モバイルWi-Fiルーターの契約時に審査ってあるの?もしも落ちたら?

目次 ※クリックで開閉します

皆さんは「クレジットカード」や「カードローン」に申し込んだことがありますか?

経験がある人は、その際に「審査」があることをご存知だと思います。

そして、この審査に通過できなければ、「クレジットカード」も「カードローン」も利用することはできません。

 

さて、モバイルWi-Fiルーターの契約においても、この「審査」はあるのでしょうか?

たまに公式サイト等の「申し込みの流れ」ページに、「審査」の文字を見つけることがあるかと思います。

そもそも「有料サービスを利用するのに審査が必要なの?」と思われるかもしれません。

 

そこで今回は、

  • モバイルWi-Fiルーターを契約する際に審査があるのかどうか
  • 審査がある場合、審査に落ちた場合はどうするべきか

について詳しく解説していきます。

モバイルWi-Fiルーターの契約時に審査はある?なし?

まず結論およびこの記事の前提として、モバイルWi-Fiルーターを契約時には「審査」があります。

ですので、当然ながら「審査に落ちる」可能性もあるということです。

これは、携帯電話の契約において審査があるのと同様の理由です。

つまり、審査に通らなければ、その通信事業者でモバイルWi-Fiルーターを利用することはできません。

モバイルWi-Fiルーターの審査に落ちた場合に考えられる理由

続いて、モバイルWi-Fiルーターの審査に落ちてしまうことの原因がどこにあるのか、考えられる原因をまとめてみました。

審査に落ちた人は、以下の内容に心当たりがないか確認してみましょう。

①現在もしくは過去に「通信サービス」の支払料金を未納

現在もしくは過去に「携帯電話」「モバイルルーター」「インターネット」といった通信サービスの利用料が未納である場合です。

これは言うまでもなく、審査落ちする原因となります。

②過去に「通信サービス」の支払いを何度か遅れたことがある

次に、現時点では未納分は無くても、過去に「携帯電話」「モバイルルーター」「インターネット」のいずれかの利用料の支払いが何度か遅れたことがある場合です。

こうした通信サービスの遅延・未納情報は、信用情報機関に記録されます。

これがいわゆる「ブラックリストに入る」ということです。

1.2回ではブラックリストに載らないかもしれませんが、何度も滞納を繰り返してしまうとブラック扱いになる原因となります。

③現在もしくは過去の「クレカ・ローン」の支払料金を未納

次は、通信サービスではなく、「クレジットカード」や「カードローン」などの支払いが滞っている場合です。

例えば、クレカなら「引落し日に残高不足」、ローンなら「返済日に返済不可」といったケースがそうです。

これは現在であろうと過去であろうと、1回してしまうと、通信サービスの審査に落ちる決定的な要因になります。

理由は、これらは1度で「ブラック認定」を受ける可能性が高いケースだからです。

ブラック認定

信用情報機関は、業種に関係なくあらゆる企業に共有される情報機関です。

そのため、通信サービスと関係のないジャンルでも、信用情報機関で「ブラック認定」されている限り、モバイルルーターの審査に落ちる決定的な原因になります。

④上記以外の理由でブラックリストに載っている

次に、上記以外の何らかの理由で、信用情報機関の「ブラックリストに載っている」場合です。

例えば、「債務整理」などが挙げられます。

「任意整理」や「自己破産」などは数年単位で情報が残りますので、本人が気付いていない場合も考えられます(既にブラック扱いは解消されただろうと思っている場合など)。

⑤現在または過去に「通信サービス」を短期解約した

最後に、現在または過去に携帯電話などの通信サービスを短期間で解約している場合です。

これ自体が審査落ちの原因になる可能性は低いのですが、例えば

  • 「契約解除料(違約金)を支払っていない」
  • 「(転売目的等)悪質な理由で短期間での解約を繰り返している」

など、健全な利用とは程遠い利用法をしている場合だと、モバイルルーターの審査落ちの理由になりえます。

審査に落ちた場合はどうすればいいの?

上記でモバイルWi-Fiルーターの審査に落ちてしまうケースを紹介しましたが、それでも利用する側としては必要だからこそ契約したいものです。

ですので、ここでは「審査に落ちた場合はどうすればいいのか」を解説していきます。

 

ただし、下記で紹介する方法を実行したからと言って、必ずしもモバイルルーターの審査に通過できるわけではありません。

むしろ、1度「審査落ち」してる分、もう1回申し込みしても再度「審査落ち」になってしまう可能性の方が高いと思って下さい。

ここでご紹介する方法は、あくまで「審査に通る可能性を少しでも上げる方法」です。

①現在または過去の未納料金をすべて支払う

まず、現時点で未納の料金がある場合、それを全て支払っておきましょう。

通信サービスだけでなく、信用情報機関に関わる全ての未納分を支払う必要があります。

金額によっては難しいこともあるかもしれませんが、支払える分から順次完済していくようにしましょう。

②他のモバイルWi-Fiルーターに申し込んでみる

方法論としては、できるだけ上記①の方法(未納分の支払い)を実行して下さい。

しかし、どうしても①の方法が難しい場合には「他社のモバイルWi-Fiルーターに申し込む」という方法があります。

通信事業者によって審査基準が違う

例えば、

  • 「未納料金がだいぶ前なので、支払う手段がないまたは面倒くさい」
  • 「支払わなければならない総額が高過ぎるので、完済までに時間がかかりそう」
  • 「どうしてもお金を払いたくない」

といった方の場合は同じ通信事業者にこだわらず、他の通信事業者に申し込んでみるのも一つの手段です。

実際、通信事業者によって審査基準は異なるので、場合によっては審査に通る可能性もあります。

依然として審査に落ちる可能性の方が高い

ただし、根本的な問題である「滞納」「未納」を解決していないので、他社でも依然として「審査落ち」する可能性の方が高いです。

なので、それを理解した上で、この方法を選択してください。

また、あくまで「滞納」「未納」を解決する方法を模索することの方が健全であることも十分に理解しておいてください。

③口座振替が可能な業者に申し込んでみる

次は、「口座振替が可能な通信事業者に申し込む」という方法です。

例えばこれはクレジットカードに何らかの問題がある場合に有効です。

有名所では、「UQ WiMAX」や「BIGLOBE WiMAX」が、クレジットカードだけでなく口座振替でも契約できるモバイルWi-Fiルーターです。

「口座振替契約」は審査に時間がかかる

ただ「クレジットカード支払い契約」よりも、「口座振替契約」の方が審査に時間を要します。

理由は、口座振替の場合だと必要書類が増えるなど、どうしても手続きや確認に手間がかかってしまうからです。

④信用情報機関のブラックリストから消えるのを待つ

最後に紹介するのは方法というより、「信用情報のブラックリスト扱いが消えるのを待つ」という時間の経過です。

ある意味で確実な方法

これは前述の「債務整理の情報は数年単位で残る」ということのひとつの結論です。

要するに、数年後に債務整理の情報など、ブラック扱いの原因が消去されるまで待つという方法です。

単純に時間の経過を待つだけなので、工夫とは言い難いのですが、ある意味で確実な方法でもあります。

いずれは信用情報機関のブラックリストから消える

信用情報機関のブラックリストからは、どれだけ長くても大体は5年で消去されます。(長い場合は10年)

信用情報機関の「ブラック扱い」さえ解除されれば、モバイルルーターの審査に落ちる可能性はほぼなくなります。

ちなみに、信用情報機関に問い合わせの手続きを行うと、自分の信用情報を開示してもらうことが可能です。

申し込みする前に確認してみましょう。

ブラックリスト解消詐欺

なお、ブラックリストに関しては、個人の努力でどうにかなる問題ではありません。

なので、例えば「一定のお金を支払えばブラック扱いを解消できる」という詐欺には気を付けて下さい。

「ブラックリストから早く消えたい」からといって、そのような詐欺には絶対にダマされないようにしましょう。

審査に落ちた理由を問い合わせてみる

問い合わせ・サポートセンター

もしモバイルWi-Fiルーターの審査に落ちてしまった場合、その会社にメールや電話で聞いてみるのも1つの方法です。

「どうして審査に落ちたの?」と理由をその会社に問い合わせてみましょう。

ただし、100%教えてくれるわけではないので、あくまでもダメ元で聞くというスタンスで連絡してみて下さい。

審査に落ちた理由が分からないときに有効

先ほど、モバイルWi-Fiルーターの審査に落ちる主な原因について解説しました。

しかし、これらを見ても「自分にはどれも当てはまらないな・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

考えられる理由としては、「本人が忘れている」「本人は直接関係しない」のいずれかであると考えられます。

本人は直接関係しないケース

「忘れている」は本人の記憶力の問題なので仕方がないとして、問題があるとすれば後者の「本人は直接関係しない」原因の方です。

このケースの場合、本人がいくら記憶を手繰り寄せたところで、気付く可能性は少ないと思われます。

その場合、考えられる原因としては、例えば「本人名義で家族が利用している通信サービスの料金滞納・未納」が挙げられます。

この場合、滞納しているのは家族の誰かですが、その通信サービスの契約名義が本人なので「本人が通信料を滞納している」とみなされてしまうのです。

教えてくれたらラッキー

ただ、先ほども申し上げましたが、「審査落ちの理由」を通信事業者に問い合わせても、絶対に教えてくれるというわけではありません。

場合によっては、教えてくれる可能性もありますが、教えてくれないケースの方が圧倒的に多いです。

ですので「教えてくれたらラッキー」と思いながら問い合わせてみてください。

自分でどれだけ考えても「審査落ち」の理由が思い浮かばない場合に、試してみるのがちょうど良いかと思います。

あらかじめ自分の支払状況を確認しておこう!

また、そもそもの問題として、モバイルWi-Fiルーターを申し込む前に、自分の支払状況を全て洗いざらいしておくことが大切です。

そうすれば、審査に落ちる前に、落ちる原因を取り除けます。

審査に落ちる可能性のある問題を残したままモバイルルーターに申し込むのを回避しましょう。

本人が知る限りの原因は解消しておく

前述の通り、通信事業者によって審査基準は違います。

そのため、審査に落ちる原因があるからといって、別の通信事業者では審査結果が変わる可能性は大いにあります。

 

しかし、「審査落ちする原因がある」と「審査落ちする原因が(少なくとも本人が知る限りでは)無い」を比較すれば、明らかに後者のほうがリスクが少ないです。

ブラックリストの場合は数年単位の時間経過が必要ですが、通信料の未納であればすぐに解決できる問題なので、きちんと解消してから審査に臨むほうが無難です。

原因を解消するために労力を使う方が建設的

ダメ元で申し込みしても、審査に落ちて時間を無駄にするだけです。

無駄なことに時間をかけるくらいなら、「審査落ち」する原因を解消するために労力を使う方が建設的です。

 

なお、信用情報機関の「ブラック認定」に関しては、お金で解決できる問題ではありません。

そして、それを狙った詐欺行為には気を付けて下さい。

ここで言っているのは、あくまでも「滞納」「未納」といった個人の努力次第で解決できる問題に労力を割くことの重要性です。

おすすめのモバイルWi-Fiルーターを紹介

さいごに、

「審査に落ちたけど、なんとかしてモバイルルーターを利用したい」

「まだ1度も申し込みしてないが、審査結果が不安」

「理由は分からないが、なぜかモバイルルーターの審査に落ちた」

といった方におすすめのモバイルWi-Fiルーターをご紹介します。

 

ただし、今回ご紹介するモバイルWi-Fiルーターが「審査に通りやすい」というわけではありません。

審査の基準が、一般的なケースと少し異なるので、審査結果が変わる可能性がまだあるモバイルWi-Fiルーターということです。

支払方法が口座振替で可能なモバイルルーター

モバイルWi-Fiルーターの利用料金の支払方法は、「クレジットカード」しか選択肢がない業者がほとんどです。

そのため、当然クレジットカードの信用情報が重要になってきます。

例えば、そのクレジットカードで「キャッシング機能を頻繫に利用」「引落し日に残高不足が何回かあった(すぐに入金で対応)」などの場合、モバイルルーターの審査に大小の影響はあるでしょう。

 

しかし、支払方法を「口座振替」で契約する場合、クレジットカードの信用情報ではなく、その銀行の信用情報に審査基準が変わります。

つまり、審査基準が異なるので、自ずと審査に通る可能性も変わるということです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

上記でも紹介しましたが、WiMAX本家の「UQ WiMAX」は数少ない口座振替可能な通信事業者です。

WiMAXの本社というだけあって、オプションサービス・サポート体制に定評があります。

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+

大手通信事業者であるBIGLOBEが提供するWiMAX2+も口座振替で契約可能です。

こちらは、先ほど紹介した「UQ WiMAX」より、申し込み時のキャンペーン特典が充実しています。

WiMAX2+の審査に落ちた方におすすめのモバイルルーター

上で紹介した2つはWiMAX2+なので、もし1度どこかのプロバイダのWiMAX2+の審査に落ちた場合は、他の回線に申し込んだ方がいいかもしれません。

会社が変われば審査基準も変わるので、WiMAX以外のモバイルルーターに申し込むのは有効な方法です。

そこで、おすすめしたいモバイルルーターが「NEXT mobile」と「Yahoo! Wi-Fi」。

WiMAX2+以外にもモバイルルーターには様々な種類がありますが、その中で特におすすめなのがこの2社です。

NEXT mobile

NEXT mobile

NEXT mobileは、大手キャリアであるSofttBank回線を使ったモバイルルーターです。

最近大きくリニューアルして、以前にも増してとても魅力的な商品に生まれ変わりました。

月々の料金が本当に安く、プランも大容量の「20GB」と「30GB」から選べるという特徴があります。

Yahoo! WiFi

Yahoo! WiFiは、文字通り「Yahoo!が提供しているモバイルルーター」です。

最大の特徴は、Yahoo!プレミアム会員であれば月額1,980円から利用できるプランと、「WiMAX2+ギガ放題」と同じ無制限プランの2種類から選べることにあります。

また、Yahoo! WiFiの電波は、同じSoftBankグループ「Y!mobile」の提供エリアなので安心できます。

PICKUP CONTENTS

トップへ