光回線

ドコモ光とJ:COMの料金や速度を比較!理想の乗り換えはどっち?

現在利用しているネット回線に不満を感じたとき、他のネット回線に乗り換えようかなと考えるかと思います。

ただ、実際にネット回線を乗り換えるとなると、今度はどこにしようか迷うことになりますよね。

もしなかなか次の契約先が見つからないなら、人気のネット回線を比較してみるのも1つの手です。

今回は、ドコモ光とJ:COMの料金や速度などを徹底比較してみました。

両サービスは固定回線としての特徴に大きな違いがあり、どちらにもそれぞれ魅力があります。

申し込み時のお得なキャンペーン情報にも触れていますので、ぜひご覧ください。

ドコモ光とJ:COMの料金比較

ドコモ光

J:COM

毎月の利用料金を節約するために、ネット回線の乗り換えを検討する方も多いことでしょう。

ですので、まずはドコモ光とJ:COMの月額料金を比べてみたいと思います。

料金の比較は、戸建て向けプランとマンション向けプランに分けています。

戸建てプラン

戸建てプラン

まずは、両サービスの戸建て向けプランの料金を比較してみましょう。

比較するのは、「ネット+電話」と「ネット+電話+テレビ」の料金です。

ドコモ光はプロバイダのタイプ(A or B)によって料金が変わるため、2種類の料金を記載。

「タイプAを選択した場合の料金~タイプBを選択した場合の料金」という意味です。

一方、J:COMは、代表的なセットプランの料金を比較対象にしました。

  • 「ネット+電話」 → 「NETパック 320M PHONEコース」
  • 「ネット+電話+テレビ」 → 「スマートお得プラン320 PHONEコース」

の月額料金を選んでいます。

また、J:COMの月額料金は地域によって異なるので、関東エリアと関西エリアで契約した場合のものを代表例として表にまとめました。

料金比較表(税抜)

ネット+電話ネット+電話+テレビ
ドコモ光5,700〜5,900円6,360〜6,560円
J:COM(関東)5,695円9,048円
J:COM(関西)5,200円9,048円

「ネット+電話」の料金

「ネット+電話」の料金は、J:COMの方が安く設定されています。

特に関西で契約した場合のJ:COMの料金は、ドコモ光のAタイプと比べても500円も安価です。

数年単位で利用すれば、月々500円の違いはバカにできない金額差に膨らみます。

「ネット+電話+テレビ」の料金

一方、テレビサービスをプラスした場合の料金は、J:COMの方がかなり高額です。

J:COMは元々ケーブルテレビの会社ということもあり、チャンネル数が充実してる分料金が高くなっています。

対するドコモ光のテレビサービスは、基本オプション料が660円と安価。

地デジ放送や無料のBS放送を視聴するだけなら、基本料金以上の出費は発生しません。

もちろん、有料チャンネルを別途契約することも可能です。

なお、J:COMにも有料チャンネル数の少ない「スマートお得セレクト NET320M PHONEコース」も用意されています。

こちらの料金は、関東エリア、関西エリアともに月額5,505円(税抜)と、比較的リーズナブルです。

以上の条件を総合すると、特に関東エリアでの戸建向けプランの料金は、ドコモ光の方が安いと言えるでしょう。

マンションプラン

マンションプラン

続いて、ドコモ光とJ:COMのマンション(集合住宅)プランの料金を比較してみましょう。

こちらも戸建向けプランの比較と同様に、「ネット+電話」と「ネット+電話+テレビ」の料金を比較します。

比較の代表例とするJ:COMの料金プランは、戸建向けプランで選んだものと同じです。

料金比較表(税抜)

ネット+電話ネット+電話+テレビ
ドコモ光4,500〜4,700円5,160〜5,360円
J:COM(関東)5,200円9,048円
J:COM(関西)5,200円9,048円

「ネット+電話」の料金

「ネット+電話」の料金を比べてみると、ドコモ光の方が安いですね。

タイプAを選んだ場合のドコモ光の料金は、J:COMの料金より700円安く設定されています。

「ネット+電話+テレビ」の料金

J:COMの「ネット+電話+テレビ」の料金は、戸建住宅で同じプランを契約した場合と同額。

集合住宅で利用するネット回線の料金としては、高額と言わざるを得ません。

ちなみに、前述の「スマートお得セレクト NET320M PHONEコース」はマンションでも利用できます。

ただし料金は、戸建住宅で利用する場合と同じく月額5,505円(税抜)。

マンションで利用するプランとしては、やはり高額です。

マンション向けプランの料金比較では、J:COMの料金の高さが目立ちましたね。

もちろん軍配は、ドコモ光に上がります。

ドコモ光とJ:COMの速度比較

回線の速度に関しては、ドコモ光とJ:COMどちらが優れているのでしょうか?

J:COMの通信速度は、契約するプランによって異なります。

ここでは、J:COMの最も一般的なプランである「最大速度320M」を例に挙げて、ドコモ光の速度と比較してみることにしましょう。

まずは両回線の、規格上の最大通信速度をご覧ください。

最大通信速度(ベストエフォート)

下り上り
ドコモ光1Gbps1Gbps
J:COM320Mbps10Mbps

ドコモ光がJ:COMを大きく上回っていますね。

ただ、最大通信速度はあくまで理論上の数値「ベストエフォート」です。

実際の通信速度は、利用するエリアや時間帯などの通信環境によって大きく変化します。

より現実的な速度比較をするために、口コミ情報で確認できる両回線の通信速度をチェックしてみましょう。

ユーザーが測定した実効速度(下り)の中から、高い数値と低い数値をピックアップしました。

実効速度(※口コミによる)

 (下り)高い数値低い数値
ドコモ光507Mbps227kbps
J:COM262Mbps23kbps

規格上のスペックが高いドコモ光の方が、やはり実際の速度も出やすいようですね。

とはいえ、J:COMも最大速度320Mbpsの回線としては、かなり善戦しています。

実効速度が262Mbpsも出るなら、通常のインターネット利用で不便を感じることはまずないでしょう。

気になる低い数値

ただ、両回線ともに気になるのは、低い方の数値です。

1Mbpsを大きく下回っており、大きく速度低下するケースがあることを伺わせます。

特にJ:COMの23kbpsという数値は、全くインターネットができない速度レベルです。

以上の点を総合すると、通信速度ではドコモ光がJ:COMに勝ると考えて良いでしょう。

J:COMにも最大速度1G のコースもある!?

なお、J:COMには、一部エリアでしか利用できませんが、「J:COM NET 光 1Gコース on auひかり」というコースも存在します。

こちらは、auひかりの回線を使って提供される、下り上りともに「最大1Gbps」の高速通信コース。

ドコモ光と同等かそれ以上の快適な通信環境で、ネットができる可能性が十分にあるプランです。

ただし、この1Gコースを契約できる地域は本当に限られており、かつ集合住宅向けのプランは用意されていません。

また、「J:COM NET 光 1Gコース on auひかり」は非常に高額なので、もし契約するなら元の回線となる「auひかり」と直接契約した方が良いくらいです。

このように、J:COMの1Gコースが高額な月額料金を必要とすることを考慮すると、コスト的にドコモ光で十分でしょう。

ドコモ光とJ:COMのエリア比較

サービス提供エリア

ネット回線を契約する際にまずやるべきことは、そのサービスの「提供エリア確認」です。

自宅がそのサービスの提供エリア外なのであれば、そもそも申し込みすることができません。

では、ドコモ光とJ:COMのエリアに関しては、どちらが優れているのでしょうか?

ドコモ光のサービス提供エリア

ドコモ光のサービス提供エリアは、NTTのフレッツ光(東日本・西日本)と全く同じです。

というのもドコモ光は、フレッツ光の回線サービスを他社が卸売りする「光コラボ」の1つだからです。

なのでドコモ光は、日本全国に広がるフレッツ光のエリアで利用できます。

ただ、もしフレッツ光の回線が未開通の地域では、当然ドコモ光も利用できません。

なお、ドコモ光のマンションプランは、フレッツ光の回線設備が導入された集合住宅で利用できます。

マンションに導入されている固定回線サービスは、フレッツ光回線が全国的に圧倒的に多いので、他社に比べるとこれは大きなアドバンテージです。

提供エリア

東日本エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部

西日本エリア

大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部

以上、ドコモ光のサービス提供エリアは26都道府県の一部地域になります。

※提供エリア内でも設備状況などにより「ドコモ光テレビオプション」が利用できない場合があります。

J:COMのサービス提供エリア

J:COMのサービス提供エリアは、以下の16都道府県になります。

提供エリア

東日本エリア

北海道、宮城県、群馬県、茨城県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

西日本エリア

大阪府、和歌山県、京都府、兵庫県、福岡県、熊本県、山口県、大分県

また、上記の都道府県内であっても、J:COMを利用できる地域はさらに限定されます。

例えば、和歌山県内でJ:COMを利用できるのは、和歌山市、岩出市、海南市、紀の川市の4地域のみ。

以上の点を考慮すると、提供エリアの比較でもドコモ光に軍配が上がりました。

ドコモ光とJ:COMの携帯セット割引の比較

ドコモ光パック(セット割)

auスマートバリュー

ドコモ光でもJ:COMでも、スマホ・携帯電話料金の割引サービスが適用されます。

ドコモ光パック(セット割)

ドコモ光を契約すると、docomoユーザーに嬉しい「セット割」が適用されます。

セット割は、「ドコモ光」と「docomo携帯」をセット利用することで、料金割引を受けられるサービス(パック)です。

ちなみに、割引額はdocomoで契約しているプランによって異なります。

基本的に、docomoで契約しているプランの料金が高額であればあるほど、セット割の割引額も大きくなります。

家族で利用する場合

戸建てプラン

家族で利用する場合 戸建てプラン

マンションプラン

家族で利用する場合 マンションプラン

1人で利用する場合

戸建てプラン

マンションプラン

1人で利用する場合 マンションプラン

J:COMは「auスマートバリュー」が利用できる

J:COMを契約すると、auユーザーに嬉しい「auスマートバリュー」が適用されます。

auスマートバリューは、auのスマホや携帯電話の料金が割引されるサービスです。

割引額は最大2,000円。

こちらも、auで契約している料金プランに応じて、適用される割引額が決まります。

スマートバリューの割引額

データ定額30

最大2年間 毎月2,000円割引

auピタットプラン

データ利用量2GB以下 永年 毎月500円割引

データ利用量2GB超~20GB 永年 毎月1,000円割引(auピタットプラン(シンプル)でデータ利用量1GB以下の月は割引適用無し)

auフラットプラン20/30

永年 1,000円割引

データ定額5/20、LTEフラット、ISフラット、LTEフラット for Tab/Tab(i)、Tab(L)

最大2年間 1,410円割引(永年934円(税抜)/月+最大2年間476円(税抜)/月)割引

データ定額2/3、ジュニアスマートフォンプラン、シニアプラン、カケホ(3Gケータイ・データ)

永年 934円割引

データ定額1

最大2年間 934円割引

以上、両回線の携帯セット割引サービスについて見てきました。

ただ、この携帯セット割引に関しては、どちらが良いというよりも単純に

  • 携帯キャリアがdocomo → ドコモ光
  • 携帯キャリアがau → J:COM

の方がおすすめのネット回線と言った方が分かりやすいでしょう。

また、家族にdocomo・auどちらのユーザーもいる場合は、人数が多い方で選んだ方が「携帯セットによる割引額」が大きくなるので、こういった基準で比較することも大切です。

比較検証まとめ

以上、ドコモ光とJ:COMを「料金」「速度」「エリア」「携帯セット割引」に分けて徹底比較してきました。

これまで見てきて、「携帯セット割引」以外の3項目でドコモ光の方が優れているネット回線であることがお分かりいただけたかと思います。

「料金」「速度」「エリア」の3項目は、固定回線の主要スペックです。

この3点で総合的に優れているドコモ光の方がおすすめの乗り換え先と言えるでしょう。

もちろんユーザーの状況によって

ただ、もちろん利用するユーザーの状況・環境によって、契約するネット回線は変わってきます。

例えば、「フレッツ光のエリア外」で「J:COMのエリア内」の地域にお住まいであれば、おのずとJ:COMしか選択肢はないでしょう。

また、もし家族みんながauユーザーなのであれば、「auスマートバリュー」が適用されるJ:COMに乗り換えた方が総合的にお得になるでしょう。

総合的に判断するとドコモ光の方がおすすめ

今回の比較は、ドコモ光とJ:COMを同じ環境下で考えたとき、ドコモ光の方が乗り換え先として「総合的に優れている」という検証でした。

最後に、これからドコモ光を契約しようと思っている方におすすめのキャンペーンをご紹介します。

ドコモ光の契約におすすめのキャンペーンを紹介

最後に、ドコモ光に申し込む上で最もおすすめのキャンペーンをご紹介します。

ドコモ光に申し込もうと思ったら、タイプ・プロバイダの選択が必須

ドコモ光に申し込もうと思ったら、まず始めに「どのプロバイダから契約するのか」を決めなければなりません。

「光コラボ」というのは、基本的にプロバイダと回線をセットにしたサービスなのですが、ドコモ光は少し特殊でプロバイダを通して契約する必要があります。

ドコモ光に対応しているプロバイダは全部で26社。

ここからさらに「タイプA」「タイプB」に大きく分かれます。

「タイプA」の「GMOとくとくBB」がおすすめ!

その中で最もおすすめなのは「タイプA」の「GMOとくとくBB」です。

理由は簡単です。

「タイプA」の方が月額料金が少し安く設定されており、その中でも「GMOとくとくBB」が最もお得なキャンペーンを展開しているからです。

どのタイプ・プロバイダを選んでも、利用する回線は「ドコモ光」に変わりないので、どうせなら1番お得なのがいいですよね。

GMOとくとくBBのドコモ光キャンペーン

ドコモ光のタイプA GMOとくとくBBのキャンペーン

GMOのドコモ光では、新規契約者を対象としたキャンペーンをたくさん展開しています。

現在、実施されているキャンペーンは以下の通りです。

最大10,700円キャッシュバックキャンペーン

dポイント最大20,000ptプレゼント

dポイント最大10,000ptプレゼント(地域限定)

無線LANルーターのレンタル代金0円キャンペーン

セキュリティサービス1年間無料

詳しい情報は下記のキャンペーン特設サイトをご覧ください。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。