FX取引

外為オンライン(FX)の評判は?スプレッドや口座開設方法・キャンペーンを紹介

外貨を売買し、そこに発生する差益を狙う「FX」(外国為替証拠金取引)。

外国の通貨を取引する、というと何となくハードルが高くて難しいイメージを持つかもしれません。

しかし、思っている以上にFX投資は誰でも簡単に始めることができます。

FXを始めるためのファーストステップは、FX専用の口座を開設すること。

FXを取り扱う業者は複数は複数ありますが、その中から、今回は外為オンラインを紹介していきます。

外為オンラインは、平成18年にサービスを開始。

もともとはソフトウェア開発会社の事業部門としてスタートした会社ですが、そこで培ったノウハウを活かしてFX業界に参入したという歴史を持ちます。

最近では女性タレントの大島優子さんを採用したCMなどで知名度を高めていますが、各地で開催されるセミナーや、使いやすいトレードツールなども人気となっています。

ここでは、そんな外為オンラインの特徴や評判を詳しく紹介していきます。

外為オンラインを実際に利用した人の口コミ・評判を紹介

「少ない単位でも取引できるのが嬉しい」

多くのFX業者では、取引単位として10,000通貨を前提としていますが、外為オンラインでは1,000通貨単位での取引をすることができます。

このため、特にFX投資初心者の方からの「少ない取引単位なので、安心してトレードできる」といった声が見受けられました。

「サポートセンターの対応がスムーズ」

為替市場が活性化する時間帯は、外国市場の関係で日本時間では夜間となります。

しかしながら、外為オンラインの相談窓口は月曜日から金曜日の9時から17時までで、夜間の対応がないということは既に書きました。

ただし、ネット上の口コミを見ると「サポートセンターの対応がスムーズでよかった」という声も見受けられますので、サポート体制が他社に比べて大きく劣るかといえば、一概にそうとも言えないところもあります。

昼間を中心に取引する方にとっては、夜間の窓口がないことはそれほどデメリットにはならないと考えましょう。

「スプレッドの広さが難点」

上記のような高い評判が聞かれる一方、外為オンラインのデメリット側の評判として目立ったのは、やはりスプレッドが広いという声でした。

スプレッド最小クラスの他社では「米ドル/円で0.3銭、ユーロ/円で0.5銭」といったところですが、外為オンラインの場合は「米ドル/円で1.0銭、ユーロ/円で2.0銭」。

比較すると3倍~4倍の取引コストがかかっていることになります。

取引を繰り返せば繰り返すほど、スプレッドの狭い他社と比べてコストが膨れ上がっていくことになります。

短期で取引を繰り返すような場合(スキャルピング・デイトレード)は他のFX会社を利用し、

長期保有、あるいは自動注文(「iサイクル注文」)を使って取引をしたい場合には外為オンラインを利用するなど、複数のFX業者で口座開設をして、使い分けるのがいいでしょう。

外為オンラインの特徴・メリット

国内にはFXを取り扱う複数の証券会社がありますが、外為オンラインの特徴としては以下のようなものが挙げられます。

①外為オンラインは独自の注文方法「iサイクル注文」が魅力

FXの取引を行う際には、様々な注文方法があります。

最も基本的な、クイックオーダー(成行注文)、指値注文、逆指値注文などはもちろんですが、

外為オンラインでは、上記の他に独自の自動売買を駆使した注文方法があります。

それが、「iサイクル注文」です。

「iサイクル注文」は、システムトレードの1種です。

最初に簡単な設定をするだけで、自動的に最適な取引条件をシステムが自動計算してくれます。

あとは、その取引条件に従って、24時間自動で売買を繰り返し、コツコツと利益を積み上げてくれる注文方法です。

特に、相場追従機能がある為、トレンドに乗って利益を追求することができるのが魅力です。

「iサイクル注文」を利用を始めるにあたって、3種類の始め方があります。

  • ランキング方式

外為オンライン社のシミュレーションにて作成されたランキングから自分の好みの注文内容を選択できます。

  • マトリクス方式

様々なシミュレーションの結果をもとに、「iサイクル注文」によるさまざまな投資戦略をサポートしてくれます。

  • ボラティリティ方式

①売り/買いの選択、②過去の変動幅(値動き)、③対象資産を設定するだけの3ステップではじめられます。

自分が相場を確認できない時間帯も自動で売買を行ってくれます。

そのため、FXトレードできる時間帯が限られている方にも「iサイクル注文」はおすすめの注文方法です。

ただし、自動で取引がなされるからといって必ず利益が出るわけではなく、設定したポイントにハマらなければ損失も増加していくという特性がありますので注意が必要です。

なお、外為オンラインでは、自動注文として「iサイクル注文」のほかに、相場変動に追従しない「サイクル注文」も用意されています。

②外為オンラインのシステムは無料のデモ口座体験が可能

上で紹介した「iサイクル注文」は、システムとしては非常に優れたものですが、初心者の方には不安の方が大きいのではないかと思います。

また、自動注文に限らず、初めてFXトレードをする方が、相場の中で上手に立ち回るには、ある程度の慣れが必要です。

そこで、外為オンラインでは、実際の取引を体験できる「デモ体験」を用意しています。

これによって初心者の方でも、外為オンライン独自の取引ツールや、注文方法、またFXの仕組みを理解することができます。

しかも無料です。

実際の為替レートで取引できるので、いざ本番に移行してからも違和感がないこともメリットのひとつ。

なお、デモ口座の開設は最短1分で可能です。

必要な入力情報も少ないので、気になる方は、まず実際に体験してみましょう。

また、スマホでもデモ口座体験が可能です。

外為オンラインの無料デモ口座を開設した上で、専用のアプリをダウンロードする必要があります。

外為オンライン 無料FXデモ体験

③外為オンラインは手数料無料

FXは外貨を購入/売却するトレードです。

FXを利用せずに外貨を購入する方法としては、銀行での両替が考えられますが、これには手数料がかかります。

米ドル/円で見れば、1ドル当たり3円程度のところがほとんどです。

外為オンラインの場合、通常の取引では手数料は無料です。

これは、銀行などの両替による取引と比較すれば大きなメリットと言えます。

ただし、「iサイクル注文」、「サイクル注文」といった自動注文を利用する場合、新規及び決済取引のそれぞれに取引手数料(20円)が発生するので注意しましょう。

また、手数料がかからないものの、「スプレッド」は発生します。

FXの際には、「取引手数料はかからないが、スプレッドはかかる」ということを覚えておきましょう。

スプレッドとは、売値と買値の差額のこと。

例えば、米ドル/円の為替レートが「100円5銭~8銭」といった場合、買値が100円5銭、売値が100円10銭ということになり、この差額5銭分がスプレッドとなります。

なお、外為オンラインの最新のスプレッド情報は、このページで確認できます。

④外為オンラインはマーケット情報が充実

外為オンラインのホームページには、市場の状況をチェックできる「マーケット情報」が掲載されており、トレードの参考にすることができます。

月曜日から金曜日まで毎日更新されるアナリストリポートや、FXを主戦場とするブロガー達の週刊相場予想、最新の外為情報をチェックできる「外為ラボ」、今後の主なイベントが掲載されたマーケットカレンダーなど、いずれも見やすくまとまっているのが特徴です。

実践的なチャートの読み方も連載されていますので、初心者の方はまずココを読むことから初めてみましょう。

⑤外為オンラインのセミナーでレベルアップ!

ホームページ上のマーケット情報だけでなく、実際に現場で話を聞くことのできるセミナーを豊富に開催しているのも外為オンラインの特徴と言えるでしょう。

初心者向けのものから、中上級者向けの講座まで、いずれも無料で聴講することができます。

通常、東京駅からほど近い場所にある外為オンラインセミナールームで行われているのですが、全国各地で開催されることもあり、こちらも無料なので、地元の県で開催される際は要チェックです。

外為オンラインの注意点・デメリット

FX業者は、その取引条件等で特色を出しているため、メリットもあればデメリットもあります。

例えば、外為オンラインの場合は、他社と比較してスプレッドが広い(=取引コストが大きい)ことがデメリットのひとつとして挙げられます。

例えば、米ドル/円の場合、現状では0.3銭が最狭クラスのスプレッドとなっていますが、これに対して外為オンラインは原則1銭固定。

比較すると3倍以上の取引手数料がかかります。

そのため、頻繁に売買を繰り返すスキャルピングやデイトレードなどの取引を考えているのであれば、よりスプレッドの狭い他社を検討したほうがよいことになります。

また、「iサイクル注文」や「サイクル注文」といった自動注文に関しては、スプレッドのほかに20円の取引手数料がかかってしまうこともあり、システムとしては良いものでも、手数料に見合った利益を出せるかどうかが重要になってきます。

自動注文を利用しようと考えている方は、無料デモ口座によるデモ取引である程度その効果を確認してから本番に移行したほうが無難です。

外為オンラインの概要

取引条件
取引時間 夏時間=月曜7:00~土曜5:55

冬時間=月曜7:00~土曜6:55

取引手数料 無料(※1)
入出金手数料 出金手数料無料

入金手数料は「クイック入金」で無料

初回入金額 下限なし
必要証拠金 対円通貨ペアの場合、値洗いレート×1万通貨×4%
レバレッジ 総取引金額の4%(レバレッジ1〜およそ25倍)
ロスカット ■L25コース・L25 miniコース

有効証拠金が取引証拠金の20%を下回った場合

■L25Rコース・L25R miniコース

有効証拠金が取引証拠金の100%を下回った場合

通貨ペア 24通貨ペア
最小取引単位 1,000通貨以上
モバイル対応 スマートフォン、タブレット(iOS、Android)対応

※1 「iサイクル注文」「サイクル注文」は、新規及び決済取引のそれぞれに手数料が発生します。

  • miniコースの場合 新規手数料20円+決済手数料20円

(1,000通貨あたり 南アフリカランド/円は10,000通貨あたり)

  • 通常コースの場合 新規手数料200円+決済手数料200円

(10,000通貨あたり 南アフリカランド/円、ノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円、香港ドル/円は100,000通貨あたり)

注文機能
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFDO注文
  • トレール注文
  • 成行+OCO注文
  • リバース(途転)注文
  • オフセット注文
  • iサイクル注文
  • サイクル注文
主要通貨のスプレッド

外為オンラインが取り扱う通貨ペアのスプレッドは、以下の表の通りです。

通貨ペア スプレッド
米ドル/円(USD/JPY) 1ポイント
ユーロ/円(EUR/JPY) 2ポイント
ポンド/円(GBP/JPY) 3ポイント
豪ドル/円(AUD/JPY) 3ポイント
NZドル/円(NZD/JPY) 6ポイント
カナダドル/円(CAD/JPY) 5ポイント
スイスフラン/円(CHF/JPY) 5ポイント
豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF) 6ポイント
豪ドル/NZドル(AUD/NZD) 10ポイント
豪ドル/米ドル(AUD/USD) 2ポイント
ユーロ/豪ドル(EUR/AUD) 8ポイント
ユーロ/カナダドル(EUR/CAD) 7ポイント
ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF) 5ポイント
ユーロ/ポンド(EUR/GBP) 4ポイント
ユーロ/NZドル(EUR/NZD) 12ポイント
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 1ポイント
ポンド/豪ドル(GBR/AUD) 9ポイント
ポンド/スイスフラン(GBP/CHF) 9ポイント
ポンド/NZドル(GBP/NZD) 17ポイント
ポンド/米ドル(GBP/USD) 3ポイント
NZドル/米ドル(NZD/USD) 6ポイント
米ドル/カナダドル(USD/CAD) 6ポイント
米ドル/スイスフラン(USD/CHF) 4ポイント
南アフリカランド/円(ZAR/JPY) 150ポイント(15銭)

※スプレッドは変更される可能性もありますので、最新の情報は外為オンラインのホームページ等でチェックするようにしてください。

外為オンラインで現在実施中の口座開設キャンペーンは?

FXを取り扱う会社の多くは、初めて口座開設をする人向けにキャンペーンを行っています。

キャッシュバック等、非常にお得な内容となっていますので、これからFXを始めようとしている人はぜひ、こうしたお得なキャンペーンを活用してください。

ここでは、一例として外為オンラインが2017年7月現在開催中のキャンペーンについて紹介していきます。

新規口座開設キャンペーン

外為オンラインで新規に口座を開設し、既定の取引を完了すると、5,000円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンです。

適用条件は以下の通りです。

適用条件

キャンペーン期間内(~2017年9月30日まで)に新規口座開設完了し、かつ口座開設から60日以内に下記の条件を満たすこと

  • 10万円以上を入金
  • 新規注文で100万通貨以上の取引(南アフリカランド/円の場合、1,000万通貨以上)
  • キャッシュバック実施時に口座残高がある

※くりっく365は対象外

キャンペーンによるキャッシュバックを受け取るまでの流れ

実際にこのキャッシュバックを受け取るまでの流れを簡単に説明します。

まずは、外為オンラインのホームページから必要情報を入力し、本人確認書類とマイナンバーの確認できる書類を送付します。

すると、入力した情報に基づいて外為オンラインで審査が行われ、通過していれば簡易書留でログインIDの書かれた書類が送付されてきます。

このIDでホームページ上でログインし、クイック入金を利用して取引口座に証拠金を入れます。

あとは、60日以内に100万通貨以上(南アフリカランド/円の場合、1,000万通貨以上)を取引すれば、その月の翌月末日、5,000円が取引口座に入金されます。

60日以内に100万通貨の取引ってできるの?

100万通貨というと、米ドル/円で考えるとレートが100円の場合、100万通貨=1億円ということになりますので、この条件のハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、実際にはレバレッジを利かせることができるので、それほど難しくはありません。

上の条件で考えると、外為オンラインはレバレッジが最大25倍で取引ができますので、証拠金4万円で100万円の取引ができます。

この状態で売買を100回こなせばよいということになります。

デイトレードやスキャルピングなどでは、100回の約定というのは比較的すぐにこなせますので、口座開設から60日以内という期間であれば、余裕をもって終わらせることができます。

もちろん、キャンペーン目的でただ売買を繰り返せば、キャッシュバック金額以上に損失が出てしまうこともありますので、取引は慎重に行ってください。

「iサイクル注文」手数料無料キャンペーン

外為オンラインで新規に口座開設をすると、口座開設完了時から90日間「iサイクル注文」「サイクル注文」の手数料が無料になります。

このキャンペーンを利用すれば、新規手数料も決済手数料も無料になります。

「iサイクル注文」「サイクル注文」には興味があるが、手数料がかかるのがネックと考えている方にとっては、非常に魅力的なキャンペーンです。

まだ外為オンラインで口座を保有していなければ、新規口座開設をして「iサイクル注文」「サイクル注文」を試してみることをおすすめします。

「iサイクル注文」は、本来以下の通り手数料がかかります。

  • miniコースの場合 新規手数料20円+決済手数料20円

(1,000通貨あたり 南アフリカランド/円は10,000通貨あたり)

  • 通常コースの場合 新規手数料200円+決済手数料200円

(10,000通貨あたり 南アフリカランド/円、ノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円、香港ドル/円は100,000通貨あたり)

その他のキャンペーン

外為オンラインでは2017年7月現在、口座開設が条件ではないキャンペーンも実施しています。

「iサイクル注文」決済手数料無料キャンペーン

キャンペーン期間中に、iサイクル注文、サイクル注文におけるポジション決済分の決済手数料が無料になります。

※新規約定時の手数料は発生します。

キャンペーン期間は、2017年7月3日取引開始時~2017年9月30日取引終了時までです。

※キャンペーン期間は変更されることがありますので、随時ホームページを確認してください。

外為オンラインのサポート・オプション・その他の情報

外為オンラインでは相談サポートとして、ホームページ上のフォームを利用した問い合わせへの対応と、フリーダイヤルによる電話での問い合わせ対応といった2つを用意しています。

フリーダイヤルでの電話相談は、月~金曜日の9時~17時まで。

FX業者によっては、トレード可能な時間帯ほぼすべてをカバーして電話相談対応を行っているところもありますので、それらと比較するとサポート体制は若干劣ります。

特に、わからないことの多い初心者のうちは電話相談したいケースも出てくる可能性がありますので、どうしても不安だという方は他社のサービスも検討しましょう。

口座開設〜利用開始までの流れ

外為オンラインの口座開設から利用開始までの流れを大まかに見ると、以下のようになります。

①口座開設申込

②本人確認書類・マイナンバーの提出

③ログインIDの受取(郵送)

④ログイン→取引開始

それぞれ、詳細に見ていきましょう。

①口座開設申込

まず、外為オンラインのホームページから口座開設の申込をします。

この際、必要な入力情報としては以下のようなものがあります。

  • 名前、性別、生年月日
  • 住所、電話番号
  • 米国納税義務の確認
  • 外国PEPsの確認
  • 職業
  • 財務情報、投資経験
  • 取引動機、投資目的
  • コース選択

コースは以下の中から自由に選べます。

コース 取引単位 最大レバレッジ ロスカット値 証拠金判定
L25Rコース 10,000通貨 25倍 取引証拠金の100% 随時
L25コース 10,000通貨 25倍 取引証拠金の20% 1日1回
L25Rminiコース 1,000通貨 25倍 取引証拠金の100% 随時
L25miniコース 1,000通貨 25倍 取引証拠金の20% 1日1回

②本人確認書類・マインナンバーの提出

本人確認とマイナンバー確認のための書類を送付します。

方法としては、オンラインでアップロード、メール、FAX、郵送があり、どれを選択しても構いませんが、携帯電話やスマートフォンからオンラインでアップロードする方法が簡単です。

あらかじめ書類をカメラで撮影しておき、ホームページ上のアップロードページで画像を送れば完了です。

なお、本人確認には、以下のいずれかの書類が必要となります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票の写し又は住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

また、マイナンバー確認には、以下のいずれかの書類が必要となります。

  • 通知カード
  • 個人番号カード
  • マイナンバー記載の住民票の写し

なお、個人番号カードは、それ1点で本人確認とマイナンバー確認可能な書類となっています。

③ID、パスワードの受取(郵送)

①、②が完了すると、外為オンラインがその情報を基に申込者を審査します。

これに通ると、簡易書留郵便でログインIDが記入された書類が送付されてきます。

申し込みから書類の送付までは3~5営業日かかります。

④ログイン→取引開始

ログインIDを利用して、会員ページにログイン。あとは口座への入金を終えれば取引が可能となります。

入金には「クイック入金」と「通常入金(銀行振込)」の2つの方法がありますが、銀行振込をすると手数を負担しなければならなくなるため、入金がリアルタイムに反映されて手数料もかからないクイック入金を利用しましょう。

外為オンラインに向いている人

セミナーやマーケット情報を積極的に活用していきたい初心者の方や、スプレッドの広さを気にせずに長期トレードができる中級者以上の方に向いているサービスです。

電話相談等のサービスはそれほど充実していないため、「FXのことは全く分からないし、メールなども苦手」というFX入門者は、外為オンラインの口座を開設し、セミナーやマーケット情報・無料デモ口座などを利用しましょう。

実際の取引に関しては、自身の行いたい取引に合わせて外為オンラインを利用するか、他社でも口座を開設をして取引することをおすすめします。

ABOUT ME
yoshi
以前は証券会社に勤めていました。 週末にはバスケットボールをして汗を流しています! nanairoでは、証券会社での経験やFPの知識をもとに、FX・株の記事を中心に執筆しています。