ポケットwifi

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」の特徴や評判は?

自宅で無線LANでインターネットを楽しんでいる方は多いと思います。

一昔前に、電話回線を使ったADSLを導入して、高速インターネットができるようになりました。

その後、光回線といった超高速回線の普及により、自宅でも大容量の動画の視聴、パソコンやゲーム機・スマートフォン・タブレットなど、複数の機器を接続して自宅で利用していることも、当たり前のようになっています。

最近では、自宅だけにとどまらず、外出先でも高速インターネットを利用しようとする方が多くなっています。

その実現方法の1つとしてWiMAXの利用があります。

WiMAXは、KDDIグループのUQコミュニケーションズ株式会社が、2009年2月26日に東京23区、横浜市、川崎市で試験サービスとして開始したものです。

その後「MVNO(仮想移動体通信事業者)」として、@nifty、BIGLOBE、so-netなどの大手プロバイダ、ビッグカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機、エディオンなどをはじめ、いろいろな業種の企業がプロバイダとしてサービスを提供するまでとなりました。

現在、WiMAXのサービスを提供しているプロバイダは20社以上あります。

そのプロバイダの中で、「株式会社ワイヤレスゲート」という会社があります。

ワイヤレスゲートとは

株式会社ワイヤレスゲートは、2004年に株式会社トリプレットゲートとして設立され、2011年に現在の社名に変更されています。

事業としては、「ワイヤレス・ブロードバンド事業」「ワイヤレス・プラットフォーム事業」「Wi-Fiインフラ事業・IoTサービス」を手がけています。

ワイヤレス・プラットフォーム事業

ワイヤレス・プラットフォーム事業は、ID・パスワードを使った認証プラットフォームと課金プラットフォームのサービスを提供し、他の通信事業者や業種を問わない法人向けとして活用されています。

Wi-Fiインフラ事業

Wi-Fiインフラ事業は、Wi-Fi環境の構築や運用をクラウド型システムソリューションとして提供しています。

IoTサービスは、今までインターネットにつながらなかった機器をインターネットにつなげる仕組みにして、データのやり取りを行い、いろいろなサービスを提供するものです。

ワイヤレス・ブロードバンド事業

ワイヤレス・ブロードバンド事業は、

  • 「モバイルインターネットサービス」
  • 「公衆無線LANサービス」

を機軸としてサービスを展開しています。

中核のサービスは、

  • 「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」

「ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE SIMカード」

のサービスを提供です。

これらのサービス展開では、ヨドバシカメラをメインとして販売コーナーの展開、ヨドバシカメラ店内の広告が主力になっています。

加えて、東海道新幹線車内、主な鉄道の駅、コンコース、空港、カフェ、ファーストフードなど全国約4万ヶ所を超える店舗で利用できる無線LANを、高速インターネット接続サービス「ワイヤレスゲートWi-Fi」として提供しています。

具体的には、

マクドナルド、スターバックス、ルノアール、東京~新大阪間の東海道新幹線N700系車内、東海道新幹線全17駅のコンコース待合室、全国JRの主要駅、成田空港、羽田空港、中部国際空港、伊丹空港、空港リムジンバス、高速バス、丸の内エリアの丸ビル・新丸ビル、オアゾ、 新東京ビル、六本木ヒルズ、秋葉原中央通り、横浜元町商店街中華街、トヨタ販売ショップ、関西エリアの大阪市営地下鉄や郵便局・コンビニ・ファミリーレストラン

などのスポットが設置されています。

このようなプロバイダであるワイヤレスゲートの「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」について解説していきます。

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」にキャンペーンはあるの?

WiMAXのプロバイダは、UQコミュニケーションズ株式会社の通信環境を利用しています。

契約プランも各社同一ですが、差別化を図りユーザー数を拡張するために、各種キャンペーンを実施しています。

ワイヤレスゲート「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」の主力販売ルートは、家電量販店ヨドバシカメラです。

キャンペーンは、以下があります。

①新規契約キャンペーン

新規契約のキャンペーンとして、以下があります。

  • ルーター端末が新規契約の場合1円で提供
  • 2年契約の場合、2年間の月額利用料から540円割引
  • 「ギガ放題」プラン契約の場合、最大3ヶ月間739円割引
  • ヨドバシカメラでの契約の場合、10000円の商品値引

②ヨドバシカメラ店頭限定の「WiMAX 2+ おトクに機種変更」キャンペーン

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX 年間パスポート、定額プラン、ステッププラン、ハイブリッドプラン」の利用者を対象に、「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス、auスマホ割り2年、auスマホ割り4年」プランへの変更の場合、以下の特典を用意しています。

  • ルーター機種代金が無料で提供
  • ルーター端末の交換前契約解除料が無料
  • 「ギガ放題」プランの場合、月額4,730円のところ、2年間3,991円になります

③「おトクに機種変更」キャンペーン

店頭キャンペーンとは別に、WiMAXサービスの対象プランの利用者を対象に「おトクに機種変更」キャンペーンがあります。

  • ルーター端末の交換前契約解除料が無料
  • WiMAX2+ルーター機器代金が無料
  • 『ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス ギガ放題 auスマホ割2年』の料金が最大25ヶ月割引

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」の料金プランの詳細

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」の料金プランについて、解説します。

料金プランは、

  • 「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス ギガ放題 auスマホ割2年」
  • 「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割2年」
  • 「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割4年」

のプランがあります。

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス ギガ放題 auスマホ割2年」

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス ギガ放題 auスマホ割2年」は、適用開始日を含む月の翌月を1か月目として、24ヶ月間になり、基本使用料5,270円(税込)から、おトク割りまたは長期利用割引540円(税込)が適応され、月額4,730円(税込)になっています。

また、ギガ放題プランということで、月間のデータ通信量7GBの通信制限はありません。

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割2年」

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割2年」は、適用開始日を含む月の翌月を1か月目として、24ヶ月間になり、基本使用料4,531円(税込)から、おトク割りまたは長期利用割引540円(税込)が適応され、月額3,991円(税込)になっています。

また、通常プランということで、月間のデータ通信量7GBの通信制限があります。

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割4年」

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割4年」は、適用開始日を含む月の翌月を1か月目として、48ヶ月間になり、基本使用料4,531円(税込)から、おトク割りまたは長期利用割引540円(税込)が適応され、月額3,991円(税込)になっています。

また、通常プランということで、月間のデータ通信量7GBの通信制限があります。

上記の各プランに於いては、「auスマートバリューmine」加入者を対象に、LTEオプションの利用料が無料になっています。

申し込みの流れ

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」の申し込みは、以下の2つあります。

インターネットでの申し込み

ワイヤレスゲートの「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」ホームページ、ヨドバシカメラの「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」ホームページにて、新規加入の申し込みができるようになっています。

契約の継続については、自動更新となります。

新規申し込みの際には、「契約プラン」「ルーター機器の選択」「氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、暗証番号などのお客様情報」「クレジットカード情報」「ヨドバシカメラゴールドポイント情報」「お届け先情報」の各項目を入力します。

ヨドバシカメラ店頭での申し込み

ヨドバシカメラ店頭で、新規加入の申し込みができるようになっています。

契約の継続については、自動更新となります。

新規申し込みの際には、「契約プラン」「ルーター機器の選択」「氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、暗証番号などのお客様情報」「クレジットカード情報」「ヨドバシカメラゴールドポイント情報」の各項目を申込書に記載します。

WiMAXやルーターについて、知識がない方は、このような店頭での申し込みをすることで、その場で疑問や不安なことを質問し、解決することができます。

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」の特徴は?

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」のキャンペーン、申し込み方法がお分かり頂けたと思います。続いて、「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」の特徴について、解説します。

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」は、WiMAX自体のサービスは他社のWiMAXと同様です。

しかし「ワイヤレスゲートWi-Fi」という専用のWi-Fiが利用できる点が違います。

「ワイヤレスゲートWi-Fi」は、駅や空港、ファーストフードやカフェ、ショッピングセンターを含めた商業施設の全国約40,000カ所のWi-Fiスポットが利用できるようになっています。

また、フォンジャパンが提供する「Fonスポット」や、海外のFONスポットも利用できるようになっています。

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」を実際に利用した人の口コミ

「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」を実際に利用した人の口コミについて、紹介します。

契約したその日にすぐ使える

[口コミ]

ヨドバシカメラの店頭で申し込みをした場合、すぐにWiMAXの必要な端末機器を受取れて、WiMAXを使う事ができる

他社WiMAX、インターネットの申し込みの場合は、自宅まで端末機器が郵送されたあとでした利用できないため、店頭申し込みのメリットがあります。

どこに引越ししても、WiMAX回線の引越しの手続きが不要

[口コミ]

もともと、モバイル環境で利用できるサービスのため、どの場所に引越ししても、WiMAX回線の引越し手続きが必要ない

住所変更も、インターネットの会員ページで簡単に手続きができるメリットがあります。

ワイヤレスゲートWi-Fiが使える

[口コミ]

他社にはない、ワイヤレスゲートWi-Fiが使えるWiMAXですので、ワイヤレスゲートWi-Fiスポットに接続できる

このようなメリットは、ワイヤレスゲートWi-Fiで利用したデータ量が、データ通信制限の対象にならないことになります。

回線が不安定になる

[口コミ]

「WiMAX2+」「WiMAX(旧WiMAX)」を使うことができるルーター端末の場合、ノーリミットモードで通信制限がかからないが、周波数の問題で安定しない場合がある

このような場合は、ワイヤレスゲートWi-Fiを利用することがメリットなので、ワイヤレスゲートWi-Fiの有効活用ができます。

自動更新の知らせがない

[口コミ]

2年契約、4年契約の更新月に、更新のお知らせがないため、忘れてしまう

このような場合は、インターネットの会員ページで、更新月を確認することができます。

2年以内に解約すると高額な解約金がかかる

[口コミ]

途中で解約した場合、19,000円(1ヶ月め~13ヶ月め)、14,000円(14ヶ月め~25ヶ月め)、9,500円(26ヶ月め~)のような解約金がかかる

このような場合は、他社WiMAXでも、同様な解約金が発生しますので、「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+」に限らず、WiMAXでは必要になります。

まとめ

今回、株式会社ワイヤレスゲートのWiMAXについて、会社概要、サービス内容、キャンペーン、特徴、料金プラン、申し込み方法を解説し、主な口コミを紹介しました。

一番のメリットとしては、「ワイヤレスゲートWi-Fi」スポットが利用できる点が挙げられます。

WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社が通信環境を各社に提供している関係もあり、キャンペーンや差別化が選定の要因になっています。

その点では、「ワイヤレスゲートWi-Fi」スポットが利用できることは有効な選定理由になると思います。

あと、忘れてはいけないメリットとしては、ヨドバシカメラの店頭で申し込みができ、即日WiMAXを利用することができる点です。

即日使えることも大切ですが、契約後2年間は最低利用することから、その場で疑問を投げかえ、一つひとつ不安を解消することができます。

特に、今までWiMAXを利用したことがない方には、一番良い申し込み方法であるといえます。

携帯電話やスマートフォン、タブレットの契約でも、店頭で説明を聞き、その場である程度の使い方を習得し、安心して使うといったことを経験されている方も多いと思います。

そのような方法ができるといったことが一番利用者にとっては、安心できることではないでしょうか。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。