アロマの香りで深い眠りを♡オススメのアロマ6選

目次 ※クリックで開閉します

女性を中心に人気を集めているアロマ。

香りを楽しむだけではなく、睡眠のサポートをしてくれるアロマも存在します。

最近はストレスや生活習慣が原因で、質の良い睡眠をとれていない人が増えてきています。

「なかなか寝付けない」「眠りが浅い」「日中眠たくなってしまう」などの悩みを抱えている人は、アロマを取り入れることによって心も体もリラックスした状態で睡眠をとることができるでしょう。

 

今回はそんな「質の良い睡眠」をとりたいという人のためにオススメのアロマを6種類紹介していきます。

ぜひ自分に合ったアロマを見つけて早速毎日の睡眠に取り入れてみてくださいね。

オススメのアロマ

さっそく、睡眠の際におすすめのアロマについて解説していきます。

誰もが知る定番的アロマから、あまり知られていない変わり種までぜひここでの内容を参考にしながら自分にピッタリのアロマを探してみましょう。

特に「香り」「効果」などをよくチェックしてくださいね。

ラベンダー

アロマの定番的存在でもある「ラベンダー」。

市販の芳香剤や柔軟剤などに使われていることも多いため、ラベンダーの香りを知っている人は多いのではないでしょうか。

フローラルでありながらもどこか爽やかさを感じるラベンダー。

とってもいい香りで癒されますよね。実はこのラベンダーはアロマテラピーとしても頻繁に利用されるほど、効果が高いアロマなのです。

 

ラベンダーには自律神経のバランスを整える効果があります。

現代人に多い「ストレス」「不安」などを和らげ、リラックスさせることができるのです。

そのため「ストレスで寝付けない」「不安で眠れない」などで悩んでいる人にはラベンダーを取り入れることがおすすめです。

就寝前にアロマの香りを嗅ぐことで、心を落ち着かせてゆっくり就寝することができますよ。

カモミール

ハーブティーとして取り入れられることが多いカモミール。

ほんのりとした甘さを感じる香りが特徴のアロマです。

ハーブティーとしてもアロマとしても活用しやすいカモミールで、多くの人に愛されている存在でもあるのです。

そんなカモミールには「鎮静作用」というものがあります。

興奮状態を抑制するため「イライラ」などのストレスを落ち着かせてくれるのです。

さらに、カモミールは中枢神経を鎮静する作用が強いため「悲しみ」「トラウマ」「ショック」などが原因で眠れない……という人にも有効です。

「辛い出来事が忘れられなくて眠れない」という人はカモミールを試してみるといいかもしれませんね。

また、ラベンダー同様に「リラックス効果」も高いため、就寝前にカモミールのアロマを炊いたり、ハーブティーとして飲んだりするとよりスムーズな睡眠を得られるでしょう。

 

ただし、カモミールには一つ注意点があります。

その注意点というのが「花粉症の人」に該当します。

もし「キク科花粉症」である場合、カモミールによってアレルギー反応を起こしてしまう可能性があるのです。

カモミールはキク科に属するため、キク科花粉症である人は注意しなくてはなりません。

「体のかゆみ」「湿疹」などの症状が現れることもあるので、心配であればカモミールを取り入れる際には事前に医師に相談しておくとよいでしょう。

ローズ

甘さの中に透き通るようなフレッシュな香りが特徴のローズ。

香水や柔軟剤にも使われているので「ローズの香りが好き」という人は非常に多いです。

そんな身近な存在でもあるローズですが、これもまた安眠効果も期待できるアロマの一つ。

まず、ローズには癒しの効果があるため、心を落ち着かせてくれる作用があります。

特に「嫌なことがあった」「悲しいことがあった」などが原因で寝付けない時はローズが心を安らかにし、心を元気にしてくれる働きがあるのです。

 

ローズは昔から「精油の女王」と呼ばれるほど効果の高いアロマで、特に女性との相性が良いとされています。

女性ホルモンを整えたり、自律神経のバランスを整えたりなど女性に嬉しい効能があるので、女性であれば欠かせない存在でもあるのです。

もちろんリラックス効果もあるので、就寝前のゆったりとした時間で取り入れてみてはいかがでしょうか。

ヒノキ

爽やかな香りが特徴のヒノキ。

アロマオイルでは珍しい「木の香り」が心を「リラックス」と同時に「リフレッシュ」もしてくれます。

爽やかな木の香りが森林浴をしている気分になるので、心も落ち着き、日々の喧騒や日常のストレスを解放してくれるのです。

眠る際に「なんだかイライラする」「気になって眠れない」などがあると、なかなかスムーズに眠れませんよね。

ヒノキの香りでゆったりとした睡眠を手に入れてみませんか?

ヒノキは精神的な効果だけでなく身体的な面でも大きな効果があります。

特に「血行促進」作用は睡眠には重要なポイント。

血行促進によって女性に多い冷え性の緩和、下半身のだるさなどを改善する働きがあるので「手足が冷えて眠れない」「足がだるくて眠れない」という悩みも改善してくれるのです。

ネロリ

爽やかでほのかに甘さのある香りが特徴のネロリ。

化粧品や香水にも使われていることがあり、その優雅な香りに虜になる女性は少なくありません。

そんな人気のネロリにも、高い安眠効果が期待できるのです。

ネロリには高いリラックス効果があり、同時に「幸福感」をもたらしてくれる存在でもあります。

優雅な香りが心をリラックスさせて眠りを誘い、さらに幸せな気持ちにさせてくれるので「辛いこと」「悲しいこと」「傷ついたこと」などを癒してくれる働きがあります。

 

ネロリの効果は高く、睡眠以外にも「PMS」「更年期による不調」「自律神経の乱れ」などによる精神的に不安定な人にもアロマテラピーで利用されることが少なくありません。

アロマポットを利用して部屋にヒノキの香りを充満させたり、お湯を張ったマグカップに数的垂らして香りを楽しんだりすると、リラックスした状態で眠ることができるでしょう。

オレンジ

アロマオイルの中でも、最も愛されている香りでもあるのが「オレンジ」です。

爽やかで甘酸っぱい香りが特徴で、万人受けする魅力的なアロマとも言われています。

基本的には愛されているアロマですが、中には「アロマ系の独特の香りが苦手」という人もいるため、そういった人にはオレンジの香りが向いています。

オレンジなら馴染みのある香りなので、アロマとしても抵抗なく受け入れやすいのではないでしょうか。

オレンジには「リラックス効果」「リフレッシュ効果」などがあるため、その日の疲れを癒したり、悩みや不安を和らげたりしてくれます。

さらに、刺激や作用があまり強くない為「アロマに敏感」という体質の人でも安心して使用することができるのです。

アロマの力でぐっすり♡

「なかなか寝付けない」「眠りが浅い」「不安や心配で眠れない」など、何かと眠れないことで悩んでいる人が少なくありません。

特に現代人は仕事や人間関係、将来の事などで不安やストレスを抱えていることが多く、これらが原因で落ち着いて眠ることができずにいる人が非常に多いのです。

また、自分では気が付いていないだけで、知らず知らずのうちに質の悪い睡眠に陥っているという人もいます。

ぜひ、今回の内容を参考にしながら毎日のストレスから解放され、ぐっすりと深い眠りについてみませんか?

翌朝シャキッと清々しい朝を迎えられるよう早速今夜から取り入れてみましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ