光回線

光ギガの料金や速度は?電話・テレビサービスや評判を徹底分析

「光ギガ(光GIGA)」はハイビットが運営する光コラボですが、これまで何度か総務省の指導を受けたことがあり、契約においてはちょっと注意が必要と思われる回線業者です。

今回は、この「光ギガ(光GIGA)」の料金・速度から評判まで徹底分析してみました。

光ギガ(光GIGA)とは

「光ギガ(光GIGA)」は、ハイビットのフレッツ光コラボレーションサービスです。

ハイビットは、

  • プロバイダ「Toppa!」
  • 法人向けのインターネット接続サービス「TCN」
  • コンテンツ・サービスの「Hi-Bit」

を運営しています。

多くの光コラボサービスを提供している企業とは違い、格安SIMのサービスは提供していません。

「光コラボ」についての簡単解説

NTTの以前の主力商品「フレッツ光」の仕組み

NTTがこれまで主力として提供してきた「フレッツ光」は回線契約とプロバイダ契約が別々の光回線サービスでした。

例えば、携帯電話やモバイルルーターのネット接続の場合、回線契約とプロバイダ契約は一体化しているケースがほとんどです。

つまりユーザーは、ひとつの企業(※多くはプロバイダ)に月額利用料金を支払えばOKという形式となっています。

しかし、「フレッツ光」の場合は、回線業者であるNTTと契約したプロバイダそれぞれに別々に料金を支払わなければなりませんでした。

面倒な仕組みを改善させた「光コラボレーション」

このため、ユーザーから「面倒だ」という声が多数挙がるようになりました。

この要望に応え、料金徴収とサポートの窓口をプロバイダに一本化し、スマホやWiMAXと同じような仕組みに向上させたのが「光コラボレーション」です。

もちろん「光コラボレーション」で使用する回線自体は、「フレッツ光」と同じNTTの回線です。

サービスの本質は「フレッツ光」と同じ

このため、原理的には「フレッツ光」と性能(基本スペック)は同じとなります。

「光ギガ(光GIGA)」も、この光コラボレーションに属する一つのサービスです。

ですので、例えば公式サイト等で「光回線はNTT東日本・西日本なので安心の品質!」といったキャッチコピーが書かれていたりしますが、これは光コラボであれば当然のことなのです。

光ギガの基本情報

料金プラン

戸建ての場合
プラン名料金備考
ギガファミリー44004,400円光回線のみ
ギガファミリー53005,300円実質的な光コラボ
光ギガファミリー長とく4,980円~5,300円24ヶ月契約
集合住宅の場合
プラン名料金備考
ギガマンション34003,400円光回線のみ
ギガマンション42004,200円実質的な光コラボ
光ギガマンション長とく3,400円~4,200円24ヶ月契約
料金プラン解説

光ギガの料金プラン解説のページには、「ファミリー4400」や「マンション3400」といった、非常に低価格なプランが紹介されています。

しかしこれはよく見ると「回線サービスのみで、プロバイダとの契約が別途必要」となっています。

つまり、これらは光コラボレーションではありません。

光ギガは独自回線は持っておらず、NTT東西の回線を利用していると他に明記しているので、これは単純にNTTのフレッツ回線を又貸ししているに過ぎず、実質的には意味のない記述だと考えられます。

他社と比べると安く見える数値を並べて、顧客を集めるための方便でしょう。

実質のあるサービスは、ファミリー5300とマンション4200からになります。

これらはそれぞれ月額5,300円と4,200円で、他社の光コラボレーションサービスと比べると、あまり安価であるとは言えません。

他社の光コラボレーションの場合、転用の場合と新規導入の場合では月額料金が異なることが多いのですが、光ギガの場合には同一で差がありません。

なお、どの料金プランも24ヶ月の連続利用が前提となっており、途中で解約した場合9,975円の違約金を請求されます。

初期費用

初期費用は、他プロバイダと同様に事務手数料3,000円が設定されており、初回請求時に加算されます。

転用の場合(フレッツ光を利用中)

転用の場合は工事が必要ないので、初期費用は3,000円のみです。

ただし、転用の際にフレッツ光のサービス種別を変更した場合には、工事費用が発生することがあります。

新規の場合(フレッツ光を利用していない)

新規導入の場合は、事務手数料3,000円の他に工事費がかかります。

工事費は、担当者が来て屋内配線工事を行う場合が24,000円、工事担当者が来るが、屋内配線工事はしない場合が9,600円、工事担当者が来ない場合は2,000円です。

他社の場合、屋内配線工事が必要な場合は18,000~20,000円、屋内配線工事をしない場合が7,000円程度ですから、ちょっと高めです。

なお、この費用は標準的な工事を実施した場合のもので、工事内容によっては別途工事費が加算されることがあるということです。

工事担当者が来る場合の工事料金は、24回の分割にして、月額利用料金と合わせて支払うことが可能です。

光ギガ電話

光コラボレーションを提供している他社でも用意されている、光回線を利用した電話サービスです。

月額基本料金は500円と、他の業者の場合とほぼ同じです。

通話料は固定電話に対しては、地域関係なしに3分8円になります。

光ギガの場合他に月額利用料金750円と1,000円のプランが用意されており、こちらを選択すると通話料がそれぞれ10%引き、15%引きになります。

また、ナンバーディスプレイなどの主要なオプションがセットとなって、基本料金に1,000円上乗せで利用できるようになります。

固定電話からの番号の引き継ぎができる点も、他社の光電話のサービスと同様です。

光ギガテレビ

光回線を利用し、ケーブルテレビのようにしてテレビを視聴できるようになるというサービスです。

地デジ、有料/無料のBS、CS放送を視聴することができます。

地デジと無料BSのみの最も安価なセットが660円で提供されています。

有料CSを視聴する場合には、別途チャンネル契約料が必要です。

光回線を使ったテレビサービスには、セットトップボックスと呼ばれる機器が必要なものと、必要でないものがあります。

「光ギガテレビ」はセットトップボックス不要型のサービスです。

光ギガの速度はどうなの?

光コラボレーションの回線はフレッツ光の回線そのものなので、原理的にフレッツ光よりも速くなることはなく、また大幅に遅くなることもありません。

ただ、ユーザー数の増加とプロバイダ側の設備増強の状態によって、局地的かつ一時的に渋滞が発生しやすくなるところが出てきます。

光ギガは不適切な勧誘方法を行ったということで、過去数度に渡って総務省から指導を受けています。

このため人気があるとは言い難く、ユーザー数も急速に増加するとは思われないため、渋滞が発生する可能性は高くはないでしょう。

光ギガのキャンペーンや割引サービスは?

①長とく

24ヶ月単位の自動更新される契約を結ぶと、12ヶ月ごとに料金が変化し、最終的にはファミリータイプで4,500円、マンションタイプで3,400円となる割り引きサービスです。

最初の12ヶ月は比較的安価に設定されていますが、13ヶ月めに標準料金と同額まで上がり、以後12ヶ月おきに少しずつ価格が下がります。

最も安価な料金になるのは、61ヶ月め以降と、かなり遅めです。

また、長とくの場合、24ヶ月め以外での解約をすると、違約金は11,000円となります。

光ギガ ファミリー長とく
契約期間料金
1~12ヶ月4,980円
13~24ヶ月5,300円
25~36ヶ月5,250円
37~48ヶ月5,200円
49~60ヶ月5,150円
61ヶ月4,500円
光ギガ マンション長とく
契約期間料金
1~12ヶ月3,980円
13~24ヶ月4,200円
25~36ヶ月4,150円
37~48ヶ月4,100円
49~60ヶ月4,050円
61ヶ月3,400円

②Hi-Mart

月額料金600円で、ネットスーパー「ローソンフレッシュ」が特典付きで利用できるというサービスです。

特典として、毎月6回までの配送料が無料になります。

③プレミアムTV with U-NEXT

USENグループが提供しているオンデマンドビデオサービス「U-NEXT」を、光ギガ経由で契約できるというサービスです。

「U-NEXT」そのものは、光ギガの契約がなくても利用できますが、こちらの場合は月額料金が300円程度直接契約よりも安価になっています。

U-NEXTのサービスは光ギガのサービスとは独立しているため、契約していれば手持ちのスマホなどでも利用できるようになります。

光ギガの契約方法(申し込み~利用開始まで)

転用の場合(フレッツ光を利用中)

①転用承諾番号取得

NTT東西の公式ページから、転用承諾番号を取得します。

②契約

光ギガの公式ページから、申し込みを行います。

③工事の通知

加入者宅の工事は必要ないため、光ギガ社内での作業になります。完了すると通知が来ます。

④開通

ルーター等の設定変更を行うと、インターネットに接続できるようになります。

新規の場合(フレッツ光を利用していない)

①契約

光ギガの公式ページから、申し込みを行います。

②工事の通知

申し込み内容の確認が行われ、工事日のスケジュールを調整します。

③工事

加入者宅での工事が行われます。工事担当者がやってくる場合は、立ち会いが必要です。

④開通

ルーター等の設定変更を行うと、インターネットに接続できるようになります。

光ギガを実際に利用した人の口コミを紹介

「詐欺呼ばわりされてしまうことも」

紛らわしい勧誘方法を行っていたため、総務省から数度に渡って指導を受けてしまった、という過去があることは事実です。

このため、ユーザーの目はかなり厳しいものとなっているのが現状です。

「回線はフレッツなので…」

ブランド名が「光ギガ」なので、すべてのサービスが1Gbpsになると勘違いするユーザーは多いようです。

回線はあくまでフレッツ光なので、マンションタイプの場合ほとんどはVDSL接続となり、上限は100Mbpsにとどまります。

「NTTとは別企業」

光ギガでは自身がNTTの子会社または関連企業であるかのように説明して顧客を獲得し、これが原因で総務省の指導を受けています。

実際には光ギガは単なる光コラボレーションサービスの提供企業に過ぎず、NTTとは直接の関係はありません。

終わりに

これまで、光ギガ(光GIGA)について徹底分析してきました。

営業方法などで過去に問題があった光ギガですが、それを除いて単純に固定回線サービスと考えても、魅力的なネット回線とは言い難いように思います。

月額料金がさほど安いわけではありませんし、かといってキャンペーンや割引サービスが充実しているわけではありません。

通信速度に関しても、「光コラボ」である限り使用する回線は「フレッツ光」と同じ回線なので、光ギガならではの速度が出るわけでもありません。

また、大手携帯キャリアと連携の「auスマートバリュー」や「おうち割」といった割引サービスもありません。

ですので、光ギガの契約を考えてる方には、他の光回線業者と契約することをお勧めします。

nanairoでは、光回線(固定回線)についての記事を多数執筆していますので、どのネット回線にしようか迷っている人は下記ページをご覧ください。

光コラボでおすすめのネット回線

docomoユーザーがお得な「ドコモ光」

携帯キャリアのNTT docomoがプロバイダとして運営している「光コラボレーション」です。

加入者および同居の家族のdocomo携帯電話の料金が割り引かれる特典があります。

ドコモ光のキャンペーンや評判を徹底解説!料金や速度は?

SoftBankユーザーがお得な「ソフトバンク光」

ドコモ光同様、光コラボレーションサービスのひとつで、携帯キャリア「SoftBank」が運営しています。

こちらでも、契約者と同居の家族のSoftBank携帯電話の料金割引「おうち割」を利用できます。

ソフトバンク光の料金や評判は?速度やキャンペーンについても解説!

光コラボ以外でおすすめのネット回線

お客様満足度NO.1の「auひかり」

KDDIグループが提供する光回線で、東海・沖縄地方を除くほぼ全国で利用できます。

また、複数のプロバイダを選べるようになっていますが、どのプロバイダを選んでも月額料金は同一です。

この「auひかり」は、キャンペーン(※高額キャッシュバック)がとても充実しているので、コスト的には最もおすすめの固定回線です。

速度に関しても、ベストエフォートは「光コラボ」と同じ1Gbpsなのですが、口コミ等を見ると「フレッツより速い」「安定して速度が出る」といった良い評判が多々見られるので、本当におすすめのネット回線です。

auひかりの速度や評判を解説!料金やお得なキャンペーンも紹介

関東エリア限定の「NURO光」

「最大速度2Gps」という高速通信を売りにしている関東エリアで大人気の光回線サービスです。

「NURO光」は、プロバイダのso-netが運営しています。

キャンペーンや割引サービスも割と充実しています。

携帯キャリアとの提携割引サービスは、SoftBankユーザーに嬉しい「おうち割」が利用できます。

NURO光の評判は?通信速度やお得なキャンペーンも紹介!

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。