電気代節約

じぶん電力の電気料金プランや特徴は?申込の流れも紹介

2016年4月以降、「電力の自由化」に伴って私たちは電力会社を好きに選択できるようになりました。

それぞれの電力会社では、自社サービスや提携サービスを絡めたさまざまな特典や、新しい電力プランを選択できるなど、電気をお得に利用するための方法が登場したことになります。

その中でも特に特徴的な電力会社として「じぶん電力」というものがあります。

果たして「じぶん」とはどういう意味でつけられた名前なのか、その電力プランはどうなっているのか、そうした「じぶん電力の魅力」について解説していきたいと思います。

じぶん電力の料金プランやサービスの特徴は?

じぶん電力の最大の特徴は「太陽光発電システムを無料で設置できる」というポイントです。

環境にやさしい発電方法として以前から注目されながらも、その設置コストの高さが足かせとなっている太陽光発電システムを、「日本エコシステム株式会社」が無償で設置することで手軽に設置することができるのです。設置に関するコストは一切これを負担することはありません。

ただし、この設置する太陽光発電システムは、あくまでも日本エコシステム株式会社に所有権が帰属するものです。つまり、日本エコシステム株式会社の太陽光発電システムを、自宅に設置するという契約となります。

また、設置した太陽光発電システムが発電した電気も、同様に日本エコシステム株式会社が所有権を有するものであり、利用者は日本エコシステム株式会社に電気代を支払うという仕組みは従来の電力会社と同様です。

しかし、電気料金は従来の電力会社のそれよりも安く抑えられており、電気料金の節約につなげることもできます。

さらに、太陽光発電システムの弱点である「太陽光が届かない天候・時間帯には発電できない」と言う点についても対策があります。

夜間もしくは悪天候時に太陽光発電システムが起動していない場合には、新電力でシェアの大きい「エネット」から電気を購入するという形になるので、電気供給がストップするということはありません。

停電時には「非常用コンセント」によって、配電がストップしても電気を使い続けることができます。

太陽光発電システムを導入するにあたって「メンテナンス」に不安を感じる人も多いのではないかと思います。しかし、じぶん電力の場合は設置している太陽光発電システムの所有権が日本エコシステム株式会社に帰属するため、日本エコシステム株式会社が無料でメンテナンスを行います。

太陽光発電システムの維持運用に関する負担を心配する必要はないということになります。

そして、じぶん電力を20年間利用し続けると、設置した太陽光発電システムの所有権が利用者に無償で譲渡されます。

つまり、20年後には太陽光発電システムが利用者の所有物になるということです。以降は、発電した電気を無料で利用することができるようになります。

ただし、維持運用のためのメンテナンスや整備コストに関しても利用者の帰属となる点には注意が必要です。

じぶん電力の電気販売エリア

じぶん電力を利用することができるのは、以下の都道府県を除く住所にお住まいの方に限定されます。

  • 北海道
  • 青森県
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 山形県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 沖縄県

じぶん電力のオススメ電気料金プラン

じぶん電力では、「標準プラン」「地球応援プラン」「福島ユナイテッド応援プラン」という3つのプランが用意されています。

標準プランは特に特徴のない電力プランです。特にこだわりがなければ最も安い料金で利用することができるのでオススメです。

地球応援プラン

「地球応援プラン」は、J-クレジットによる「カーボン・オフセット」によって、CO2排出係数ゼロのプランを実現しています。

太陽光発電の魅力である「環境への負担が少ない」というメリットをさらに向上させることができます。電気料金は変わりませんが、基本料金にプラス100円で利用することができるプランです。

福島ユナイテッド応援プラン

「福島ユナイテッド応援プラン」は、福島地域を応援したい人にとって魅力のあるプランです。福島ユナイテッドが育てた果物等を、選手のコメントカード入りで年に2回の頻度で届けてもらうことができるプランです。標準プランにプラス500円の基本料金の上乗せで利用することができるプランです。

既存の地域電力会社との徹底比較

じぶん電力

基本料金

東京 30A:801.47円 40A:1068.63円 50A:1335.78円 60A:1602.94円

関西 0円

中部 30A:665.05円 40A:886.73円 50A:1108.42円 60A:1330.10円

九州 30A:835.57円 40A:1114.10円 50A:1392.63円 60A:1671.15円

電力単価(エネットからの購入)

東京 120kWhまで:18.93円 120kWh超過300kWhまで:24.91円 300kWh超過:28.43円

関西 120kWhまで:22.33円 120kWh超過300kWhまで:28.26円 300kWh超過:31.82円

中部 120kWhまで:20.18円 120kWh超過300kWhまで:24.08円 300kWh超過:26.47円

九州 120kWhまで:16.63円 120kWh超過300kWhまで:21.63円 300kWh超過:24.47円

太陽光発電分:27円

東京電力(従量電灯B)

基本料金 30A:842.40円 40A:1123.20円 50A:1404.00円 60A:1684.80円

電力単価 120kWhまで:19.52円 120kWh超過300kWhまで:26.00円 300kWh超過:30.02円

関西電力(従量電灯A)

最低料金 373.73円

電力単価 120kWhまで:22.83円 120kWh超過300kWhまで:29.26円 300kWh超過:33.32円

中部電力(従量電灯B)

基本料金 30A:842.40円 40A:1123.20円 50A:1404.00円 60A:1684.80円

電力単価 120kWhまで:20.68円 120kWh超過300kWhまで:25.08円 300kWh超過:27.97円

九州電力(スマートファミリープラン)

基本料金  30A:874.80円 40A:1166.40円 50A:1458.00円 60A:1749.60円

電力単価 120kWhまで:17.19円 120kWh超過300kWhまで:22.69円 300kWh超過:24.55円

2年契約割引:年間777円

このように、じぶん電力の電気料金は同エリアの既存電力会社のそれよりも安く設定されています。環境にやさしいだけではなく、家計にとっても優しい電力会社であるということがわかります。

じぶん電力への申込方法の流れ

まず、じぶん電力に申し込みを行います。その後、じぶん電力のコールセンターから、指定の時間に電話がかかってきます。その際の電話内容としては「じぶん電力についての説明」と「じぶん電力を利用する自宅の条件についてのヒアリング」です。

次に、1ヶ月分の検針票と図面を用意して、じぶん電力のコールセンターにEメールで送信します。約1週間後に、じぶん電力から送られてくる「電気代予測」と「太陽光発電設置レイアウト」を確認します。

次に、じぶん電力の工事担当者が自宅に現場調査に来ます。その際に「屋根の寸法や配電盤まわりの確認」と「契約書類についての説明」が行われます。それが終わったら、ウェブ上でじぶん電力の契約手続きを行います。

次に、事前に通知した日付に、電気の購入先が変更されます。その際、工事や立会等は必要ありません。切替日より、じぶん電力からの電気の供給がスタートになります。ただし、この時点ではまだ太陽光発電による電気はまだ使用することができません。

次の段階で、いよいよ太陽光発電設備の設置工事が実行されます。工事から数日後、太陽光発電設備の系統連系が行われ、本格的に太陽光発電システムからの電気供給がスタートになります。

新電力への変更方法、解約方法の流れ

今まで利用していた電力会社への解約の手続きは、日本エコシステム株式会社が代行してくれますので必要ありません。

なので、じぶん電力の契約に先駆けて、従来の電力会社への解約の連絡等は必要ないのですが、前述の「2年契約」のように契約期間の定めがある契約内容で電力会社と契約している場合は「違約金・契約解除料・解約手数料」等が発生する可能性があります。

そのため、新電力への乗り換えに先駆けて、従来の電力会社との契約内容を見直し、場合によっては問い合わせをして違約金の有無等について確認をしておく必要があります。

ABOUT ME
hori
nanairoでは、転職、カードローン、脱毛、通販などのジャンルを担当させてもらっています。