光回線

フレッツ光とU-NEXT光の違いは?料金・速度や各メリットを徹底比較!

光コラボの登場からすでに2年が経過しています。

その間、ずっとフレッツ光を利用しているユーザーも少なくありません。

ですが、引っ越しや新サービスの登場をきっかけに、フレッツ光からの乗り換えを検討される方もいらっしゃるのではないかとおもいます。

とは言え、回線契約を乗り換えることはそれなりに納得できる理由が必要です。

そこまで手軽なことでもありませんから、乗り換えを予定している回線契約の特徴をしっかりと把握することが重要です。

そこで、「フレッツ光」と「U-NEXT光」の違いについて解説していきます。

まずは「フレッツ光」と「U-NEXT光」について解説

まずは、フレッツ光とU-NEXT光についての簡単な説明から行います。

フレッツ光→「NTT東日本・西日本」が提供するサービス(プロバイダがつなげる役目)

まず、フレッツ光は「NTT東日本」および「NTT西日本」が提供する光回線サービスです。

実際にインターネットに接続するためのサービスは「プロバイダ」が提供しており、フレッツ光の利用はつまり「NTTの回線契約」と「他社のプロバイダ契約」の両方を必要とするサービスということになります。

U-NEXT光→NTTの回線を借りて「U-NEXT」が提供するサービス

U-NEXT光は、「株式会社U-NEXT」が提供する光コラボの一種です。

U-NEXTは「USEN」から独立した会社です。

U-NEXT光は、U-NEXTが保有する回線を利用するのではなく、フレッツ光から回線を借りて提供している光インターネットサービスです。

フレッツ光とは異なり、プロバイダに関する業務なども含まれています。

フレッツ光からU-NEXT光への転用を考えている方はぜひ参考に!

フレッツ光やU-NEXT光、光コラボの仕組みについては、簡単には以上のような内容になります。

とは言え、これだけで比較が完了するわけではありません。

U-NEXTが提供する光コラボだからこそのメリットやフレッツ光との違いについては、ここからが本番です。

フレッツ光からU-NEXT光への転用をお考えの方は、是非ともここからの情報をしっかりと参考にして頂き、転用の際の判断基準として頂けると幸いです。

フレッツ光とU-NEXT光の料金比較

まずは、多くの方が関心を持っている「料金」を比較してみたいと思います。

戸建てプランの場合

内容(戸建)フレッツ(東)フレッツ(西)U-NEXT光
ネット料金4,400円3,810円4,200円
プロバイダ料500円~1,200円500円~1,200円1,080円
合計4,900円~5,600円4,310円~5,010円5,280円

マンション(集合住宅)プランの場合

内容(マンション)フレッツ(東)フレッツ(西)U-NEXT光
ネット料金2,950円2,930円3,180円
プロバイダ料500円~950円500円~950円1,030円
合計3,450円~3,900円3,430円~3,880円4,210円

ネット料金に関しては、それぞれ公式サイトに掲載されている料金を参考にしています。

そのため、割引サービス等を利用しない場合は、ネット料金がさらに高額になります。

プロバイダに関しては、フレッツ光はプロバイダごとに料金が異なります。

そのため、安いプロバイダを選択すれば月額料金が安くなりますが、高いプロバイダを選択すれば月額料金がかさむことになります。

U-NEXT光については、プロバイダ「UPa!」を利用することを前提としています。

調べたところ、U-NEXT光はUPa!以外のプロバイダも選択できるようなのですが、公式サイトにおいて言及されていなかったため、記載のあったUPa!を利用した場合の料金を表示しています。

フレッツ光とU-NEXT光の速度比較

次に、フレッツ光とU-NEXT光の「通信速度」の違いについて解説します。

回線速度自体は、どちらも最大1Gbps(1000Mbps)

まず、カタログスペックとしての回線速度に関しては、どちらも最大で1Gbpsの速度を出すことができます(上記の料金表は、1Gbpsのプランを前提)。

これは、一昔前のフレッツ光の100Mbpsの速度の約10倍の速度になります。

また、一般的なスマートフォンの通信速度の約3倍に該当する数値です。

ただし、1Gbpsは当然ベストエフォートであって、どちらの回線もそこまでは出ない

ただし、この「1Gbps」という通信速度は「ベストエフォート型」であるということをきちんと理解しておく必要があります。

どの通信会社の公式サイトでも「最大1Gbps」とか「おおむね1Gbps」と記載されています。

おおむねとは言いつつも、基本的にそこまでの通信速度は出せないと言えます。

通信サービスの通信速度は、ご利用される通信デバイスや、それに接続する周辺機器のスペックに大きく依存します。

単純に考えて、何世代も前のデバイスと最新のデバイスで同じスペックを発揮できるわけがないということは理解できるかと思います。

デバイスのスペックが低いと、いくら高速通信でもウェブサイトの表示やダウンロードには情報処理の遅さによって完了までの時間が長引きます。

周辺機器のスペックが低いと、細い管で水を流すようにそこで通信速度が制限されてしまいます。

そこで、大事になってくるのが「回線への繋がりやすさ」

もう一つの要因としては、お住いの地域、つまり同じ通信設備を共用するユーザー数の多さによる混雑の発生しやすさにあります。

ある道を10人と100人で通るとして、100人で通ったほうが混雑しやすいのと同じことです。

つまり、同じ通信設備を利用するユーザーが多いと回線が混雑し、通信速度が低下したり回線が切断、あるいはインターネットに繋がらないなどのトラブルが発生しやすくなります。

これに関しては、通信設備のスペックとユーザー数の多さのバランスの問題であり、通信会社が使用する設備がユーザー数の多さに対応できてるかが重要です。

事前にネットで口コミを見ておくとわかりやすいです。

U-NEXT光のメリット

まずは、U-NEXT光を利用する際のメリットについて解説します。

U-NEXT光の割引サービス→「にねん割」

U-NEXT光のメリットの一つ目は「にねん割」があることです。

これは、2年間の継続利用を前提として、U-NEXT光の利用料が安くなる割引サービスです。

契約は24ヶ月単位で自動更新されます。

割引額に関しては、戸建てタイプで月額780円、マンションタイプで月額300円の割引を受けることができます。

なお、上記の料金表のネット料金は、このにねん割を適用した場合の料金です。

ただし、解約時の違約金には注意が必要です。

24ヶ月毎の更新のたびに、満了月の翌月とその翌月の2ヶ月間が更新月となっており、この期間中以外に解約する場合は解約事務手数料として10,000円を支払う必要があります。

なお、にねん割はプロバイダ「UPa!」にも適用されます。

この場合、戸建てタイプは200円、マンションタイプは150円の割引を受けられますが、解約時の解約事務手数料5,000円には注意が必要です(更新月のルールはネット料金と同様)

申込時のキャンペーンの特典内容(キャッシュバック)がフレッツ光より充実している

また、U-NEXT光はフレッツ光と比較して「キャッシュバック等の特典」が充実しているという点もメリットになります。

転用の場合でも5,000円のキャッシュバックを用意しているキャンペーンもあり、お得な条件で光回線を利用できる可能性が高いです。

キャンペーンの情報については後ほど詳しく解説します

詳しくは以下の記事もご覧になってください。

U-NEXT光の料金や速度は?キャンペーンから評判まで徹底解説!

フレッツ光のメリット

次に、フレッツ光を利用する際のメリットについて解説します。

サポート体制が安定している

まずは、サポート体制が安定しているというメリットです。

これは、特に光回線の初心者やインターネットに詳しくない人にとって大きな安心感となり、メリットであると言えます。

光回線サービスとして、さらにその前身である固定回線サービスも含めると長い歴史を持つNTT東西の固定回線サービスの提供の中で、NTT東西のサポート体制は磨かれてきました。

光コラボは提供開始からわずか2年しか経過しておらず、それ以上の歴史を持つフレッツ光と比較するとサポート体制の脆弱さが気になります。

ユーザーとしては、問い合わせたい時にしっかりと対応してもらえることは大きな安心感と満足感を得られる理由となります。

法人・店舗・個人事業主の方であれば、まだお得なキャッシュバックキャンペーンをやってる

また、フレッツ光はU-NEXT光や光コラボと比較すると目立ったキャンペーンが見当たらないようにも思えますが、実は「法人契約」の場合だとまだ有力なキャンペーンが実施されている可能性があります。

法人や店舗、個人事業主によるインターネット契約の場合、それを対象とした専用のキャンペーンを利用できます。

個人の場合は対象外となるタイプのキャンペーンであり、お得な条件でフレッツ光を契約できる可能性が高いです。

また、法人契約の場合だと、インターネットの利用目的がビジネスに関係する可能性が高いです。

もし、仕事のために使用しているインターネットに何らかのトラブルが発生してしまうと、時には大損害を招く可能性があります。

そんな時でもサポート体制が安定しているフレッツ光なら、迅速かつ適格なトラブルシューティングによって素早い復旧が実現できるケースが多いです。

フレッツ光からU-NEXT光に乗り換えたら、もうフレッツ光には戻せない!?

次に、フレッツ光からU-NEXT光に乗り換える際に、乗り換え後にこのようなことになるという点について解説します。

転用をお考えの方は、以下のリスクをきちんと理解しておいてください。

U-NEXT光からフレッツ光には戻せないの?

まず、フレッツ光からU-NEXT光に乗り換えて、その後にフレッツ光に戻すことができるかというポイントですが、これの答えは「イエス」であり「ノー」でもあります。

まず、サービスの乗り換えという観点、つまり現行のサービスを解約後に別の回線契約を申し込むこと自体は可能です。

その際にデメリットはあるものの、方法論としての「U-NEXT光→フレッツ光」の乗り換えは可能です。

U-NEXT光からフレッツ光には「転用」はできない

では、何ができないのかと言えば、フレッツ光からU-NEXT光に乗り換えた際に利用した「転用」を、逆のパターンで行うということです。

つまり、U-NEXT光からフレッツ光への転用はできないということになります。

フレッツ光から光コラボへは、転用という仕組みを使って簡単に乗り換えが可能です。

同じ回線設備を使って、違約金なしで乗り換えできるため、手軽に光コラボに乗り換えることが可能となっています。

しかし、これはあくまでも「フレッツ光→光コラボ」という一方通行のシステムであり、逆のパターンつまり「光コラボ→フレッツ光」というパターンでは同じように転用はできないのです。

フレッツ光に戻す時は「解約」→「新規契約」という流れになる

もちろん、先ほど申し上げたとおりU-NEXT光を解約してからフレッツ光に申し込むことはできます。

ですが、その場合は転用のメリットは全く利用できません。

つまり、契約期間内の解約に伴う違約金の支払いと、フレッツ光での新規工事の実施が必要になるということです。

フレッツ光からの転用の場合、これらは省略できるので、少ない負担で光コラボに乗り換えることができます。

ですが逆の転用はできないので、フレッツ光からU-NEXT光に乗り換える時は「U-NEXT光で不満があっても、転用でフレッツ光に戻せばいいや」と考えてはいけません。

そんなことにならないように、しっかりと両者のメリットの違いを把握した上で、U-NEXT光を長く使っていけると思える場合のみフレッツ光から転用するようにしてください。

U-NEXT光の契約におすすめのキャッシュバックキャンペーンを紹介!

最後に、U-NEXT光の新規申し込みや転用をお考えの場合に利用したい代理店のキャンペーンについて解説します。

NEXT

まずは「株式会社NEXT」です。

この代理店での申し込みは、新規契約で10,000円、フレッツ光からの転用の場合でも5,000円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを実施しています。

また、キャッシュバックの取得難易度が低いということも魅力の一つです。

通信サービスの契約時に、代理店で高額なキャッシュバックを受け取る場合には、代理店によってはキャッシュバックを受け取れない可能性もあるのです。

期間中に適用条件を満たせなかった場合もそうですが、何よりも「きちんと手続きできなかった」というケースが多いのです。

これは、キャッシュバックを受け取れるまでに1年前後の継続利用が条件となっていることが多いのですが、その頃になってキャッシュバックの案内メールが届くのです。

しかも、1ヶ月以内に所定の手続きをしないとキャッシュバックが無効になり、二度とキャッシュバックを受け取れないというトラブルが続出しています。

NEXTのキャッシュバックの場合、申込時にオペレーターに口座情報を伝えるだけで、最短2ヶ月でその指定口座にキャッシュバックが振り込まれるというシステムです。

つまり、「キャッシュバックのもらい忘れ」が生じないというわけです。

ただし、利用開始から8ヶ月以内にU-NEXT光を解約した場合、受け取ったキャッシュバック額に相当する金額を請求されてしまいます。

光コラボおとくナビ

次は「光コラボおとくナビ」です。

この代理店では、最大15,000円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを実施しています。

取得の難易度は少し高くなっていますが、そこまで難しい条件ではありません。

キャッシュバックの条件は、上記サイトから申し込みをして、30日以内に手続きをすることです。

工事完了日から30日以内に月額料金の支払口座を登録し、指定サイトでキャッシュバックの申請を行います。

その後、開通月を含む6ヶ月後の月末に、指定口座にキャッシュバックが振り込まれます。

振り込まれるキャッシュバック額は、「U-NEXT光ずーっと割」に申し込むと10,000円、「U-NEXT光にねん割」に申し込むと15,000円です。

Moon&Sun

次の代理店は「合同会社Moon&Sun」です。

キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバック額は5,000円と控えめではありますが、先ほどと同様に最短2ヶ月でキャッシュバックを受け取れる、しかも面倒な手続きは不要で電話での口頭伝達だけでキャッシュバックの手続きが完了します。

キャッシュバック額やキャンペーン内容は、期間限定で行われていたり、急に内容が変わっていることもあります。

この代理店のキャンペーンは先ほどの代理店よりもメリットが少ないように思えますが、いつの間にか期間限定の非常にお得なキャンペーンに変わっている可能性も否定できません。

U-NEXT光の申し込みに時間が空いた場合、代理店のキャンペーン特設サイトをしっかりと見直しておくことをお勧めします。

場合によってはキャンペーン内容がガラリと変わり、よりお得な条件で利用できる可能性も考えられます。

インソムニア

最後に紹介する代理店は「株式会社インソムニア」です。

詳しい適用条件は上記サイトをご確認いただきたいのですが、条件が少し厄介なことになっている印象があります。

まず、キャッシュバック額はそこまで多くありません。

新規契約の場合は10,000円ですが、フレッツ光からの転用の場合は1,000円しかもらえません。

次にキャッシュバックの手続きに関する内容です。

開通日から30日以内にFAXを送り、その5ヶ月後に返信用のメールが届きます。

メール内容に従ってメール到着から30日以内にキャッシュバックの手続きを行う必要があります。

さらに、継続利用の条件は12ヶ月と長めです。

期間中にU-NEXT光を解約した場合はキャッシュバックを返金しなければならないので注意が必要です。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。