光回線

マンションでおすすめのインターネット光回線はどこ?料金や速度で比較

マンションのインターネット光回線は、一戸建ての場合と比べると、少し複雑で分かりにくいかと思います。

例えば、

  • いいなと思った光回線があっても、住んでいるマンションに回線が引かれていないため、申し込みできなかったり
  • 料金プランが戸建てと違って、複数に分かれているため、自分に該当するプランがどれなのか分からなかったり
  • ある光回線サービスの戸建てプランと集合住宅プランの違いがイマイチ分からなかったり

といった理由で悩んでいる方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

実際、集合住宅のネット回線に関しては、「結局どこと契約すればいいのか分からない」という声が口コミ等で多数見受けられます。

そこで今回は、「マンションでおすすめのインターネット光回線はどこなのか」分かりやすく解説していきます。

マンションのインターネット光回線の基本知識

まず始めに、「マンションのインターネット光回線の基本知識」を解説していきます。

①マンションの通信インフラ事情

最近の固定回線のネット接続は、光ファイバーケーブルを用いるものが標準となっています。

光ファイバー=光回線によるネット接続を実現するためのケーブル設備

しかし、光ファイバーが通信インフラの標準となったのは、まだまだ最近の話。(ここ5~10年くらいの話)

なので、現存する建築物で、光ファイバーが配線されていないマンションは多数存在します。

もし、光ファイバーが導入されていないマンションで光回線を利用したい場合、後から工事して配線する必要があります。

マンションの仕組み上、光ファイバーが引けるのは途中まで

ただ、光ファイバーケーブルは、これまで使われていた電話線よりも「曲げに弱い」という特徴があるため、集合住宅の建物内部にある配管を使って配線することが困難でした。

この結果、集合住宅の光ファイバー導入は、

建物のMDF室と呼ばれる施設まで光ファイバーで引き込み、そこから先はその建物にある通信インフラ(VDSL/光ファイバー/イーサネット)を使って接続する

という形式を取ることになったのです。

②昔のマンションは光回線に適した造りになっていない

最近建てられたまたは建築中のマンションは、「光回線サービス」を想定して設計・建築されています。

つまり、最初から「光ファイバーケーブル」や「イーサネットケーブル」を通すことが可能なので、光回線の利用に何の心配もいりません。

しかし、10年以上前に建てられた、現存する大多数のマンションは、従来型の電話線を配線することしか考慮されていません。

通信方式「VDSL」

この結果、MDF室から各戸まで、従来の電話回線を使用してネット接続することになりました。

この通信方式は、「ADSL」とよく似た「VDSL」というものです。

「VDSL」は、「ADSL」よりも通信可能な距離を短くする代わりに速度を向上させる方法ですが、速度の上限は100Mbps程度になります。

一戸建ての最大速度は「1Gbps」がスタンダード

少し前までの光回線は、一戸建て用も「最大速度100Mbps」で提供されていたので、ホームタイプとマンションタイプであまり大きな差はありませんでした。

しかし、最近の一戸建ての光回線サービスは「最大速度1Gbps」がスタンダード。

なので、「VDSL」方式のマンションタイプとは、大きな差(約10倍の最大速度差)がつくようになってしまいました。

③利用する光回線が指定されているマンションが多い

基本的に、その集合住宅でどのタイプの通信方式が使えるかは、マンションの構造によって決まります。

先ほども紹介したように、建物内部の配管に電話回線しか通せないところに、光ファイバーケーブルを後から導入するのは困難なので。

これは、イーサネットケーブルでも同様です。

その物件で利用できる通信方式も基本1種類

このため、回線業者側が

「各戸までの接続方式にはVDSL、イーサネット、光ファイバーがあります」

と言ってきても、実際その物件で利用できる接続方式は、3つのうちのどれか1種類に決まっています。

つまり、マンション内部だけでなく、マンションまでの接続方式も、特定のものしか選べないということです。

フレッツ光や光コラボは開通工事が早い

NTT東西が提供する通信回線(フレッツ光や光コラボ)の場合、電話回線と一緒に、MDF室まで光配線されているケースがほとんどです。

このため、MDF室から各戸までの通信方法さえ確保されれば「ネット回線が即開通」となります。

しかし、他の回線業者(auひかりやNURO光など)の場合、まずマンションのMDF室まで光ファイバーを引っ張ってこなければならないので、工事に少し時間を要します。

関東で人気のNURO光は導入までのハードルが高い

関東エリアで大人気の「NURO光」ですが、マンションで利用するまでの道のりは少し長いです。

もちろん、元からNURO光導入マンションであれば、なんの問題もありません。申し込めばすぐに利用可能。

しかし、独自回線がまだ導入されていない集合住宅の場合、同じマンション内で最低4人の「NURO光」を利用したいというユーザーが現れない限り、回線工事に取り掛かってもらえません。

光回線導入済みマンション

また、たまに「光回線導入済みマンション」というのがあります。

これは、そのマンションに既に導入されている光回線サービスを、同じマンションに居住する人たちと共有するというものです。

利用料金の計算が面倒になるので、全て家賃に含めてしまい、名目上「利用料金0円」としているマンションも少なくありません。

こういったケースの場合、マンション側が指定する光回線以外を利用することはできません。

ただ、プロバイダについてはユーザー側に選択権がある場合もあります。

そのネット回線のマンションタイプを契約したくても、非対応だったりする

先に述べたように、マンション内部での通信方式は、マンションの構造によって固定であって、ユーザーが選ぶことはできません。

最近ではマンションのMDF室を経由させるのではなく、外部の電柱(ほとんど光ファイバーが配線されています)から直接マンションの加入者宅まで回線を引っ張ってしまおう、というサービスが普及しはじめています。

こちらは、ホームタイプと名実ともに同じサービスを受けることが可能です。

ただし、多くの業者では、このタイプのサービスを受けられるマンションに、階数制限を課しています。

ある階以上にある家の場合、電柱からの導入工事が難しいので、契約を断られてしまうのです。

それでもホームタイプと同様の接続環境を構築したい、というユーザーに対しては、電柱側に無線の親機、加入者宅に子機を据え付けて通信する、という方法を提案している業者もあります。

マンションでは共有回線を利用するので込み合うことが多い!?

マンションの回線の場合、そもそもMDF室までの配線が最大速度100Mbps程度のVDSLであるため、速度が遅くなってしまうことがあります。

実はこれ以外にも、遅くなる原因があります。

ホームタイプの回線は、少なくとも電柱までは一加入者宅で独占されています。

しかし、マンションタイプはマンションから付近の地域IP網までの回線も共有されているのです。

このため、1本の回線を共有しているユーザーが、同時にインターネットに接続すると渋滞が発生します。

これは回線の接続形態に起因することなので、他の条件を変えることによって状況をよくすることはできません。

つまり、同じマンションに住んでいる他の利用者とは違うプロバイダを利用したから、渋滞から自由になれる、ということではないのです。

しかし、比較的簡単にこの渋滞を回避する方法があります。

それは、他のユーザーが利用しない空いている時間帯にネットを利用するというものです。

誰にでも可能だというものではありませんが、会社に通わず自宅で仕事をしている人などには、比較的簡単にできて効果の高い方法だと言えます。

退去する時、回線工事した部分を原状回復義務として修繕費用を請求されるかも?

いわゆるVDSL形式の場合、退去時に修繕費用を要求されることはまずありません。

要求される可能性があるのは、回線導入時に集合住宅のどこかに新規に工事をさせた場合に限ります。

つまり、壁に穴を開けた場合などです。

ですから、マンションではほぼ考えられず、アパート級の集合住宅に限定されます。

現在では壁に穴を開けるような工事はほとんど行われません。

外部から回線を引き込む場合でも、エアコンのダクト穴などの既存の穴を利用するケースが大部分です。

また、穴あけ等の加工を行ったとしても、インターネットへの接続手段があった方が後から入居者を募集する場合に都合がよいのでそのままでよい、とする大家さんも増えています。

退去時に修繕費用請求、というのはほぼ過去の話となった、と思っていいでしょう。

マンションのインターネット回線の選び方のポイントは?

マンションのインターネット回線は、基本的にNURO光などのパフォーマンスに差のあるサービスが利用できるかどうかを調べ、そうでなければケーブルテレビとNTTフレッツ系との二択になります。

auひかりが対応している物件があった場合、こちらも候補になり得ますが、フレッツ系と比べて携帯電話の割引以外にメリットを見出しにくくなっています。

現状では、無理してau光を選ぶよりも、フレッツ系を選んだ方が有利です。

ケーブルテレビ系は、テレビとセットでなければ申し込めませんが、セット時でもフレッツ系のホームタイプ程度の価格にしかなりません。

このため、割安感はかなりのものになります。

ただし、ケーブルテレビのインターネット接続はあまり高速ではないことが多く、その上渋滞も頻繁に起こります。

テレビとセットでとにかく安く済ませたい、というユーザー向けだと言えます。

また、マンションのインターネット接続の場合、もともと回線やプロバイダの選択の余地があまりないので、お得なキャンペーンを選んで業者を決める、というのがホームタイプよりも難しくなっています。

ただフレッツ回線を使っていた場合だけは例外で、光コラボを含め多彩なプロバイダを選択可能です。

このケースに限り、有利な条件を求めての「乗り換え」ができます。

マンションに引っ越してきた情報を元に、営業に来た訪問販売で契約するのは絶対にダメ

基本的に、マンションに済む住人に対して、ネット回線業者またはプロバイダが営業に来ることは考えられません。

マンションの場合、まず建設時にケーブルテレビの回線が引き込まれており、居住者はそれを使ってインターネットに接続することができます。

さらに、独自の光回線が導入されている場合、回線業者はそのマンションに居住しているユーザーをほぼ独占的に囲い込めます。

こうした事情があるため、第三の業者が飛び込みで営業を行っても、成功する可能性はほぼないのです。

マンションに対する営業は、基本的には居住している個人に対してではなく、管理組合に対して行われます。

管理組合がうんと言わないと、導入工事すらできないからです。

そういう数々のガードをかいくぐってやってくるセールスマンがいたとしたら、事情を知らない大馬鹿者である可能性大です。

必ずと言っていいほどトラブルを引き起こしますから、早々に追い返してしまいましょう。

マンションのインターネット回線はどこがおすすめ?料金・速度・特徴を徹底比較

auひかりマンション

基本情報
月額料金3,800円
速度70~100Mbps(VDSL)
電話サービス500円
エリア東海地方・沖縄を除く全国
携帯割引au
キャッシュバック他業者違約金最大30,000円還元
特徴

一戸建て用としてはかなり普及しているauひかりですが、集合住宅向けは対応物件以外の導入が難しく、苦戦しています。

東海・沖縄はサービスエリア外ですが、代用としてコミュファ光・auちゅらが選択できます。

ソフトバンク光マンション(集合住宅)

基本情報
月額料金3,800円
速度100Mbps(VDSL)
電話サービス500円
エリア全国
携帯割引ソフトバンク
キャッシュバック引っ越し・乗り換えの工事費無料
特徴

光コラボレーションサービスの一種で、フレッツ光の回線が導入されている物件(つまりほとんど)で利用できます。

ソフトバンクの運営なので、ソフトバンクのスマホ・ケータイの割引サービスが利用できます。

ドコモ光(マンション)

基本情報
月額料金タイプA 4,000円
速度100Mbps(VDSL)
電話サービス500円
エリア全国
携帯割引ドコモ
キャッシュバックdポイント10,000円分
特徴

ソフトバンク光同様光コラボレーションの一種で、速度面等の条件は他の光コラボレーションサービスと同じです。

こちらはブランド名通りドコモの運営なので、ドコモのスマホ・携帯電話の割引サービスが特典としてつきます。

NURO 光 for マンション

基本情報
月額料金共有10人以上で1,900円
速度2Gbps
電話サービス500円
エリア関東圏内の対応物件のみ
携帯割引ソフトバンク
キャッシュバック12ヶ月間料金割引等
特徴

新世代の曲げに強い光ファイバーを使用しているため、マンション内の配管を通すことができ、部屋まで光ファイバーでの接続を可能としています。

ただし、マンションタイプは他の部屋との共有が前提なので、ユーザーが一斉に接続する場合は速度が低下します。

スマホ・ケータイの割引はソフトバンク端末に対して行われます。

eo光マンション(集合住宅)

基本情報
月額料金3,524円
速度非公開
電話サービス0円
エリア畿内
携帯割引au
キャッシュバックなし
特徴

関西電力系のサービスで、利用できるかどうかはマンションに回線が導入されているかどうかで決まります。

NTT回線も導入されている場合は、フレッツや光コラボと比較して有利なサービスを選択できます。

コミュファ光ネット(集合住宅)

基本情報
月額料金2,630円
速度100Mbps(VDSL)
電話サービス300円
エリア東海地方
携帯割引au
キャッシュバック30,000円
特徴

中部電力が提供する電力系インターネットサービスですが、auひかりの東海地方での補完の役割も果たしています。

プロバイダはso-netのみしか選べませんが、so-netが実施しているキャッシュバックキャンペーンの適用を受けられます。

J:COM(マンション)

基本情報
月額料金4,533円(テレビ込み)
速度320Mbps
電話サービス1,330円
エリア全国都市部
携帯割引au
キャッシュバック乗り換えで最大30,000円
特徴

ケーブルテレビ系のインターネット接続サービスです。

320Mbpsという速度はホームタイプの光回線と比べるとかなり遅めですが、他業者のマンションタイプ(VDSL)よりは高速です。

ネット接続だけを単独で選択することはできず、テレビとのセット加入という形になります。

ピカラ光(マンションタイプ)

基本情報

①基本情報

月額料金4,000円
速度オール光タイプ1Gbps、VDSL100Mbps
電話サービス500円
エリア四国
携帯割引au
キャッシュバック最大30,000円
特徴

四国の電力会社系のサービスです。

対応物件は限られますが、マンションであっても1Gbpsでの接続ができる「オール光タイプ」が用意されています。

auスマートバリューに加入しているので、auスマホ・ケータイユーザーは割引の適用を受けられます。

BBIQ(集合住宅・マンション)

基本情報
月額料金16戸以上4,100円
速度1Gbps(ギガコース)
電話サービス500円
エリア九州
携帯割引au
キャッシュバック月額料金割引等
特徴

九州電力系のサービスです。

集合住宅であっても1Gbpsの速度が出せる「ギガコース」と、集合住宅の各戸に直接光ファイバーケーブルを導入する「マンションダイレクトタイプ」が用意されています。

集合住宅の「ギガコース」の対応状況は物件によって異なります。

最後に

現時点ではマンションタイプの屋内配線はVDSLが主流ですが、新築物件を中心に最初から光配線されたものも増えています。

また、光ファイバーケーブルも改良され、既存の通信配管を通すことができるものも増えました。

ここ数年の間には、「マンションタイプの最高速度はVDSLの上限の100Mbps前後」という常識も過去のものとなるかも知れません。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。