FX取引

バイナリーオプションとは?投資の初心者でも始めやすいFX取引

バイナリーオプションとはFX取引の1つで、「外為オプション」とも呼ばれています。

「設定レートより上がるか下がるか」を予測して購入、予想が当たれば利益が得られます。

リスクは購入金額だけに限定され、小資金でも取引ができることもあり、今注目を集めているFX取引です。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションという取引を聞きなれない人も多いかもしれません。

歴史が浅いこともありますが、誰でも簡単に少ない資金で取引ができることもあり、これから成長が見込める金融取引であることには違いありません。

バイナリーオプションの歴史としくみ

バイナリーオプションの歴史はまだ浅く、2003年にイギリスの会社が金融商品として取引を開始しました。日本市場では2009年に始まりました。

取引はとても簡単で、設定レートを選択、円安か円高を選択、希望する額を購入するだけで終わります。

あとは一定時間後に、どちらに動いているかによって「利益」か「損失」が確定します。

バイナリ―オプションの特徴は、損失が購入金額以上にはならないということです。

1,000円で購入すれば、例え予想が外れても、損失が1,000円以上に膨らむことはありません。

スマートフォンにも対応した手軽な取引画面

取引業者によって取引画面は異なりますが、「現在時間の前後数時間のチャート」と「設定レート」の表示、さらにレートの動きに対応して表示される損益表示、購入ボタンなどです。

FXのように複雑なチャートではなく、シンプルな表示なので、スマートフォンでも取引画面が見やすくなります。

取引を開始するには

取引を開始するには、バイナリーオプション取引を行っているFX業者に口座を開設する必要があります。

GMOクリック証券の場合、最短2営業日で取引ができるようになります。

申込みには、本人確認書類とマイナンバーの提出が必要です。ちなみにWEB手続きならば、それぞれの画像をアップロードすればOKです。

FXの取引とバイナリーオプションの取引はココが違う

簡単にFXとバイナリーオプションの相違点を見てみましょう。

FX取引で感じる後悔は抱え込まなくて済む

FXは購入すると、自動設定による決済か、自分で判断するまで利益(もしくは損失)は確定しません。また、デイトレードだと常にレートを見る必要もあります。

決済のタイミングを逃せば損失につながるため、レートの動きに常に敏感にならざるを得ないので、初心者は「あの時決済していれば・・・」という後悔を抱えるようになってしまいます。

購入から決済までの時間が短くその日のうちに確定

バイナリーオプションは少ない資金、例えば1,000円で購入すれば、1時間とか3時間後には確定します。

その時点のレートの「高いか安いか」の選択以外は、レートを見る必要がありません。

例えば、2倍であれば2,000円になり、予想が外れた場合も1,000円の損失を超えることがないのです。

短期のチャートを見れば予測がつきやすい

バイナリーオプションは、初心者レベルでテクニカルチャートをあれこれ見なくても取引ができます。

もちろん、日々のレートの動きや世界経済の動き、通貨ペアの相手国の経済指標などの情報を収集する作業ができれば良いのですが、初心者にはなかなか大変です。

しかも、それが必ず確かであるという保証もありません。

バイナリーオプションは、まず日々のレートの動きとその日の動きを見て、

「ここまで下がったから、心理的に購入が増えるだろう」

と予想をして、自分の判断を信じて購入することができます。

ギャンブル性が高くなく、購入金額が最大リスクなので、すべてを失う心配はありません。

3つのメリットと3つのデメリット

バイナリーオプションの取引自体は簡単ですが、口座開設などの手続きが必要といった面倒な部分もあります。

この項目では、メリットとデメリットを検証します。

バイナリーオプション3つのメリット

少ない資金で簡単にできるバイナリーオプションのメリットを3点挙げてみましょう。

  1. 簡単で少額でも取引できる
  2. リスクが小さくリスク管理もできる
  3. レートが動かないときにも利益が得られる

バイナリーオプションのメリットは、何と言っても少ない金額で取引ができる点です。

取引画面もシンプルで、「上がる」か「下がる」かのどちらかを選択するだけで取引はできます。

しかも、最大リスクは購入した金額だけです。FXのように、ロスカットのタイミングを失うことによる大きな損失もありません。

レートが動かず初心者がFXで「売り」「買い」のタイミングに迷う場面でも、バイナリーオプションなら単純な取引方法で購入判断の迷いも少なくてすみます。

バイナリーオプション3つのデメリット

バイナリーオプションは、取引に対する考え方によってデメリットを感じることもあるでしょう。3点挙げてみます。

  1. FX口座を作る手続きが面倒
  2. パソコンが使えないと利用できない
  3. ギャンブルみたいで抵抗感がある

口座開設手続きも取引も、全ては自己判断です。社会や他の人に責任を求める人には向いていません。

また、パソコンやスマートフォンがある程度自由に扱えるスキルも必要です。

刻々と変わるレートにストレスを感じることは少ないでしょうが、操作ミスが損失を生むことはよくあることです。

バイナリーオプションはギャンブルとは違いますが、金融取引である以上、慎重な参加が必要です。

例えば、初心者がバイナリーオプションでいきなり10万円購入することは考えられません。予想が外れれば、その時点で10万円の損失が確定します。

10万円購入するのであれば、FXの方がリスクは低くなります。

余裕資金さえあれば、一時的にレートが変動してもその時点で10万円損失の確定を避けることができます。

バイナリーオプションの効果的な活用方法

最後に、バイナリーオプションを始める初心者にとって、効果的な活用法を紹介します。

チャートの読み方や世界の動きを把握する

バイナリーオプションは、少ない資金で簡単に取引ができるので、誰でも口座を開設すれば参加できます。

しかし、それだけで終わるのはもったいない話です。

短時間といっても、1時間とか3時間の間のレートの動きを予想する必要があります。

移動平均線だけではなく、複数のテクニカルチャートを見たり、世界経済の動き、各国首脳の発言などと重ねたりして、その動きを見るようにしましょう。

そうすれば、FXでも自分の勝ちパターンを獲得することにつながります。

FXと組み合わせた取引を行う

前述の通り、バイナリーオプションは、通常のFX取引につながる手法です。

また、メリットとして紹介しましたが、レートが動かない時にあえてFXのポジションを抱え込まなくても、バイナリーオプションによって少ない額であっても利益を生み出すこともできるようになります。

通常のFX取引と組み合わせて考えて、レートの動きをチャートやニュースとともに研究すれば、大きな利益を安定的に生み出すコツを身につけることができるでしょう。

まとめ

現在、日本のFX業者の全てがバイナリーオプションを行っているわけではありません。

また、購入最低額も決済までの時間もFX会社で異なります。

情報をしっかり集めて、また、通常のFXの取引のしやすさも考えて口座開設を行うことが大切です。

自己責任で、しっかりと利益を獲得していく――。

勝ちにこだわるのは、たとえバイナリーオプションであっても、変わりはありません。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。