【2021新春】名店おせちの予約状況

ヤクルト「青汁のめぐり」の成分や価格は?飲み方や口コミも知りたい!

ヤクルト「青汁のめぐり」のネット通販での価格比較や特徴や口コミまでのすべてを徹底解説していきます。ヤクルト「青汁のめぐり」ならではの魅力がたっぷり詰まっているので、ぜひチェックしておいてくださいね。

ヤクルト「青汁のめぐり」のおすすめポイントや特徴

現在様々な青汁商品が登場していますが、ヤクルト「青汁のめぐり」ならではのおすすめポイントや特徴はどんなものなのでしょうか。気になる魅力についてとことん迫って行きます。

飲みやすくて後味スッキリ!

飲みやすくて後味がすっきりとした青汁なのが特徴です。青汁独特の「青臭さ」が無いので、非常に美味しく飲めるのが魅力。継続が必要だからこそ、飲みやすさは重要ポイントですよね。

「美味しい青汁が飲みたい」という人にはぴったりの青汁なのではないでしょうか。

オリゴ糖入りで腸内環境に嬉しい!

ヤクルト「青汁のめぐり」には「ガラクトオリゴ糖」というオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は腸内に住んでいる善玉菌のエサとなるので、腸内環境を改善してくれるといった効果を期待することができるのです。

腸内環境を整えたい、という女性にもぴったりの青汁ですね。

妊娠中や授乳中のママでも飲める

ヤクルト「青汁のめぐり」はノンカフェインで刺激物などが含まれていません。そのため、妊娠中や授乳中などのママでも安心して飲めるといった特徴があります。

栄養が必要となるママだからこそ、青汁の手を借りてみるのもアリでしょう。

ヤクルト「青汁のめぐり」の価格や成分は?

価格は希望小売価格が1箱2,000円。一杯あたりの値段は約66円と、青汁系商品の中でも比較的安いのが特徴です。

送料公式サイトでは販売していないので、その他の通販サイトやドラッグストアで購入する必要があり、販売元によって異なります。

内容量は1箱30袋の粉末タイプ。キャンペーンや無料お試しによる商品の配布などは行っていないようです。

カロリーは1袋あたり18~27kcalと低カロリー。原材料として大麦若葉、オリゴ糖、食物繊維などが使用されています。

主な栄養成分はビタミンK、ミネラル、オリゴ糖、食物繊維など。女性に嬉しい栄養素がぎゅっと詰まっていますね。

購入するならドラッグストアや楽天・アマゾンどこがお得なの?

2017年8月現在、ドラッグストアだけでなく楽天やアマゾンでも販売はされており、アマゾンで購入している人も多いようです。

ちなみに、アマゾンでは定期お得便も用意されており、これはドラッグストアの価格と比べてもお得だと思います。

安く購入したい人はAmazonの定期お得便を検討してみるのも良いかもしれません。

一日の摂取量や飲み方のポイント

一日の目安量

一日の摂取目安量は1~2袋です。含まれている栄養成分の影響で、一度に大量に飲んでしまうとお腹がゆるくなってしまうことがあります。

思わぬ体調不良やトラブルを引き起こさないためにも、適量を守って安全に飲むようにしましょう。

2袋程度であれば一度に飲んでも問題は無いようなので、「1回で多めに飲みたい」という女性は2袋を限度として楽しんでくださいね。

飲み方のポイントや注意点

飲み方のポイントとしては1袋につき100mlの水で溶かすことです。程よい濃度で仕上げることが出来、美味しく飲むことができます。

水の他にもお湯、牛乳、豆乳、ヨーグルトなどに混ぜても美味しいので、自分の好みに合わせて何と混ぜるかを考えてみましょう。

飲むタイミング

飲むタイミングに特に決まりはありません。ただ、効果的に飲みたいのであれば「空腹時」がおすすめです。スムーズに吸収されますし、食事の食前に飲むことで食べ過ぎを抑えることにも繋がります。

「空腹時」「食事前」を意識して飲んでみてくださいね。

持ち運びはできるの?

職場に持っていきたい、お出かけ時にも飲みたい、という女性は多いと思います。そこで、ヤクルト「青汁のめぐり」は持ち運びが可能なのかについてリサーチしてきました。

携帯性や大きさ

ヤクルト「青汁のめぐり」は、粉末状ですが1回分ずつ分けられているので、必要な分だけ取り出して持ち運ぶことが可能です。

さらに、袋自体も細長いスティック状なので、ポケットや小さめのバッグに入れてもかさばりません。

旅行だから数日分持ち運びたい、という場合でも手軽に持っていくことができますよ。

シェーカーは付いてるの?

シェーカーは付いていません。ヤクルト「青汁のめぐり」は溶けやす粉末タイプなのでわざわざシェーカーで振る必要がなく、コップで混ぜればすぐに飲むことができます。

ダマになりませんし、粉っぽくならず、美味しく飲むことが出来るので、シェーカーいらずで作れますよ。

ヤクルト「青汁のめぐり」に寄せられている口コミは?

購入前にぜひチェックしておきたい「口コミ」。実際に飲んだ人の声を聞きたいというのが正直なところですよね。

そこで、今回はヤクルト「青汁のめぐり」に寄せられている数々の口コミの中から参考になりそうな口コミをチョイスして紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

良い口コミ

「スッキリしていておいしい(38歳女性)」

健康のためにも青汁は飲まなくちゃと思っていたのですが、青汁の独特の風味が苦手で、飲まないまま時間が過ぎてしまいました。そんな中友人にヤクルト「青汁のめぐり」を紹介され、それをきっかけに購入することになったのです。

友人の言う「美味しいよ」を信じていざ一口飲んでみると、本当に美味しい!今まで感じていた青汁への苦手意識が吹っ飛んでしまいました。

飲み始めて現在1か月が経過しましたが、これからも継続していくつもりです。

「体の動きが軽やかになった!(46歳女性)」

年々、身体が重く、ダルくなっているような感じがしていました。年のせいかなと思っていたのですが、たまたまドラッグストアで見かけたこちらの青汁を飲み始めてから変わりました。

まず、朝の排便がスムーズになり、毎日の生活での動きが軽くなってきたのです。特に、階段の上り下りで感じていた疲れがほとんど気にならなくなってきました。

青汁のおかげかな、と思っています。

「妊娠中の栄養補給で取り入れています!(26歳女性)」

妊娠中は摂らなければいけない栄養が多いのですが、食生活の中で取り入れるのはとっても難しく、栄養が足りていないのではないか?と毎日不安な日々を過ごしていました。

しかし、現在ヤクルト「青汁のめぐり」を飲み始め、その不安はなくなりました。栄養満点の青汁を飲んでいるおかげで、食生活の不安やストレスがなくなり、楽しく過ごせています。

悪い口コミ

「スッキリしすぎていて物足りない(47歳女性)」

濃い味を好む私にとってヤクルト「青汁のめぐり」は少々物足りないな、というのが正直なところです。

確かに、すっきりとした味わいで飲みやすいのですが、味そのものが薄いような気がしてちょっと残念です。

ただ、水の量を減らしてみると意外にも自分好みで飲めたので、とりあえずはこの方法で飲んでいます。

「ダイエット効果はない?(28歳女性)」

腸内環境の改善が期待できるようだったので、同時にダイエット効果もあるのかな?と思い購入。

しかし、飲み始めて3か月経ちましたが特にこれといったダイエット効果は見られませんでした。

ただ、快便にはなったので、腸内改善の効果はあると思います。

「ニオイが苦手でした(35歳女性)」

味は特に問題なく美味しいと思うのですが、とにかく「ニオイ」が苦手です。緑っぽい?葉っぱのようなニオイがして苦手でした。

特にお湯に溶かすとこのニオイが目立つようなので、今は牛乳やヨーグルトに混ぜて飲むようにしています。これだと、ある程度ニオイが抑えられるのでこのまま継続していくつもりです。

ヤクルト「青汁のめぐり」はこんな人におすすめ!

魅力、特徴、メリット、デメリット、いろいろ持つヤクルト「青汁のめぐり」ですが、結局のところおすすめできるのはどんな人なのでしょうか。本記事を振り返りながら、おすすめできる人とおすすめできない人について解説していきます。

おすすめできる人

まず、おすすめできるのは「栄養バランスが気になる人」「お腹の調子が気になる人」です。

栄養満点でオリゴ糖も含まれているヤクルト「青汁のめぐり」。食生活で不足しがちな栄養素を十分に取り入れることができますし、さらに便秘の解消についても期待できるのです。

おすすめできない人

主におすすめできないのは「ダイエット目的」「濃い味が好き」などの女性です。ヤクルト「青汁のめぐり」はダイエット目的で販売されているわけではないので、大幅な減量やサイズダウンなどの効果を期待することはできません。

また、「スッキリとした味わい」が特徴の青汁なので、「濃厚な青汁が好き」という人にも向いていない傾向にあります。

これらに当てはまる場合は、他の青汁を探した方が良いでしょう。

まとめ

さまざまな特徴、魅力を持つヤクルト「青汁のめぐり」。今回の記事では魅力や特徴、口コミに至るまで徹底的に解説しました。魅力的なポイントが多かったですよね。気になるポイントはあったでしょうか。

ぜひ、青汁選びで迷っている女性はヤクルト「青汁のめぐり」を検討してみてくださいね。美味しい青汁を飲んで、健康的な毎日を過ごせるよう、青汁ライフをスタートさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

趣味は自然観賞や映画を見ること。 週末に飲むビールが大好きです! nanairoでは主にMen'sの記事を担当しています。

NEW POST