妊活

妊活中は漢方で体質改善!?妊娠力アップのおすすめ漢方薬とは?

漢方薬といえば「風邪のひきはじめに飲むもの」というイメージが強いかもしれません。

しかし、もともと漢方とは個々の症状に合わせて処方をして体質改善をしていくものです。

漢方を取り入れることで、血のめぐりを良くしたり、冷えを解消して基礎体温を安定させたりすることもできます。

このような効果を発揮する漢方は妊活にも実は効果的なのです。

自然の植物を使って安心安全な漢方を妊活に取り入れる方法と、妊活におすすめの漢方を詳しくご紹介します。

漢方と妊活について

近年、漢方薬の不妊症への効果が注目されています。

西洋医学では精密検査をして不妊の原因を突き止め、そこをピンポイントに改善するために薬の処方などの対策をとります。

しかし、現代の医学でははっきりとした不妊の原因がわからないこともあります。

また、身体の器官はそれぞれ複雑に影響し合っているために、原因が一カ所にとどまらないことも多くあります。

そのような場合に効果を発揮するのが漢方です。

漢方で使われる「漢方薬」は「薬」という言葉が使われていますが、主な原材料は自然の中に生息する植物です。

中国に伝統的に伝わる医学で悪いところの症状を抑えるのではなく、自然の植物を使い、身体の体質を改善することで体調不良や病気などを改善します。

 

不妊のための漢方も基本的には、生殖器官だけに特化して改善するのではなく、身体全体の体質を改善することで妊娠力をアップさせます。

特に血のめぐりが悪い、冷え性などの体質的な問題がある場合、結果として生殖器官に影響が起きている場合が多いので、漢方で体質改善をすることで妊娠しやすい体に近づきます。

もちろん、生理周期を整えたり、卵巣機能を改善したりするなど、妊娠に直接関係する部分を整える漢方もあります。

ただし、漢方の基本スタンスとしては、まずは身体全体の調子を整えることから始めるのが一般的です。

漢方のメリットとは?

漢方を取り入れるメリットは主に2つあります。

・自然由来で体にやさしい

・体質や症状に合わせて処方される

それぞれの理由を詳しくみていきましょう。

自然由来で体にやさしい

自然の生薬を使っているため副作用など身体への負担が少ないということです。

不妊治療では、排卵誘発剤・排卵促進剤など科学的に合成された薬を使いますが、身体への負担は少なくありません。

しかし、漢方では、食品として普段から食べている植物なども使われていて、身体への負担がとても少なく安心して使うことができます。

まったく副作用がないわけではなく、食べ物にアレルギー反応を起こすのと同様に、漢方薬にアレルギーを起こす人もいるので、薬剤師や医者に相談しましょう。

体質や症状に合わせて処方される

漢方はその人の体質や症状にあわせて、細かくオーダーメイドで作られるという点です。

西洋医学で使われる薬は、症状ごとに決まった薬がありますが、患者の体質や状態にあわせて細かく調整することができません。

しかし、漢方薬局ではまず年齢や体型、胃や便の状態、精神状態な身体の全体的な状態を見ながら、プロが細かく問診をして状態を見極めた上で処方されます。

靴や服なども、細かく採寸してオーダーメイドをしたもののほうが、フィットして気持ちよく着られますよね。

漢方薬もこれと同じです。その人だけの身体のバランスを本来の状態に戻すために作られるので、絶妙な効果を発揮します。

おすすめの妊活漢方薬をご紹介!

妊活のための漢方薬も、専門家に相談してご自身の状態にあわせてつくってもらうのがベストですが、家の近くに漢方薬局がない人や漢方薬局は入りづらいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、近くのドラッグストアやインターネットなどでも気軽に買える妊活向けの漢方薬です。それぞれの特徴を詳しく見てみましょう。

当帰芍薬散(トクキシャクヤクサン)

  出典:ツムラ

妊活の定番の漢方として一番人気なのがこの当帰芍薬散です。

漢方がはじめてで、どれを飲んだらいいかわからない人はこれから始めるのがおすすめです。

血液や水分の巡りを改善し、身体を温めてくれる効果があります。

特に色白で痩せ型の人、冷え性の人や体力不足を感じる人におすすめの漢方です。

不妊症、生理不順、生理痛、貧血症状、むくみ、頭痛、めまいなど不妊に関する全体的な悩みを持つ人向けの漢方です。

婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)

  出典:イクスラ産業

冷え性で基礎体温が安定していない人や、無排卵で悩んでいる人におすすめの漢方薬です。

口コミでは排卵が起きにくい体質の人がこれを飲んで排卵がおきたという声や、基礎体温が安定したという声が多くあります。

また、生理不順や肩こり、貧血、冷え性の人向けの漢方です。

貧血が改善されることで肌の血色が良くなり、色つやが出てくるという効果を感じている人も多くいるようです。

温経湯(ウンケイトウ)

  出典:クラシエ

冷え性の人や、足腰は冷えるが手は火照っているという人、皮膚や唇が乾燥しやすい体質の人におすすめなのがこの温経湯です。

不妊治療をする時の補助薬としても使われる漢方です。

生理不順、無月経、生理痛など婦人科系の悩みや、足腰の冷えなどに悩んでいる人向けの漢方薬です。

数か月続けて飲むことで基礎体温が安定して妊娠したという口コミが多いです。

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

  出典:ツムラ

身体だけでなく心の不調も整えてくれる漢方です。情緒不安定やイライラを鎮め、生理周期を安定させてくれます。

なにかとイライラしたり精神的に不安定になったりしがちな妊活ですが、妊活中や生理前にイライラしてしまった時におすすめなのがこの加味逍遙散です。

万能な漢方薬で、不妊症、子宮筋腫、自律神経失調症、冷え性、月経困難症、不眠症など様々な症状に悩む方に期待できます。

八味地黄丸(ハチミジオウガン)

  出典:クラシエ

高齢で妊娠を望む場合の人は特にですが、卵巣などの婦人科系機能は加齢とともに衰えてしまう傾向があります。

八味地黄丸は衰えてしまった卵巣などの機能を高めることによって不妊対策ができる漢方薬です。

特に、頻尿、尿漏れ、残尿感などの症状がある人や、歩くとすぐ疲れてしまう、生殖器の衰えを感じている人などにおすすめです。

生理不順、出血量が少ない、おりものが多い等の症状や、手足やお腹の冷え、腰痛などに悩んでいる方向けです。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

  出典:ツムラ

血のめぐりの滞りを改善してくれる漢方薬で、お血(おけつ)の改善にも効果的です。

体力は多少あるが血液の巡りが悪いと感じている人や、足は冷えているが顔は火照っている人などにおすすめです。

血の巡りが悪い場合は、唇や舌が赤黒くなったり、額やあごにニキビがでてしまったりすることが多く、これらの症状も対処してくれます。

血の巡りがよくなることで、生理不順や生理痛、頭痛、足の冷え、赤ら顔、歯ぐきの腫れなど、様々な症状に期待ができます。

まとめ

漢方薬は病院で処方される薬のように、症状をすぐに抑えるたりするような即効性のある薬ではありません。

しかし、根本的に体質を改善することで身体に負担がなく妊娠しやすい体づくりをすることができます。

また、不妊の原因が病院でわからなかった場合も漢方を使って不妊の原因改善に取り組むことができます。

漢方薬は自然由来の植物なので安心して取り入れることができますが、妊活に向かないものや副作用のあるものもあります。

気になる人や市販のものだけでなくさらに漢方を妊活に取り入れたい人は専門家に一度相談してみると良いでしょう。

自分では気づかなかった体質などにも気づけるかもしれません。

参考文献:布亀株式会社 布亀ができること 布亀漢方薬局へようこそ 漢方とは

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。