光回線

So-net光コラボレーションの料金や速度を解説!キャンペーンや評判は?

So-netは、非常に多彩な回線を使用した総合型のプロバイダです。

歴史も古く、技術のソニーが親会社であるということから、多くのユーザーの支持を集めてきました。

そのSo-netが提供する「光コラボレーション」サービスが「So-net光(光コラボ)」です。

So-net光(光コラボ)とSo-net光(auひかり)とNURO光の違い

So-netは、ソニー系列のプロバイダです。

ですから本来独自の回線を持たず、他の業者の回線を使用し、プロバイダサービスのみを提供していました。

しかし、後にはNTTの未使用の光ファイバー網をレンタルし、独自回線のようにしてサービスを提供するようになっています。

これが「NURO光」です。

その他、使用している他社回線には、NTTの「フレッツ光」とauの「auひかり」があります。

So-net光コラボレーション

NTTのフレッツ光の回線を使ったものが、

  • 「So-net光 with フレッツ」
  • 「So-net光コラボレーション」

です。

これらの違いは、ユーザーサポートと料金徴収の窓口が、NTTとSo-netの二本立てになっているか(「So-net光 with フレッツ」)、So-netに一本化されているか(「So-net光(光コラボ)」)となっています。

サービスとしてはSo-net光(光コラボ)の方が新しく、今後の主流になると考えられています。

So-net光(auひかり)

KDDIグループの光回線を利用し、プロバイダサービスのみを提供しているのが「So-net光(auひかり)」となります。

auひかりはプロバイダ各社ごとの格差が小さく、事実上auが主導して提供しているような形になっています。

NURO光(関東限定)

NTTの未使用回線(ダークファイバー)を利用して関東エリア限定でSo-netが運営しているのが「NURO光」です。

提供エリアを限定しているためネットワーク関連機器の性能を揃えることができ、最大2Gbpsという超高速度でのインターネット接続を提供しています。

難点は家庭内LAN用の各種ネットワーク機器が、1Gbpsまでにしか対応していないものが大半であるため、この速度を活かそうと思ったらそれなりの出費を強いられてしまう、というあたりです。

So-net光コラボレーションの基本情報

光コラボレーションおよびフレッツ光は、大きく一戸建て向けと集合住宅(マンション)向けの二種類にサービスが分かれます。

一戸建て向けは基本的に一軒の住宅に一本の光ファイバーを引き込んで利用するタイプです。

最高速度は、一般的には1Gbpsとされていますが、実は回線の種類により100Mbpsと200Mbpsになるものもあります。

マンションタイプは、集合住宅全体に光ファイバーを引き込み、それを加入各戸に分配するというものです。

各戸への分配には、光ファイバーやLANケーブル、VDSLなどが利用されます。

とはいうものの、どの媒体を使うかはマンションの構造によって固定されます。

圧倒的大部分の集合住宅では、VDSLタイプが使われており、最高速度は100Mbpsになります。

現在フレッツ光回線を利用していない方(新設)

①月額料金

一戸建て
期間基本料金割引合計金額
初月0円0円
1~30ヶ月5,200円800円4,400円
31ヶ月~5,200円5,200円
マンション
期間基本料金割引合計金額
初月0円0円
1~30ヶ月4,100円800円3,300円
31ヶ月~4,100円4,100円

②初期費用

初期費用としては、一戸建て・マンションともに800円が請求されます。

新規導入の場合には工事費も必要となりますが、こちらは800円ずつの30回払いとなります。

現在フレッツ光回線を利用中の方(転用)

①月額料金

So-netの公式ページには、高速回線が月3,800円から、と書かれていますが、これはマンションタイプの契約で「So-net 長割 for 光 コラボレーション」という割引サービスに加入し、なおかつ4年間連続で使用した場合の価格です。

一般的な一戸建て向けの月額料金は、5,700円が標準で、長期割引と限定割引を適用すると、30ヶ月間4,800円となります。(31ヶ月目以降は5,200円)。

一戸建て
期間基本料金So-net長割So-net限定割引合計金額
初月0円0円
1~30ヶ月5,700円-500円-400円4,800円
31ヶ月目以降5,799円-500円5,200円
マンション
期間基本料金So-net長割So-net限定割引合計金額
1~12ヶ月4,600円-500円-100円4,000円
13~24ヶ月4,600円-500円-150円3,950円
25~36ヶ月4,600円-500円-200円3,900円
37~48ヶ月4,600円-500円-250円3,950円
49ヶ月~4,600円-500円-300円3,800円

②初期費用

初期費用としては、一戸建て・マンションともに800円が請求されます。

最低契約期間

30ヶ月連続使用することが前提で、月額料金を500円割り引く「So-net長割」という割引システムが用意されています。

更新月以外に解約した場合の違約金は7,500円です。

So-net光コラボ電話

フレッツ光の回線を使ってNTTが提供している「ひかり電話」とほぼ同じサービスで、月額基本料金が500円となります。

通話料は、固定電話相手なら全国どこでも3分8円です。

回線と同時申し込みを行うと、電話の方の事務手数料が無料となります。

フレッツ光時代に「ひかり電話」を使用していた場合にのみ、転用の手数料1,800円がかかります。

So-net光コラボテレビ

月額基本料金660円で、地デジや無料BS放送が視聴できるというサービスです。

オプションで有料CSのチャンネルを追加することもできます。

西日本のマンションタイプでは導入不可、その他のso-net光コラボ導入エリアでも、場所によって導入不可となるなど、かなり条件の厳しいサービスとなっています。

So-net光コラボの速度はどうなの?

原理的にはフレッツ光の回線そのままなので、フレッツ光と同じ速度が出ます。

特にフレッツ光時代でもプロバイダにso-netを利用していた場合、速度が変わる理由がありません。

一般には光コラボの最高速度は1Gbpsだと考えられていますが、フレッツの回線の種類により、ホームタイプでも

  • 1Gbps
  • 200Mbps
  • 100Mbps

の三種類があります。

また、ほとんどのマンションタイプの場合は、VDSL接続であるため理論上の最高速度は100Mbpsに抑えられています。

So-net光コラボレーションのキャンペーンや割引サービスは?

新規キャンペーン→月額料金800円×30ヶ月割引&キャッシュバック24,000円

so-netはフレッツ光時代でも大規模なキャッシュバックキャンペーンを実施するので有名なプロバイダでしたが、その伝統は光コラボでも受け継がれているようです。

2017年5月末まで実施されていたキャンペーンは、新規加入の場合24,000円のキャッシュバックに加えて30ヶ月間料金800円割引となるというものでした。

転用キャンペーン→月額料金割引

こちらも2017年5月末日までのキャンペーンでした。

転用ユーザーの場合、一戸建てだと30ヶ月間料金400円割引となります。

マンションタイプの場合、12ヶ月めまで100円、24ヶ月めまで150円、以後12ヶ月経過するごとに50円ずつ下がり、最終的に300円割引(48ヶ月め以降)となるものです。

auセット割

auの携帯電話を使用していた場合、最大で月額1,200円の割引を受けられるというサービスです。

割引額は1,200円と500円の二段階で、おおよそ3GB以上のデータ定額が可能な料金プランに加入していれば1,200円、それ以外は500円の割引を受けられます。

So-net光コラボの契約方法(申し込み~利用開始まで)

転用

①転用承諾番号取得

NTT東西の公式ページから、転用承諾番号を取得します。

②契約

so-netの公式ページから、申し込みを行います。

③工事の通知

加入者宅の工事は必要ないため、光ギガ社内での作業になります。完了すると通知が来ます。

④開通

ルーター等の設定変更を行うと、インターネットに接続できるようになります。

新規

①契約

so-netの公式ページから、申し込みを行います。

②工事の通知

申し込み内容の確認が行われ、工事日のスケジュールを調整します。

③工事

加入者宅での工事が行われます。工事担当者がやってくる場合は、立ち会いが必要です。

So-net光コラボを実際に利用した人の口コミを紹介

「ライバルはNURO光?」

同じso-net運営ということで、so-net光コラボに不満を覚えた人は、NURO光の導入を検討することが多いようです。

ただし、NURO光は関東エリア限定なので、他の地域で契約することはできません。

「遅さはプロバイダのせい?」

多くのユーザーは速度が遅いと感じた場合、それをプロバイダのせいにしがちです。

しかし、ネットが遅くなる原因は非常に多岐に及んでおり、必ずしもプロバイダのせいだとは限りません。

「○○というプロバイダだから遅い」という情報は、ちょっと疑ってかかるべきでしょう。

「速度は中長期的には改善される」

プロバイダは継続的に設備の増強を行っています。

プロバイダの機材の側に遅くなった原因があった場合、プロバイダはそちらの設備の改善を行いますので、しばらく待っていれば速度は向上する可能性が高くなります。

これはso-net以外のプロバイダでも共通に言える話です。

「So-net光コラボ」よりお得な他のSo-netのキャッシュバックキャンペーンを紹介

auひかり(NEXT)

代理店の「NEXT」経由でauひかりに加入すると、代理店・プロバイダ・auそれぞれのキャンペーンを合わせて最大157,500円相当のキャッシュバックが受けられます。

適用条件は、光電話とリモートサポートのサービスに加入することです。

NURO光(公式サイト)

同じso-netが運営しているNURO光は、独自回線(NTTの未使用回線をレンタルしたもの)を使用して、最大速度2Gbpsのサービスを提供しています。

料金的にも光コラボレーションと同レベルなので、コストパフォーマンス的には非常に高いサービスですが、導入可能なのは関東エリアのみに限られます。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。