光回線

NURO光とフレッツ光の違いは?料金や速度からキャンペーンまで比較

インターネット回線は、いまや家庭に不可欠なインフラの1つとなっています。

ただ、光回線の契約は、水道代や電気代など他のインフラ契約に比べると少しややこしいです。

というのも、光回線のサービス内容は業者によって大きく違うからです。

例えば、人気の高い光回線であるNURO光とフレッツ光。

この2つの回線はどちらも光回線ですが、特徴は大きく異なります。

具体的には、料金や速度からキャンペーン特典まで、サービスの基本要素すべて違っているのです。

そこで今回は、NURO光とフレッツ光の違いに詳しく迫ってみることにしましょう。

光回線としてどちらのサービスの方が優れているのか、両者を比べてみたいと思います。

NURO光とフレッツ光の料金比較

光回線を契約するなら、固定費となる月額料金はまずチェックしておきたい項目です。

NURO光とフレッツ光では、どちらの方がコスト面で優れているのでしょうか。

両サービスの月額料金を詳しく比較してみましょう。

戸建てプラン

戸建てプラン

最初に比較するのは、NURO光とフレッツ光の戸建てプランの料金です。

まずは、比較内容についてご説明します。

フレッツ光の料金については、東西のNTTのエリア別に記載しています。

また、料金欄に記載しているのは、最大1Gbpsの速度を利用できるプランの料金です。

フレッツ光のプランにはいくつか種類がありますが、NURO光の速度スペックに近いものを比較対象として選択しています。

もう1点、フレッツ光は回線料金を支払うだけでは利用できません。

回線に接続してくれるプロバイダを別途契約し、その利用料金も毎月支払う必要があります。

プロバイダ利用料は、各社でまちまち。

そこで下記の比較表には、メジャーなプロバイダ10社の料金から、最安料金と最高料金をピックアップして記載しています。

NURO光の料金欄には、基本プランである「G2V」の月額料金を記載しています。

料金比較表(税抜)

NURO光フレッツ光(東日本)フレッツ光(西日本)
ネット料4,743円4,600円3,810円
プロバイダ料0円500~1,100円500~1,100円
合計4,743円5,100~5,700円4,310~4,910円

補足説明

上記表の補足説明しておきましょう。

NTT東日本エリアのフレッツ光の料金は、「ギガファミリー・スマートタイプ」を契約し、かつ各種割引を適用した場合のものになります。

NTT西日本エリアのフレッツ光の料金は、新規契約者向けの割引「Web光もっともっと割」適用時のものです。

プロバイダ料金は、東西のフレッツ光ともに、「BB excite.の料金〜OCNの料金」となっています。

料金比較まとめ

ネット料金だけを見ると、NTT西日本エリアのフレッツ光が最も安価ですね。

ただ、選択するプロバイダ次第では、合計料金がNURO光より高額になってしまいます。

NTT東日本エリアのフレッツ光に関しては、ネット料金だけでかなり高額です。

プロバイダー料を入れずとも、NURO光の月額料金とほとんど差がありません。

以上をまとめると、NTT東日本エリアのフレッツ光の料金が最も高額ということが分かりましたね。

NTT西日本エリアのフレッツ光の料金とNURO光の料金は、互角と見てよいでしょう。

集合住宅プラン

マンションプラン

ほとんどのネット回線が、マンション向けプランの料金を戸建てより安く設定しています。

NURO光とフレッツ光の場合はどうでしょうか?

比較する料金について、先にご説明しておきます。

まず、東西のフレッツ光のネット料金については、そのマンション内で見込める加入者数に応じて料金が変わります。

このため、下記表の料金欄には「最安料金〜最高料金」を記載しています。

また、プランに関しては、NURO光の速度スペックに最も近い最大速度1Gbpsのプランを契約した場合のものになります。

次に、NURO光のネット料金について。

「NURO光 for マンション」の料金も、その物件内の回線利用者数に応じて変わります。

なので、フレッツ光と同様、ネット料金欄には「最安料金〜最高料金」を記載。

料金幅が一目で分かるようにしています。

料金比較表(税抜)

NURO光フレッツ光(東日本)フレッツ光(西日本)
ネット料1,900~2,500円2,950〜3,950円2,530〜3,420円
プロバイダ料0円500~1,100円500~1,100円
合計1,900〜2,500円3,450〜5,050円3,030〜4,520円

NURO光 for マンションの圧勝

上記表の合計金額を見てみると、NURO光の安さが目立ちますね。

「NURO光 for マンション」の月額料金は、最高でも2,500円です。

東西のフレッツ光の最安料金よりも、さらに安くなっています。

マンション向けプランの料金比較は、NURO光の圧勝ということになりますね。

NURO光とフレッツ光の速度比較

インターネットコンテンツがどんどん大容量化する昨今、通信速度はネット回線選びの重要ポイントとなっています。

NURO光とフレッツ光の通信速度を詳しく比較してみましょう。

最大通信速度(ベストエフォート)

下り上り
NURO光2Gbps1Gbps
フレッツ光1Gbps1Gbps

フレッツ光の最大通信速度は、下り上り共に1Gbpsとなっています。

仮に1Gbpsの速度が出るとすると、1秒間に125MBのデータを送受信することが可能です。

具体的には、片面1層のブルーレイディスク1枚分のデータ(50GB)を、7分以内にダウンロードできます。

NURO光の最大通信速度は、下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsとなっています。

下りの最大速度は、フレッツ光の2倍です。

ですので、先程の例で言うと、3分30秒程度で50GBのデータをダウンロードできる速度になります。

最大通信速度はあくまで理論値

ただ、最大通信速度はあくまで理論上の最大値です。

実際にこの最大通信速度が出ることは、まずないと思ってください。

フレッツ光を契約したからといって1Gbpsの速度で通信できるわけではなく、NURO光も同様です。

もちろんNURO光もフレッツ光も詐欺商品ではありません。

ただ、通信サービスというのは、速度が環境によって大きく変わるものである以上、理論上の最大速度を「速度目安」として掲示しているのです。

重要な実効速度

そのため、ネット回線の速度比較する場合、実効速度(実際に利用できる通信速度)も見なければなりません。

もちろん、ベストエフォートも「速度の目安」として重要です。

理論上の最大値が高ければ高いほど、実効速度が速い可能性が高まるからです。

ただ、通信事業者が提供する情報だけでなく、回線のリアルな実効速度も見ておくことが大切ということです。

そこで参考にしたいのが、ユーザーが寄せる口コミ情報です。

ここで、ネット上の口コミで確認できる、NURO光とフレッツ光の実効速度を確認してみましょう。

以下は、両回線の実効速度に関する情報から、高い数値と低い数値をピックアップしたものになります。

実効速度(※口コミによる)

 (下り)高い数値低い数値
NURO光1.2Gbps14.7Mbps
フレッツ光520Mbps200Kbps

最大速度が速いNURO光が、実効速度でもフレッツ光を上回っていますね。

フレッツ光の高い数値もかなり優秀と言えます。

ただし、ネット上にある口コミ全体を見る限りでは、NURO光よりフレッツ光の速度に関する評判の方が低かったです。

口コミで多く見られたフレッツ光の実効速度は「1Mbps〜50Mbps」が多かったです。

一方、NURO光の速度に関する口コミでは、実測で「100Mbps~400Mbps」以上出るとするコメントが多数見られました。

以上、NURO光とフレッツ光の速度比較では、NURO光の方が優れていると言えるでしょう。

NURO光とフレッツ光のキャンペーン比較(キャッシュバック等)

ネット回線を契約する際は、申し込み時のキャンペーン特典も大切です。

お得なキャンペーンを適用させて契約するか契約しないかで、トータルコストが大幅に変わってきます。

NURO光とフレッツ光では、どちらのキャンペーン特典の方が充実しているのでしょうか?

NURO光

NURO光のキャッシュバックキャンペーン

NURO 光にお申し込みでPS4プレゼントキャンペーン

NURO光は、お得なキャンペーン特典を2種類提供しています。

1つ目は、30,000円のキャッシュバックキャンペーンです。

これに「月額料金割引(基本工事費40,000円相当)」「So-net設定サポートサービス無料(9,000円相当)」といった特典も受けられます。

キャッシュバックが貰えるのは、NURO光が開通してから最短4ヶ月後です。

2つ目は、PS4プレゼントキャンペーンです。

これに「プレイステーションRストアチケット5,000円分」「月額料金割引」「So-net設定サポートサービス無料」といった特典も受けられます。

フレッツ光

NTT東日本・西日本が提供する「フレッツ光」のキャンペーン

フレッツ光の加入者数は、高止まりした状態にあります。

このためNTTは、フレッツ光の新規契約者獲得にあまり力を入れていません。

代理店が行うキャッシュバックキャンペーンも規模がだいぶ縮小しています。

ここで、現在フレッツ光の代理店が行っているキャンペーンの一例を見てみましょう。

ご紹介するのは、代理店ネットナビのオリジナルキャンペーンです。

ネットナビの特設サイトを通じてフレッツ光を契約すると、最大10,000~20,000円のキャッシュバックが貰えます。

これはあくまで一例ですが、フレッツ光の代理店が用意するキャンペーンは、かつてより条件が悪くなっているのが現状です。

ちなみにフレッツ光の公式サイトでは、新規契約者向けのキャンペーンは現在行われていません。

キャッシュバック比較まとめ

一昔前なら、フレッツ光は「最大40,000~70,000円」といったお得なキャンペーンを頻繁に開催していたのですが、今では還元率の高いキャンペーンは一切行われていません。

もしこういった還元率の高いキャンペーン特典がフレッツ光で残っていれば、NURO光と良い比較ができたかもしれません。

NURO光は、「30,000円キャッシュバック」または「PS4プレゼント」という魅力的なキャンペーンに加えて、

  • 「月額料金割引(基本工事費40,000円相当)」
  • 「So-net設定サポートサービス無料(9,000円相当)」
  • 「プレイステーションRストアチケット5,000円分」(※PS4の場合)

といった特典も同時に適用されます。

こうして両者を比べてみると、キャンペーン特典の比較においてもNURO光の圧勝と考えてよいでしょう。

サービス提供エリアの比較

サービス提供エリア

サービス提供エリアが狭い光回線は、お住まいの地域で利用できない可能性があります。

エリアの範囲で勝るのは、NURO光とフレッツ光のどちらなのでしょうか。

NURO光

NURO光は、つい最近まで関東エリア限定の光回線サービスでした。

しかし、遂に2018年1月より、東海・関西地方でもサービスの提供が開始されます。

ただ、エリア拡充は順次行われていきますが、全ての東海・関西エリアに提供するまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

提供エリアは、以下の地域です。

NURO光の提供エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬の関東1都6県

愛知・静岡県・岐阜県・三重県の東海4県

大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良の関西2府3県

※一部地域では利用できない場合があります。

NURO光のエリア拡大情報に関しては、下記ページで詳しく解説しています。

フレッツ光

一方、フレッツ光はNTT東日本・西日本合わせて、ほぼ全ての都道府県で利用可能です。

北は北海道の宗谷岬、西は与那国島の一部地域までが、フレッツ光の提供エリアに含まれます。

しかも、人口カバー率は95%以上。

エリアの広さで、フレッツ光回線に敵うインターネット回線はありません。

以上、提供エリアの比較に関してはフレッツ光の圧勝ということになりますね。

初期費用(契約事務手数料+工事費)の違い

インターネット回線を契約する際、始めに事務手数料や基本工事費といった初期費用の支払いが必要となります。

NURO光とフレッツ光の初期費用を比較してみましょう。

比較表(税抜)

NURO光フレッツ光(戸建て)フレッツ光(集合住宅)
契約事務手数料3,000円800円800円
工事費40,000円18,000円15,000円

契約事務手数料と工事費ともに、NURO光のほうが高額ですね。

ただ、上記のキャンペーン項目でご紹介したように、NURO光の基本工事費は割引で実質無料になります。

一方フレッツ光には、工事費の割引といった種類のキャンペーンは開催されていません。

つまり、実際支払うことになる初期費用は、NURO光の方が圧倒的に安くなります。

以上、初期費用比較でもNURO光の方がおすすめの光回線と言えるでしょう。

携帯の割引サービスの違い

インターネット回線の中には、スマホや携帯電話とセットで利用することで、料金割引が適用されるサービスがいくつかあります。

NURO光とフレッツ光にも、携帯の割引サービスは用意されているのでしょうか。

携帯とのセット割サービスがないフレッツ光

残念ながらフレッツ光では、スマホや携帯電話とのセット割引がありません。

同じNTTグループのdocomoの携帯と使用していても、割引サービスは一切提供されていません。

ちなみに、docomo携帯とのセット割引を利用したいなら、フレッツ光ではなく「ドコモ光」を契約する必要があります。

「おうち割」の適用回線NURO光

NURO光のネットサービスのみを利用する場合、スマホ・携帯電話とのセット割引は受けられません。

ただし、ネットサービスと同時に「NURO光でんわ」も利用する場合、SoftBankの「おうち割 光セット」が適用されます。

「おうち割 光セット」は、SoftBankのスマホ・携帯電話の利用料金が割引されるサービスです。

スマホ1回線に対して、最大2,000円の割引が適用されます。

また、このおうち割は、家族のソフトバンクユーザー全員に適用可能なので、上手く活用すれば、通信費の大幅な節約に繋がります。

比較検証まとめ

これまで、NURO光とフレッツ光を

  • 「月額料金」
  • 「通信速度」
  • 「キャンペーン」
  • 「提供エリア」
  • 「初期費用」
  • 「携帯との割引サービス」

という6項目で徹底比較してきました。

これまで読んでいただければ分かるように、フレッツ光よりNURO光の方が圧倒的に優れているネット回線と言えるでしょう。

下記ページは、NURO光とNURO光 for マンションそれぞれの詳細ページです。

NURO光がいいなと思った方はぜひご覧ください。

NURO光の提供エリアの範囲外にお住まいの方

本ページを読んでNURO光が良いなと思っても、お住まいの地域がNURO光の提供エリア外の場合、そもそも申し込むことすらできません。

今回のNURO光フレッツ光比較でも、提供エリアに限ってはフレッツ光の方が優秀でした。

これに関しては、NURO光唯一のネックであり、自宅がエリアの範囲外の場合はNURO光を断念せざるを得ません。

それでも、

  • 「長年利用しているフレッツ光から他の回線に乗り換えたい」
  • 「フレッツ光の料金や速度に不満がある」

といったユーザーは大勢いらっしゃると思います。

最後にそういった方におすすめの特集記事をご紹介します。

フレッツ光、NURO光以外にも優れたネット回線はたくさんあります。ぜひご参照ください。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。