたい」

といったケース等が考えられます。

 

基本的にどんなケースでも、WiMAX2+を解約するためには違約金(契約解除料)が必要になります。

でもGMOのWiMAX2+の場合、「20日以内」であれば違約金なしでキャンセルすることができるのです。

キャンセルの手順

キャンセルの手順としては、まず「お客様センター」に問い合わせを行います。

事前に電話で連絡をしていないと、キャンセルの受付ができない場合もあるので必ず問い合わせをしておきましょう。

 

次に、受付が完了したら、返品商品を郵送します。

ちなみに返送の送料はユーザーの負担となります。

解約違約金24,800円はGMOとくとくBBが負担しますので安心してください。

月額料金が25ヶ月目以降も値引きされる「長期割」

月額料金が25ヶ月目以降も値引きされるGMOのWiMAX2+の「長期割」

次に、月額料金が2年目以降も安くなる「長期割」について解説していきます。

長期割は、GMOとくとくBBの「おトク割」の適用期間が終了する25ヶ月目以降も、継続して同じ金額の割引を利用し続けることができる割引サービスです。

長期的に割引されたおトクな金額で利用することができるので、長期的な利用に非常にマッチしたサービスとなっています。

2016年7月より「長期割」が開始

2016年7月より、GMOとくとくBBでは「長期割」という新しいサービスの提供を開始しました。

このサービスは、25ヶ月目以降には適用されていなかった「おトク割」が、24ヶ月目までと同じように引き続き適用されるサービスです。

 

上の図を見ていただければ分かるように、ギガ放題を契約した場合、1~2ヶ月目は3,609円、それ以降24ヶ月目までは4,263円での利用となります。

そして、この「長期割」が25ヶ月目以降も適用されることで、従来は4,849円だったものが24ヶ月目までと同じ4,263円で利用し続けることができます。

「WiMAX2+ LTEオプション無料プラン」がスタート

GMOとくとくBBの「WiMAX2+ LTEオプション無料プラン」

これまでのWiMAX2+では、月額1,005円のLTEオプションに加入すれば、「au 4G LTE」通信が利用できました。(※対応端末のみ)

この「au 4G LTE」は、主にWiMAX2+の電波が弱いまたは届かない地域によく行かれるユーザーには非常に役立ちます。

 

しかし、月額1,005円は少し割高ですよね。

そこで、WiMAX2+の基本の契約期間である「2年」を「3年」に延ばすことで、このLTEオプション料が無料になる料金プランの提供がスタートしました。

GMO本来のWiMAX2+プランと異なるポイントは、大きく挙げて3点あります。

「本来のWiMAX2+プラン」と「LTEオプション無料プラン」の違い

①キャッシュバックキャンペーンの適用条件に該当するルーターの選択肢が減る

※2018年現在、該当のルーター端末は「W04」「WX04」「L01」

※LTEオプション無料プランで「W03」「WX03」「Home+CA」を利用したい場合、このキャッシュバック特典の対象外

②契約期間が「2年」→「3年」へと1年追加

※最低利用期間が2年から3年になるということです。

③「au 4G LTE」通信が3年間無料で使える

※通常、月額1,005円必要なLTEオプション利用料が3年間無料になります。(3年間最大総額36,180円相当)

以上の三点が、GMOで提供されている本来のWiMAX2+プランと異なります。

始めからWiMAX2+を利用する上で、「au 4G LTE」通信ありきでの契約をお考えの方には、非常におすすめのプランとなっています。

「LTEオプション無料プラン」はあまりおすすめではない!?

ただ個人的には、この「LTEオプション無料プラン」はあまりおすすめできません。

理由は2点あります。

WiMAX2+のサービス提供エリアが日に日に拡充されている

一つ目の理由は、WiMAX2+のデータ通信で十分事足りるケースが多いからです。

一昔前なら、WiMAX2+が繋がらないケースも結構あったので、「LTEオプション」に加入する一定のメリットは確かにありました。

 

ですが、昨今はWiMAX2+のデータ通信網(サービス提供エリア)が日進月歩で進化しているので、「au 4G LTE」で代用を必要とするケースが以前より確実に減少しています。

そのため、「LTEオプション無料プラン」は、都会から少し離れた場所に住んでいる方や地方によく出掛ける方向けのプランと考えた方が良いでしょう。

違約金が発生する最低利用期間が伸びる

二つ目の理由は、契約期間(最低利用期間)が「2年」から「3年」に追加されるポイントです。

契約期間が1年追加されるということは、その分違約金(契約解除料)が発生する期間が伸びるということです。

この「違約金が発生する期間が伸びる」というのは、まあまあなデメリットです。

 

なぜなら、WiMAX2+を解約したいと思っても、違約金が発生しない時期を待つ場合、「2年」と「3年」では全然違います。

また、WiMAX2+は2年毎に乗り換えれば、その度にお得なキャンペーンを享受できるので、金額的にも本来の2年契約のプランの方が絶対にお得です。

それでも、「LTEオプション無料プラン」を申し込みしたいと思った方は、下記のキャンペーン特設サイトから申し込み手続きして下さい。

GMOとくとくBBのWiMAX2+の口コミを紹介

次は、実際に「GMOとくとくBBのWiMAX2+」を利用しているユーザーのネット上での評判をご紹介します。

キャッシュバック額が高いので嬉しい

「キャッシュバック額が3万円超えるのですげーお得」

「キャッシュバックを月額料金に還元すると実質最安の利用料」

「お金が振り込まれる11ヶ月後が待ち遠しい」

GMOのWiMAX2+の口コミで最も見られたのは、やはり最大で30,000円以上貰える高額キャッシュバックキャンペーンに関してでした。

お金が貰えるのが契約してから11ヶ月後という期間はネックではありますが、多額の現金が貰えるというのは誰にとっても魅力的です。

ちなみに、受け取れるキャッシュバック額は、選ぶ料金プランやルーター端末によって変わってきます。

 

また、キャッシュバック額が下がる代わりに、クレードルを無料で入手することもできます。

クレードルの購入費用は、減らされるキャッシュバック額よりも高額な場合の方が多いので、「クレードルを入手したい」という方はクレードル付きキャンペーンを選んだ方が得策でしょう。

サポート体制にはまずまずの評価

「分からないことがあり電話で問い合わせしたら丁寧に対応してくれた」

「端末が故障した時にスムーズに対応してくれた」

「端末の水漏れにも対応している安心サポートワイドで助かった」

GMOとくとくBBのサポート体制に対しても、概ね高評価のものが多かったです。

やはりGMOは、光回線から格安SIMまでありとあらゆる通信サービスを取り扱いしているプロバイダなので、それだけ経験とノウハウを蓄積しているのだと思われます。

 

GMOとくとくBBを利用している方は多く、展開している通信サービスも多種多様なので、その分しっかりサポートできる体制を維持できていなければ業界で生き残れません。

そういう意味では、通信事業者大手のGMOとくとくBBは安心できるWiMAX2+プロバイダと言えるでしょう。

20日以内キャンセルには注意が必要

「ピンポイントエリア判定が〇じゃなかったからキャンセルできなかった」

「キャンセル手続きを柔軟に対応してもらえなかった」

「20日以内にキャンセルできる条件がイマイチよく分からない」

GMOのWiMAX2+の悪い口コミとしては「20日以内キャンセル」が挙げられます。

これはお試し感覚で利用することができるサービスではあるのですが、ピンポイントエリア判定が〇でないとキャンセルの対象とはならないのです。

 

特に問題となるのは「自分の住所が掲載されていない」という場合です。

ピンポイントエリア判定は、それ専用のページで確認をするのですが、お住いの市町村や番地などでエリアを確認する際に自分の住所が判定できないという場合があります。

 

その場合に、近隣の住所で判断して「自分も◯だと思った」では、いざキャンセルしようとしても「ピンポイントエリア判定の対象外だから」という理由でキャンセルを受け付けてくれないケースがあるのです。

事前にピンポイントエリア判定を行い、自分の住所が対象内であることを確認しておきましょう。

GMOとくとくBBのWiMAX2+がおすすめの人は?

最後に「GMOとくとくBBのWiMAX2+」はこんな人におすすめというのをまとめてみました。

高額キャッシュバックに魅力を感じた人

まずは、高額なキャッシュバックに魅力を感じた人です。

GMOのWiMAX2+では、最大30,000円以上のキャッシュバックキャンペーンを提供しており、クレードルも無料で入手できます。

WiMAX2+のキャンペーンで3万円を超えるキャッシュバック特典自体珍しいので、コストを重視する方にはぴったりのWiMAXプロバイダです。

ピンポイントエリア判定で「◯」の場所に住んでいる人

次に、「ピンポイントエリア判定が◯だった人」です。

その場合、快適にWiMAX2+を利用できる可能性が高いですし、もしサービスに不満足だった場合でも「20日以内キャンセル」を利用することができます。

 

ただし、お住いの住所によってはピンポイントエリア判定に対応していない場合もあります。

その場合は「近隣の住所が◯だったから、自宅も◯だろう」と安易な基準で考えないように注意しましょう。

仮に通信環境に問題がなかったとしても、キャンセルの対応ができないケースもあるので、「自分の住所が対象となっている」ということを必ず確認するようにしましょう。

auユーザーの人

最後に「auのスマートフォン・携帯電話を利用している場合」です。

その場合、GMOのWiMAX2+の契約において「スマホ割(2年)」または「スマホ割(4年)」の適用を申請することで「auスマートバリューmine」に申し込むことができます。

 

これにより、auのスマートフォンまたは携帯電話の利用額が、最大で934円の割引となります。

最大で1,000円近い金額が割引されるので、通信費の節約につながります。

なお、このサービスは最寄りのauショップやカスタマーセンターに申し込みをする必要がありますので、ホームページの情報を確認した上で手続きを行いましょう。

この記事を書いたユーザー

Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。 Arimaの記事一覧

PICKUP

トップへ