光回線

フレッツ光とコミュファ光の料金や速度の違いは?キャンペーンも比較

光回線のブランドは多数あり、それぞれに特徴が異なります。

このため、名称に「光」と付いている回線を契約しても、必ずしもニーズにマッチしたサービスを受けられるとは限りません。

たとえば、NTTのフレッツ光と、ctcのコミュファ光。

両者はどちらも人気の光回線ですが、サービス内容はそれぞれで違っています。

2つの回線から自身のニーズに適したものを選ぶには、両者の違いを知ることが肝要です。

本ページでは、人気の光回線フレッツ光とコミュファ光を比較して、その違いに迫ってみることにしましょう。

料金や通信速度は元より、キャンペーンの違いにも触れますので、ぜひご一読ください。

まずはフレッツ光とコミュファ光の料金比較

インターネット回線の満足度は、回線の性能だけでなく月々に支払う料金によっても変わります。

性能が高く、かつ料金が安価な回線を契約できれば、高い満足度が得られそうですよね。

フレッツ光とコミュファ光では、どちらのほうがコストに優れているのでしょうか。

戸建てプランの場合

最初に比較するのは、フレッツ光とコミュファ光の、戸建向けプランの料金です。

両者には、通信速度と月額料金の異なるプランがいくつかあります。

ここでは、特に人気の高い通信速度1Gbpsのプランを例にとり、料金を比較してみることにしましょう。

フレッツ光とコミュファ光の料金は、一目で比較できるようにまとめました。

下記に記載する内容について、ご説明しておきましょう。

フレッツ光の料金は、東西のNTTのエリアによって異なります。

このため東西それぞれの料金を記載。

フレッツ光の料金同士も、比較できるようにしています。

次に、コミュファ光の料金について。

コミュファ光は、ネット単体では提供されません。

ネット+光電話もしくは、ネット+光電話+テレビサービスのセットで提供されます。

今回は、フレッツ光との比較対象に、ネットと光電話がセットで提供される「1ギガホーム」を選択。

下記に記す料金は、割引サービス「ギガデビュー割2017」適用時のものになります。

もう一点、プロバイダ料金について。フレッツ光はネット回線単体で提供されるため、利用するには別途プロバイダを選んで契約しなければなりません。

このため、比較表にはプロバイダ料金の欄を設けてあります。

  • ネット料金・・・フレッツ光(東日本) 4,600円/フレッツ光(西日本) 3,810円/コミュファ光 3,930円
  • プロバイダ料金・・・フレッツ光(東日本) 500〜1,100円/フレッツ光(西日本) 500〜1,100円/コミュファ光 0円
  • 合計・・・フレッツ光(東日本) 5,100円〜5,700円/フレッツ光(西日本) 4,310〜4,910円/コミュファ光 3,930円

フレッツ光のプロバイダ料金は、メジャーなプロバイダ各社の料金から「最安料金〜最高料金」をピックアップしたものになります。

コミュファ光のプロバイダ料金が0円となっているのは、「1ギガホーム」のネット料金に、オリジナルプロバイダの利用料が含まれているためです。

合計料金をみると、コミュファ光がずば抜けて安価になっていますね。

1ギガホームの通常料金は5,550円ですが、ギガデビュー割2017の適用により、契約12ヶ月目まで月額3,930円で利用できます。

また、契約13ヶ月目以降の値段も、4,930円と安価です。

対するフレッツ光の料金は、特にNTT東日本エリアが高額ですね。

西日本エリアは善戦していますが、割引適用時のコミュファ光には敵いません。

戸建向けプランの料金比較は、コミュファ光に軍配が上がります。

ただし、ギガデビュー2017は、期間限定のキャンペーンとなっているのでご注意ください。

キャンペーン期間は、2017年8月31日までとなっています。

マンション(集合住宅)プランの場合

続いて比較するのは、フレッツ光とコミュファ光のマンション向けプランの料金です。

こちらも、通信速度1Gbpsのプランの料金を比較します。

下記に記載する料金について、ご説明しておきましょう。

マンションタイプのフレッツ光の料金は、同一物件内で見込める加入者数に応じて変わります。

このため料金欄には、「最低料金〜最高料金」を記載。

料金幅が簡単にわかるようにしています。

  • ネット料金・・・フレッツ光(東日本) 2,950〜3,950円/フレッツ光(西日本) 2,530〜3,420円/コミュファ光 5,550円
  • プロバイダ料金・・・フレッツ光(東日本) 500〜1,100円/フレッツ光(西日本) 500〜1,100円/コミュファ光 0円
  • 合計・・・フレッツ光(東日本) 3,450〜5,050円/フレッツ光(西日本) 3,030〜4,520円/コミュファ光 5,550円

コミュファ光のネット料金には、プロバイダ料金と光電話の基本料金が含まれています。

合計料金を比較すると、コミュファ光のマンション向けプランはかなり高額ですね。

前述のギガデビュー割2017は、マンションタイプには適用できません。

ほかに契約初期から適用される割引もないため、月額基本料金がそのまま請求されることになります。

対するフレッツ光の料金は、NTT西日本エリアが特に安価ですね。

マンション向けプランの料金比較では、フレッツ光に軍配が上がる結果となりました。

次にフレッツ光とコミュファ光の速度比較

続いて比較するのは、フレッツ光とコミュファ光の通信速度。

速度の出ないネット回線は、利用するうえで不便を感じる可能性があります。

フレッツ光とコミュファ光では、速度に関してどちらのほうが優秀なのでしょうか。

最大通信速度はどちらも1Gbps

フレッツ光とコミュファ光の最大通信速度は、どちらも1Gbpsとなっています。

1Gbpsとは、1秒間に1,000メガビット( 125メガバイト)のデータを送受信できる速度。

より具体的にいうと、片面一層のDVD1枚分のデータ(4.7GB)を、約40秒で送受信できる速度となります。

最大通信速度は出ない?

上記のとおり、フレッツ光とコミュファ光の通信速度は最大1Gbpsです。

ただし、最大通信速度は理論上の数値であり、ユーザー宅で測定しても1Gbpsの速度はまず出ません。

もちろん、光回線に1Gbpsの帯域(速度)があることは事実。

しかし、ユーザー宅に届くまでに回線が分岐されるため、末端での速度は確実に低下してしまうのです。

フレッツ光は速度が低下しやすい?

実際に利用できる光回線の速度、すなわち実効速度は、同じ回線を同時利用するユーザー数によって変化します。

基本的に、同一地域で同一回線を利用するユーザー数が多いほどに、各家庭で利用できる通信速度が下がりやすくなると思ってください。

ユーザー数では、全光回線の中でフレッツ光がナンバーワンです。

このためフレッツ光は、通信速度が低下しやすい傾向にあります。

一方、コミュファ光のユーザー数は、フレッツ光と比べれば少数。

極端な通信速度の低下が起こる可能性は、少なくなっています。

口コミで実効速度をチェック!

本節の最後に、ユーザーが寄せる口コミで確認できる、フレッツ光とコミュファ光の実効速度をチェックしてみましょう。

以下は、実効速度に関する情報から、高い測定結果と低い測定結果をピックアップしたものになります。

実効速度
  • フレッツ光・・・高い測定結果 下り519.42Mbps/低い測定結果 下り198kbps
  • コミュファ光・・・高い測定結果 494.3Mbps/低い測定結果 1.7Mbps

高い測定結果は、両回線ともに優秀です。

一方、低い測定結果を見ると、フレッツ光の数値の低さが気になります。

下り198kbps(0.198Mbps)は、ネットの利用に支障が出るレベルの速度。

テキスト中心のウェブサイトなら十分閲覧できますが、YouTubeはまともに視聴できません。

口コミ全体を見る限りでは、フレッツ光の速度に関する評判は、あまり高くありませんでした。

対するコミュファ光は、速度の評価が上々です。

もちろん、コミュファ光の通信速度も、大きく落ちるケースがないわけではありません。

ただ、速度に関する改善要望には、積極的に対応してくれるようです。

また、Twitterでは、速度に関する口コミに対して、コミュファ光カスタマーサポートが丁寧な回答を行っています。

以上ご紹介した点から、通信速度に関しては、フレッツ光よりコミュファ光のほうが優れていると判断してよいでしょう。

フレッツ光とコミュファ光のキャンペーン比較(キャッシュバック等)

光回線を契約するなら、新規契約者向けのキャンペーンはぜひチェックしておきたいところです。

フレッツ光とコミュファ光には、どのようなキャンペーンが用意されているのでしょうか。

フレッツ光

かつては方々で、フレッツ光の代理店が行う、高額キャッシュバックキャンペーンの情報を目にしました。

しかし近年は、新規加入者の頭打ちを理由として、フレッツ光のキャンペーンは縮小傾向にあります。

とはいえ、フレッツ光の代理店が、キャンペーンをやめてしまったわけではありません。

たとえば株式会社エフプレインでは、最大20,000円のキャッシュバックを得られるキャンペーンを開催しています。

エフプレインのキャッシュバック特典は、フレッツ光の契約から最短2ヶ月で受け取ることが可能です。

ただし、ただフレッツ光を契約するだけでは、満額のキャッシュバックは得られません。

たとえばNTT西日本エリアの場合は、フレッツ光の契約だけで得られるキャッシュバックは3,000円のみ。

より高額なキャッシュバックを得るには、以下の条件を満たさなければなりません。

  • フレッツ光とプロバイダ(Yahoo!BB)を同時に契約する
  • ひかり電話Aに加入する
  • リモートサポートサービスに加入する
  • ひかりTVに加入する
  • フレッツテレビに加入する
  • フレッツ光の申込者を1名紹介する

上記のうち申込者の紹介は、特にハードルの高い条件といえます。

というのも、申込者が回線を開通させなければ、条件を満たしたことにならないからです。

これだけの条件を満たしてキャッシュバック2万円では、ちょっと割に合わないですよね。

フレッツ光のキャンペーンは、あまりおトクとはいえません。

コミュファ光

コミュファ光を取り扱う代理店では、頻繁に新規契約者向けのキャンペーンを実施しています。

ここでは一例として、フルコミット株式会社が実施しているキャンペーンをご紹介しましょう。

フルコミット経由でコミュファ光を契約すると、条件に応じて以下2つのキャンペーンが適用されます。

  • <So-net>今なら!もれなく最大30,000円キャッシュバック
  • <コミュファ光>乗りかえキャンペーン

上記特典は、コミュファ光の各種「セレクト」プランを契約し、かつプロバイダをSo-netに指定した場合に適用されます。

So-net独自のキャンペーン特典は、タイトルにあるように30,000円のキャッシュバックです。

キャンペーン期間内にコミュファ光を契約すれば、申し込みから11ヶ月後にキャッシュバックを受け取れます。

「乗りかえキャンペーン」は、他社回線からコミュファ光に乗り換えた場合に適用されるキャンペーンです。

キャンペーン特典は、最大50,000円のキャッシュバック。

受け取れる金額は、他社違約金の有無やコミュファ光の申し込み内容によって変わります。

以上ご紹介した内容を総合すると、新規契約者向けのキャンペーンは、フレッツ光よりコミュファ光のほうが豪華。

キャンペーン比較は、コミュファ光の勝利となります。

サービス提供エリアの比較

水道や電気とは違い、光回線はどこででも契約できるわけではありません。

回線ごとに提供エリアが決まっており、特定地域でしか利用できない場合もあります。

では、フレッツ光とコミュファ光は、どういった地域で利用できるのでしょうか。

詳しく比較してみましょう。

フレッツ光

フレッツ光のサービス提供エリアは、日本全国に広がっています。

すべての都道府県で利用でき、人口カバー率は95%以上。

家庭向けの光回線の中で、フレッツ光は最もエリアの広い回線となっています。

コミュファ光

コミュファ光は、中部地方限定で提供される光回線サービスです。

サービス提供エリアは、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県の4県のみ。

他地域へのエリア拡大は、予定されていません。

サービス提供エリアの比較は、フレッツ光の圧勝ということになります。

初期費用比較(契約事務手数料+工事費)

光回線を契約する前に押さえておきたいのが、工事費や事務手数料といった初期費用。

特に工事費は高額になる場合が多いため、契約前にしっかりチェックしておきたいところです。

フレッツ光とコミュファ光の初期費用を比較してみましょう。

  • 事務手数料・・・フレッツ光 800円/コミュファ光 700円
  • 工事費(戸建て)・・・フレッツ光 18,000円/コミュファ光 25,000円
  • 工事費(集合住宅)・・・フレッツ光 15,000円/コミュファ光 25,000円

一見してわかるとおり、工事費はコミュファ光のほうが高額です。

ただし、回線申し込み時に「安心サポート」をセットで契約すると、25,000円のネット工事費が無料となります。

安心サポートは、月額700円の有料オプションです。

しかも、最低利用期間が定められており、必ず3ヶ月間は利用しなければなりません。

とはいえ、最低利用期間中に限り、安心サポートは月々0円で利用可能です。

このため、工事費を無料にするために、余計なオプション料金を支払う必要はありません。

対するフレッツ光の初期費用は、必ず全額支払う必要があります。

初期費用の比較は、コミュファ光に軍配を上げてよいでしょう。

なお、コミュファ光を契約すると、上記工事費とは別に、光電話の工事費もしくは光電話と光テレビの工事費が請求されます。

光テレビの工事費については、割引を受けることが可能です。

お得なスマホ・ケータイの割引サービス比較

スマホ・携帯電話の3大キャリアでは、特定のネット回線の契約者を対象とした、割引サービスを提供しています。

サービス内容は、対象ネット回線とキャリアのスマホ・携帯電話を同時に利用することで、料金割引が受けられるというものです。

フレッツ光とコミュファ光は、割引サービスの対象となっているのでしょうか。以下でチェックしてみましょう。

フレッツ光には携帯割引のサービスがない

フレッツ光は、スマホ・携帯電話とのセット割引サービスに対応していません。

たとえば、NTTドコモのスマホとフレッツ光を同時に利用しても、料金割引は受けられないのでご注意ください。

コミュファ光電話にも加入すると「auスマートバリュー」が適用される

コミュファ光は、「auスマートバリュー」の対象回線となっています。

auスマートバリューとは、特定のネット回線と、auのスマホまたは携帯電話をセットで利用することにより適用される、料金割引サービスです。

割引は、auの料金に対して適用されます。

割引額は、auの回線1契約につき最大で2,000円。

割引可能回線数は、家族が契約する回線を含めて最大10回線となっています。

なお、コミュファ光ユーザーがauスマートバリューの適用を受けるには、コミュファ光電話への加入が必須です。

といってもコミュファ光は、基本的にネットと電話がセットで提供されます。

コミュファ光を契約すれば、もれなくauスマートバリューを利用できると思っておいてよいでしょう。

ただし、auスマートバリューの適用を受けると、料金比較の項目でご紹介した「ギガデビュー割2017」の適用対象外となるのでご注意ください。

フレッツ光とコミュファ光のその他の違いを紹介

ここまでにご紹介したもの以外にも、フレッツ光とコミュファ光の違いは多数あります。

回線選びのポイントとして押さえておきたい両者の違いを、3つ厳選してご紹介しましょう。

①フレッツ光は選べるプロバイダの選択肢が多く、コミュファ光は6社のみ

料金比較の項目でご紹介したとおり、フレッツ光のプロバイダはユーザーが選んで契約できます。

フレッツ光の提携プロバイダ数は、実に300社以上。

それぞれに料金やサービス品質が異なっており、好みに合わせて選択できます。

一方、コミュファ光も「セレクト」プランあれば、ユーザーがプロバイダを選択可能です。

ただし、選べるプロバイダ数は10社のみ。

選択の幅は、フレッツ光ほど広くありません。

②コミュファ光の方が料金体系がシンプル

コミュファ光は、料金体系がシンプル。

以下3つの要素を決めるだけで、簡単にプランを選べます。

  • プロバイダ選択の有無
  • 回線速度(30メガ・300メガ・1ギガ)
  • コミュファ光テレビの有無

対するフレッツ光は、料金体系が少し複雑です。

回線速度によってプランが分かれているほか、二段階定額制プランも選択肢として用意されています。

こうした選択要素に加えて、プロバイダやオプションの選択も必要となるため、契約内容を決める際に混乱してしまうかもしれません。

③料金的にはキャンペーン特典の内容が良いコミュファ光の方がおすすめ

キャンペーン比較の項目でご紹介したとおり、コミュファ光の新規契約時に得られるキャンペーン特典はかなりおトクです。

高額なキャッシュバックを得やすいため、料金的にはフレッツ光よりコミュファ光のほうがおすすめ。

次節では、コミュファ光の契約におすすめの、キャッシュバックキャンペーンをチェックしてみることにしましょう。

コミュファ光の契約におすすめのキャッシュバックキャンペーンを紹介!

コミュファ光のキャッシュバックキャンペーンは、代理店だけでなく、公式サイトでも実施されています。

最後に、特におすすめの代理店のキャンペーンと、公式サイトのキャンペーンをご紹介しましょう。

代理店フルコミット

代理店が実施するキャンペーンの中では、先ほどもご紹介したフルコミットのキャッシュバックキャンペーンがおすすめです。

キャンペーンの特典内容を、改めてチェックしてみましょう。

  • So-net独自の特典・・・最大30,000円キャッシュバック
  • 乗り換え限定の特典・・・最大50,000円キャッシュバック

最大キャッシュバック額は8万円。かなり豪華ですね。

公式サイト

コミュファ光の公式サイトでは、最大55,000円のキャッシュバックを得られるキャンペーンを実施しています。

キャンペーン特典は、他社違約金の有無および、選択するコース(Aコース or Bコース)によって決まります。

以下をご覧ください。

  • 他社違約金がある場合のAコース・・・最大40,000円分のキャッシュバック
  • 他社違約金がある場合のBコース・・・最大30,000円分のキャッシュバック+セットアップ1台無料
  • 他社違約金がない場合のAコース・・・最大10,000円分のキャッシュバック
  • 他社違約金がない場合のBコース・・・最大5,000円分のキャッシュバック

キャッシュバック額は、コミュファ光の契約内容によって変わります。

「1ギガホーム」や「1ギガマンションF」を、ネット+光電話+光テレビのセットで申し込めば、最大キャッシュバックをゲット可能です。

なお、コミュファ光の公式サイトでは、「オプションキャッシュバックキャンペーン」も実施しています。

こちらは3つの対象オプションを同時に申し込むことで、15,000円のキャッシュバックを得られるキャンペーン。

キャッシュバックを受けるには、以下3つのオプションに同時加入する必要があります。

  • 光電話付加サービス割引パックPlus
  • コミュファ光くらしサポート(自転車&おうちパック)
  • コミュファ光ビデオ(U-NEXT)

キャッシュバックを受け取るまでは、上記オプションの契約を継続しなければなりません。

なお、上記オプションのうち2つを申し込むだけでも8,000円、1つを申し込むだけでも3,000円のキャッシュバックを得られます。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。