転職

転職を考えるタイミングはいつ?決意する瞬間となったキッカケは?

サラリーマンのほとんどが何かしら会社に不満を持っています。

しかし、だからといって全員が転職を考えるわけではありません。

どうしても勤続することが我慢できなくなった時や、自分の能力をもっと発揮できる会社が他にあると感じた時に、ようやく転職を考え始めるでしょう。

この記事では転職を考えるタイミングやキッカケについてまとめてご説明しております。

自分の中での理由で転職を決意したケース

転職理由には「ポジティブ」「ネガティブ」の2種類があります。

その理由が自分の中にあるもの、能動的なもの、前向きなものがポジティブな転職です。

退職する会社にとっても、転職活動においてもポジティブな理由のほうが好まれます。

やりたい仕事をするために

「他の仕事をしたい」は建前の理由も含め、最も多い転職理由でしょう。

ふと自分に合う仕事を見つけたり、BtoBの営業活動にて他の業界や業種の仕事を知り興味を持ち始めたり、キッカケは様々です。

そう思うようになった方は、その業界の情報収集や研究を行ってから転職活動を行ってくださいね。

というのも、ふと「他にやりたい仕事がある」と感じることは、誰にでもあることであり、衝動的なものである可能性があります。

現在の仕事に特に不満を感じていない場合は、安易に転職を考える必要もないかもしれません。

仕事の幅を広げてキャリアを伸ばすため

キャリアステップとしての転職は、最も理に適っています。

現職よりも好待遇の会社に限定して転職活動をするわけですから、転職失敗の可能性が最も低いものになります。

もし、そのような会社が見つからない時は、無理して転職する必要はありませんからね。

したがって、キャリアステップの転職は、退職する前に転職活動を続けることを推奨します。

失敗の可能性は低いですが、好待遇の会社は人気が高く、難易度は高いはずです。

退職してからキャリアステップのための転職活動を行うと、内定がなかなか取れずに無職期間が長くなる恐れがあります。

Uターン・Iターンをするため

Uターン・Iターンは退職理由としては会社に言いやすいという特徴がありますが、面接の際の転職理由としては少し弱い理由になります。

地元で仕事を探しているという軸でアピールすると、「同じ地区の他の会社でもいいのでは」といった印象を与えてしまいますので注意しましょう。

自分の家庭の事情によるため

家庭の事情で退職、転職するケースも多いです。

ご家族の介護や、夫や妻の転勤、育児などいくつかのパターンがあります。

これらの理由は、企業からすれば干渉しにくい内容なので、説得しにくく容認するしかないでしょう。

結婚や出産のため

結婚により配偶者と暮らすことになり引っ越すケース、妊娠、出産により育児に専念するなどのケースです。

これらは仕方がないと捉えられるので、退職する理由としては全うです。

トラブルなく円満退職になることが多いでしょう。

ただし、転職する時の「退職理由」としてはマイナス評価になることもあるので、注意してください。

会社に対しての理由で転職を決意したケース

先ほどと逆のネガティブなものです。会社への不満が主な転職理由になります。

このような理由は決して悪いことではありません、逃げの転職と扱われることが多く、人に伝える際は、できるだけポジティブな理由に脚色すると良いでしょう。

給与に不満があるため

意外な事実だと思われるかもしれませんが。転職してすぐに給料が前職より多いケースは稀です。

プログラマーや営業職で能力や成績を明確にアピールできる場合は、給料があがるケースはありますが、それ以外の場合は、企業規模が大きく平均年収が高い会社に転職できたとしても、1年、2年は大差ないことが多いです。

これには「信用度」が大きく関係しており、転職して数年が信用度の獲得と思って我慢しないといけないかもしれません。

そういった事実を踏まえて、給与を上げる最適な方法が転職の場合はそれで良いですが、一旦、現職でも給与を上げる方法がないかを考える必要があるかもしれません。

会社の将来の不安のため

事業の柱が上手くいっていない時や、赤字の連続、競合他社の成績が良い時など、会社の将来性に不安を感じるタイミングかもしれません。

これらのキッカケは退職理由として会社に伝えることはなかなかできませんが、理由としては十分です。

同業他社にアプローチをかけるのも一つの手でしょう。

会社の風土や考え方が合わないため

入社してすぐに「社風が合わない」と感じた時は、もう少し勤続してみることを推奨します。

新卒であれ、転職であれ、就職すると、環境が大きく変わります。

その変化のストレスは誰にでもあるものであれ、「何か合わないな・・・」と感じるものです。

入社して1年以上経っても、そのように感じる場合は転職理由として成り立つでしょう。

社風というのは、なかなか変わらないものですし、自分ひとりの力ではどうしようもできないものです。

職場の人間関係が合わないため

会社を辞める際の最も多い理由が「人間関係」です。

転職を考える前に、その状況を打破するために「自分ができること」を考え、実行できるものは実行してください。

それでも、関係性が変わらない場合は、転職を考えるべきでしょう。

一つ注意点があります。それは、「転職先で同じことが起きる可能性がある」ことです。

上司がどのような人間なのか、その人が自分に合うのか、そういった個人の情報については、転職前のリサーチでは分かりません。

入社してみるまで分からないのです。

転職を決意したタイミングについて

転職を決意してから半年以上の人が約半数をしめている

転職を意識し始めても、すぐに行動に移す人はほとんどいません。

転職を意識しながら3年間働き続け、キャリアステップできる実績、能力を身に着けた、と判断したタイミングで転職活動を始める方もおります。

他には、会社への不満を長い期間もちながら働き続け、ある時、我慢ができなくて転職を決意するケースなどです。

突発的に転職活動を行う方もいますが、これらは家庭の事情などの自分以外の理由であることが多いです。この場合、できるだけ早く転職のスケジュールを計画するべきでしょう。

突発的に転職活動を行う方もいますが、これらは家庭の事情などの自分以外の理由であることが多いです。

この場合、できるだけ早く転職のスケジュールを計画するべきでしょう。

転職活動は計画的に行うことをオススメ

思い立ったらすぐ行動よりも、備えをしっかりとした方がいい

「転職経験者はこうしていた!転職時のやることを把握して成功に導こう」で説明しているように、転職成功のためには準備と計画性が非常に重要です。

転職活動は長期戦であるのが一般的であり、時間をかければかけるほど、転職成功率はあがります。

もちろん、転職活動に時間をかけずに、ただ期間が長いだけでは意味がないのでお気を付けください。

まとめ

転職の一連の流れとして、「転職を意識する」、「転職を決意する」、「転職活動をする」、「転職する」の4段階があります。これらには時間のズレがあり、その期間は人によりけりです。

あなたが転職を意識しているのであれば、どの段階まで進んでいるかを見極め、適切なタイミングで転職活動を始めたいところですね。

ABOUT ME
ぐっち
デザインとライティングの二足のわらじで活動中のぐっちです☆ nanairoでは主にお金や節約術に関する記事を執筆しています!