光回線

o’zzio光(PCデポ)の解約方法は?違約金や電話番号はどうなるの?

利用している光回線を、他者への乗り換えやサービスを利用しなくなったことによって解約する場合、いくつかの注意点があります。

解約金は必要なのか、どのように解約しなければならないのか、注意を怠れば予想外の損失を被る可能性も否定できません。

そこで、「o’zzio光(PCデポ)」を解約する方法について解説します。

まずは解約する前にチェックすべきポイントを確認しよう!

ネットが遅い、繋がらない→o’zzio光が原因ではないかもしれない

固定回線契約を解約する理由としてよくあるのが「ネットが遅い」「ネットに繋がらない」と言ったことが挙げられます。

これらの理由で解約する場合は、先に以下のポイントについて調べておきましょう。

パソコンやスマートフォンなど、デバイス側の問題

上記の問題が生じている原因の一つに「デバイス側の問題」が挙げられます。

これは、使用しているパソコン・スマートフォンなどのデバイスのスペックが低いことで、インターネット利用環境が悪化しているという理由です。

この場合は、解約して別の回線契約に乗り換えても、同じデバイスを利用している限り解決できません。

なので、デバイスのスペックが低い原因を特定しましょう。

もともと低いスペックのデバイスの場合、買い替えて下さい。

ウイルスなどでスペックが低下している場合は、解決した上でスペックを確認してください。

周辺機器(無線LANルーター、モデム、LANケーブル等)の問題

もう一つ考えられる原因としては「周辺機器の問題」が挙げられます。

LANケーブルやルーターのスペックを確認し、o’zzio光の通信速度に対応できるものであるか確認して下さい。

スペックが低い場合や規格が合っていない場合は、家電量販店やホームセンターで買い替えてください。

o’zzio光を解約する方法

次に、o’zzio光を解約する方法について解説します。

店舗にて解約手続きを

o’zzio光は、「PCデポ」にて解約手続きが可能です。

プレスリリースを持参すると良い

その際、PCデポの公式サイトから「弊社プレミアムサービスの具体的な取組みに関するご報告」というプレスリリースをチェックし、印刷して持参すると、解約手続きがスムーズに進む可能性があります。

レンタル機器も持参する

それ以外にも、o’zzio光の契約時にレンタルしている機器がある場合、これを全て持参しておくことをお勧めします。

o’zzio光の解約時にかかる違約金は?

次に、o’zzio光の解約に際しての違約金についてお話します。

悪質な営業手法で炎上

悪口みたいになるのであまり詳しく話しませんが、o’zzio光は過去にあくどいと評価されるような営業手法と、解約時の10万円を超える違約金の存在によってネット上で炎上し、メディアにも取り上げられました。

そのため、前述のプレスリリースのような対応をとらざるをえなかったのです。

プレスリリースによれば、

「お客様の使用状況にそぐわないプレミアムサービス及びその他関連サービス契約の加入者様に 関しては、コースの変更及び契約の解除を無償で対応いたします」

と記載されています。

通常であれば高額になる違約金を、この制度を利用することでゼロ円で解約できるということになります。

プレスリリースを印刷して持参するのは、PCデポの店員に納得してもらい、スムーズに解約手続きを進めるためです。

o’zzio光を解約する上で気を付けるべきポイント・注意点

では、o’zzio光を解約するにあたって注意しなければならないポイントについて解説します。

①レンタル機器は全て揃えて持参する

上記のプレスリリースには、以下の注意事項が記載されています。

(注1):加入者様にご提供をしている商品につきましては、ご返却をお願いいたします。

PCデポに解約手続きをしに行っても、レンタル機器がなければ対応してもらえない可能性があります。

レンタル機器にはPCデポのロゴがあると思いますので、レンタルしている通信機器は全て揃えてから解約手続きに行きましょう。

②応じない場合は消費者センターに相談を

もし、何らかの理由でPCデポの店員が解約手続きに応じない場合、消費者センターに相談してみてください。

③他の光コラボ回線への転用はできない!?

o’zzio光を解約し、他の光コラボに乗り換える際には、いわゆる「転用」はできません。

乗り換え先の回線契約で、開通工事を行う必要があります(転用は、フレッツ光からの乗り換えに際してのみ利用可能)。

さいごに

数年前にメディアで取り上げられ炎上し、今でこそ沈静化しているものの問題視されている「回線契約の悪質な営業手法」の代表的なものであると言えなくもありません。

これは、消費者側が契約内容についてきちんと知らされていないこともさることながら、契約内容についてあまりにも知らずにいたことも問題ではないかと思います。

こうした問題を知っているからには、通信サービスだけでなく、月額制のサービスの利用時には契約内容をしっかりと把握した上で契約に踏み切ることが重要であることがわかります。

実際には、利用してみないとわからない部分も少なくないものの、契約内容に「おかしい」と思う所があれば、安易に契約することはありません。

そうすることで「こうだとは思わなかった」「知らなかった」という理由で月額制サービスの早期解約に踏み切ることは減るのではないでしょうか。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。