光回線

フレッツ光とビックローブ光の違いは?料金・速度や各メリットを比較

2015年の光コラボの開始に伴い、数多くの有名企業が光コラボに参入しています。

各社、自社サービスをからめたお得な内容で光インターネットサービスを提供しています。

魅力的な割引サービスやキャンペーン、サービスをより便利に利用できる特典など、よりどりみどりな内容です。

ですが、フレッツ光のユーザーが光コラボに乗り換えて損をしたというケースも珍しくありません。

これは乗り換え先の通信会社が悪いのではなく、フレッツ光ならではのメリットなどを無視して転用したことが大きな原因です。

事前に比較しておかないと、転用で損をする可能性が高くなります。

そこで「フレッツ光」と「ビッグローブ光」の比較について解説していきたいと思います。

まずは「フレッツ光」と「ビックローブ光」について解説

まずは、記事を読んでもらう上で必要な情報について簡単に説明しておきます。

フレッツ光→「NTT東日本・西日本」が提供するサービス(プロバイダがつなげる役目)

フレッツ光は、ご存知NTT東西が提供する光インターネットサービスです。

2015年に光コラボがスタートしていますが、現在もサービスは継続しています。

フレッツ光を利用するにあたって「プロバイダ」とも契約が必要になります。

NTTとの契約では、光回線の利用ができると言うだけであり、これを媒介としたインターネット接続はプロバイダが行っています。

ここで注意しなければならないのは、NTTに支払う「ネット利用料」と、プロバイダに支払う「プロバイダ料」が別になっているという点です。

これは、請求および口座からの引き落としのタイミングがそれぞれ異なるため、通信費の把握や口座残高の管理が面倒になるというデメリットがあります。

ビックローブ光→NTTの回線を借りて「BIGLOBE」が提供するサービス

ビッグローブ光は、BIGLOBEが提供する光インターネットサービスです。

光コラボは、フレッツ光や他社光回線契約とは異なり、自社で回線を保有するのではなく、「フレッツ光の回線を借りる」ことでサービスを提供しているという特徴があります。

また、他にも「プロバイダサービスがセットである」という点も特徴です。

前述のフレッツ光のときとは異なり、プロバイダ料込みで料金設定が行われているため、請求もビッグローブに一本化します。

詳しくは後ほど解説します。

フレッツ光からビックローブ光への転用を考えている方はぜひ参考に!

フレッツ光から光コラボへは、「転用」という便利な方法で乗り換えができます。

しかし、その手軽さにかまけて安易な理由でビッグローブ光に乗り換えてしまうと、あとで後悔するはめになる可能性が高いです。

理由としては、光コラボがフレッツ光に対する「単純な上位互換ではない」という点が挙げられます。

要するに、フレッツ光から転用することで満足度が下がる部分が大きいと、あとで後悔することになるのです。

詳しくは後ほど解説しますが、簡単に言えば「再転用できない」ことを理解しなければなりません。

フレッツ光とビックローブ光の料金比較

それでは、ビッグローブ光とフレッツ光の比較に入りたいと思います。

最初に比較するポイントは「月額料金」です。

比較対象は、1Gbpsのプラン同士です。

戸建てプランの場合

内容(戸建)フレッツ(東)フレッツ(西)ビッグローブ光
ネット料金4,600円3,810円4,980円
プロバイダ料500円~1,200円500円~1,200円上記に含む
合計5,100円~5,800円4,310円~5,010円4,960円

ビッグローブ光は、光コラボの中では中間程度の安さの月額料金です。

契約期間ありのフレッツ光の契約タイプであれば、ほぼ同程度の水準の安さで利用できます。

実際には割引サービスを利用できますので、その分ビッグローブ光のほうが安く利用できる可能性が高いです。

マンション(集合住宅)プランの場合

内容(マンション)フレッツ(東)フレッツ(西)ビッグローブ光
ネット料金2,950円2,930円3,980円
プロバイダ料500円~950円500円~950円上記に含む
合計3,450円~3,900円3,430円~3,880円3,960円

マンションタイプも同様です。

光回線契約の中にはマンションタイプでもそこまで安くならないタイプ(同じマンションでの契約世帯数で変動するタイプも有り)の契約もありますが、ビッグローブ光は一般的な水準で、戸建てタイプよりも月額1,000円安く利用できます。

割引サービスを利用すれば別ですが、基本的な料金はフレッツ光とそこまで大差ありません。

もちろん、フレッツ光に関しては契約期間の定めのないプランが割高になりますので、そちらを契約した場合はビッグローブ光のほうが圧倒的に安くなります。

フレッツ光とビックローブ光の速度比較

次に、フレッツ光とビッグローブ光の「通信速度」の違いについて解説します。

回線速度自体は、どちらも最大1G(1000Mbps)

まず、最大通信速度についてですが、フレッツ光もビッグローブ光も、両方とも1Gbpsのプランが最大速度になります。

両者とも、それ以上の通信速度は出せません。

日本国内でこれ以上の速度となると、So-netが運営する「NURO光」が2Gbps出せるくらいです。

そもそも、NURO光のように使用する回線が異なるのであればまだしも、フレッツ光もビッグローブ光も同じ回線を使用しているのですから、回線の違いによる速度の違いはありません。

前述の通り光コラボはフレッツ光の回線を借りているので、回線品質の条件は同じです。

ただし、1Gは当然ベストエフォートであって、どちらの回線もそこまでは出ない

なお、ご存じの方も多いのですが、通信サービスにおける「最大1Gbps」という表記は、常にその速度が出せるという保証ではありません。

実際の速度はネット上で利用できるスピードテストを利用してみるとわかりやすいのですが、デバイスや周辺機器のスペックや接続方法によって左右されます。

そして、その条件についてはフレッツ光もビッグローブ光も同じ条件です。

低スペックであれば、どちらの回線契約も同じく低速通信になってしまいます。

そこで、大事になってくるのが「回線への繋がりやすさ」

ですが、条件が全て同じでも、実際には回線契約ごとに通信速度は異なるものです。

その理由は「お住いの地域による回線への繋がりやすさ」です。

通常、光回線というものは同じ回線を通る通信が集中すると混雑してしまいます。

その混雑の発生のしやすさは、同じ回線を使用する、つまり同一エリアに集中するユーザー数の多さに左右されます。

これについては、地域ごとに格差がありますのでなんとも言えません。

可能な限り直近の口コミを見つけるなどして情報収集する必要があります。

ビックローブ光のメリット

次に、ビッグローブ光を契約することのメリットについて解説します。

お得なキャンペーンを利用可能

まずは、キャンペーンが利用できるというポイントです。

利用できる特典内容は、「新規契約」と「フレッツ光からの転用」で異なります。

回線新規

新規契約の場合は、期間限定で25,000円のキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

光回線契約のキャッシュバックとしてはそれなりの金額であり、2年間毎月1000円引きとほぼ同じ金額になりますのでお得なキャンペーンであることがわかります。

なお、キャッシュバックは「auセット割」を適用しないことが条件です。

ご利用中のスマートフォンがauである場合、契約内容によって最大で毎月1,200円の割引を受けられます。

低用量のプランの場合は割引額が500円になりますが、割引は永年適用になりますので、長く利用すればその分だけ割引総額も高額になります。

また、キャンペーン期間中は初期工事費用が実質無料になります。

実際には、40回払いの毎月の支払い分だけ全額値引きされるので、40ヶ月ビッグローブ光を継続利用した場合は工事費用の支払いが0円になるという仕組みです。

転用

転用の場合は、月額料金が割引されます。

割引額は、戸建てタイプで200円、マンションタイプで400円、それぞれ24ヶ月目まで割引されます。

光☆SIMセット割

次に、「光☆SIMセット割」を適用できるというメリットです。

これは格安SIM「BIGLOBE LTE・3G」をあわせて利用することで、月額300円の割引を受けられるのです。

割引は、対象となるサービスを利用している限り永年適用され続けます。

また、ビッグローブ光とBIGLOBE LTE・3G、および「中部電力カテエネプランfor BIGLOBE」をあわせて利用する場合だと、さらに100円引きされます。

ただし、その他のセット割との併用はできませんので注意しましょう。

通信費の支払いがBIGLOBE一つにまとまる

また、ビッグローブ光に乗換えることで、固定回線の月額料金がBIGLOBEにまとめられるという点もメリットになります。

これはビッグローブ光のメリットというよりも、フレッツ光と比較した場合の光コラボのメリットであると言えます。

前述の通り、フレッツ光はプロバイダ契約が別扱いで、請求もNTTとは別に実施されています。

光コラボはプロバイダ込みの料金設定であり、請求も月一にひとまとめで行われます。

別々に請求されるよりも、通信費の把握や口座残高の管理などの観点でメリットになります。

フレッツ光のメリット

次に、フレッツ光のメリットについて解説します。

プロバイダの選択肢が多い

まずは、プロバイダの選択肢が豊富であるというポイントです。

光コラボは、ドコモ光などの一部の契約を除き、通信会社が提供するプロバイダサービスに限定されることがほとんどです。

そのため、インターネットの利用においてお気に入りのプロバイダがある場合でも、それを選択できない、あるいはセットでは利用できないというのがほとんどです。

フレッツ光の場合、主要なプロバイダはセット料金で利用できます。

請求はNTTとは別になるとは言え、気に入っているプロバイダがある場合は選択肢が豊富なフレッツ光のほうがメリットになる可能性が高いです。

サポート体制が安定している

次に、ユーザーからの問い合わせへの対応、つまり「サポート体制」が安定しているというポイントです。

フレッツ光は光コラボの本家であり、長く固定回線契約を全国で提供している老舗です。

多くのユーザーからの問い合わせに対応してきた実績は、現在のサポート体制にも強く反映しています。

特にインターネットにあまり詳しくないユーザーの場合、何かあった時に自分一人では対処できない可能性が高いです。

そんな時に、安定したサポートを提供してくれるフレッツ光であれば、初心者でも安心して問い合わせし、以降も安心してインターネットを利用し続けられるものです。

法人・店舗・個人事業主の方であれば、まだお得なキャッシュバックキャンペーンをやっている

さらに、フレッツ光は個人向けのキャンペーンについてはかなり沈静化しているのですが、法人向けのキャンペーンは依然行われている可能性が高いです。

代理店によるキャンペーンは、個人向けのものはフレッツ光では終了しているところが多い反面、法人契約を対象としたものはまだ残っています。

ビックローブ光へ乗り換えるデメリットはあるの?

最後に、転用におけるデメリットについて解説します。

フレッツ光からビックローブ光に乗り換えたら、もうフレッツ光には戻せない!?

フレッツ光から光コラボに転用する場合、フレッツ光に戻すことはできません。

厳密に言えば、通常と同じ方法で乗換えることはできますが、転用を繰り返すということはできません。

どういうことかと言えば、転用は「フレッツ光→光コラボ」の一方通行であり、その逆のパターンは利用できないのです。

転用時の手軽さは、光コラボからフレッツ光に戻そうと思った時には利用できないということです。

仮に、ビッグローブ光に転用したあとで、実際にサービスを利用して「フレッツ光のほうが良かったな」と思った場合、フレッツ光にはビッグローブ光の解約を経て新規契約する必要があります。

もちろん、解約および契約時に発生するさまざまな手間やコストを支払わなければならないのです。

あまりの手軽さに、「とりあえず転用して、問題があれば戻せばいいか!」という考えで転用する人が少なくありません。

ですが、戻せるには戻せるとしても、その際には転用時とは比べ物にならない手間とコストがかかるということを理解する必要があります。

不可逆では無いとしても、少なくない手間・コストがかかることを理解していれば、安易な考えで転用することはしないでしょう。

現在BIGLOBE以外のプロバイダでメールアドレスを利用している場合、使えなくなる!?

また、BIGLOBE以外のプロバイダを利用している場合、転用時にはプロバイダが変わってしまいます。

これにより、現在のプロバイダから提供されている「メールアドレス提供」などのサービスが終了となります。

当然、メールアドレスは廃止扱いとなります。

もし、メールアドレスを残したまま転用したい場合は、2つの方法があります。

まずは「プラン変更」です。

プロバイダによっては、通常のプランとは別に、メールアドレスやブログなどの一部のサービスのみを利用できるプランが提供されていることがあります。

この場合、プロバイダを解約するのではなく、そのプランに変更して継続して契約しておくという方法です。

最低限のプランは月額およそ200円前後で利用できます。

もう一つの方法は「プロバイダを変えない」という方法です。

厳密には、利用中のプロバイダを選択できる回線契約を乗り換え先に決めることです。

利用中のプロバイダがBIGLOBEであればそのままビッグローブ光に転用できるのと同じ原理で、そのプロバイダが提供する光コラボや、プロバイダを選べる「ドコモ光」などの回線契約に切り替えるという方法です。

前者のデメリットは「月額料金が上乗せされる」ことです。

仮に、月額200円で利用できるとなれば、実質的にビッグローブ光の月額料金が200円プラスされてしまうことになります。

その対価がメールアドレスの保持となれば、割高に感じてしまうことは否めません。

フリーメールに切り替えることで無料で対処できると考えると、メール以外のサービスの重要性が割高感を払拭する鍵となります。

後者のデメリットは「乗り換え先の選択肢が狭まる」ということです。

というよりも、仮にビッグローブ以外のプロバイダを利用している場合、この記事の命題である「ビッグローブ光への転用」という前提が覆ってしまいます。

おわりに

料金面を中心として、光コラボはフレッツ光よりも優れています。

ビッグローブ光も例に漏れず、自社サービスとのセットでの割引やキャンペーンの展開によってお得な料金設定に仕上がるケースが多いですが、サポート体制などの面ではフレッツ光に軍配が上がります。

フレッツ光からビッグローブ光に転用する場合、フレッツ光に戻すことの大変さを理解して入念な検討をしておく必要があります。

フレッツ光に戻すことが大変であると理解していれば、そのリスクを踏まえた上で比較が行えるはずです。

「BIGLOBE LTEを利用しているから」「auのセット割が利用できるから」という理由だけで転用してしまうと、フレッツ光のほうがメリットがあったり、よりお得な光コラボの存在に気が付けない可能性もあります。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。