青汁

青汁にも含まれるユーグレナ(ミドリムシ)の栄養成分とは?便秘予防にもいいの?

ケールや明日葉そして大麦若葉などは、青汁に使用されている代表的な野菜ですよね。青汁を選んだり習慣として飲んだりする人には馴染み深い野菜だと思います。

これらの野菜だけでなく、栄養に富む「ユーグレナ」が使用された青汁が最近話題となっています。

実は注目を集めているユーグレナは理科の授業で見たり聞いたりしたことのある「ミドリムシ」のことで、豊富な栄養素から健康や美容に役立てられるとされています。

こちらではそんなユーグレナの正体からその特徴、そして含まれている栄養素や成分と合わせて期待できる健康・美容効果について分かりやすく解説していきます。

ケールや明日葉そして大麦若葉などは、青汁に使用されている代表的な野菜ですよね。

青汁を選んだり習慣として飲んだりする人には馴染み深い野菜だと思います。

これらの野菜だけでなく、栄養に富む「ユーグレナ」が使用された青汁が最近話題となっています。

実は注目を集めているユーグレナは理科の授業で見たり聞いたりしたことのある「ミドリムシ」のことで、豊富な栄養素から健康や美容に役立てられるとされています。

こちらではそんなユーグレナの正体からその特徴、そして含まれている栄養素や成分と合わせて期待できる健康・美容効果について分かりやすく解説していきます。

青汁に含まれるユーグレナ(ミドリムシ)って何なの?

ユーグレナとは?ミドリムシって虫なの?

まず、ミドリムシの学名にあたる「ユーグレナ」とは、学説によって分類が異なりますが藻類にもカテゴライズされ、5億年以上前の太古から存在する単細胞生物です。

分類が学説によって異なるのは「ユーグレナは植物でありながらも動物の性質を持つ」という性質によるものです。

また、私達にとっては理科の授業で習った「ミドリムシ」の呼び方のほうがピンと来ますが、「ユーグレナ」とはミドリムシの学名つまり正式名称のようなものだったのです。

ユーグレナの大きさは0.05mmほどの小さな珪藻のようなもので、ミドリムシという別名がありますが決して虫ではありません。

肉眼で確認することはまず不可能な小さな個体には、私達の体に良い作用が期待できる栄養素が豊富に含まれていますよ。

ユーグレナに含まれる栄養素

動物と植物の両方の性質を持つユーグレナは、その両者の中間に位置する単細胞生物です。

そうしたユーグレナならではの性質によって、野菜や果物などの植物が持つ栄養素だけでなく、肉や魚などの動物に存在する栄養素も含みます。

つまり、ケールや明日葉といった野菜のみを主原料として使用されている青汁からは摂取できない「動物に含まれている成分や栄養素の摂取」が可能となる点こそユーグレナが使用されている青汁のメリットと言えますよ。

なぜユーグレナが注目されているの?

ユーグレナに注目が集まる理由としては、主に以下の点が挙げられます。

  • 「二酸化炭素の削減に役立つ性質があること」
  • 「大量栽培が可能な生命力を持つこと」
  • 「バイオ燃料に役立てられること」

まず、ユーグレナは二酸化炭素を吸収し固定する働きが非常に優れていることから、培養を行うだけで二酸化炭素を削減し地球に役立てられるという性質があります。

また、植物や藻類から生み出される燃料のことをバイオ燃料といいますが、ユーグレナの中にはバイオ燃料のもとを作り出せる種類も存在します。

これらの地球に優しい運用へと活用できるのは、ユーグレナが5億年前から存在し続けられているほどの生命力があるからです。

その生命力は特殊技術が必要なものの適正な温度さえ保つことができれば気候を問わず専用のプール内での培養が可能で、1ヶ月で10億倍にも増える優れた生命力から大量に培養ができるほどです。

そして、ユーグレナが使用された青汁をはじめとした健康食品では「低カロリーで数多くの栄養素を効率良く摂取できる」というポイントから注目されています。

ユーグレナの特徴は?

ユーグレナが注目される理由とも言える「低カロリーで数多くの栄養素を効率良く摂取できる」というポイントは、下記でご紹介します3つの特徴によるものです。

①青汁と比較すると消化率が高いとされている

植物には自身の体を支えたり細胞を外からの刺激から守ったりといった役割を担う細胞壁が存在します。

この細胞壁は植物にのみ存在する組織で、動物には細胞膜しかありません。

ユーグレナは藻類にもカテゴライズされるものの、植物細胞である細胞壁がありません。

植物細胞がない分、細胞壁を持つ野菜や果物よりも吸収率に優れていて、含まれている栄養素の約93.1%を消化・吸収できるとされています。

細胞壁が存在する野菜や果物の場合には、「加熱する」「粉砕や切断などの処理」「形がなくなるほどに咀嚼する」といった方法で壊せられます。

しかし、加熱では栄養素が失われますし、咀嚼を十分にできていないことが多く消化吸収の効率が悪くなっている人がほとんどです。

その点、ユーグレナには栄養素の消化吸収の妨げになる細胞壁がありませんから、そのままの摂取で高い消化率から豊富な栄養素を効率良く吸収が行われます。

ケールや大麦若葉をはじめとした野菜由来の青汁よりも消化率が高いとされているのは、ユーグレナだからこそのメリットですね。

②栄養価が高く、バランスがとれている

藻類にも分類されるユーグレナには葉緑素が含まれていて光合成を行い、植物に含まれているビタミン類やミネラル成分がメインに含まれています。

また、動物ならではの性質もあることからDHAやEPAといった不飽和脂肪酸や数多くのアミノ酸も富むことから、植物性のみならず動物性の栄養素をもバランス良く摂取することが可能となります。

様々な栄養素のバランスのとれた摂取は健康維持には欠かせませんが、ユーグレナには生きていくために必要不可欠となる栄養素が全て含まれていることから「人間の完全栄養食」とも呼ばれているほどですよ。

毎日の食事の中ではどうしてもビタミン類やミネラル成分が不足しやすくなりますが、そうした栄養素の補給に役立てられるだけでなく、ユーグレナを摂取するだけで足りない栄養素を全て補いながらバランスの良い栄養摂取を目指せていけますよ。

③59種の栄養素を含む

ユーグレナに含まれる栄養素や59種類とされていて、それぞれの栄養素や成分がバランス良く含まれています。

14種類のビタミン類や、9種類のミネラルに加えて、アミノ酸18種類や不飽和脂肪酸13種類そしてユーグレナ特有成分である「パラミロン」、緑の色素として含まれる「クロロフィル(葉緑素)」、そしてルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシンなどの栄養素が小さな個体にギュッと詰まっています。

ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる栄養素や成分を観てみよう

ユーグレナに含まれている様々な栄養素の中でも、ユーグレナにしか含まれていない特有成分「パラミロン」、バランス良く含まれているビタミン類やミネラル成分が特徴となる主な成分として挙げられます。

また、下記でご紹介します栄養素や成分だけでなく、上記でご紹介しました必須アミノ酸を含むアミノ酸やクロロフィルをはじめとした栄養素も豊富に含まれています。

なお、下記でご紹介しますそれぞれの栄養素・成分の含有量はユーグレナ100gあたりのものとなっています。

①パラミロン

まずユーグレナの特徴となる主な成分として挙げられるのが、ユーグレナ特有成分である「パラミロン」です。

パラミロンはユーグレナだけに存在する成分で他の食べ物や生物には含まれていませんから、ユーグレナの特徴的な成分として特筆すべきものになります。

パラミロンとはユーグレナが光合成する際に作られる成分で、食物繊維と同様に体内では消化されにくい性質を持ちます。

また、パラミロンの表面には無数の穴が空いていて、老廃物や脂質そして有害物質といった体内に存在する余計な物質を吸着・排出する作用が期待できますよ。

②ビタミン

  • α・βカロテン(ビタミンAに変換される)
  • ビタミンB1・B2・B6・B12、
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK1
  • 葉酸
  • ナイアシン
  • ビオチン
  • パントテン酸

上記のように、ビタミン全種類を網羅している点も特徴です。

③ミネラル

  • リン(1820mg)
  • 亜鉛(75mg)
  • カルシウム(196mg)
  • マグネシウム(333mg)
  • ナトリウム(540mg)
  • カリウム(443mg)
  • 鉄分(43mg)

ユーグレナに含まれているミネラル成分は種類やその含有量ともにバランスが取れています。

また、測定値として含有量が判明されていないものの、上記以外にも銅やマンガンもミネラル成分として含まれていますよ。

ユーグレナ(ミドリムシ)に期待できる健康・美容への働きとは?

上記でご紹介しました豊富な栄養素や成分がバランス良く含まれているユーグレナからは「中性脂肪やコレステロールの吸収に働きかける」「腸内環境を整える際に嬉しい作用」そして「美肌へのサポート」といった効果が期待できるとされています。

①パラミロンが中性脂肪・コレステロール吸収に働きかける

ユーグレナ特有成分であるパラミロンは、表面に無数に存在する穴からコレステロールや中性脂肪を吸着し便と共に排出する効果が期待できます。

コレステロールや中性脂肪を吸着するだけではなく、消化されにくい難消化性の性質を持つことから「パラミロンが吸着したコレステロールや中性脂肪は消化されないまま便と共に排出する」という作用が期待できますよ。

つまり、パラミロンは体内に余計に存在するコレステロールや中性脂肪の排出だけでなく、食事から摂取した脂質の吸収の抑制にも嬉しい成分と言えますね。

②ミドリムシが腸内環境を整える

難消化性の性質を持つパラミロンのほかにも、水分を吸収して膨張することで便のかさを増やし腸の蠕動(ぜんどう)運動の促進が期待できる不溶性食物繊維、そして食物繊維では届かない細かな部分の老廃物や便を絡め取るクロロフィル(葉緑素)と、便秘解消には嬉しい成分がユーグレナには豊富に含まれています。

また、食物繊維は腸内に存在する善玉菌の餌となってその働きや数を増やす働きが期待できますから、腸内を掃除するだけでなく善玉菌の増加というアプローチからも腸内環境の正常化へと役立てられますよ。

③美肌へのサポート

細胞壁が無く吸収率に優れたユーグレナには、美肌を目指す際には欠かせないビタミン類やミネラル類そしてアミノ酸がバランス良く豊富に含まれています。

ビタミンA:皮膚や粘膜を健やかに保つ作用が期待できる

ビタミンC:肌の保湿成分であるコラーゲンの生成に関わるほか、メラニン色素生成の予防や既にできたメラニン色素の排出をサポートする

ビタミンE:血行促進効果から肌に必要な栄養素や酸素を隅々まで運搬しやすくすると同時に、肌組織で生まれた老廃物の排出を促進する効果が望める

中でも、αカロテン・βカロテンとして含まれているビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは上記のような肌に嬉しい作用のみならず、どれも老化の原因となる活性酸素を減らしたりその効果を抑制したりする「抗酸化作用」が期待できるビタミンです。

したがって、それぞれから期待できる効果だけでなく抗酸化作用によるアンチエイジング効果からも美肌を目指せられますよ。

ユーグレナ(ミドリムシ)が含まれるおすすめの青汁は?

ユーグレナ・ファームの緑汁

特徴

「ユーグレナ・ファームの青汁」は沖縄県石垣島産ユーグレナのほか、大麦若葉や明日葉といった青汁の主原料として有名な野菜も配合されている青汁です。

独特の苦味や臭みが強いケールではなく、クセが少ないながらも栄養価に富む大麦若葉と明日葉が使用されているので飲みやすい味に仕上がっています。

また、豆乳や牛乳といった飲み物との相性も良く、習慣として続けやすくなっていますよ。

主原料

「ユーグレナ・ファームの青汁」では、沖縄県石垣島で栽培が行われ品質性や安全性共に優れたユーグレナ、栄養価に富む有機大麦若葉や有機明日葉をベースに、イヌリン(食物繊維)やクロレラもブレンドされています。

口コミ

動物性と植物性の両方の性質を持つユーグレナならではの優れた栄養価から、継続して飲み続けている口コミが多く見受けられます。

  • 動物性と植物性の両方の栄養素を手軽に摂取できるのが嬉しい
  • 1日1杯の飲用で不足しがちな栄養素をかなりカバーできるのは助かる

愛飲者の方は続けることで嬉しい体の変化を実感しているようです。

  • 「体の調子が良くなった」
  • 「毎朝のお通じでスッキリできるようになった」

味に関する口コミとしては、以下のように悪いものから好みによる個人差が広いように思えました。

  • 「他の青汁よりも続けやすい」
  • 「苦くて飲みにくい」
  • 「なかなか混ざらなくて粉っぽくなる」

もしも味がイマイチなように感じられた場合には、牛乳や豆乳そしてジュースと混ぜるアレンジ方法を試したり、シェーカーで良く振って飲んだりといった工夫を取り入れたいですね。

まとめ

動物性と植物性の両方の性質を持つユーグレナは、細胞壁が無く他の野菜よりも吸収率に優れているだけでなく、特有成分であるパラミロンをはじめとした59種類もの栄養素や成分に富むという嬉しいポイントがあることが分かりました。

したがって、ユーグレナが使用されている青汁を毎日の新習慣として取り入れれば、毎日の食生活では不足しがちな栄養素を補っていく際には力強い味方となってくれますよ。

上手にユーグレナ配合の青汁を取り入れて、さらなる健康や美容へと役立てていきたいですね。

もしも持病や服用している薬との兼ね合いで飲用の際に不安な点がある場合には、かかりつけ医に相談するようにしましょう。

ABOUT ME
toshi
趣味は自然観賞や映画を見ること。 週末に飲むビールが大好きです! nanairoでは主にMen'sの記事を担当しています。