光回線

光コラボ「@T COMヒカリ」の料金や速度は?キャンペーンや評判を紹介

「@T COM」は静岡県に本社を置く中堅クラスのプロバイダです。

ADSLから光回線、モバイルデータ通信まで幅広くカバーしています。

光回線は、「@T COMヒカリ」という名の光コラボサービス・フレッツ光・au光・ソフトバンク光・ドコモ光などに対応しています。

@T COMヒカリの基本情報

@T COMヒカリとは

「@T COM」は東海地方を地盤として、幅広くIT業務を展開する「TOKAIコミュニケーションズ」が提供するプロバイダサービスです。

この企業はかつて、ファミコンやメガドライブ系のソフトも作っていましたので、名前を知っている方も少なくないかも知れません。

地盤は東海地方ですが、プロバイダとしてのサービスの範囲は全国規模で、NTT東西のフレッツ光回線やau光の回線などをカバーしています。

フレッツ光は、NTTが回線を提供する光インターネット接続サービスです。加入者は、回線業者であるNTTと、プロバイダの二社と契約する必要があります。

ところがこれが手続き面でもサポート面でもわずらわしい、という声がユーザー側から上がるようになり、NTTでは回線をまとめてプロバイダ等に卸し、そちらから接続料だけ取るという方法に切り替えました。

これが「光コラボレーション」です。

「光コラボレーション」は当初、プロバイダが契約窓口を一括するサービスという形でスタートしましたが、その後NTTから一括して回線を卸し、それをさらに一般ユーザーに利用させる、というタイプの業者が出てきました。

このタイプの業者でもっともメジャーなのが「ドコモ光」です。

このタイプの光コラボレーションサービスの場合、回線を卸してもらった業者がそっくりNTTと入れ替わります。

このため、このタイプの回線を利用しようと思ったユーザーは、NTTからレンタルした回線を管理する業者(ドコモ光の場合はドコモ)と、また別のプロバイダと契約しなければならなくなります。

TOKAIコミュニケーションズでは、「ドコモ光」用のプロバイダ業務も行っていますが、直接NTTから回線を卸してもらい、プロバイダとして窓口を統一した、この文章の先の方で説明したタイプの光コラボレーションサービスも行っています。

「@T COMヒカリ」は、プロバイダ統一型の、本来の目的に近い形の光コラボレーションサービスです。

料金:転用(@T COMを利用中の方)

@T COMの料金は、ファミリータイプ(一戸建て)と、マンションタイプの2本立てです。

他の光コラボサービスの場合、フレッツ光で利用していた回線の種別により、料金が異なることがありますが、@T COMの場合は統一されています。

①ファミリータイプ(戸建)の料金

回線種別 NTT料金 @T COM料金
フレッツ光・ギガファミリースマート 5,900円 6,400円
フレッツ光・ファミリーギガライン 5,900円
フレッツ光・ファミリーハイスピード 5,700円

いずれもフレッツ光と比較すると割高になっているように見えます。

しかし、フレッツ光はプロバイダ料金を含まない回線のみの金額であり、実際にはプロバイダ料金が1,000円程度加算されます。

また、@T COMの場合「2年バリューパック」という契約期間の縛りがある代わりに割引されるプランが実質上の標準とされています。

「2年バリューパック」の割引を受けた場合の価格は、5,100円になります。

②マンションタイプの料金

回線種別 NTT料金 @T COM料金
フレッツ光・ギガマンションースマート 4,250~5,250円 5,000円
フレッツ光・マンションギガライン 4,150~5,150円
フレッツ光・マンションハイスピード 3,950~4,950円

フレッツ光のマンションタイプの場合、回線の種類によってさまざまなプランに分かれていますが、@T COMの場合はひとつにまとめられています。

なお、フレッツ光のマンションタイプで最高速度が1Gbpsとなるのは、光ファイバーを直接加入社宅まで導入できるケースに限られます。

ほとんどの場合は、マンションの建物まで導入された光回線を、VDSLなどを使って共有する最大速度100Mbpsのサービスになります。

こちらにも、事実上の標準として「2年バリューパック」が設定されており、こちらを適用した場合の月額料金は3,800円です。

③初期費用

事務手数料 3,000円 キャンペーンにより無料

初期費用としては事務手数料3,000円がかかりますが、この費用が無料になるキャンペーンが継続的に実施されています。

料金:新規(新たに@T COMに加入される方)

①ファミリータイプ(戸建)の料金

回線種別 @T COM料金
フレッツ光・ギガファミリースマート 6,400円
フレッツ光・ファミリーギガライン
フレッツ光・ファミリーハイスピード

月額料金は、転用の場合と同じです。

「2年バリューパック」適用で1,300円引きになります。

②マンションタイプの料金

回線種別 @T COM料金
フレッツ光・ギガマンションースマート 5,000円
フレッツ光・マンションギガライン
フレッツ光・マンションハイスピード

マンションタイプの場合も、転用と料金体系は同じです。

「2年バリューパック」適用で1,200円引きになります。

③初期費用

新規導入の場合、事務手数料だけでなく工事費がかかります。

事務手数料
事務手数料 3,000円 キャンペーンにより無料
工事費
工事区分 料金プラン 標準工事費
工事

担当者

派遣

あり

屋内配線新設

あり

ファミリー 18,000円
マンション 15,000円
屋内配線新設

なし

ファミリー 7,600円
マンション
派遣

なし

ファミリー 2,000円
マンション

担当者派遣ありの場合には、30回の分割払いを選択することもできます。

ヒカリ電話

NTT「フレッツ光」のひかり電話に相当するサービスです。

月額基本料は500円となっており、固定電話回線と比べると900~1,200円程度割安になっています。

フレッツ光でひかり電話のサービスに加入していた場合はそのまま引き継げますし、新規の場合も一般固定電話で使っていた番号を引き継いで利用することが可能です。

通話料金は、これも一般的なひかり電話準拠サービスと同様で、全国どこにかけても一般電話相手なら3分8円になります。

テレビオプション

光回線を使ったケーブルテレビ的なサービスです。

高速な光回線を利用し、各種放送の配信を行っています。

スカパーJSATの施設利用サービスを活用したもので、月額の最低料金660円で地上波デジタルや無料BSの放送を受信できます。

売りは「アンテナ不要になる」ということですが、アンテナを立てた場合初期費用(つまりアンテナ代と設置費用)を払った後はコストフリーですから、長く使えば使うほどお得ではないというちょっとメリットが見出し難いサービスになっています。

オプション料金を支払えば、スカパーの有料放送も受信可能です。

@T COMヒカリの速度はどうなの?

原則的に光コラボレーションのサービスは、フレッツ光と同じ回線を使っているため、プロバイダが同じであるなら速度の変化はありません。

プロバイダが違う場合、そのエリアでの混雑具合により一時的に速度差が生じることがあります。

しかし、「このプロバイダだから絶対的に遅い」などということはあり得ません。

インターネット上のクチコミには「どこのプロバイダは速い、遅い」といった情報が溢れていますが、その大半は利用回線がホームタイプなのかマンションタイプなのかすら付記していません。

信頼性はかなり低いと見た方がいいでしょう。

このようなわけで、@T COMについてもはっきり言えるのは「フレッツ光と原理的に同速である」ということだけです。

@T COMヒカリのキャンペーンや割引サービスは?

期限を区切ったキャンペーンが実施されていますが、キャンペーン期間が終了しても同様のキャンペーンが新規に行われるようになっています。

キャンペーンの実施期間は3ヶ月間です。

①事務手数料無料キャンペーン(転用)

転用ユーザーに対し、初期費用のうち「事務手数料」を無料にするキャンペーンです。

②移転工事費割引キャンペーン(転用)

転用ユーザーで、回線工事が必要になるケースにおいて、工事費を割り引くキャンペーンです。

屋内配線工事を必要とする場合、一戸建てが18,000円から9,000円に、マンションが15,000円から7,500円にと半額になります。

屋内配線工事を必要としない場合は、一戸建て・マンションタイプとも7,600円が6,500円になります。

③商品券10,000円分プレゼント(転用)

@T COMを利用していて引っ越しをするユーザー、または引っ越しと同時に@T COMに転用するユーザー対象です。

開通月の翌月末までに、10,000円分の商品券がプレゼントされます。

④工事費割引キャンペーン(新規)

新規申し込みの際の工事費を割り引くというキャンペーンです。

キャンペーン適用後の割引額は、以下の表のようになります。

工事区分 料金プラン キャンペーン価格
工事

担当者

派遣

あり

屋内配線新設

あり

ファミリー 9,000円
マンション 7,500円
屋内配線新設

なし

ファミリー 3,800円
マンション
派遣

なし

ファミリー 1,000円
マンション

@T COMヒカリの契約方法(申し込み~利用開始まで)

新規の場合

①申し込み

公式ページなどから、申し込みを行います。

②工事日程の調整

折り返し@T COMから連絡が入り、契約内容の確認と工事日程の調整が行われます。

③工事

配線工事が行われます。工事担当者が派遣される場合、原則的に申込者の立ち会いが必要になります。

④開通

導通試験を行った後、インターネットが利用可能になります。

転用の場合

①転用承認番号の取得

NTT東西のページで、転用承認番頭の取得を行います。

②申し込み

@T COMの公式ページなどから、申し込みを行います。

③工事日程の調整

折り返し@T COMから連絡が入り、契約内容の確認と工事日程の調整が行われます。

④工事

配線工事が行われます。工事担当者が派遣される場合、原則的に申込者の立ち会いが必要になります。

⑤開通

導通試験を行った後、インターネットが利用可能になります。

@T COMヒカリを実際に利用した人の口コミを紹介

割引プランに申し込まないと高い

@T COMの標準料金は、フレッツを利用した場合よりも割高です。

「2年バリューパック」に申し込んではじめて割安になるので、この点をしっかり理解しておきましょう。

速度的には他の光コラボと同じ

同じ回線を使っているので、プロバイダが変わっても速度は大きく変化することがありません。

通常は「誤差の範囲内」に収まり、ほとんど体感できないはずです。

条件が変化するのはマンションタイプの方が多い?

マンションタイプの場合、同時に同じ回線を使っている人が何人いるか、どういう使い方をしているかによって速度が大きく変化します。

また、VDSL接続の場合自動的に速度の上限は100Mbpsとなってしまい、「遅い」と感じることが多いようです。

終わりに

先に触れた通り、@T COMヒカリの場合、「2年バリューパック」に加入しない限り割安な価格でのインターネット接続はできません。

契約をする場合には、料金プランが「2年バリューパック」になっているかどうかをしつこく確認するとよいでしょう。

その他については、標準的な光コラボ系のサービスとなっています。

キャリア系の携帯電話料金の割引がないので、その点に不満を覚える人がいるかも知れません。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。