妊活

妊活中におすすめ!妊娠・子宝ジンクス8選を一挙ご紹介!

「○○をすると子宝に恵まれる」なんていうジンクスは昔からあるもの。

妊娠を望んでいるけれど、なかなか赤ちゃんを授かれないというカップルがたくさんいて、妊娠に関するジンクスもたくさんあります。

そこで今回は、いま妊活中の方へおすすめの子宝ジンクスを集めてみました!

ストラップをつけるだけや、待ちうけに画像を設定するだけなど簡単なものもあります。

気に入ったものがあれば、ぜひやってみてくださいね!

コウノトリキティのストラップ

  出典:コウノトリ本舗

コウノトリキティのストラップが、妊活のお守りとして人気です。

コウノトリが風呂敷に包んだキティを口ばしで挟んで飛んでいるストラップを身につけていて、口ばしが折れると子宝に恵まれるというジンクスがあり人気です。

インターネットショッピングサイトなどで購入した人の口コミには「妊娠しました!」など多く掲載されています。

もちろん、効果のほどはわかりませんが、お値段的にも高くないものなので、ひとつ持ってみるのも良いかもしれません。

風呂敷の色は2種類ありピンクが女の子、ブルーが男の子と、ほしい性別でストラップを選びます。

インターネット上には類似品がたくさん出ていますが、コウノトリで有名な兵庫県但馬限定のキティストラップが本物で、正式なご利益があるようです。

但馬限定のキティは背中に「但馬」と書かれていて、口ばしが黒で足がオレンジです。

間違って、偽物を買ってしまわないように注意しましょう。

オレンジのさるぼぼ人形

  出典:あずさ屋

飛騨地方のお土産品として有名な「さるぼぼ」。

さるぼぼと言えば赤いイメージが強いですが、実はオレンジのさるぼぼが子宝グッズとして人気です。

オレンジ色は風水で子宝運を上げてくれる色といわれていて、北の方角に置くとよいそうです。

さるぼぼは、飛騨地方でお母さんやおばあちゃんたちが、子供や孫の幸せな結婚と子宝を願って作った子宝・安産のお守りです。

形が猿に似ていることから「赤ちゃん猿」の意味がある「さるぼぼ」といわれるようになりました。

猿は自分の子供以外もお世話をして大切に育てることから昔から風水では子孫繁栄の象徴です。

子宝だけでなく、厄がサル、病気がサル(厄除け)や、夫婦円満などのご利益もあるといわれています。

形も可愛いので、部屋の北の方角に飾ってみてもよいかもしれません。

寝室にザクロの絵

ザクロの絵を寝室などに飾ると妊娠しやすくなるというジンクスがあります。

昔から中国ではザクロは子宝の象徴とされていて、結婚のお祝いなどにザクログッズをプレゼントする習慣があります。

ザクロはたくさんの実がなり、その実の中にたくさんの種がなるためといわれています。

風水では、寝室の北側にザクロの絵もしくは置物を飾ると良いとされています。

日本ではザクロの絵がたくさん売られていないので、探すのに少し苦労しますが気になる方はインターネットなど探してみてはいかがでしょうか。

木村さんの画像

  出典:木村さん

「木村さん」といわれる中国の泥人形の画像を携帯の待ち受けにしたり、パソコンの壁紙にしたりすると子宝に恵まれるというジンクスです。

中国の深センに住んでいた木村さんが、一目ぼれして持ち帰った泥人形を中国のお土産として友人Sさんにプレゼントしたところ、そのSさんが妊娠しました。

そこで、Sさんが不妊で悩んでいる他の友人たちに、泥人形を見せたところなんと8組中7人が半年以内に妊娠したそうです。

この中には人工妊娠手術も出来なかった人もいたといわれています。

この人形を「木村さんからもらった人形」と言っているうちに、いつのまにか人形が「木村さん」とよばれるようになりました。

木村さんもこのうわさを聞いて、泥人形にお祈りしたところ妊娠したそうです。

そのため、この人形には子宝のご利益があるかも知れないと思い、インターネットで画像を公開したところ、全国から多数の妊娠の報告が寄せられました。

効果のほどはわかりませんが、待ちうけにするだけでとても簡単にできるジンクスなので試してみるとよいかもしれません。

子宝草を育てる

子宝草(こだからそう)は、ベンケイ草科の多肉植物で花言葉が「子孫繁栄」です。

葉の縁にたくさんの「子どもの葉」が並び、その葉を土の上に置くだけでどんどん増やしていくことができます。

この子宝草を子供がほしい女性が育てると子宝に恵まれるというジンクスがあります。

生命力がとても強く簡単に育てられる植物なので、簡単に育てることができます。

玄関にベビーシューズ

ヨーロッパでは「玄関にベビーシューズを置くと幸せが訪れる」といわれています。

子宝にも効果があるといわれていて、空から赤ちゃんが見ていて「自分の靴が用意されている!」と思って来てくれるそうです。

アメリカなどでは、車の後部座席につるしておくと良いというジンクスもあります。

飾る靴は本物じゃなくても布製、粘土製などの飾りでも効果があるといわれています。

昔から、産まれる前に空から子供が見ているという話もありますし、子供が空からパパとママを見ていたと話すこともあるようですから、赤ちゃんが空から靴を見て来てくれるかもしれませんね。

また、ママやパパ達の覚悟も子供たちが見ているという話もあります。ママは子供を迎える覚悟出来ていても、パパができていないということが多いようです。

パパとママが話して、パパの覚悟ができたらすぐに子供が出来たという例もあるようです。

陣痛中に富士山の絵を描いてもらう

妊婦さんが陣痛中に描いた赤富士の絵をもらうと、妊娠するというジンクスがあります。

森三中の大島美幸さんなど芸能人も多く描いていて、TVでも何度も紹介されていることから、人気のジンクスです。

なぜ富士山なのかというと、静岡県富士市では竹取物語のかぐや姫が富士山から授かった子で富士山に帰っていたという伝説があり、これが子宝のジンクスに繋がったといわれています。

また、古くから富士山は「霊峰」といわれていて神様が宿っているといわれています。特に、赤く書いた富士山は縁起がいいといわれています。

陣痛中に赤い色で富士山とその上に太陽を書いてもらったものであれば、ペンの種類などはどれでもよいそうです。太陽の位置も、特に指定はありません。

絵はもらうことでジンクスが発生しますが、風水では北の方角が子宝に良いといわれているので、寝室の北の方角に飾るとさらによいでしょう。

北の方角のパワーを強める、水晶やムーンストーン、ヘマタイトなどを一緒に置くとさらに願いが叶いやすいそうです。また、絵は、いつも清潔にしておくと良いそうです。

ただし、陣痛はかなり痛いのでその間に絵を書くことは大変なことです。赤ちゃんを無事に産むことで精いっぱいになる場合もあります。

妊娠したい気持ちが高すぎて、無理にお願いしてしまわないように注意しましょう。

まとめ

以上、妊娠・子宝ジンクスでした。

この他にも様々なジンクスがあります。風水で子宝にいいものは、ザクロ以外にもたくさんあるようです。

これらは、ジンクスなので、「絶対に妊娠できる!」というわけではありません。

真剣にやるというよりは、楽しく出来そうなものを選んで、遊び半分くらいの気持ちでやるのがおすすめです。

もちろん、妊活は体調管理や食事から妊娠力を高めることが大切です。

体質改善など現実的な方法をしっかりやりつつ、気にいったものがあれば気分転換くらいの気持ちで挑戦してみてください。

ジンクスの話しを夫婦でしながら、妊活についてコミュニケーションする機会にしてもよいかもしれません。

それでは、皆さまが子宝に恵まれますように・・・♡

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。