格安SIM

格安SIMは海外で利用できるの?旅行時に通話やデータ通信は使える?

海外で格安SIMは使える?

大手キャリアに比べて毎月の料金を大幅に削減することができる「格安SIM」ですが、大手キャリアのSIMカードに比べて一部の機能に制限が設けられることがあります。

ユーザーとしては「使えなくなる機能」に関して不安を覚えますが、その中の一つに「海外で利用することができるのか?」ということが挙げられます。

仕事や旅行で海外に渡航する機会の多い人にとっては、海外での通信手段の確立は重要なポイントです。

もし、格安SIMを海外で使えないとなると、格安SIMへの乗り換えにも躊躇してしまうのではないかと思います。

海外でスマホを利用する方法としては、主に「国際ローミング対応の格安SIM」か「現地対応のプリペイドSIM」を利用するという方法があります。

あまり聞き慣れない名前である場合もあるかもしれませんが、これらを正確に理解することで海外でもスマートフォンを問題なく利用することが可能になります。

国際ローミングとは?

先ほど触れた「国際ローミング」とは、簡単にいえば「海外でも通信端末を利用することができる」ということです。

厳密に言えば、日本国外にスマートフォンのユーザーが出ている場合に、現地の通信網を利用してスマートフォンを利用することができるサービスのことを言います。

通常、日本国内のキャリアのSIMカードでの通信は、日本国内での通信網に限られています。

そのため、海外ではその通信網を利用することができないので、スマートフォンで通信を行うことができないということになります。

しかし、海外ローミングを利用することができるキャリアの場合、その渡航先の通信会社の通信網を利用することができる契約を結んでいるため、海外でも(契約している通信会社がある場合)スマートフォンで通信が可能になるのです。

渡航先に複数の通信会社がある場合、国内で契約しているキャリアによって利用する通信網が異なります。

国際ローミングを利用する際の注意点

国際ローミングは海外でもスマートフォンを使えるサービスなのですが、日本国内と同じように利用することはできません。

では、国際ローミングを利用する場合にどういった点に注意しなければならないのかについて解説していきます。

格安SIMでは音声通話のみに対応(データ通信ができない)

まず、国際ローミングに対応している格安SIMは「音声通話専用」であることが多いです。

格安SIMの場合、国際ローミングに対応していても音声通話機能だけを提供していることが多いです。

つまり、メールの送受信やネットの閲覧等のデータ通信はできないということです。海外でデータ通信を行いたい場合、公衆無線LANサービス等を利用しなければなりません。

通話料金が割高

次に、「通話料金が高い」ということです。

前述のとおり国際ローミング対応している格安SIMは通話機能を利用することはできるのですが、そのために発生する通話料金は日本国内でのそれに比べて割高になることが多いです。

渡航先にもよりますが、国内での通話料金の3倍ほど料金がかかることが多いです。

行き先によって通話料金が異なる

通話料金に関しては、「行先によって通話料金が異なる」という点にも注意しなければなりません。

海外での通話料金が割高になる理由は、海外では「渡航先の通信会社の回線」を利用することになるため、料金体系も現地に即したものになるからです。

つまり、通信会社が異なる国同士では利用する回線も違うため、その通信会社ごとの料金体系に依存することになるのです。

電話の発信時だけでなく、着信時にも料金が発生する場合もあり

通話料金といえば、他にも「着信時に料金が発生する場合がある」という点にも注意しなければなりません。

海外では通話に関して「着信でもお金がかかる」ということに注意しておかないと、思わぬ料金を請求されることになる可能性があります。

これも国ごとに料金が異なる点にも注意しなければなりません。

SMSの送信料も高くなる

他には「SMSの送信料の高さ」にも注意しなければなりません。

日本国内ではSMS1通あたり3円ほどの料金が設定されていますが、外国では1通あたり100円ほどかかる場合もあります。

単純に30倍以上の料金がかかることを考えると、SMSも多用するのは危険であると言えます。

データ通信のみの格安SIMでは「国際ローミング」を利用できない

最後に、国際ローミングを利用したいと思うのであれば「通話SIM」を利用しなければならないということで、逆に言えば「データ通信専用SIMでは国際ローミングを利用できない」ということです。

データ通信専用SIMの方が料金が安いのですが、これから格安SIMを利用したいという人で、海外でもそのままスマートフォンを利用したいという場合には、通話SIMを契約するようにしましょう。

国際ローミングの設定方法は?

次に、各端末ごとの「国際ローミングの設定方法」について解説していきます。

iPhone端末

まずは「iPhone」での設定方法です。

  1. 最初に「設定」をタップし、「キャリア」をタップします。
  2. 「自動」の項目をオフにして、「LTE対象事業者」を選択してから「設定」をタップします。ここで一端ホーム画面に戻ります。
  3. 再び「設定」をタップして、「モバイルデータ通信」をタップします。
  4. 「4Gをオンにする」「データローミング」の2つの項目をオンにします。
  5. ホーム画面に戻り、画面左上にLTE対象事業者が表示されていればOKです。

Android端末

次は「Android端末」での設定方法です。

  1. まず、「設定」をタップして「その他の設定」をタップします。
  2. 「ネットワークの設定」をタップして「モバイルネットワーク」をタップします。
  3. 「通信事業者」をタップして「LTE対象事業者」をタップします。
  4. 最後に「データローミング」と「4Gを利用する」の項目をオンにすることで完了します。

iPhoneでもAndroid端末でも、簡単な設定で国際ローミングを利用することができます。

設定しても国際ローミングが利用できない場合、どこか細かい部分でミスをしている可能性があります。最初から設定をやり直してみて、問題点を見つけ出しましょう。

国際ローミング対応の格安SIMカード

国際ローミングを利用することができる格安SIMは、ある程度は選択肢が絞られることになります。

なので、海外でもスマートフォンを利用したいと考える場合、MVNOの種類にそこまで悩まなくて済むという事にもなります。

例えば、MVNOの有名所では「楽天モバイル」「OCNモバイルONE」「DMM mobile」「IIJmio」「mineo」等が挙げられます。

それぞれに料金体系やサービス内容が異なりますが、海外での利用を考える場合は「どの現地通信会社と契約しているか」ということが問題となります。

逆に、海外での使用をそこまで深く考えていない場合であれば、国内での料金体系等を重視しなければなりません。

また、現状では国際ローミングに対応していないMVNOであっても、今後あらたに国際ローミングに対応するということも考えられます。

先のことはそこまで断言できませんが国際ローミングが利用できるということ自体はデメリットとはなり得ません。

将来的に海外での利用を考慮している場合、現在契約中のMVNOの今後の動向にも注意しておきたいものです。

海外のプリペイドSIMカードとは?

海外でスマートフォンを利用する方法として、国際ローミングと並ぶ方法として「海外のプリペイドSIMカード」という方法があります。

「プリペイドSIM」とは、通常の「毎月◯円」という契約ではなく、プリペイドカードのように「規定の量だけ使える、使い捨てのSIMカード」という性質を持ちます。

この方法は、海外で販売されている「海外の通信会社のプリペイドSIMカード」を、自分のスマートフォンのSIMカードと挿し替えて使用するという方法です。

スマートフォン等の通信端末は、端末本体ではなくSIMカードが通信契約の中身になりますので、SIMカードを挿し替えることで別の通信契約を利用することになります。

当然ながら、海外で販売されているプリペイドSIMカードを利用することで、海外の通信網を利用することができるのです。

これは、国際ローミングを利用することができないSIMカードであったり、海外での通信料が高額になることを抑えるために利用するという方法であり、海外旅行者をターゲットとした商品となります。

一般的なSIMカードの契約とは異なり通信料は先払いとなるので、一から契約する必要がなく、ショップで購入したSIMカードを挿し替えるだけで利用することができます。

海外プリペイドSIMを使う際の注意点

利便性の高そうな海外プリペイドSIMですが、利用に際して注意しなければならないポイントも有ります。

きちんと理解しておかないと海外旅行時にトラブルの原因となる可能性がありますので、十分に理解しておきましょう。

自分の携帯(スマホ)が海外のSIMカードを入れて使えるのかどうか

まずは、購入予定のプリペイドSIMカードが「自分のスマートフォンで使えるのかどうか」ということを調べておくことです。

SIMカードのサイズは選べるでしょうが、使用する端末に対応しているかどうかは別問題です。

サイズ的に端末にSIMカードを挿入できても、対応していない端末の場合はそのSIMカードを使うことはできません。

渡航先の通信事業者、料金体系などを調べておく

次に、「渡航先の通信事業者」および「そのプリペイドSIMカードの料金体系」について調べておくことです。

お金に関することなので、無頓着でいるわけにもいきません。可能な限り、渡航前に調べてしまいましょう。

事前に日本で用意できるのか、または海外でのSIM販売店を確認する

次は「事前に日本国内で入手できるものなのか」ということと、「渡航先のどこでSIMカードを入手できるか」ということを確認しておくことです。

可能であれば、渡航前に入手して、いつでも挿し替える事ができるようにしておきたいものです。

それができない場合や買い足さなければならない場合を想定するとすれば、どのショップで購入できるのかを前もって調べておくと、いざという時に便利です。

複数の国を横断する場合は、利用可能SIMを探すorカードの差し替え

最後は「複数の国を横断する場合は、SIMカードを差し替えなければならない」ということです。

海外プリペイドSIMカードは「日本国外で利用できる」というのではなく「渡航先で利用することができる」ということです。

つまり、渡航先A国から、帰国前にB国に移動する場合、A国で利用していた海外プリペイドSIMカードはB国では利用することができません。

入手のタイミングはさておき、国をまたぐ場合にはSIMカードも挿し替えなければならないということを理解しておきましょう。

海外プリペイドSIMの使い方

海外プリペイドSIMを利用したい場合、まず「SIMロックフリー」の端末を用意しておきましょう。

大手キャリアから端末を購入している場合、SIMロックを解除しておくようにしましょう。

そして、その端末に対応しているプリペイドSIMを入手します。可能であれば、事前に日本国内で入手しておくと、渡航先での手間を省くことができます。

渡航先でSIMカードを挿し替えるのですが、その際に「APN設定」が必要になります。

入力するAPNは入手した海外プリペイドSIMカードの説明書等に記載されていますので、端末を操作してAPNの設定を変更しましょう。

ただし、APNの設定に関しては、使用する端末と海外プリペイドSIMカードの種類によっては設定が不要な場合もあります。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。