ポケットwifi

ヨドバシカメラのWiMAXのキャンペーンはおすすめできる?料金を比較

「WiMAX」を利用することで、外出先でもノートパソコンでインターネットを利用できたり、スマートフォンの月間データ通信容量を気にすること無くデータ通信が利用できるなど、数多くの利便性を持ちます。

その利用開始にあたっては契約手続きが必要なのですが、各種家電量販店でも契約手続きを行えます。

「ヨドバシカメラ」も、その一つとなります。

さて、昨今はネット上で通信サービスの契約手続きを完了させられるというメリットが席巻していますが、ヨドバシカメラでWiMAXの契約手続きをすることにどのようなメリットが有るのでしょうか。

ヨドバシカメラでのWiMAX契約キャンペーンについて解説していきたいと思います。

ヨドバシカメラで販売しているWiMAXの概要

ヨドバシカメラに行ってWiMAXを契約できる

全国の家電量販店の殆どは、WiMAXの契約窓口も行っています。

つまり「代理店」のような形であり、ヨドバシカメラの場合は「ワイヤレスゲート」という名称でWiMAXサービスを提供しています。

商品名「ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX2+」

前述の通り、ヨドバシカメラでは「ワイヤレスゲート」という名称でWiMAXサービスを提供しています。

WiMAXのサービス内容自体に変わりはない

名称が異なるだけで、実は通常のWiMAXとサービス内容は変わりません。

これはヨドバシカメラに限った話ではなく、実店舗でも、ネット上での契約でも、基本的にWiMAXに関係するサービスであれば名称の差はあれどもサービスの内容は同じです。

格安SIMの場合、利用するMVNOによって通信速度の差が生じるため、通信サービスの品質で契約先を選ぶという方法があります。

しかし、WiMAXの場合は同じ無線通信サービスであっても格安SIMとは異なり、どこで契約しても利用できるWiMAXのサービスの品質が変化するということはありません。

「料金は良いから、品質の良いWiMAXサービスを利用したい」という人でも、どこで契約しても同じことであることは理解しておきましょう。

契約にはクレジットカードが必須

ヨドバシカメラでのWiMAXの契約においては「クレジットカード」が必須となります。

つまり言い換えると、クレジットカードを持っていない人はヨドバシカメラではWiMAXの契約をできないということになります。

その場合、どうすれば良いのかと言えば、「クレジットカードを新たに作成する」か、「口座振替ができるプロバイダを選ぶ」ことが必要になります。

特に後者の場合は銀行口座があれば契約できるので、多くの人にとって気軽に契約することができる方法になります。

ヨドバシカメラでWiMAXの契約を結びたい場合、クレジットカードを作成するようにしましょう。

ヨドバシゴールドポイントは貯まらない

ただし、「ヨドバシゴールドポイント」を貯める目的でヨドバシカメラを契約先に選ぶことは期待できません。

その点には注意しておきましょう。

ヨドバシカメラの「WiMAXキャンペーン」の詳細

ヨドバシカメラでは、WiMAXの契約において「ギガ放題」のプランを契約することによって、WiMAXの各種ルーターを1円で購入できるキャンペーンを実施しています。

ただし、これは他社でも手広く行われている内容であり、ヨドバシカメラ特有のキャンペーンというわけではありません。

また、店舗では店舗ごとに異なるキャンペーンを実施している可能性が高いので、店頭広告や折込チラシを確認してキャンペーン内容を把握しておきましょう。

ヨドバシカメラでWiMAXを契約するメリット・デメリット

では、ヨドバシカメラでWiMAXの契約をすると、どのようなメリットを得られて、どのようなデメリットを受け入れなければならないのでしょうか?

メリット

まずはメリットに関することです。

ヨドバシカメラでWiMAXの契約をすることの最大のメリットは「ヨドバシカメラの商品を安く購入できる」というポイントです。

調べてみた所、ヨドバシカメラではこれは「商品券」の形で提供していることが多いです。

つまり、WiMAXを契約することでヨドバシカメラ用の商品券を入手して、家電製品を安く購入できるということになります。

キャンペーン内容にもよりますが、5万円分の商品券を入手できるキャンペーンが多いようです。

契約するだけで商品券を貰うことができるので、非常におトクなキャンペーンのように見えます。

しかし、これには注意しなければならないカラクリがあり、これは後述の「デメリット」の方で解説したいと思います。

次に「実店舗としてのメリット」です。

実店舗で通信サービスの契約を行うということには、既に発生している、もしくは契約手続きを進める中で解明できないポイントや不安なポイントを、スタッフに確認しなが手続きをら進められるという点がメリットになります。

初めてWiMAXを利用するとなるとなおさらですが、いくつかの機器を利用しなければならない無線通信サービスというものは前もって理解しておきたいのに、なかなか理解しにくい事が多いです。

そういった部分を、対面方式で契約を進められることによって、スタッフに一つ一つ確認しながら契約を進められるという部分が、人によっては大きなメリットになります。

また、手続きがスムーズに完了すれば、その日からWiMAXを利用開始できるという点もメリットになります。

デメリット

次はデメリットに関することです。

まず第一に、先ほどメリットとして説明した「商品券キャンペーン」についてのデメリットです。

このタイプのキャンペーンは基本的に「額面通りのメリットを得られない」という点がデメリットになります。

この手のキャンペーンは、高額なメリットを得られる代わりに「月額料金が高くなる」というデメリットが生じます。

割増になる月額料金はキャンペーン内容次第ではありますが、2年間で約4万円に登ることが多いです。

さて、得られる商品券は5万円分だとすれば、その入手のために4万円を余計に支払うことを考えると差し引きで約1万円分しかお得ではないということになります。

つまり、このケースで言えば「5万円分のメリット」は得られないということになります。

では、商品券が貰えたら、即座に解約すれば良いのではないかと思われるかもしれません。

ですが、この手のキャンペーンの場合、通常の「WiMAXの契約解除料」とは別に「キャンペーン解約手数料」が必要になり、これが商品券のメリットを上回るほどの高額な負担になることが多いのです。

加えて、このキャンペーンの解約料に関しては「引っ越し等、やむを得ない事情で解約した場合」でも同様にペナルティとして課せられてしまいます。

これを回避するためには2年間このプロバイダでWiMAXを利用し続けなければならず、引越し先がWiMAXの提供エリアの範囲外になる等の事情に弱いのです。

さて、ここまでをまとめますと「途中で解約しなければ、約1万円はお得になるので、それはそれで良いのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、それは大きな間違いなのです。

昨今、さまざまなサービスをネット上で通信サービスの利用契約手続きを行うことができ、これはWiMAXでも同様です。

本家UQ WiMAXもネット上で手続きを完結させることができるのですが、ここで注目したいのは「プロバイダでの契約」です。

代表的なものでは「33,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っているGMOとくとくBB」です。

高額なキャッシュバックキャンペーンを、通常と同じ月額料金で提供しているのです。

約1万円の差額があるヨドバシカメラと、3万円を超えるキャッシュバックを得られる可能性があるプロバイダでは、どちらのほうがお得であるかは一目瞭然です。

本家UQ WiMAXですら、1万円クラスのギフトカードを貰うことができるキャンペーンを実施しており、各プロバイダは基本的にこれを超える規模のキャンペーンを実施しています。

つまり、キャンペーンだけ見るとヨドバシカメラが勝っている部分が存在しないということになるのです。

まとめ

ヨドバシカメラに限らず、家電量販店でWiMAXの契約手続きをすることは、キャンペーンの側面であまりオススメできるものではありません。

もちろん、キャンペーンの質だけでWiMAXの良し悪しが決まるというものではありませんが、少しでもお得にWiMAXを利用したいと考えれば、やはりキャンペーンで得られるメリットが大きい方が良いでしょう。

もし、ヨドバシカメラでWiMAXを利用したいという場合、実施しているキャンペーンの内容を精査しましょう。

店頭広告ででかでかと「◯万円プレゼント」みたいなキャッチコピーが掲載されていても、そこに隠されたカラクリを見抜くことが重要です。

「本当に得られるメリットはいくらなのか?」ということと、他のメリットを総合的に判断して、それがネットで契約するよりもお得であると判断できれば、ヨドバシカメラで契約するのも良いのではないかと思います。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。