自動車関連

スズキのワゴンRを売りたい!特徴や買取相場を徹底解説

スズキを代表する車の1つであるワゴンR。周りでも乗っているという人は多いのではないでしょうか?今回はワゴンRの特徴や買取相場を徹底的に調べてみました。

基本情報

新車価格

1,078,920円〜1,530,360円

型式

DAA-MH55S

排気量

0.658L

グレード
  • HYBRID FZ
  • HYBRID FX
  • FA
駆動方式
  • 2WD(前2輪駆動)
  • フルタイム4WD
燃費

HYBRID FZ 2WD(前2輪駆動)の場合

33.4 km/L

ハイブリッド仕様
  • マイルドハイブリッド

ISG発電機によるモーターアシストによるマイルドハイブリッド仕様を採用しています。発電効率に優れた発電機、ISGは減速時のエネルギーを利用して発電します。

その電力をアイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電。発進時、加速時には、その電力を利用してエンジンをアシスト。燃費の向上を実現するハイブリッドシステムです。

エコカー減税

HYBRID FZ 4WD CVT

  • 自動車取得税・・・・・・・・24,500円
  • 自動車重量税・・・・・・・・・7,500円
  • 軽自動車税(届出翌年度)・・・5,400円
  • 合計・・・・・・・・・・・・37,400円
乗車定員

4名

ボディカラー
  • ブリスクブルーメタリック
  • ブレイブカーキパール
  • リフレクティブオレンジメタリック
  • ピュアレッド
  • ムーンライトバイオレットパールメタリック
  • スチールシルバーメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • ピュアホワイトパール
最高出力

38<52PS>/6,500

最大トルク

60<6.1kg・m>/4,000

歴史

1993年に軽自動車特有の狭さを克服した革命的モデル。その優れた利便性によって老若男女に支持を受け、大ヒットしました。1998年には初のフルモデルチェンジ。初代よりも丸みを帯びたエクステリアが特徴です。

また、内装は上質になり、初代よりもさらに小回りが利くようになりました。2003年、2008年と5年ごとにフルモデルチェンジを繰り返し、2012年には5代目となる4度目のフルモデルチェンジ。

「ENE-CHARGE(エネチャージ)」や「ECO-COOL(エコクール)」などの低燃費化技術や軽量化技術などの最新技術が搭載されています。

特徴

日本の軽自動車には最新技術が詰まっている!

1.軽とは思えない!広い車内と収納スペース

ワゴンRには便利な収納スペースが豊富にあります。中でも、軽では初となるアンブレラホルダーは、雨の日濡れた傘で服やシートが濡れるのを防ぎます。

傘についた雨露は社外に排出される仕組みになっているので、車内が濡れるのを防いでくれます。その他にもベビーカーを立てて収納することもできるラゲッジアンダーボックスや、助手席のシートを上げることででてくるアンダーボックス、運転席に設置されたインパネアッパートレーなど利便性の高い収納が豊富に用意されている。

また、シートアレンジを駆使すれば、自転車などの大きな荷物やサーフボードなどの長尺物も積むことができる。

2.決めた温度をキープするフルオートエアコン

エアコンはフルオートで温度調節を行ってくれます。こまめな風量調節なども自動でしてくれるので、快適なドライブが可能です。

3.プレミアムUV&IRカットガラス

フロントガラスとフロントドアガラスは紫外線(UV)を約99%カット。また、赤外線(IR)もカットしてくれるため、室内温度の上昇を抑えます。

ドライバーをサポートするヘッドアップディスプレイ

ワゴンRには軽では初となるヘッドアップディスプレイが搭載されています。車速やシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示してくれるシステムで、視線を落とさずに運転できる便利システムです。

ディスプレイはエンジンを始動すると自動で展開。ドライバーの体格に合わせて表示位置を調節できます。

おすすめできるポイント

①ロングセラーの人気車種

1993年に発売されて以来ずっと人気のワゴンR。軽自動車が欲しいと思っているならとりあえず一見の価値ありでしょう。

②燃費が良い

最新車種は軽自動車にマイルドハイブリッドを搭載。燃費が飛躍的に向上しています。

③最新技術が詰まっている

スズキを代表する車でもあるため、ヘッドアップディスプレイなど最新の技術が搭載されています。

おすすめできないポイント

①乗っている人が多い

人気車種ということは、それだけ乗っている人も多いということ。個性を重視する人には向いていません。

②ハイグレード車種は値段も高め

最新設備が搭載されているため価格は高くなりがちです。新車で購入するなら普通車を買うくらいの覚悟が必要です。

③程度の良いものは中古でも高い

中古市場でも人気のため、程度の良いものは「新車価格と変わらないじゃん!」と突っ込みたくなるような価格になっている場合もあります。

ワゴンRの中古車オークション相場

※オークション相場についての注意点

以下の相場価格は買取業者が実際のオークションで落札した過去の買取落札額です。2017年1月にオークションサイトで調べて算出したものであり、現在の査定価格と完全一致するものではございません。車を売ろうと考えている方、購入しようとしている方は、あくまで相場価格の目安としてご参照ください。

  • 年式:約3年前(平成26年)走行距離:約3万kmの場合

37〜120万円

  • 年式:約5年前(平成24年)走行距離:約5万kmの場合

16〜79万円

  • 年式:約7年前(平成22年)走行距離:約7万kmの場合

13〜71万円

  • 年式:約10年前(平成19年)走行距離:10万km以上の場合

0〜11万円

まとめ

いかがでしたか?ワゴンRは人気があるため中古の買取価格も期待できます。維持費も安く、快適装備を味わいたいというドライバーや、日用品の買い出しや子どもの送り迎えなどのセカンドカーをお探しの方にはオススメです。

ABOUT ME
toshi
趣味は自然観賞や映画を見ること。 週末に飲むビールが大好きです! nanairoでは主にMen'sの記事を担当しています。