FX取引

セントラル短資FXの『FXダイレクトプラス』のスプレッドや評判は?

セントラル短資FXは、その名前が示す通り、セントラル短資会社のグループ会社です。

短資会社とは金融市場で主に仲介業務を営む企業のこと。

そんな短資会社の出資によって2002年に設立されたのがセントラル短資FXです。

現在では法令によって義務付けられている全額信託保全ですが、法改正前の2006年に業界で初めて「セキュリティートラスト」という名称で全額信託をスタートしたことでも話題となりました。

現在では、

  • 『FXダイレクトプラス』
  • 『セントラルミラートレーダー』
  • 『ウルトラFX』

という3種類のFXサービスをラインナップしています。

ここでは、その中から『FXダイレクトプラス』の特徴について、詳しく解説していきます。

セントラル短資FX『FXダイレクトプラス』の特徴・メリット

国内にはFXを取り扱う複数の証券会社がありますが、セントラル短資FX『FXダイレクトプラス』の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

①1,000通貨単位から取引可能

FXで少額投資を考えている方とって、押さえておきたいポイントは「最小取引単位」です。

最小取引単位と、投資に最低限必要な証拠金の関係について考えてみましょう。

多くのFX業者は、取引可能な通貨単位について「最小10,000通貨」としています。

これは例えば米ドル/円のレートが1ドル100円だった場合、1万ドル=100万円の取引をしなければならないということです。

レバレッジが25倍であれば、この時必要な証拠金は4万円ということになります。

一方、『FXダイレクトプラス』の場合、取引可能な通貨単位は最小1,000通貨。

上の計算で行けば、1000ドル=10万円からの取引ができ、この場合の必要証拠金は4千円です。最小10,000通貨からしか取引できないFX業者と比べれば10分の1の資金で取引をスタートすることができます。

少ない投資金額でFXを始めたいと考えている方にとっては、これは大きなメリットとなります。

②業界最高水準のスワップポイント

FXで中長期な投資を考えている場合にチェックしておくべき要素として「スワップポイント」があります。

これは、低い金利の通貨を売って、高い金利の通貨を買うと受け取れる金利のこと。

『FXダイレクトプラス』は、業界2017年3月現在、

  • 豪ドル/円で1万通貨あたり36円
  • NZドル/円で36円
  • 米ドル/円で22円

と、いずれも業界最高値ではないものの、高水準の設定となっています。

例えば豪ドル/円の場合、円を売って1万豪ドルを買うと、1日あたり36円を受け取ることができます。

各種通貨の長期保有を検討しているのであれば、『FXダイレクトプラス』は検討の価値のあるFXサービスということになります。

③マイナー通貨も取り扱い

『FXダイレクトプラス』で取り扱う通貨は24通貨と、業界水準では決して多くはないものの、マイナー通貨も取り扱っていることが魅力です。

例えば、高金利通貨であるトルコリラや、取引制限のある中国人民元など、他社での取り扱いがあまり多くない通貨も円との通貨ペアでトレード可能。

これらマイナー通貨の取引を考えている方は『FXダイレクトプラス』を押さえておきましょう。

④取引手数料は無料

証券会社を利用して金融商品を購入すると、取引手数料がかかるのが一般的です。

ただし、FXの場合はこの手数料を無料としているサービスも多く、『FXダイレクトプラス』の場合も同様です。

口座開設手数料や維持手数料、出金手数料はかかりません。

入金手数料も、オンラインでリアルタイムに入金が反映される「クイック入金」を利用することで無料となり、手数料のことは気にせずトレードに集中することができます。

セントラル短資FX『FXダイレクトプラス』の注意点・デメリット

セントラル短資FX『FXダイレクトプラス』の注意点としては、問い合わせ先のフリーダイヤルが24時間対応ではないところが挙げられます(受付時間は平日の午前8時~午後7時)。

外貨の値動きは、外国為替市場がオープンしている夜間に活発になるため、こうした時間に起きたトラブルに対して直接質問等ができない点はひとつのデメリットと言えます。

また、FXの取引コストとして捉えられているスプレッドが、業界の最狭水準から比べると劣っている点です。

例えば、『FXダイレクトプラス』の米ドル/円のスプレッドは1銭。業界最狭水準が0.3銭ですので、3倍以上の取引コストがかかることになりますので、短期に注文を繰り返すようなトレードをする場合には要注意です。

セントラル短資FX『FXダイレクトプラス』

取引条件

ここでは、セントラル短資FX『FXダイレクトプラス』の取引条件を紹介していきます。

取引時間夏時間=月曜7:00~土曜5:40

冬時間=月曜7:00~土曜6:40

取引手数料無料
入出金手数料出金手数料無料

入金手数料は「クリック入金」で無料

初回入金額設定なし
必要証拠金取引の額(想定元本)の4.0%
レバレッジ最大25倍
ロスカット証拠金維持率が100%以下となった場合
通貨ペア24通貨ペア
最小取引単位1,000通貨単位以上
モバイル対応Android、iPhone、フィーチャーフォンに対応
注文機能
  • ストリーミング成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • トレール注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFO注文
主要通貨のスプレッド

セントラル短資FX『FXダイレクトプラス』が取り扱う通貨ペアのスプレッドは、以下の表の通りです。

通貨ペアスプレッド
米ドル/円(USD/JPY)1銭
ユーロ/円(EUR/JPY)2銭
ユーロ/米ドル(EUR/USD)0.8pips
豪ドル/円(AUD/JPY)3銭
豪ドル/米ドル(AUD/USD)1.8pips
NZドル/円(NZD/JPY)4銭
NZドル/米ドル(NZD/USD)1.8pips
ポンド/円(GPB/JPY)4銭
ポンド/米ドル(GBP/USD)1.8pips
カナダドル/円(CAD/JPY)4銭
スイスフラン/円(CHF/JPY)4~9銭
米ドル/カナダドル(USD/CAD)1.8pips
米ドル/スイスフラン(USD/CHF)4~9pips
ユーロ/ポンド(EUR/GBP)1pips
南アフリカランド/円(ZAR/JPY)1.9銭
ポンド/スイスフラン(GPB/CHF)5~10pips
トルコリラ/円(TRY/JPY)8~18銭
オフショア人民元/円(CNH/JPY)1.9銭
ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)5~10pips
豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)5~10pips
NZドル/スイスフラン(NZD/CHF)5~10pips
ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)1.8~5pips
ポンド/豪ドル(GBP/AUD)3~9pips
豪ドル/NZドル(AUD/NZD)6pips

※スプレッドは変更される可能性もありますので、最新の情報はセントラル短資FXのホームページ等でチェックするようにしてください。

セントラル短資FXで現在実施中の口座開設キャンペーンは?

FXを取り扱う証券会社の多くは、初めて口座を作る人向けにキャンペーンを行っています。

キャッシュバック等、非常にお得な内容となっていますので、これからFXを始めようとしている人はぜひ、こうしたキャンペーンを活用してください。

ここでは、一例としてセントラル短資FXが2017年3月現在開催中のキャンペーン(新規の方が対象となるもの)について紹介していきます。

「今からはじめるFX!新規口座開設キャンペーン」

セントラル短資FXで新規に口座を開設し、『FXダイレクトプラス』で規定量の取引を行うことで最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンです。

適用条件は以下のとおり。

適用条件
  • 対象期間中にセントラル短資FXで新規口座開設→開設完了
  • 口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込完了
  • 口座開設月の翌月末の営業終了までに規定量の取引をこなす
取引量とキャッシュバックの関係
  • 50万通貨以上200万通貨未満→5,000円
  • 200万通貨以上→20,000円
このキャッシュバックを受け取るまでの流れ

ここからは、実際にこのキャッシュバックを受け取るまでの流れを簡単に書いていきます。

はじめに口座を開設する必要がありますので、セントラル短資FXのホームページ上の口座開設フォームに必要情報を入力して送信します。

さらに、本人確認書類をメール、FAX等で送ります。

その後、セントラル短資FXによる審査が行われ、通過すると口座開設手続完了を知らせるメールが送られて来て、さらに郵送(簡易書留)でログインID、パスワードが書かれた書類が届きます。

このログインIDとパスワードを利用してホームページ上でログイン。

マイページ上でマインナンバー登録依頼をし、書類をアップロードします。

マイナンバー登録の確認完了通知がメールで送られて来たら、口座へ入金しましょう。

キャンペーン申込を済ませたら、後は規定量の取引を行うことでキャッシュバックの権利が得られます。

なお、キャンペーンは随時更新されていくので、詳細についてはセントラル短資FXのホームページを確認するようにしてください。

セントラル短資FXのサポート・オプション・その他の情報

セントラル短資FXのお客様サポート体制を紹介していきます。

ユーザーから問い合わせる手段としては、電話(フリーダイヤル)と問い合わせフォームという2種類の方法が用意されています。

フリーダイヤルで繋がるサポートセンターの受付は、平日午前8時から午後7時まで。24時間対応ではない点に注意してください。

また、セントラル短資FXでは、ここで紹介した『FXダイレクトプラス』の他に、システムトレードの『セントラルミラートレーダー』、スキャルピングに対応した『ウルトラFX』があります。

いずれの口座も『FXダイレクトプラス』の口座を開設すると同時に開設されるので、新たに申し込む必要はありません。

興味のある方は、こちらも利用してみましょう。

口座開設〜利用開始までの流れ

セントラル短資FXの口座開設から利用開始までの流れを大まかに見ると、以下のようになります。

①口座開設申込

まず、セントラル短資FXのホームページから口座開設の申込をします。

この際、必要な入力情報としては以下のようなものがあります。

各種書面に承諾した上で、

  • 名前、生年月日、性別
  • 住所、連絡先電話番号、メールアドレス
  • 職業、勤務先
  • 出勤先口座
  • 年収、金融資産、投資目的、取引動機、投資経験、情報の案内
  • 米国への納税義務
  • 税務上の居住地国についての自己申告

以上の項目を入力します。

②本人確認書類・マインナンバーの提出

次に、本人確認書類をEメール、FAXまたは郵送で送付します。

本人確認には、以下のいずれかの書類が必要となります。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票の写し
  • 日本国発行のパスポート
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

③パスワードの受取(郵送)

①、②が完了すると、セントラル短資FXが審査を始めます。

これに通り次第、口座開設手続完了を知らせるメールが届き、その後、ログインIDとパスワードの書かれた書類が簡易書留で郵送されてきます。

④ログイン→マイナンバー登録→入金→取引開始

届いたログインIDとパスワードを利用して、会員ページにログイン。

その後、マイナンバーを登録します。

この時、必要となるのは以下のいずれかひとつです。

  • マイナンバー「通知カード」の表面
  • 「個人番号カード(マイナンバーカード)」裏面
  • マイナンバーの記載がある住民票の写し

書類をアップロードして登録依頼を済ませ、セントラル短資FXから完了確認通知が届いたら、いよいよ入金をすれば取引可能に。

入金には「クリック入金」と「銀行振込」の2つの方法がありますが、銀行振込をすると手数を負担しなければならなくなるため、入金がリアルタイムに反映されて手数料もかからないクリック入金を利用しましょう。

セントラル短資FX『FXダイレクトプラス』を実際に利用した人の口コミを紹介

「外貨のまま出金できて便利」

証券会社の取り扱うFXサービスの多くは、取引中外貨を保有していても、出金するためには一旦日本円にしなければならないものがほとんどです。

一方で『FXダイレクトプラス』の場合は外貨のまま出金でき(「現受け」という)、銀行等を利用した両替よりも手数料が少なく済むことがあるため「使い勝手がいい」という声が見られました。

「トルコリラの取り扱いが嬉しい」

取り扱う通貨こそ24ペアと多くないものの、マイナー通貨ペアの取り扱いがあるのが『FXダイレクトプラス』の魅力。

特に、高金利通貨のトルコリラを取り扱っていることについて、「この通貨を取り扱う業者は多くはないため、嬉しい」といった評価が見受けられました。

歴史ある会社だけど、知名度は…?

親会社のセントラル短資は100年以上の歴史を持つ企業で、「伝統があるので信用もできる」という声がある一方で、「知名度はイマイチ」といった評価も見られました。

確かにCMなど大規模な広告宣伝を行っていないので目立たないかもしれませんが、ただこれはFXのトレードをする上では関係のないことですので、デメリットと考えなくてもOKです。

セントラル短資FX『FXダイレクトプラス』に向いている人

メジャー通貨ペアのスプレッドはそれほど狭くないですが、スワップポイントは業界内でも比較的高水準なので、短期的な取引を繰り返すような手法を採用する人よりも、中・長期的なトレードを考えている人に向いているサービスです。

短期取引を考えている人は、『FXダイレクトプラス』の口座を持っていれば簡単に利用できる同社のサービス『ウルトラFX』を検討しましょう。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。