FX取引

セントラル短資FXの『セントラルミラートレーダー』の評判を検証

セントラル短資FXは、東京の港区に本社を置く証券会社で、裁量取引FXの『FXダイレクトプラス』や、スキャルピングもOKの『ウルトラFX』、そしてシステムトレードの『セントラルミラートレーダー』を扱っています。

100年以上の歴史を持つ短資会社、セントラル短資のグループ会社として2002年に設立され、2006年には業界初の全額信託保全を採用して話題となりました。

ここでは、そんなセントラル短資FXの取り扱うサービスの中から、『セントラルミラートレーダー』の特徴を詳しく紹介していきます。

セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』の特徴・メリット

国内にはFXを取り扱う複数の証券会社がありますが、セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

①簡単に始められるシステムトレード

FXのトレードには、自分でチャートを見ながらトレードする「裁量取引」と、選択したプログラムに任せて自動で取引をしてもらう「システムトレード」という2種類の方法があり、サービスによって採用している方法はそれぞれ違います

セントラルミラートレーダーが採用しているのはシステムトレードで、ストラテジー(戦略)と呼ばれるシステムを選択するだけですぐに自動売買が始められるのが特徴です。

裁量取引は自分のタイミングで取引ができる分、感情任せにトレードをしてしまい、気づいた時には損失ばかり発生しているという状況が起こりがちです。

一方でシステムトレードは、戦略に沿って機械的に売買をこなしていくため、あらかじめ決めたルール通りに取引ができる点がメリットです。

②世界中のプロによるストラテジーが選べる

セントラルミラートレーダーで選べるストラテジーは、世界中のプロ・プロバイダーが応募してきた売買プログラムの中から、セントラル短資FXの厳正な審査をクリアしたもの。

これが数百種類ラインナップされていますので、自分に合ったものを安心して選ぶことができます。

ここでのポイントは、1種類だけでなく複数のストラテジーを同時に運用しておくこと。

こうしておくことで、市況に左右されにくい自動売買を運用することができます。

③シストレ広場で自分に合ったストラテジーを発見

「ストラテジーが数百種類もあるなんて、選ぶだけでも大変!」という方のために、セントラル短資FXでは「シストレ広場」というサイトを運営しています。

このサイトでは、人気ストラテジーやストラテジーランキング、また目標とするパフォーマンスに合ったストラテジーを検索できるスクリーニングシステムなどを無料で利用することができます(要登録)。

これによって、自分に合うストラテジーを早く、確実かつ簡単に見つけ出すことができます。

④24時間、手間いらずでトレード可能

裁量取引では、基本的に自分がPCやスマートフォンで操作しなければ新規注文や決済注文ができません。

そのため、ユーザーは相場に張り付いている必要がありますが、システムトレードの場合はまさに自動で売買がなされるため、例えば睡眠中や仕事中であってもトレードを継続することができます。

時間が取れずになかなかFXトレードができないと考えている方には、システムトレードを利用することで市場に参加するチャンスが増えるという利点があります。

セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』の注意点・デメリット

セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』の注意点としては、問い合わせ先のフリーダイヤルが24時間対応ではないところが挙げられます(受付時間は平日の午前8時~午後7時)。

外貨の値動きは、外国為替市場がオープンしている夜間に活発になるため、こうした時間に起きたトラブルに対して直接質問等ができない点はひとつのデメリットと言えます。

また、システムトレード全般に言えることですが、ストラテジーを選択して自動売買しているからといって「絶対に勝てる」というわけではありません。

ストラテジーをチェックするとどれも優秀なプログラムに見え、選んだだけで満足してしまいがちですが、本当の勝負はその後。

自動売買の中でしっかりと成績が出ているかをチェックし、損失が出ている場合はストラテジーの組み合わせを変えたりするようにしましょう。

セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』の概要

取引条件
取引時間夏時間=月曜7:00~土曜5:40

冬時間=月曜7:00~土曜6:40

取引手数料無料
入出金手数料出金手数料無料

入金手数料は「クリック入金」で無料

初回入金額設定なし
必要証拠金取引の額(想定元本)の4.0%
レバレッジ最大25倍
ロスカット証拠金維持率が100%以下となった場合
通貨ペア22通貨ペア
最小取引単位1,000通貨単位以上

(最小注文可能数量5,000通貨単位)

モバイル対応未対応
注文機能
  • マーケット成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • OCO注文
通貨ペア
米ドル/円(USD/JPY)ユーロ/円(EUR/JPY)
ポンド/円(GPB/JPY)豪ドル/円(AUD/JPY)
南アフリカランド/円(ZAR/JPY)スイスフラン/円(CHF/JPY)
NZドル/円(NZD/JPY)カナダドル/円(CAD/JPY)
ユーロ/米ドル(EUR/USD)豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)
NZドル/スイスフラン(NZD/CHF)ポンド/米ドル(GBP/USD)
豪ドル/米ドル(AUD/USD)NZドル/米ドル(NZD/USD)
米ドル/スイスフラン(USD/CHF)米ドル/カナダドル(USD/CAD)
ユーロ/ポンド(EUR/GBP)ポンド/スイスフラン(GPB/CHF)
ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)
ポンド/豪ドル(GBP/AUD)豪ドル/NZドル(AUD/NZD)

セントラル短資FXで現在実施中の口座開設キャンペーンは?

FXを取り扱う証券会社の多くは、初めて口座を作る人向けにキャンペーンを行っています。

キャッシュバック等、非常にお得な内容となっていますので、これからFXを始めようとしている人はぜひ、こうしたキャンペーンを活用してください。

ここでは、一例としてセントラル短資FXが2017年4月現在開催中のキャンペーン(新規の方が対象となるもの)について紹介していきます。

「FXデビューするなら、セン短へGO!最大2万円キャッシュバックキャンペーン」

2017年4月現在、『セントラルミラートレーダー』の取引量に応じたキャッシュバックをもらえるキャンペーンは用意されていません。

『セントラルミラートレーダー』の口座を開設するためには、『FXダイレクトプラス』の口座開設が必要となるため、ここでは『FXダイレクトプラス』の取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンを紹介します。

こちらは、『FXダイレクトプラス』の口座開設をし、規定量の取引を行うことで最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンです。

適用条件は以下のとおり。

適用条件
  • 対象期間中にセントラル短資FXで新規口座開設→開設完了
  • 口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込完了
  • 口座開設月の翌月末の営業終了までに規定量の取引をこなす
取引量とキャッシュバックの関係
  • 50万通貨以上200万通貨未満→5,000円
  • 200万通貨以上→20,000円

なお、このキャンペーンの開催期間は2017年4月3日~2017年6月30日となっています。

このキャッシュバックを受け取るまでの流れ

はじめに口座を開設する必要がありますので、セントラル短資FXのホームページ上の口座開設フォームに必要情報を入力して送信します。

さらに、本人確認書類をメール、FAX等で送ります。

その後、セントラル短資FXによる審査が行われ、通過すると口座開設手続完了を知らせるメールが送られて来て、さらに郵送(簡易書留)でログインID、パスワードが書かれた書類が届きます。

このログインIDとパスワードを利用してホームページ上でログイン。マイページ上でマインナンバー登録依頼をし、書類をアップロードします。

マイナンバー登録の確認完了通知がメールで送られて来たら、口座へ入金しましょう。

キャンペーン申込を済ませたら、後は規定量の取引を行うことでキャッシュバックの権利が得られます。

なお、キャンペーンは随時更新されていくので、詳細についてはセントラル短資FXのホームページを確認するようにしてください。

セントラル短資FXのサポート・オプション・その他の情報

セントラル短資FXのお客様サポート体制を紹介していきます。

ユーザーから問い合わせる手段としては、電話(フリーダイヤル)と問い合わせフォームという2種類の方法が用意されています。

フリーダイヤルで繋がるサポートセンターの受付は、平日午前8時から午後7時まで。24時間対応ではない点に注意してください。

また、セントラル短資FXでは、ここで紹介した『セントラルミラートレーダー』の他に、1,000通貨単位から裁量取引の可能な『FXダイレクトプラス』、スキャルピング対応の『ウルトラFX』があります。

いずれの口座も『FXダイレクトプラス』の口座を開設すると同時に開設されるので、新たに申し込む必要はありません。

興味のある方は、こちらも利用してみましょう。

口座開設〜利用開始までの流れ

①口座開設申込

まず、セントラル短資FXのホームページから口座開設の申込をします。

この際、必要な入力情報としては以下のようなものがあります。

  • 名前、性別、生年月日
  • 電話番号、メールアドレス
  • 郵便番号、住所、電話番号
  • 職業、業種、勤務先名、勤務先電話番号
  • 年収、自己資産、取引の動機
  • 投資目的、投資経験

これらを入力したら、あとは各種書面に承諾すれば完了です。

②本人確認書類・マインナンバーの提出

次に、本人確認書類とマイナンバー確認書類を送付します。

EメールやFAX等でも可能ですが、ホームページ上のWEBアップロードを利用するのがスピーディで便利です。

本人確認には、以下のいずれかの書類が必要となります。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード又は特別永住者証明書

上記以外の場合、以下の2つ以上が必要です。

  • 各種健康保険証、共済組合員証
  • 住民票の写し

マイナンバー確認には、以下のいずれかの書類が必要となります。

  • 通知カード
  • 個人番号カード
  • マイナンバーが記載された住民票

なお、個人番号カードが用意できる場合、そのほかに本人確認書類の提出の必要はありません。

③パスワードの受取(郵送)

①、②が完了すると、外為ジャパンが審査を始めます。

これに通り次第、口座開設手続完了を知らせるメールが届き、その後、ログインIDとパスワードの書かれた書類が簡易書留で郵送されてきます。

④ログイン→取引開始

届いたログインIDとパスワードを利用して、会員ページにログイン。

あとは口座への入金を終えれば取引が可能となります。

入金には「クイック入金」と「銀行振込」の2つの方法がありますが、銀行振込をすると手数を負担しなければならなくなるため、入金がリアルタイムに反映されて手数料もかからないクイック入金を利用しましょう。

なお、口座開設には最短で1〜2営業日、開設完了からIDとパスワードが郵送されるまでに約2営業日かかるので注意してください。

セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』を実際に利用した人の口コミを紹介

少額から始められる

セントラルミラートレーダーに関する口コミとしては「少額から取引できるのではじめやすい」というものが見られました。

裁量取引のFXサービスでは10,000通貨単位からでないとトレードできないところも多いのですが、セントラルミラートレーダーの場合は5,000通貨単位以上から取引が可能です。

ストラテジーの選択、入れ替えが簡単

セントラルミラートレーダーでは数百種類のストラテジーを取り扱っていますが、セントラル短資FXのサイト「シストレ広場」を利用すれば、自分に合ったものを簡単に見つけることができます。

これについては「ストラテジーの選択は簡単で、入れ替え作業もすぐにできる」といった声が見受けられました。

裁量取引と比べるとスプレッドは広めだが、他社と比べれば狭い

これはシステムトレード全体に言えることですが、裁量取引に比べてスプレッドは広めの設定となっていることが多く、取引手数料はかからないものの実質的なコストは高くなります。

原則固定スプレッドではなく、事前にホームページ等で確認することができないため、取引をする際には注意が必要です。

セントラルミラートレーダーの場合、「ミラートレーダーを取り扱う他社と比べれば、スプレッドは狭めである」という口コミも見受けられました。

セントラルFX短資『セントラルミラートレーダー』に向いている人

少額から始められて、ストラテジーの選択も簡単ということで、システムトレードの入門用としてはぴったりのサービスです。

取り扱う通貨ペア数も22種類とシステムトレードの中では豊富なため、今後積極的にシステムトレードを運用していきたいという人におすすめです。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。