スマホアプリで注文できる年賀状ショップのおすすめはどこ?

スマホアプリで注文できる年賀状ショップのおすすめはどこ?

目次 ※クリックで開閉します

近年は多くの印刷業者が、ネットで年賀状印刷サービスを提供しています。ネットでの年賀状印刷は、手続きが簡単で便利。ただ、少しパソコン操作の知識を要するため、興味を持ちつつ敬遠する方も少なくありません。

 

もし、パソコンでの年賀状発注にハードルを感じているなら、スマホの年賀状アプリを利用してみてはいかがでしょうか。スマホアプリなら、パソコンの知識なしで年賀状印刷を依頼することが可能。デザイン面の編集も、一般的なアプリと同じ感覚で行えます。

 

今回は、スマホアプリでの年賀状印刷について、詳しく見ていくことにしましょう。おすすめの年賀状ショップもご紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

スマホアプリの年賀状のメリットは?

スマホアプリの年賀状のメリットは?

スマホアプリでの年賀状印刷には、多数のメリットがあります。どのようなメリットがあるのか、代表的なものを5つピックアップしてご紹介しましょう。

直感的な操作で年賀状を作成できる

先にも触れたように、スマホアプリを使った年賀状の作成・発注は、通常のアプリと同じ感覚で行えます。デザイン面に入れる写真は、直感的なタッチ操作で編集可能。挨拶文の入力も、メールを打つ感覚で簡単に完了します。

パソコンがなくても年賀状印刷を発注できる

スマホアプリでの年賀状印刷の発注は、パソコンなしで行えます。もちろん、プリンターも必要ありません。スマホ単体で完結させられる点が、スマホアプリでの年賀状印刷の魅力です。

場所を選ばず年賀状を作成・発注できる

年賀状印刷用のスマホアプリは、場所を選ばず利用できます。毎日仕事に追われている方でも、ちょっとした隙間時間に年賀状を作成・発注することが可能。年末の忙しい時期でも、無理なく年賀状づくりを済ませられます。

その場で撮った写真で年賀状を作成できる

年賀状印刷用のスマホアプリなら、スマホに保存した写真を直接年賀状に使用できます。もちろん、その場で撮った写真を使って、年賀状を作ることも可能。スマホの機能を活かして、手早く年賀状を作成・発注できます。

パソコンで始めた年賀状作成を外出先で引き継げる

年賀状印刷用のスマホアプリには、パソコンと連動させて使用できるものもあります。たとえば、パソコンで途中まで作成した年賀状を、スマホアプリを使って外出先で完成させることも可能。もちろん、逆のパターンも可能ですよ。

スマホアプリからの注文方法

スマホアプリからの注文方法

スマホアプリを使った、年賀状印刷の注文方法を見てみましょう。以下でご紹介するのは、一般的なアプリでの注文方法になります。

アプリのインストール

多くの場合、年賀状印刷用のスマホアプリは、Android版とiOS版の両方が用意されています。利用したい年賀状印刷サービスが見つかったら、Google PlayもしくはApp Storeでアプリをインストールしてください。

 

なお、年賀状印刷サービスの名称とスマホアプリの名称は、必ずしも一致するとは限りません。たとえば「ネットプリントジャパン」のアプリは、「NPJ年賀状」の名称でリリースされています。インストールするアプリ名は、ストアにアクセスする前に確認してください。

新規会員登録

スマホアプリをインストールしたら、提供元のサイトへの新規会員登録を行いましょう。多くの場合、新規会員登録はスマホアプリ上で行えます。アプリのメニュー画面で、「ログイン」や「会員登録」といった項目を探してください。

テンプレートを選ぶ

会員登録が済んだら、いよいよ年賀状の作成に入ります。まずは、デザイン面に使用するテンプレートを選んでください。多くのスマホアプリでは、カテゴリー別にテンプレートを検索できるようになっています。

仕上げを選択する

テンプレートを選択すると、仕上げを選ぶメッセージが表示されます。「写真仕上げ」「印刷仕上げ」といった仕上げから、好みのものを選んでください。なお、アプリによっては、注文手続き時に仕上げを選択する場合もあります

デザインを編集する

仕上げを選んだら、デザイン面の編集を行います。写真フレームタイプのテンプレートを選んだ場合は、挿入する写真を選んでください。多くのアプリでは、写真を挿入するスペースをタップすることで、写真の選択メニューが表示されます。選択した写真は、タッチ操作で掲載範囲や角度などを指定可能です。

 

写真の選択および編集が済んだら、挨拶文や差出人を編集しましょう。多くのアプリでは、挨拶文は定型文と自由文のどちらかを選べます。印刷後に手書きで文章を入れたい場合は、スペースに余裕をもたせておいてください。

作成した年賀状を注文する

デザインの編集が済んだら、注文手続きに入りましょう。年賀状印刷の注文画面では、印刷枚数や支払方法、商品の届け先などを決定します。各項目を選択して必要事項を入力したら、注文内容を確認してください。最後に注文確定ボタンをタップすれば、年賀状印刷の発注は完了します。

スマホアプリに対応しているおすすめ年賀状ショップは?

現在、多くの年賀状ショップが、スマホアプリでの印刷発注に対応しています。その中から特におすすめのショップを、6つピックアップしてご紹介しましょう。

ネットプリントジャパン

安価な写真プリントを中心に、多種類の印刷サービスを提供している「ネットプリントジャパン」。年賀状シーズンには年賀状印刷を提供しており、専用スマホアプリ「NPJ年賀状」による発注も受け付けています。

特徴

ネットプリントジャパンの年賀状印刷の特徴を、3つピックアップしてご紹介しましょう。

高画質な写真年賀状をスピーディーに出荷

ネットプリントジャパンでは、「写真仕上げ」の年賀状印刷に、富士フイルム製の銀塩プリンターを使用しています。銀塩プリンターの導入台数は80台。短時間での大量印刷を可能としており、高品質な写真年賀状を最短2日で発送してくれます。

写真の色合いをプロが手動補正

ネットプリントジャパンで「写真仕上げ」もしくは「プレミアム仕上げ」の年賀状印刷を発注すると、プロによる色調補正を受けられます。色調補正は手動で行われるため、仕上がりが高品質。多少色みや明るさに難がある写真も、自然な色合いに整えてもらえます。

宛名印刷が無料

ネットプリントジャパンの年賀状印刷は、宛名印刷の料金が無料。追加料金なしで、面倒な宛名書きを業者に任せられます。また、ネットプリントジャパンなら、ポスト投函を代行するサービス「投函代行」も無料で利用可能です。宛名印刷と投函代行を利用すれば、年賀状印刷から投函までを、ネットプリントジャパンに丸投げできますよ。

しまうまプリント

しまうまプリント

安価なフォトブックや、低料金の写真プリントで人気の高い「しまうまプリント」。年賀状シーズンには年賀状印刷を提供しており、好評を博しています。また、しまうまプリントでは、スマホアプリ「しまうま年賀状」を毎年リリース。150万人以上のユーザーに利用されています。

特徴

しまうまプリントの年賀状印刷の特徴を、3つ取り上げてチェックしてみましょう。

最短当日出荷に対応

しまうまプリントの年賀状印刷は、発送の早さが魅力です。午前9時59分までに発注された年賀状は、当日中に出荷されます。地域によっては、注文日の翌日に商品を受け取ることが可能。印刷済みの年賀状を、いち早く入手したい場合に重宝します。

プリント料金が安価

しまうまプリントの年賀状印刷は、プリント料金が安価。2017年度版の年賀状印刷では、印刷年賀状のプリント料金が1枚26円、写真年賀状のプリント料金が1枚30円に設定されていました。2018年版の年賀状印刷でも、前年と同様に安価な料金が設定されるはずです。

宛名印刷を無料で利用可能

先ほどご紹介したネットプリントジャパンと同様に、しまうまプリントも宛名印刷の料金を無料としています。ちなみに宛名印刷の料金は、1枚20〜30円となるケースがほとんど。100枚単位の印刷となると、宛名面の印刷費用だけで数千円を要します。費用を抑えつつ宛名印刷を依頼したい方に、しまうまプリントはおすすめです。

Digipri

Digipri

大手企業「シンプレスジャパン」が運営する、オンラインプリントサイト「Digipri」。Digipriでは、年賀状印刷を毎年提供しており、スマホアプリ「Digipri年賀状」での印刷発注も可能としています。

特徴

Digipriの年賀状印刷の特徴を、3つピックアップしてご紹介しましょう。

デザインとスタンプが豊富

Digipriの年賀状印刷は、デザインやスタンプの種類が豊富です。2017年度版の年賀状印刷では、856種類のデザインと300種類のスタンプが用意されました。Digipriの年賀状デザインは、ただ種類が多いだけではありません。1つひとつが洗練されていてオシャレ。専門デザイナーのセンスが光る、オリジナルデザインとなっています。

高品質な印刷が魅力

Digipriで作成できる年賀状は、印刷が高品質。特に写真年賀状は、フジカラー純正印画紙による美しい仕上がりが魅力です。マット加工を活かした、市販のポストカードのような出来映えになりますよ。

キレイ補正で肌色を美しく補正できる

Digipriのアプリ「Digipri年賀状」には、写真の肌色を美しく補正できる「キレイ補正」が備わっています。キレイ補正を利用すれば、写真の明るさと色合いを簡単に補正することが可能。美肌を強調した写真年賀状に仕上げられます。

アプリプリントジャパン

アプリプリントジャパン

「アプリプリントジャパン」は、安価な写真プリントで人気のオンラインプリントサービスです。年賀状印刷サービスも人気が高く、2016年からはスマホ用の年賀状アプリもリリースしています。

特徴

アプリプリントジャパンの年賀状印刷がもつ特徴を、3つピックアップしてご紹介しましょう。

早割価格がおトク

アプリプリントジャパンでは、年賀状印刷の早割を毎年実施しています。早割は、早い時期に年賀状印刷を注文することで、プリント料金が安くなるサービス。たとえば、2017年10月31日までであれば、「カラー・モノクロタイプ」を68.8%OFFの1枚5円+基本料金で発注可能です。

50枚以上の発注でメール便が無料に

アプリプリントジャパンで50枚以上の年賀状印刷を発注すると、メール便(クロネコDM便)の送料が無料になります。

宛名印刷は基本料金なしで利用可能

アプリプリントジャパンでは、年賀状の宛名印刷を低料金で提供しています。ネットプリントジャパンやしまうまプリントのように完全無料ではないものの、宛名印刷単体の基本料金は0円。1枚30円の追加料金だけで、宛名の印刷を依頼できます。

ウェブポ

ウェブポ

富士フイルムイメージングシステムズと日本郵便が運営する、年賀状印刷サービス「ウェブポ」。スマホアプリ「ウェブポ年賀状印刷」からの発注を可能としており、使いやすさで好評を博しています。

特徴

ウェブポには、多数の特徴があります。その中から特に注目すべき特徴を、3つピックアップしてご紹介しましょう。

1,000種類以上の豊富なデザインテンプレート

ウェブポは、デザインテンプレートの数がかなり豊富。その種類は1,000種類以上にのぼります。これだけ種類が多いなら、デザインを選ぶだけで楽しめそうですね。

印刷代無料のテンプレートを選べる

ウェブポには、印刷代が無料のデザインテンプレートが用意されています。無料テンプレートと投函代行サービスを使えば、ハガキ代だけで印刷済みの年賀状を送ることが可能。ただし、無料のテンプレートには、スポンサーの広告が入ります。

ネット上の友人や知り合いにも年賀状を出せる

ウェブポでは、メールアドレスやTwitterアカウントを利用した、年賀状送付を可能としています。たとえば、Twitterで互いにフォローしている相手なら、住所を知らなくても年賀状を送ることが可能。相手にこちらの住所を知られることもありません。

らくらくポストカード(DPE宅配便)

らくらくポストカード

「DPE宅配便」では、ポストカード印刷サービス「らくらくポストカード」の1つとして年賀状印刷を提供しています。年賀状用のスマホアプリとしては、「らくらく年賀」をリリース。利用の手軽さから、スマホユーザーの好評を博しています。

特徴

らくらくポストカードには、以下にご紹介する3つの特徴があります。

キャラクター年賀状を安価に作成できる

らくらくポストカードの年賀状印刷には、妖怪ウォッチやワンピースといった、有名キャラクターのテンプレートが毎年用意されます。しかも利用料金は、通常のデザインテンプレートと変わりません。らくらくポストカードなら、低料金でキャラクター年賀状を作成できますよ。

低料金でプリントできる

らくらくポストカードの年賀状印刷は、プリント料金が安価。印刷タイプは1枚25円、写真タイプは1枚29円となっています。別途1,980円の基本料金とハガキ代が必要となるものの、50枚程度を発注すれば、印刷単価をかなり安く抑えることが可能です。

年賀状の発送がスピーディー

らくらくポストカードの年賀状印刷を発注すると、最短2日で商品が発送されます。即日発送とまではいかないものの、年賀状印刷の発送としては十分にスピーディー。地域によっては、発注から最短3日で年賀状が手元に届きます。

スマホでネット注文する場合の疑問を解決!

ここまでの内容を読んで、スマホアプリでの年賀状の注文について、いろいろと疑問が浮かんだ方も多いかもしれませんね。そこでこの節では、スマホでの年賀状発注に関する疑問を3つピックアップして、回答をご紹介します。

写真入りの年賀状もスマホで作れるの?

注文方法の節でもご紹介したように、写真入りの年賀状もスマホアプリで作成できます。スマホに保存されている写真および画像であれば、デザイン面に挿入可能です。

 

ただし、有名キャラクターの画像や公序良俗に反する画像は、印刷を拒否される場合があるのでご注意ください。また、データが小さすぎる画像は、年賀状用の写真として選択できない場合があります。

スマホ注文でも宛名印刷も可能?

宛名印刷に対応しているショップのアプリであれば、スマホからの注文でも宛名印刷を発注できます。ただし宛先の登録は、1件ずつ行わなければなりません。大量の宛名印刷を依頼する場合は、事前にパソコン版のサイトで住所録を作成しておくことをおすすめします。

スマホ注文だと写真の画質は悪くなる?

スマホアプリから発注する場合でも、年賀状に載せる写真の画質は落ちません。たとえば、一眼レフで撮影した写真をスマホに保存しておけば、クオリティを落とさずに年賀状印刷に使用できます。もちろん、スマホで撮影した写真も、画質を保ったまま年賀状に使用できますよ。

まとめ

本文でご紹介したように、スマホアプリ対応の年賀状印刷サービスは外出先で利用できる便利さが魅力です。今年の年賀状づくりは、スマホアプリを使って行ってみてはいかがでしょうか。

PICKUP CONTENTS

トップへ