ポケットwifi

ビックカメラのWiMAXのキャンペーンはおすすめなの?他社と料金比較

規格に合ったスマートフォンやノートパソコンに接続し、インターネットを利用することができる「WiMAX」は、本家のUQ WiMAXだけでなく数多くのプロバイダ・代理店で契約することができます。

「ビックカメラ」もその一つです。

プロバイダ・代理店ごとに異なるキャンペーンを実施しており、それによっていかにお得にWiMAXを契約・利用できるかが異なります。

そこで、ビックカメラでWiMAXを契約するにあたってどのようなキャンペーンを利用することができるのかということについて解説していきます。

ビックカメラで販売されている「BIC WiMAX」の概要

ビックカメラに行ってWiMAXを契約できる

全国の家電量販店では、家電製品を販売するだけでなく「家電製品に関係する契約の代理店」としての役割も果たしています。

一昔前だと、パソコンに関連してインターネット回線の契約を行うことが中心でしたが、昨今ではWiMAXの契約も家電量販店で行うことができるようになっています。

ビックカメラもその一つで、全国のビックカメラやコジマ電気での買い物と合わせてWiMAXの契約手続きを行うことができます。

店舗でスタッフから説明を受けながら、特には疑問点を質問しながら手続きを進めることができます。

また、実際に利用することになるWiMAX用の機器を実際に手にとって確認することもできる等のメリットがあります。

最も人気の料金プラン(WiMAX2+)

ビックカメラで契約することができるプランとしては「BIG定額 ギガ放題」がその代表となります。

これは一般的なWiMAX2+の「ギガ放題プラン」に該当するものであり、料金体系も他社と比較して全く違いがありません(月額基本4,880円+おトク割500円引き)。

WiMAXのサービス内容自体に変わりはない

WiMAXのサービスは、ビックカメラで契約しようとも他社で契約しようとも、基本的な部分は何一つ変わりません。

「スマホだと、MVNOによっては通信速度が大幅に違うけれど?」と思われるかもしれませんが、家電量販店はあくまでも代理店的な立ち位置であり、どこで契約しても利用できるWiMAXのサービス面での品質は全く変わりません。

なので、「通信速度が速いところで契約したい」といったように、サービスの品質を高める目的でプロバイダを選ぶことはできないのです。

クレジットカードを持っている方のみ契約可能

ビックカメラでのWiMAXの契約は、基本的に「クレジットカード払いのみ」となります。

プロバイダによっては「口座引き落とし」などを利用することもできるのですが、ビックカメラでの契約に際してはクレジットカード払い一択となります。

これは、BIC WiMAXのホームページの「よくある質問」にも掲載されています。

ビックポイントは貯まらない

ただし、仮にビックカメラ関係のクレジットカードで支払いをしたとしても、それによって「ビックポイント」が特別に貯まるということは、ありませんので注意しておきましょう。

ビックカメラの「WiMAXキャンペーン」の中身

現在、BIC WiMAXのホームページに、キャンペーン情報は掲載されていません。

しかし、店舗ごとに何らかのキャンペーンを実施している可能性が高いので、お近くのビックカメラの店舗に出向くか、もしくは新聞の折込チラシを確認する等して、お近くのビックカメラのWiMAX関連のキャンペーンについて確認することをオススメします。

ビックカメラのWiMAXを契約するメリット・デメリット

次に、ビックカメラでWiMAXの契約手続きを行うことのメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

まずはメリットについてです。

前述の通り、店舗ごとに異なるキャンペーンを実施している可能性がありますが、ビックカメラの場合は「ビックカメラ商品券」をプレゼントするキャンペーンを実施していることが多いようです。

ビックカメラで使用することができる商品券で、5万円前後の商品券がプレゼントされることが多いようです。

金額面だけで見ると、相当なメリットになる可能性があります。

また、商品券ではなく「WiMAX内蔵パソコンをセットで購入すると5000円引き」といったように、WiMAX関連のデバイスを割引して購入することができるキャンペーンを実施していることもあります。

次に、実店舗での契約ならではのメリットとして「店員から説明を受けられる」「実機を見ながら確認できる」というメリットがあります。

実店舗で申し込みをするということにより、手続きの最中にも店員に確認をとったり、実際に利用することになるルーター等の機器を手にとって確認できるなどのメリットがあります。

もう一つ、実店舗での申し込みにおけるメリットとしては「最短、即日でWiMAXを利用することができる」というポイントが挙げられます。

実店舗での申込みの場合、手続きがスムーズに完了すればその日からWiMAXを利用することができます。

ネットで申し込む場合は機器を受け取ることができるまでに1週間以上経過することもあるので、すぐにWiMAXを利用開始したい場合は大きなメリットになります。

デメリット

次はデメリットです。

ビックカメラで申し込む際の最大のデメリットは「キャンペーンが大きなデメリットになる」というポイントです。

これには3種類の重要なポイントがあります。

まずは「高額な商品券には落とし穴がある」というポイントです。

例えば5万円の商品券が得られるキャンペーンがあるとすれば、その場合は「○○プランに加入することが条件」と記載されていることが多いです。

これは、通常よりも高額な価格設定が行われており、つまり「商品券を貰った分、割高なプランに加入しなければならない」という条件となるのです。

ただし、貰う事ができる商品券よりは総額で少なくなるので、差額は一応プラスになりますが、これが大して大きな金額にならないのです。

下手をすれば1万円弱、多くても2万円程度のメリットにしかならないのです。

次に「得られるメリットが小さい」ということです。

前述の通り、高額な見返りのあるプランは月額料金がその分だけ高くなることが多く、差額はプラスになったとしてもそれほど大きな金額にはなりません。

また、リスクの伴わないキャンペーンが実施されていることもありますが、その場合は得られるメリットがそれほど大きくありません。

結果、得られるメリットは総合してもそれほど大きなものにはなりません。

ネット上には数多くのプロバイダとの契約が可能になっており、それぞれに魅力的なキャンペーンを実施しています。

そして、多くおプロバイダでビックカメラのキャンペーンよりも魅力的なキャンペーンを実施しているのです。

つまり、金額面だけで見ると、ビックカメラのキャンペーンは劣っているということになります。

もちろん、期間限定のキャンペーン等を含めるとはっきりと言えない部分も多いのですが、ビックカメラで得られるメリットはそこまで大きくないのです。

最後に「解約のコストが高い」ということです。

WiMAXは基本的に2年契約であり、2年毎に訪れる更新期間内の解約でなければ契約解除料がそれなりにかかります。

しかし、キャンペーンの対象プランを選択する場合、それとは別にキャンペーン解約料のようなものが課せられてしまいます。

結果、解約時の負担が極めて大きくなるのです。

まとめ

このように、ビックカメラでのWiMAXの契約は、そこまでオススメできるものではありません。

得られるメリットが小さく、ネット上で契約できるプロバイダのほうが魅力的なキャンペーンを実施しているという点が、どうしても評価を分けてしまうのです。

もちろん、ビックカメラの店舗が実施しているキャンペーンの内容次第では、十分に魅力的な条件でWiMAXを契約できる可能性があります。

重要なのは、店員や広告の情報をそのまま受け取るだけではなく、得られるメリットなどを総合的に判断して、ネットで契約できるプロバイダよりもお得に利用できるかどうかを判断することです。

即日利用可能というメリットもありますので、そういった部分も総合的に判断する必要があります。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。