光回線

フレッツ光とBBエキサイト光を比較!料金・速度の違いやメリットは?

光回線の選び方は、人によって重視すべきポイントが異なります。

多くのポイントで見劣りする回線契約でも、何か秀でているポイントが有れば、それを重視するユーザーにとって最も魅力的な回線契約となる可能性もあります。

フレッツ光からの転用を考えているユーザーにとっても同じです。

転用先の光コラボを比較するにあたって、一般的に評価されているものが良いわけではなく、中身をきちんと吟味してフレッツ光と比較する必要があります。

そこで今回は、「フレッツ光」と「BBエキサイト光」の違いや魅力的なポイントについて解説します。

まずは「フレッツ光」と「BBエキサイト光」について解説

まずは、この記事を読んでもらう上で知っていてもらいたい知識として、2つの回線契約の基本的な情報から説明しておきたいと思います。

フレッツ光→「NTT東日本・西日本」が提供するサービス(プロバイダがつなげる役目)

まずはフレッツ光についてですが、特徴としては「光回線の老舗である」ということと「プロバイダ契約が別になる」ということが挙げられます。

NTT東日本・西日本が提供する光回線サービスであるフレッツ光は、光回線の代名詞と言っても差し支えはないでしょう。

充実のサポート体制は、未だにスタンダードな光回線であると言えます。

一方でプロバイダに関しては、2015年以降の光コラボと比較して特殊な契約形式です。

NTT東西と契約するだけでは、インターネットは利用できないのです。

インターネットを利用するためには、インターネット接続を実際に行うプロバイダと契約しなければなりません。

プロバイダごとにサービスだけでなく料金も異なり、プロバイダ料金はNTTからの請求とは別に行われます。

BBエキサイト光→NTTの回線を借りて「BB excite」が提供するサービス

次に、BBエキサイトについての説明です。BBエキサイトが提供する光回線サービスですが、回線はNTTから借りています。

具体的には、フレッツ光と同じ回線を使用しています。

そのため、回線の品質の違いによる通信サービスの品質の違いは存在しません。

BBエキサイト光の場合、フレッツ光とは違ってプロバイダ料が別になっているというわけではありません。

基本料金にプロバイダ料が含まれており、プランにもよりますが基本的にフレッツ光よりも安い料金で利用できます。

フレッツ光からBBエキサイト光への転用を考えている方はぜひ参考に!

とは言え、ただ安いだけではBBエキサイト光のほうが優れており、転用すべきだとは断言できません。

後ほど解説しますが、安易に転用してしまえば後悔することになる可能性が高いことを念頭に置いておきましょう。

もし、フレッツ光を利用中で、BBエキサイト光への転用をお考えの方は、この記事を読んでその是非を問う判断材料にすることをお勧めします。

フレッツ光を利用し続けるか、それともBBエキサイト光に転用したほうが良いのか、役立つ情報を多数掲載しております。

フレッツ光とBBエキサイト光の料金比較

ますは、通信サービスの重要なポイント「料金」について比較してみたいと思います。

戸建てプランの場合

内容(戸建) フレッツ(東) フレッツ(西) BBエキサイト光
ネット料金 4,600円 3,810円 4,360円
プロバイダ料 500円~1,200円 500円~1,200円 上記に含む
合計 5,100円~5,800円 4,310円~5,010円 4,360円

マンション(集合住宅)プランの場合

内容(マンション) フレッツ(東) フレッツ(西) BBエキサイト光
ネット料金 2,950円 2,930円 3,360円
プロバイダ料 500円~950円 500円~950円 上記に含む
合計 3,450円~3,900円 3,430円~3,880円 3,360円

フレッツ光はプロバイダごとに月額料金が異なります。

そのため、料金には幅がありますが、BBエキサイトをプロバイダとして選択する場合は最安値の月額500円で利用できます。

つまり、上記の表の一番安い金額でフレッツ光を利用できるということになります。

さて、そう考えると特に西日本の場合はそこまで月額料金に差が生じていないということになります。

しかし、フレッツ光の料金は公式サイトに記載されている金額であり、いくつかの割引サービスを適用しています。

つまり、契約の条件次第ではネット料金が底上げされてしまいますので、BBエキサイトと比較すると大幅な料金の差が生じる可能性があります。

例えば、フレッツ光(東日本)の場合、割引を一切考慮しない場合はネット料金だけで月額5,700円もかかります。

これにBBエキサイトのプロバイダを選んでもプラス500円で月額トータル6,200円になります。

対してBBエキサイトは月額4,360円であり、2,000円近く安く利用できる計算になります。

実はBBエキサイトはプロバイダ料だけでなく、光回線の月額料金も業界で最安値クラスなのです。

他社の光コラボと比較しても1,000円ほど安く利用できますので、コスト重視で通信会社を選びたい方は第一の転用候補として扱うべきだと言えます。

フレッツ光とBBエキサイト光の速度比較

次に、「通信速度」について比較してみたいと思います。

回線速度自体は、どちらも最大1G(1000Mbps)

とは言え、実のところ数値では比較が難しいのです。

例えば、月額5,000円という条件が同じであれば、誰もが毎月5,000円を支払います。

同じ条件であれば誰でも数値は同じになるのが基本ですが、こと通信サービスではこれができないのです。

まず、そもそもの前提としてどちらの場合でも(プラン選びを失敗しなければ)最大通信速度は1Gbpsで同じなのです。

先ほども触れましたが、BBエキサイト光や光コラボはフレッツ光と同じ回線をNTTから借りているのであって、つまり回線の品質の違いによる通信速度の差は生じないのです。

ただし、1Gは当然ベストエフォートであって、どちらの回線もそこまでは出ない

ただし、この「1Gbps」という最大通信速度はあくまでも「最大で」という数値です。

これが厄介で、月額料金とは異なりユーザーによって数値が異なるのです。

どういうことかと言えばいくつか原因がありますが、「デバイスのスペックの高さ」や「周辺機器の規格」が大きく関わります。

例えば、何十年も前の自動車と最新の自動車であれば、同じ道を走っていても後者のほうがスピードが出やすいでしょう。

同じように、同じ回線を利用していても低スペックのデバイスや周辺機器を使っていては通信速度が速くなることはまずありません。

ですが、逆に言えば回線も同じで、デバイス等の条件も一緒であれば、フレッツ光とBBエキサイト光に通信速度の差はやはり生じないということになります。

そこで、大事になってくるのが「回線への繋がりやすさ」

そこで重要になるのは「回線への繋がりやすさ」となります。

実は、回線も同じ、デバイスなどの条件も同じであっても、お住いの住所やプロバイダによって通信速度に大きな違いが生じる可能性があります。

回線は、同じ通信設備を使うエリアにおけるユーザー数の多さに影響され、混雑する可能性があります。

つまり、住んでいる場所が通信速度に大きく影響する可能性があるということになります。

BBエキサイト光のメリット

次に、BBエキサイト光のメリットについて解説します。

最低利用期間と解約事務手数料がない

まず、BBエキサイト光の最大の特徴は「最低利用期間」や「契約期間」が定められていないということです。

通常の通信サービス、こと光回線契約においてはどこでも基本的に設定されているはずのこれらの条件が設定されていなのです。

しかし、BBエキサイト光では、特定の期間利用することを条件としている最低利用期間およびそれが自動的に繰り返される契約期間のどちらも設定されていません。

これには「解約時の違約金が発生しない」という特徴があるのです。

通信サービスでは、特定のタイミング以外に解約すると、数千円~数万円の違約金・契約解除料・解約手数料を支払うことになります。

これはフレッツ光でも割引サービスを利用すると設定されるもので、転用すればこれが免除されるのですが、BBエキサイト光の場合は特定の場合を除き、いつ解約してもこれを支払う必要が無いのです。

そのため、BBエキサイト光の契約後、短期間でこれを解約したとしても違約金を支払わずに解約できるのです。

もちろん、契約条件や解約時の状況によっては何らかのコストを支払うことになる可能性がありますが、その中でも特に金額が大きい違約金が無いということはかなり特殊なメリットであると言えます。

その上で基本料金が安いというのですから、さらの特殊であると評価するしかありません。

というのも、通信サービスの中には「契約期間を定める代わりに、月額料金を安くする」というタイプの割引サービスがあるからです。

もし、月額料金が高い代わりに違約金がないというのであればまだ普通です。

しかし、前述の通りBBエキサイト光の月額料金は業界でもかなり安い水準であり、これを最低利用期間も無しに利用できるのは珍しいことであると言えます。

通信費の支払いがBB excite一つにまとまる

次に、光回線にかかる通信費がBBエキサイトでひとまとめになるというメリットが挙げられます。

これはBBエキサイト光のメリットというよりも、光コラボ特有のメリットであると言えます。

前述のとおり、フレッツ光の場合、NTTとの契約とは別にプロバイダとの契約も必要になります。

そのため、月額料金はNTTに支払う分とプロバイダに支払う分が別個に取り扱われています。

厄介なのは「請求が月に2回ある」ということです。

NTTからのネット利用料の請求と、プロバイダからのプロバイダ料の請求がそれぞれ別に行われるため、通信費の請求・支払いが毎月2回行われるということになります。

もし、通信費の引き落としを給料口座と別に用意しており、定期的な入金がない場合は口座の管理が少し面倒になる可能性があります。

光コラボの場合、基本料金にはネット利用料だけでなくプロバイダ料も含まれています。

それについて、ネット料相当分とプロバイダ料相当分に分割して請求されることはなく、ひとまとめでBBエキサイトから請求が来ることになります。

フレッツ光のメリット

次に、フレッツ光のメリットについて解説します。

サポート体制が安定している

まず、何と言っても「サポート体制が安定している」という点が大きなメリットになります。

トラブルが発生した時に速やかに的確なサポートを受けられるのは、特にインターネット等に弱い人にとって大きなメリットになります。

フレッツ光は、光コラボの本家であり、長年固定回線サービスを提供し続けてきた実績があります。

BBエキサイトもプロバイダとしての実績はありますが、光回線契約の提供についてはその限りではありません。

サポート体制について安心できる方といえば、信頼と実績のNTT東西となるのです。

プロバイダの選択肢が多い

もう一つのメリットとしては「プロバイダの選択肢が多い」ということです。

フレッツ光はBBエキサイトの他にもいくつかのプロバイダがセット料金で利用できます。

プロバイダごとにサービスの内容が異なり、便利なネットライフを準備するためにもプロバイダを選べることはメリットの一つとなります。

BBエキサイト光へ乗り換えるデメリットはあるの?

最後に、フレッツ光からBBエキサイトに乗り換えることのデメリットについて解説します。

フレッツ光からBBエキサイト光に乗り換えたら、もうフレッツ光には戻せない!?

まず、フレッツ光からBBエキサイト光に転用する場合のお話です。

「転用」というシステムは、簡単に言えば「少ない手間で光コラボに乗り換えられる方法」ということになります。

違約金の支払いや初期工事などのコストを回避してBBエキサイト光やその他の光コラボに乗り換えられる方法なのです。

さて、「これと逆のこと」ができるのかと言えば、実はこれが問題なのです。

つまり、フレッツ光からBBエキサイト光に転用できたのであれば、逆にBBエキサイト光からフレッツ光に転用で戻す事ができるのではないかということです。

もし、これができるのであれば、ちょっとBBエキサイト光に転用して、気に入らなければ同じ手順でフレッツ光に戻せば良いのではないかと考えることでしょう。

そうは行かないのです。転用というシステムはフレッツ光から光コラボへの一方通行の乗り換え方法なのです。

つまり、逆のパターンは無理、ということです。転用した先のBBエキサイト光からフレッツ光には戻せないということです。

ただし、これはあくまでも「転用して戻すことはできない」ということです。

もし、BBエキサイト光に転用して気に入らなければ解約して、フレッツ光に乗り換えれば良いだけのことです。

ただし、これは通常の回線契約の乗り換えのそれであり、転用とは異なります。

つまり、BBエキサイト光からフレッツ光に戻したい場合、転用のメリットは一切享受できないということになります。

この場合、転用では省略されていた解約と申し込みの際のデメリットを負担しなければならなくなるということになります。

少なからず手間がかかることであり、短期間でBBエキサイト光に文句を言うのであれば最初からきちんと調べておけばよいだけのことなのです。

もちろん、実際に利用してみないとわからない部分も少なくありませんが、事前に情報を収集すれば気がつけることも少なくありません。

フレッツ光からBBエキサイトに転用する際には、「戻したい場合は手間がかかる」ということを念頭に置いておきましょう。

現在BB excite以外のプロバイダでメールアドレスを利用している場合、使えなくなる!?

さらに、「プロバイダが変わってしまう」という点についても考慮しておく必要があります。

前述の通りフレッツ光はセットで利用できるプロバイダの数が豊富です。

BBエキサイトもその一つではありますが、他のプロバイダを利用している場合はプロバイダが変わります。

前述の通りプロバイダはさまざまなサービスを提供しています。

その中に「メールアドレスの提供」があります。最低1個は無料で取得できると思うのですが、取得したアドレスが使えるのはそのプロバイダを利用している間だけです。

つまり、プロバイダを解約した場合はそのアドレスも使えなくなるということになります。

プロバイダによっては、200円前後の月額料金でメールアドレスやブログなどのサービスを維持できるプランが用意されています。

この場合、メールアドレス等を維持したまま回線契約を乗り換えられるのですが、数百円とは言え月額料金が上乗せされるのは嬉しい話ではありません。

もう一つの方法としては、利用中のプロバイダを選択できる回線契約に乗り換えることです。

この場合、余計な月額料金が加算されることはありませんが、乗り換えられる回線契約の選択肢が狭まってしまいます。

おわりに

フレッツ光の転用というシステムは便利な半面、その便利さが「手軽過ぎる」という点でデメリットになる可能性があります。

手間がかかる方法であれば、重い腰を上げるほどのメリットが有るかどうか真面目に考えるものですが、手軽だと「とりあえず」の感覚で乗り換えてしまわないか不安です。

料金等の条件については、契約するプランや利用できるキャンペーン等で条件が異なります。

特にキャンペーンについては期間限定なものが多く、加えて最低利用期間が設定されるなどの条件も考慮しなければなりません。

プロバイダの違いなどについても考慮しなければならず、転用が手軽だとは言え安易な理由でこれを利用することは危険です。

フレッツ光からBBエキサイト光に転用しようとお考えの場合は、きちんと情報を入手した上で実行に移すようにしてください。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。