光回線

フレッツ光とeo光の違いは?料金・速度からキャンペーンまで比較!

日本国内の光インターネット回線には、多数の種類があります。

中でもとりわけメジャーな光回線といえるのが、NTTのフレッツ光。

知名度が非常に高く、契約者数では他社回線を引き離してトップを独占しています。

ただ、人気の高い光回線は、フレッツ光だけではありません。

たとえば、株式会社ケイオプティコムが提供するeo光。

ネットユーザーの間で評判が高く、フレッツ光から乗り換えるユーザーも少なくありません。

では、フレッツ光とeo光は、何がどう違っているのでしょうか。

人気回線なら、どちらを選んでもよさそうな気がしますよね。

フレッツ光とeo光のサービス内容を比較して、どのような違いがあるのかチェックしてみましょう。

まずはフレッツ光とeo光の料金比較

数年単位で利用する光回線は、低コストで利用できるものを選びたいところ。

わずかなように感じる料金差も、年単位になると、意外に大きな出費の差に膨らむものです。

フレッツ光とeo光の、月額料金を比較してみましょう。

戸建てプランの場合

最初に比較するのは、フレッツ光とeo光の戸建向けプランの料金です。

比較対象とするのは、通信速度を最大1Gbpsとするプランの料金。

フレッツ光とeo光ともに、通信速度の異なるプランが複数ありますが、ここでは最も人気の高いプランの料金を比較することにしましょう。

両回線の料金は、簡単に比較できるように、下記にまとめています。

下記の記載内容について、簡単にご説明しておきましょう。

フレッツ光の料金は、東西のNTTのエリアに分けて記載しています。

というのも、NTTの東西で料金設定が異なるためです。

また、フレッツ光の利用には、ネット料金とは別にプロバイダ料金が必要となります。

このため、ネット料金とプロバイダ料金を分けて記載しました。

プロバイダはユーザーが選択できるので、メジャーなプロバイダの料金から「最安料金〜最高料金」をピックアップして記載しています。

  • ネット料金・・・フレッツ光(東日本) 4,600円/フレッツ光(西日本) 3,810円/eo光 4,953円
  • プロバイダ料金・・・フレッツ光(東日本) 500〜1,100円/フレッツ光(西日本) 500〜1,100円/eo光 0円
  • 合計・・・フレッツ光(東日本) 5,100円〜5,700円/フレッツ光(西日本) 4,310〜4,910円/eo光 4,953円

各項目の料金について、補足しておきます。

NTT東日本エリアのフレッツ光の料金は、各種割引を適用した場合の「ギガファミリー・スマートタイプ」の月額料金です。

一方、NTT西日本エリアのフレッツ光の料金は、「Web光もっともっと割」適用後の「スーパーハイスピードタイプ 隼」の料金になります。

ネット料金を見ると、eo光が最も高額ですね。

ただし、eo光のネット料金には、プロバイダ利用料が含まれています。

合計料金では、NTT東日本エリアのフレッツ光が最も高額。

NTT西日本エリアのフレッツ光が、最も安価になっています。

NTT西日本エリアに限定すれば、eo光よりフレッツ光のほうが安価に使えるということになりますね。

ただしeo光には、1年間限定の料金割引「新スーパースタート割」が用意されています。

月々の割引額は2,000円。契約開始から1年間に限れば、eo光の料金が最も安価です。

マンション(集合住宅)プランの場合

続いて、フレッツ光とeo光の、マンション向けプランの料金を比較してみましょう。

こちらも、各回線の料金をまとめました。

マンション向けプランの料金は、フレッツ光とeo光ともに少し複雑。

マンションタイプのフレッツ光の料金は、同一物件で見込める契約数に応じて変化します。

下記のネット料金欄には、最大通信速度1Gbpsのプランの「最安料金〜最高料金」を記載。

料金幅がひと目でわかるようにしています。

次に、マンションタイプのeo光の料金について。集合住宅で利用する場合、eo光の1ギガコースの料金は物件の規模によって変わります。

また、詳しい料金は、eo光のウェブサイトでは公開されていません。

このため、ネット料金欄には、プレスリリースで確認できる代表的な料金を記載しています。

  • ネット料金・・・フレッツ光(東日本) 2,950〜3,950円/フレッツ光(西日本) 2,530〜3,420円/eo光 5,200円
  • プロバイダ料金・・・フレッツ光(東日本) 500〜1,100円/フレッツ光(西日本) 500〜1,100円/eo光 0円
  • 合計・・・フレッツ光(東日本) 3,450〜5,050円/フレッツ光(西日本) 3,030〜4,520円/eo光 5,200円

上記の料金を見ると、eo光の高額さが目立ちますね。

リリースされた当時と比べると、eo光の1ギガコースは大幅に安くなっています。

ただ、マンション向けの1ギガコースについては、やや料金が高額なようです。

以上を踏まえると、マンション向けプランの料金比較では、フレッツ光に軍配が上がる結果となります。

なお、マンションタイプのeo光も、通信速度が最大100Mbpsのプランであれば、月額3,124円から利用可能です。

次にフレッツ光とeo光の速度比較

ネット回線の快適性は、利用できる通信速度によって決まります。

フレッツ光とeo光の通信速度を、詳しく比較してみましょう。

フレッツ光とeo光の通信速度はどちらも最大1Gbps

フレッツ光とeo光の通信速度は、下り上りともに最大1Gbpsです。

両回線のスペックに、違いはありません。

ちなみに1Gbpsの速度が出れば、CD-R1枚分(650MB)のデータを5秒強で転送できます。

実際に1Gbpsは出ない!?

フレッツ光やeo光を利用しても、実際に最大通信速度が出ることはありません。

光回線は、通信集約箇所から家庭に届くまでに、最大32分岐されます。

分岐によって通信速度は低下するため、各ユーザー宅で最大通信速度が発揮されることはまずないのです。

最大通信速度は、あくまで理論上の数値だと思ってください。

ユーザー数が速度に与える影響

ユーザーが利用できるネット回線の実効速度(実際の通信速度)は、さまざまな要素で変わります。

特に実効速度に影響を与えやすいのが、同じ回線のユーザー数。

利用者が多い回線は、混雑によって通信速度が低下しやすい傾向にあります。

冒頭でご紹介したように、フレッツ光は契約者数No.1の光回線です。

同一地域に利用者が集まりやすく、時間帯によっては通信速度が大きく低下する場合があります。

一方、eo光も人気の光回線ですが、フレッツ光ほどユーザー数は多くありません。

このため、回線が混雑しやすい夜間でも、速度低下が起こりにくくなっています。

口コミ情報で実効速度を確認

ここまでの内容をまとめましょう。

フレッツ光とeo光では、スペック上の最大通信速度は同じです。

ただし、ユーザー数の違いから、実効速度の出やすさはeo光のほうが上となっています。

…と、これだけの説明では、フレッツ光とeo光の具体的な通信速度がわからないですよね。

そこで本節の最後に、口コミ情報で確認できる、フレッツ光とeo光の実効速度をご紹介しておきましょう。

以下に記す数値は、各回線の速度に関する口コミから、特に高い実効速度と、特に低い実効速度をピックアップしたものになります。

実効速度
  • フレッツ光・・・高い実効速度 下り519.42Mbps/低い実効速度 下り198kbps
  • eo光・・・高い実効速度 759Mbps/低い実効速度 1.7Mbps

両回線ともに、高い実効速度は優秀な数値となっています。

ただ、口コミ情報を確認する限りでは、フレッツ光の速度に関する評価は著しくありませんでした。

やはり、利用者数の多さから、通信速度は低下しやすいようです。

一方、eo光の速度に関する評価は高く、ネット上にはユーザーが寄せる好意的な口コミが多数見られました。

通信速度については、フレッツ光よりもeo光のほうが優れていると見てよいでしょう。

フレッツ光とeo光のキャンペーン比較(キャッシュバック等)

ネット回線を選ぶ際にチェックしておきたいのが、新規契約者を対象としたキャンペーン。

キャッシュバックや料金割引といった特典を得られれば、通信費を節約できます。

フレッツ光とeo光の、新規契約者向けキャンペーンを比較してみましょう。

フレッツ光

フレッツ光を取り扱う代理店では、独自のキャンペーンを開催している場合があります。

ここでは、株式会社エフプレインが実施している、キャッシュバックキャンペーンをご紹介しましょう。

エフプレインが用意しているキャッシュバック額は、最大20,000円。

ただし、ネットの契約だけでゲットできるキャッシュバックは、最大8,000円となっています。

20,000円のキャッシュバックを得るには、有料オプションの契約や、友達(新規加入者)の紹介といった条件をクリアしなければなりません。

キャンペーン適用条件としては、どちらも厳しめです。

近年、フレッツ光の代理店が用意するキャンペーンは、縮小傾向にあります。

エフプレイン以外の代理店でも、個人を対象としたキャンペーンはあまり充実していません。

フレッツ光の契約で高額キャッシュバックを得るのは、難しいと思ってください。

eo光

eo光を取り扱う代理店でも、新規契約者を対象としたキャンペーンを実施しています。

ここでは、株式会社ライフ・イノベーションが実施している、オリジナルのキャンペーンをご紹介しましょう。

まず、ライフ・イノベーション独自の、キャンペーン特典をご覧ください。

  • ホームタイプを申し込んだ場合・・・15,000円分の商品券プレゼント
  • マンションタイプを申し込んだ場合・・・5,000円分の商品券プレゼント

ほかのネット回線からeo光のホームタイプに乗り換えた場合は、通常の特典にプラスして、他社違約金分・撤去費用分の商品券が進呈されます。

進呈される商品券の額面は、最大15,000円。

通常の特典と合わせると、最大30,000円分の商品券をゲットできます。

eo光の契約時に得られる特典は、これだけではありません。

先に触れた「スーパースタート割」や、標準工事費の全額割引といった公式特典の適用も受けられます。

新規契約者向けのキャンペーンは、フレッツ光よりeo光のほうが魅力的といってよいでしょう。

サービス提供エリアの比較

サービス提供エリアの広さも、ネット回線の重要なスペックです。

提供エリアが狭い回線は、契約後に引越が必要となった場合に、継続利用できなくなる可能性があります。

フレッツ光とeo光では、エリアの広さでどちらが勝っているのでしょうか。

フレッツ光

フレッツ光は、すべての都道府県で利用できます。

全国での人口カバー率は、実に95%以上。

ほかの回線が利用できない地域でも、フレッツ光なら契約できる可能性があります。

eo光

eo光は、関西地方限定で提供されている光回線です。

サービス提供エリアは、以下の2府5県に限られます。

大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、福井県(一部地域)

以上の地域外への提供エリア拡大は、予定されていません。

eo光は、関西電力グループの光回線。

今後も関西地方の外へ進出する可能性は、ゼロと考えてよいでしょう。

いうまでもありませんが、サービス提供エリアの比較は、フレッツ光の圧勝です。

初期費用比較(契約事務手数料+工事費)

ネット回線の導入にかかるコストとして、必ず発生する契約事務手数料や初期工事費。

こうした初期費用は、できれば安く済ませたいところです。

フレッツ光とeo光の初期費用を比較してみましょう。

  • 事務手数料・・・フレッツ光 800円/eo光 3,000円
  • 工事費(戸建て)・・・フレッツ光 18,000円/eo光 0円
  • 工事費(集合住宅)・・・フレッツ光 15,000円/eo光 0円

eo光の工事費は、新規契約者向けキャンペーン「新スーパースタート割」で無料となります。

残る初期費用は、3,000円の事務手数料のみ。

かなり安価に、光回線の利用をスタートできます。

一方、フレッツ光の工事費は、一括払いもしくは分割払いで満額支払わなければなりません。

初期費用は、eo光のほうが圧倒的に安価ということになりますね。

お得なスマホ・ケータイの割引サービス比較

ドコモ・au・SoftBankの3社では、特定ネット回線と自社のスマホ・携帯電話をセット利用する方を対象とした、割引サービスを提供しています。

フレッツ光とeo光は、セット割引サービスの対象となっているのでしょうか。

フレッツ光には携帯セット割引のサービスがない

フレッツ光は、スマホ・携帯電話とのセット割引の対象回線に含まれていません。

NTTグループのサービスである、NTTドコモとのセット割引もなし。

ちょっと残念ですね。

eo光電話にも加入すると「auスマートバリュー」が利用できる

eo光とeo光電話に加入すると、「auスマートバリュー」の適用を受けられます。

auスマートバリューは、対象ネット回線の契約者とその家族が契約している、auスマホ・携帯電話の料金が割引かれるサービスです。

割引額は、auの回線1契約につき最大で2,000円。

割引は最大10回線まで適用できるので、家族全員のスマホ代を安くすることも可能です。

フレッツ光とeo光のその他の違いを紹介

フレッツ光とeo光の違いは、ここまでにご紹介したもの以外にも多数あります。

どういった違いがあるのか、順番に見ていきましょう。

①フレッツ光は選べるプロバイダの選択肢が多く、eo光はプロバイダー料込み

フレッツ光のプロバイダは、300社以上ある中からユーザーが自由に選べます。

契約したプロバイダは、解約して変更することも可能。

サービス品質や月額料金を、プロバイダの変更によって調整できます。

対するeo光は、ユーザー側でプロバイダを選べません。

利用できるのは、オリジナルのプロバイダのみ。

選択の自由度はありませんが、プロバイダ料込みの料金体系はシンプルかつ安価です。

②eo光の方が料金体系がシンプル

eo光の料金体系はシンプル。

基本プランは100Mコースと1ギガコースのみとなっており、ユーザーのニーズに合わせて簡単に選択できます。

対するフレッツ光の料金体系は、ちょっと複雑です。

通信速度で料金が変わるほか、定額制と2段階定額制といった選択肢もあります。

ネット上の情報だけでプランを選ぶのは、少し難しいかもしれません。

③料金的にはキャンペーン特典内容が良いeo光の方がおすすめ

キャンペーンを比較する項目でご紹介したように、eo光は新規契約時に得られるキャッシュバックが優れています。

キャッシュバックを加味すれば、料金的にはフレッツ光よりeo光のほうがおトク。

コストを重視するなら、eo光がおすすめです。

④eo光はテレビサービス利用料がやや割高

フレッツとeo光には、地デジ放送やBSデジタル放送を楽しめるテレビサービスが用意されています。

フレッツ光の「フレッツ・テレビ」は、月額660円から利用可能です。

一方、eo光のテレビサービスの料金は、最安の「地デジ・BSコース」でも月額1,239円となっています。

比べてみると、ちょっと割高に感じてしまいますね。

eo光の契約におすすめのキャッシュバックキャンペーンを紹介!

最後に、これからeo光を契約する方におすすめのキャッシュバックキャンペーンを紹介します。

ライフ・イノベーション

eo光を契約するなら、先ほどもご紹介した株式会社ライフ・イノベーション経由での申し込みがおすすめです。

ライフ・イノベーションのウェブサイトからeo光を申し込めば、最大で30,000円分の商品券を得ることが可能。

契約事務手数料や他社違約金といったコストを、キャンペーン特典でカバーできますよ。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。