光回線

NURO光を解約する方法は?違約金・工事から電話番号まで徹底解説

通信サービスを解約することは、サービスが不要になったり、別の通信サービスに乗り換える際に必ず必要になるものです。

これを怠ってしまうと、不要なサービスにいつまでも月額料金がかかってしまったり、別の通信サービスの利用を妨げる可能性もあります。

しかし、ただ解約手続きを行えば良いというわけでもありません。

通信サービスの解約時には「違約金」などの、決して無視できない問題が数多く存在します。

これらをきちんと理解した上で解約手続きをしないと、余計なコストを支払うことになりかねません。

そこで今回は「NURO光」を解約する方法について解説します。

解約手続きをする前にチェックすべきポイント

ネット回線が遅い、繋がらない→NURO光が原因ではない可能性

NURO光と言えば「2Gbps」がその代名詞となるほど、光インターネットサービスの中でも飛び抜けて速い回線契約として知られています。

そのNURO光を利用していながら「通信速度が遅いから解約する」という場合は、その前に以下の内容についてチェックしておきましょう。

場合によっては、NURO光を解約しなくても問題を解決できる可能性があります。

①パソコンやスマホなど、機器側の問題

まず最初にチェックしたいポイントは「デバイス」です。

つまり、インターネットを実際に利用している「パソコン」「スマートフォン」などの電子機器のことです。

見るべきポイントは「デバイスのスペック」です。

いかに回線サービスの通信速度が速くても、それを実際に表示するデバイスのスペックが低ければ意味がありません。

パソコンのスペック、つまり「処理速度」が遅い場合、例えばウェブページの表示にも相当な時間がかかることがあります。

これを単に「回線速度が遅い」と評価することはできないのです。

パソコンのスペックが低い原因は、さらに2つに分けられます。

一つは「元々のパソコンのスペックが低い」という可能性であり、この場合はデバイスを買い換えるしか対処法はありません(メモリを交換・増設するという方法もありますが、古いデバイスだと限度があります)。

もう一つは「ウイルス感染」「常駐ソフトの過剰起動」によってスペックが低下していると言うもので、元々のスペックが高いのであれば原因を解消することでスペックを元に戻せます(ウイルスは駆除し、常駐ソフトは不要なものを削除する)。

②周辺機器(無線LANルーター、モデムなど)の問題

デバイスの次に見るべきは「周辺機器」です。

具体的には「無線LANルーター」「モデム」「LANケーブル」などです。

これらのスペックが2Gbpsの通信速度に対応していない場合、NURO光の通信速度を活かせません。

例えば「LANケーブル」の場合、「カテゴリ」の問題があります。

これは、例えば「CAT(カテゴリ)5」の場合、対応できる通信速度は最大で100Mbpsです。

これは、NURO光の通信速度の最大値の20分の1しか出せません。

せめて、1Gbpsに対応している「CAT5e」「CAT6」や、できれば10Gbpsの通信速度に対応した「CAT7」のLANケーブルを用意すると良いでしょう。

また、LANケーブルを挿し込む「LANポート」にも規格の問題があります。

現行では「1000BASE-T」のLANポートであれば問題ありませんが、それ以下の数字の規格である場合は買い換えなければなりません。

また、無線接続でパソコンのインターネットを利用している場合は、有線接続に切り替えたほうが通信速度が速くなりやすいです(上記の条件を満たしていれば、ですが)。

無線接続で利用したい場合は、ルーターとパソコンの置き場所に注意してください。

あまりにも離れていたり、電波を遮るようなものが近くにある場合、通信環境は悪化しやすいです。

NURO光の通信速度とベストエフォート型

前述の通り2Gbpsを出せるNURO光ですが、これはあくまでも「ベストエフォート型」の数値です。

これはどの通信会社でも同じ表記をしますが、「最大値」が2Gbpsなのであって、常にその数値を出せるというわけではありません。

実際には、ネットを利用する環境によって通信速度は変動します。

NURO光を利用するユーザーの大半は「2Gbpsという通信速度」に魅力を感じてこの光回線契約を選んでいるものと思います。

しかし、その通信速度を活かせる通信環境を用意しなければ、宝の持ち腐れとしか言いようがありません。

2Gbpsまでは行かないとしても、出来る限り速い水準の速度を維持するためには、そのためのデバイスと周辺機器を揃えておく必要があるのです。

特に、今まで回線速度の遅い通信契約を利用していた人が、同じデバイスと周辺機器をそのまま利用する場合だと、スペックが不足している可能性があります。

お使いのデバイスと周辺機器のスペックをきちんと確認し、スペックが十分な水準を満たしていないものがあれば買い換える等の対処をする必要があります。

NURO光を解約する方法は?

では、NURO光の解約方法について解説します。

NURO光の解約には「他のコースへの変更」と「退会」の二つの意味がある

まず最初に説明しておきたいポイントとして、NURO光を解約する際には「他のコースへの変更」と「退会」という2つの方法があります。

まずは、それらについて簡単に説明しておきます。

他のコースへの変更

他のコースへの変更手続きは、「NURO 光」コースを利用中のユーザーが「So-net 光 with フレッツ S」「So-net 光 (UCOM)」「So-net ADSL (eA)」「フレッツ光」「フレッツ・ADSL」「So-net光(コミュファ光)」の各コースへコース変更する場合の手続きとなります。

この記事では、一般的なネット回線契約を解約するイメージである「退会」をメインに解説させていただきます。

他コースへの変更手続きについては、以下のサイト(So-net)を御覧ください。

http://www.so-net.ne.jp/access/catalog/hikari/nuro_hikari/change.html

退会

多くの方がイメージされる「NURO光の解約」は、公式には「退会」と表現されます。

以下に、NURO光の退会方法について解説を進めていきます。

NURO光の解約方法

では、NURO光の解約方法(退会方法)についての解説を始めます。

NURO光の解約方法は、以下の「So-netマイページから」と「So-netサポートデスクから」の2つの解約方法があります。

So-netマイページから退会する場合

まずは、So-netのマイページから手続きする方法について解説します。

これは、インターネットを利用しての退会手続きとなります。

以下のページにアクセスしてください。

「お手続きはこちら」のボタンをクリックして、退会手続きに進めます。

http://faq.so-net.ne.jp/app/answers/detail/a_id/2312

その際、「ユーザーID」および「パスワード」が必要になります。

もし、IDやパスワードをお忘れの場合は、同じページに有る「ユーザーID/パスワードをお忘れの方」の方のボタンをクリックしてください。

電話認証にて退会手続きが可能です。

So-netサポートデスクから退会する場合

もう一つの方法は「サポートデスク」からの退会手続きです。

以下の電話番号に連絡し、退会したい旨をスタッフに伝えてください。

  • 電話番号:0120-80-7761
  • 受付時間:9時~19時

音声ガイダンスに従って操作し、担当スタッフに電話をつなげましょう。

NURO光の解約時にかかる違約金(契約解除料)は?

次に、NURO光を解約する際に発生する「違約金(契約解除料)について解説します。

NURO 光の契約解除料について

NURO光は、解約時に9,500円の契約解除料を請求されます。

違約金(契約解除料)が発生しない契約更新月とは

NURO光において、解約時に契約解除料が発生するのは以下のプランです。

  • NURO 光 G2 V (戸建)
  • NURO 光 G2 V (マンションミニ)

これらのプランは「2年契約」を条件として、月額料金が割引になるプランです。

そのため、2年の契約期間内に解約する場合、契約解除料が発生します。

ですが、これらのプランには「更新月」が設定されています。

2年毎に契約が自動更新される上記のプランは、2年毎に更新月が設定されています。

更新月の間に解約する場合、契約解除料は発生しません。

更新月は、利用開始を1ヶ月目として、24ヶ月毎にその翌月(25ヶ月目、49ヶ月目など、24の倍数+1ヶ月目)が更新月となります。

更新月は、マイページにアクセスすると確認できます。

また、更新月の前月には、メールで更新月が到来する旨が通知されます。

契約更新月が近づき、解約を考えている場合は、マイページやメールを利用して更新月内に解約手続きができるようにしておきましょう。

定期契約期間のないプランなら違約金は発生しない

また、上記とは異なり「契約期間のないプラン」を契約する場合は、基本的にいつ解約しても契約解除料は発生しません。

短期間で解約することを想定している場合であれば、契約解除料を支払うことなく解約できてお得です。

ただし、先ほど説明したとおり2年の契約期間があるプランの場合は、月額料金に割引を受けることができます。

つまり、契約期間の定められていないプランの場合、月額料金が割高になるのです。

「NURO光G2V」プランは、2年の契約期間がある月額4,743円のプランですが、契約期間のない「NURO光G2」プランの場合は月額料金が7,142円となります。

2,000円以上も月額料金が高くなってしまうので、常にお勧めかと言えばそうでもありません。

NURO光を解約する上で気を付けるべきポイント・注意点

次に、NURO光を解約する上で他に注意しなければならないポイントについて解説します。

①途中解約の場合の工事費残債の負担について

まずは、解約時に「工事費用の分割払い」が残っている場合です。

NURO光は、一般的な工事内容の場合は39,990円の工事費用がかかりますが、これを30回の分割払いで支払うことができます。

つまり、工事費用の支払いが完了するまでに30ヶ月かかるということになります。

分割払いする工事費用は、その相当額を毎月の利用料から割引することで、実質的に利用者の工事費用負担は軽減され、無料になります。

しかし、解約した時に工事費用の分割払いが残っている場合、残っている工事費用支払い総額については一括で請求されます。

また、当然ながら工事費用の割引もそこでストップするので、一括払いの工事費用については割引を受けられず、実費で支払うことになります。

②キャンペーン (キャッシュバック、割引など) の違約金

次に、「キャンペーンの違約金」です。

これは、NURO光加入時に何らかのキャンペーンを利用しており、これに最低利用期間の規定がある場合は、回線契約の契約解除料とは別個に違約金を支払わなければならない可能性があります。

詳しくは、加入時に適用されているキャンペーン内容を確認してもらいたいのですが、マイページにアクセスして確認することも可能です。

③回線撤去工事、レンタル機器の返却について

次に、解約時の「回線撤去工事」と「レンタル機器の返却」について解説します。

まず、NURO光を解約する際に、回線撤去工事は実施されません。

撤去工事を希望する場合は、サポートデスクに問い合わせれば実施してもらえますが、10,000円の工事費用を負担しなければなりません。

もう一つは宅内レンタル機器の返却についてです。

NURO光の利用に際して通信会社からレンタルしている機器については、通信会社による指定業者がユーザーの自宅まで訪問して回収してくれます。

レンタル機器の返却(回収)に際しては、ユーザーの立ち会いが必要になります。

なお、その際に誤ってユーザーの私物が回収されないように注意しなければなりません。

回収作業に際してはユーザーの立ち会いが必要になっていますので、業者が間違ってユーザーの私物を持ち帰らないように、必要に応じて指摘する必要があります。

④解約月の料金は全額請求される?日割りで計算されないの?

次に、NURO光を解約する際の「解約月の月額料金」について解説します。

解約する月、つまり「最後の月額料金の支払い」ですが、これは日割り計算されません。

月のどのタイミングで解約する場合でも、その月内の解約として扱われる場合、いつ解約しても1ヶ月分の月額料金が発生します。

ただし、「だったらギリギリまで解約手続きしないほうがお得だな」という考え方は危険です。

NURO光の退会はインターネット上で行えるので「解約の電話がつながらない」という事態にはならないと思います。

しかし、マイページでの退会手続きであっても、手続きしたタイミングによっては翌月の取り扱いになってしまう可能性があります。

月額料金の何分の1かを惜しんだがために、1ヶ月分余計に月額料金が発生する可能性も否定できません。

条件がっ整ったら、早めに退会手続きを済ませてしまうことをお勧めします。

「NURO光でんわ」の解約手続きに関して

最後に、「NURO光でんわ」を解約する際の手続きや注意事項について解説します。

電話番号を引き継ぐ際の手続き

光電話サービスの解約に際して注意しなければならないのは、電話サービスの解約に伴って「電話番号が廃止になる」ということです。

つまり、利用中の固定電話の電話番号が使えなくなり、その電話番号を知っている全ての連絡先にきちんとその旨を通知しなければならないということになります。

ですが、条件を満たしていれば、利用中の電話番号を別の固定電話サービスに引き継いで使用することもできます。

その条件は、「NTTで発番された電話番号である」ということです。

分かりやすく言えば、通常の固定電話サービスで利用していた電話番号を、NURO光でんわに引き継いでいる場合です(直接引き継いだものでなくとも、その電話番号がNTTから発番されており、電話加入権がある電話番号であればOK)。

NTTが発番した電話番号である場合、「番号ポータビリティ」という制度を利用することで、別の電話サービスや元のアナログ電話回線に電話番号を引き継ぐことが可能です。

退会手続きに際して、現在の電話番号を継続利用する旨を選択し、電話番号を継続利用する電話事業者に番号ポータビリティの工事申し込みを行えばOKです。

その際、退会を希望する月の20日までに工事が完了するように、継続利用先の電話事業者に連絡しておきましょう(20日を過ぎる場合、翌月の解約扱いとなる可能性がある)。

なお、解約に伴う「ソフトバンク交換機」などの工事費用および番号ポータビリティの工事費用が発生する点には注意が必要です。

また、番号ポータビリティの工事日が、NURO光およびNURO光でんわの解約日となります。

電話番号を引き継がない場合

NTTが発番した電話番号で、電話番号を引き継ぐ条件を満たしている場合でも、新たに固定電話サービスを利用しない、もしくは新たに電話番号を発番してもらいたい場合は、退会手続きに際して現在の電話番号を継続利用しない旨を選択してください。

解約に伴い、ソフトバンク交換機などの工事費用が必要になります。

NURO光でんわで発番した電話番号の場合

NTTで発番した電話番号を引き継いだものではなく、NURO光でんわに加入した時に発番した電話番号を利用している場合は、番号ポータビリティは利用できません。

この場合、新たに利用する電話サービスで電話番号を発番してもらうことになり、利用中の電話番号は廃止となります。

必要に応じて、連絡先に電話番号変更の旨を通知しておきましょう。

NURO光でんわ利用開始前の退会手続き

NURO光でんわの利用契約を申し込んでいる状態で、実際にNURO光でんわを利用開始する前の段階での光回線契約の解約手続きは、受理されない可能性があります。

この場合、NURO光でんわの開通後に退会手続きを行う必要があります。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。