自動車関連

事故車でも買取してもらえるの?査定額への影響や買取可能業者を紹介

「車の売却を考えているけれど、過去にぶつけたところがそのままで、事故車扱いになってしまうんじゃないか」

車の修理にはお金がかかるため、ついついそのままにしてしまっているという方も少なくないと思いますが、その車を売却するとなると値段が付かないのではないかと心配になるでしょう。

そもそも車買取において事故車の場合はどのように査定に影響するのか、また、事故車を買取ってくれる業者にはどういったところがあるのかなどについて解説していきます。

中古車市場では、事故車の定義が分かれる

皆さんは、「事故車」と聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか?

事故車と聞くとほとんどの方が交通事故に遭った車や、壁や電柱にぶつかってしまった車を想像すると思いますが、中古車の買取や査定では、必ずしも交通事故やぶつかった車を事故車とは定義していないのです。

一言で事故車と言っても程度の軽いものから、重たいものまで存在し、その車を「事故車」とするかどうかは、査定を行った査定士の判断にゆだねられる部分もあります。

一般的な買取店で査定を行う際は、その車の傷やへこみの状態というよりも、修復歴が「あるかないか」という点が重視され、例えばバンパーに大きな傷があったとしても、それだけでは修復歴ありとはなりません。

また、一般的に事故車と定義される状態としては、炎上した車や水没した車、または、長年放置されそのままでは動かすことのできない放置車両なども事故車とされることもあります。

つまり、「事故車」とは、通常の使用状態では起こりえない損傷や、機能的損失がある車の総称であり、「事故車=修復暦あり」というわけではないのです。

事故車は、査定額へどう影響するの?

上記でお話したように、一言で事故車と言ってもいろいろな状態が考えられますので、ここでは、

  • ①修復歴のない事故車
  • ②修復歴のある事故車
  • ③その他の事故車

以上の3種類の車が査定にどう影響するのかお話していきましょう。

①修復歴のない事故車

いわゆる「事故歴はあるだけれど、修復歴はない車」で、査定額にはほぼ影響することが無く、一般の買取店でも通常通り買取が可能です。

例えば、ショッピングセンターなどの駐車場で、低速でぶつかり、ドアが凹んでしまったとしましょう。

へこみ自体は大きく目立つため、誰が見ても事故を起こした、もしくは、ぶつけた(ぶつけられた)車だということが分かりますので、大きく査定に影響してしまうと思うかもしれません。

もちろん損傷している箇所の修理だいがかかるため、何も損傷の無い状態と比べ査定額は下がってしまいますが、ドアパネルの修理を行っただけでは「修復歴」にはならないのです。

②修復歴のある事故車

簡単に言うと、修復歴とは、車の骨格にあたる重要な部分を交換、または修理した状態のことを指し、例え外からは確認し辛い箇所で、外見はきれいに修理されていたとしても、その車は修復歴車となってしまいます。

もちろん修復した箇所により差があるため一概には言えませんが、修復歴ありとされた車は修復歴のない車と比較して、半額~7割ほどの値段になってしまうことは避けられません。

しかし、業者によっては高価買取を目指せる業者も存在するため、修復歴あり車と言われたからといって諦めることなく、高く買取ってくれる業者を探しましょう。

③その他の事故車

上記で挙げた2つの事故車以外の、水没車や炎上車、放置車両などを含む車の場合についてお話していきますが、先述したような交通事故を起こして修理せずに放置されている車も含みます。

実は、事故を起こしてしまったいわゆる事故車よりも、長年放置されたままで動かすことのできない不動車や、水没車などの方が、中古車買取では厳しい見方をされることが多く、業者によっては買取自体を拒否される可能性があるのです。

放置車両、水没車、炎上車などは、見た目の損傷以外に、目に見えない損傷個所や、今は何ともなくとも将来的にどんな故障が起こるかわからないというリスクが非常に高く、通常の修復歴車よりも厳しい扱いを受けてしまいます。

そのため、こういった特殊な状況下にある車を売却する際は、まず、さまざまな業者に問い合わせてみることをオススメします。

事故車であっても買取してもらえるの?

一昔前までは、自走できないような損傷の酷い車は、スクラップにするしかないというのが定説でしたが、最近は廃車ではなく買取をしてくれる業者が増えてきました。

車に使われている数万点にも及ぶさまざまな部品というのは、取り外して中古パーツやリビルトパーツと販売できる物や、ボディなどの金属は再び金属製品の材料として再利用されるものなど、約9割もの部品がリサイクル可能と言われているのです。

また、日本車は海外で根強い人気があるため、例え大事故を起こした車であっても、修理をして走れる状態になれば、海外で高く売れる可能性もあります。

つまり、どんなにボロボロの不動車であっても、新たな価値を生み出し、お金に換えるノウハウを持っている業者に買取を依頼することが大切なのです。

そういった事故車や不動車に強い業者であれば、例え水没して動かなくなってしまった車でも、大きく損傷している車であっても買取って貰える可能性があります。

事故車の買取可能業者は?

では、実際に事故車であっても買取ってくれる業者には、どういったところがあるのか、いくつか代表的な業者をご紹介していきましょう。

下記よりご紹介する業者のうち、①~③がいわゆる通常の買取専門店、④~⑥が廃車や事故車などを得意とする買取店です。

①ラビット

買取専門のフランチャイズとして全国的に展開しているラビットでは、さまざまな業者が加盟店として登録しているため、事故車であっても買取ができる店舗が存在します。

②ビックモーター

もともとは中古車販売チェーンとして成長してきたという経歴があり、全国に大型の販売展示場を持っていますが、修復歴車の場合は、自社店舗での販売はせず、自社オークションにて流通させているため、状況によっては事故車であっても買取を行ってもらえます。

③ガリバー

車買取業界をけん引するガリバーでは、事故車や修復歴車の買取も行っていますが、修復歴車は自社での販売はせず、オークションを通じて海外などに販売しています。

④カーネクスト

他社の査定では値段が付かない車や、不動車であっても0円以上の買取を宣言しており、廃車に掛かる手続き費用や、レッカー代なども無料で全国どこでも対応「してもらうことができます。

⑤廃車王

その名の通り廃車の買取を専門としている買取業者で、経済産業大臣の認可を受けた「NGP日本自動車リサイクル事業協同組合」の組合員であることを活かし、リユースやリサイクルを得意としています。

⑥タウ

事故車や不動車であっても無料の出張査定を行い、しっかりとした査定額を提示してくれるため安心して買取が依頼できるでしょう。

もちろんレッカー代や手続き費用費用なども無料と言うのもうれしいポイントです。

事故車であっても、一括査定サービスに出してみよう

上記でご紹介した業者以外にも、事故車や不動車を買取ってくれる買取業者はまだまだ存在します。

どの業者もどんな車でも買取ができるようにさまざまな工夫や企業努力をしていますが、企業規模を活かした買取を得意とする大手買取業者、またはリサイクルを得意とする業者、海外への輸出を得意とする業者など、その業者ごとに得意とする分野は異なるのです。

すると、同じ車であっても業者によっては10万円以上の差額が生まれるというケースも珍しくないため、できるだけ多くの買取業者に査定を受ける必要があります。

今ではインターネットを活用した一括査定サービスはもちろん、事故車や廃車専門の一括査定サービスもある時代です。

事故車だから、不動車だからと諦めず、そのようなサービスを上手に活用して、少しでも高く買取ってもらえるようにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事内でお話してきたように、一般の方が思う事故車という概念と、中古車業界で言う修復歴では大きな違いがあるものです。

ぶつけちゃったからほとんど値段が付かないだろうと思っていた車でも、買取価格にそれほど大きな影響を与えないことも少なくありません。

逆に、「ちょっと下回りを擦っちゃったけど、外見は何ともないから問題ないだろう」と思っていても、その擦ってしまった部分が車の骨格に該当する箇所で、しかも若干変形してしまっている場合は事故車(修復歴あり)と判断されてしまう可能性もあります。

このように、やはり一概に何がダメと言うのは実際に査定に出してみなくては分からないことがほとんどです。

多くの業者が査定や相談は無料で受け付けてくれるため、簡単に諦めるのではなく、さまざまな業者に相談してみることから初めてみましょう。

ABOUT ME
toshi
趣味は自然観賞や映画を見ること。 週末に飲むビールが大好きです! nanairoでは主にMen'sの記事を担当しています。