「@nifty WiMAX」の解約方法や違約金を解説!解除との違いや注意点は?

皆さんの中にも「引っ越し」や「生活の変化」などで、WiMAXの解約を考えたことのあるかたもいるかもしれませんね。

実はWiMAXはプロバイダごとに解約方法が結構違うのです。

「同じWiMAXなのに?」と思われるでしょうが、違うものは仕方ありません。

 

本記事では、大手プロバイダの一つである@niftyが運営している「@nifty WiMAX」について、解約方法や解約の際に何に注意すれば良いのかといったことについて見ていきます。

WiMAXを解約したい場合は、まず「違約金」と「契約更新月」に気を付けよう!

WiMAXを解約しようと思ったとき、まず何に気をつけますか?

この質問の正解は「違約金」です。

違約金は契約を解除しようとする際に、必要になるケースがあるものです。

違約金=解除手数料または解約金

他のWiMAXプロバイダでも全く同じことですが、2年間などの一定期間の継続利用を前提とした契約になっていて、それと引き換えに割引などのサービスを行なっています。

したがって、契約期間の範囲外で解約をしようとすると「違約金」の意味合いを持つ「契約解除料」が必要となるケースがあります。

契約期間と更新月

WiMAXサービスでは、「契約期間」というものが設定されています。

2年間などの一定期間を単位としており、それの更新のタイミングを「更新月」と呼んでいます。

契約更新月以外に解約すると「解除手数料」が発生

先ほどの「更新月」の説明の中で、一定期間の契約単位が設けられていると説明しましたが、この契約の切れ目である「更新月」以外に違約金の意味合いを持つ「解除手数料」が発生します。

契約更新月を確認する方法は?

実際に契約していても「契約更新月」を確認する方法は意外とわからないという方も多いのではないでしょうか。

更新月は会員サイトの「利用状況照会」から「お申し込みのご利用状況」の「課金開始日」で確認することが出来ます。

解除手数料(違約金)ってどれくらいかかるの?

解約する際に必要になる解除手数料とは具体的にどれくらいかかるのでしょうか。

WiMAX2+プランでは、以下のようになります。

  • 1〜13ヶ月目:19,000円
  • 14〜25ヶ月目:14,000円
  • 26ヶ月目:更新月のため無料
  • 27ヶ月目以降:9,500円

このように、解約のタイミングによって4つの違約金が設定されていることがわかります。

さらにその中でも契約更新月である26ヶ月目は違約金自体がまったくかかりません。

 

ちなみに旧WiMAXでは以下のようになります。これは1年契約のプランの例です。

  • 1〜11ヶ月目:9,500円
  • 12ヶ月目:無料(かからない)
  • 13〜23ヶ月目:5,000円
  • 24ヶ月目以降:無料(かからない)

ここでは解約の際にもっとも注意する必要がある「違約金」について、支払いが不要になる「更新月」とあわせて説明しました。

更新月のタイミングで解約を行うことで違約金の支払いが不要になることを理解いただけたと思います。

次の章では、@niftyで特徴的な解約の2つの種類である「解除」と「解約」について説明します。

@niftyのWiMAXの解約方法には「解除」と「解約」がある

@niftyでは他のWiMAXプロバイダと異なり、解約方法に「解除」と「解約」の2つの種類があります。

これらの特徴は、以下のようになります。

解除

@niftyでいう「解除」とはWiMAXをはじめ、ADSLや光ファイバーなどの接続サービス、および各種コンテンツを単体ごとに解約する方法です。

単体ごとの解約ですので@niftyの契約は残りますので、WiMAX以外の契約を持っていて、そちらは使い続けるという場合におすすめの方法です。

解約

@niftyでいう「解約」とは、WiMAXをはじめ、ADSLや光ファイバーなどの接続サービス、各種コンテンツなどをすべて解約し、@niftyの会員でなくなってしまう(退会)ということを意味しています。

そのため@niftyの契約はWiMAXだけ、もしくは@niftyを使わなくなるといった場合におすすめの方法です。

解約日の期日指定について

解約日を期日指定することは出来ません。

月の途中の解約であっても、実際に解約処理がなされるのは月末となります。

つまり、@nifty WiMAXを解除しても、@niftyのID・メールアドレス等は残る

先ほど、「解除」の場合は@niftyを退会してしまうのではなく、単体のサービスごとに利用をやめてしまうだけであると説明しました。

つまり、@niftyの会員ではあり続けるのでIDなどはそのまま残ります。

どっちが良いかはケースバイケース

「解除」と「解約」のどちらが良いかは、利用されている皆様の状況によりケースバイケースです。

@niftyではWiMAXしか使っていない、などの場合は解約が望ましいですが、そうでない場合は、解除の方が望ましいとも言えます。

キャンペーンの恩恵を受けられないことも

他のWiMAXでも同じことが言えますが、キャッシュバックなどのキャンペーンの受け取りには2年など一定期間継続して契約し続けていることが条件となります。

この条件をみたさないまま解約してしまうと当然ながら受け取ることは出来なくなるので注意が必要です。

 

 

ここでは@niftyの特徴である2つの解約方法である「解除」と「解約」について説明しました。

次の章では、「解除」について具体的にどうすれば良いのか方法を見ていきます。

「@nifty WiMAX」のみ利用解除の方法

先ほど@niftyの契約を残す、つまり「@nifty WiMAX」のみ利用をやめてしまう場合は「解除」が良いと説明しました。

しかし、具体的に「解除」する場合は、どのように行えばおいのでしょうか。

 

本章では「解除」の方法について説明します。

以下に「解除」を実際に行う場合の流れを記載しました。

①会員サイトにログイン

ブラウザで会員サイトにログインします。

②「ID契約を残し、WiMAX契約を解除」をクリックする

「お客様情報/お手続き」-「ご契約の解除・解約」の上にある「ID契約を残し、WiMAX契約を解除」ボタンをクリックします。

WiMAX契約のみ解除する場合は、上記のような手続きで行うことが出来ます。

 

この章では、@niftyの契約は残したまま、WiMAXのみ解除する方法を説明しました。

次の章では、@niftyの契約すべてをやめてしまう解約についてその方法を説明します。

@niftyすべての利用を停止する解約手続きの方法

今度は解約の方法について見ていきましょう。WiMAXだけを利用停止する「解除」とは異なり、「解約」はすべてのサービスを停止して@niftyの会員であることをやめてしまうものです。

この場合は、どのように手続きをすれば良いのでしょうか。

 

では、改めて以下に流れを記載しました。

①会員サイトにログイン

ブラウザで会員サイトにログインします。

②「ID契約も含め、WiMAX契約を解約」をクリックする

「お客様情報/お手続き」-「ご契約の解除・解約」の上にある「ID契約も含め、WiMAX契約を解約」ボタンをクリックします。

「解除」と同じページですが、クリックするボタンが異なるので気をつけましょう。

この手順で@niftyはWiMAX含めすべてのサービスを利用停止し、退会することが出来ます。

 

@niftyの会員のままでいる必要がある場合は、くれぐれも選ばないように注意しましょう。

次の章では、WiMAX解約に際して返却物がある場合の対応について見ていきます。

「@nifty WiMAX」解約時の返却について

@niftyでは解約時の機器の返却は必要ありません。

したがって、解約時に機器の返却については考える必要はありません。

ただし、「@nifty WiMAX機器レンタルサービス」を利用している場合は、以下の機器の返却が必要になります。

  • SIMカード
  • 端末
  • レンタル機器

ちなみに機器が入っていた箱も返却対象ですので、忘れないようにしましょう。

 

ここでは解約時の機器の返却については必要がないということを説明しました。

次の章では、これまで見てきた解約時の注意点をもう一度おさらいしましょう。

「@nifty WiMAX」を解約するにあたっての注意点

最後に@nifty WiMAXを解約する際の注意点を改めて確認しておきましょう。

特に解約金についてはお金の支払いが必要になる問題ですので、しっかりと認識しておいてください。

①解除手数料

何度も触れている内容ですが、とても大切なことですので改めて説明しておきます。

WiMAXでは一定期間の契約を前提として割引などを行なっているので、それを満たさずに解約しようとすると「違約金」の意味合いがある「契約解除料」の支払いが必要になります。

②WiMAX契約時のキャンペーンへの影響

違約金の問題と似ていますが、WiMAXでよく実施されているキャンペーンは24ヶ月など一定期間の契約が必要になります。

@niftyの場合は6ヶ月と短いですが、それ以前に解除や変更をするとキャンペーンの対象外となるので注意しましょう。

③解約月も1ヶ月分の月額料金がかかる

解約月の料金は日割り計算がされず、まるまる1ヶ月分の料金がかかります。

注意しましょう。

④「解約」と「解除」の2つがある

@niftyにはWiMAXや光ファイバーなど個別の契約やオプションだけ利用をやめてしまう「解除」と、@niftyのすべてのサービス利用をやめて会員でなくなってしまう「解約」の2つの利用停止の方法があります。

どちらを選ぶかはケースバイケースとなりますので、本文の説明を参考に適切に選択しましょう。

⑤解約日の期日指定が出来ない

@niftyでは月の途中で解約しても実際の解約処理は月末になるので、期日指定は出来ません。

⑥月末締めである

20日締めなどのプロバイダもあるが、@niftyは月末締めなので解約や解除は月内に行えば問題なく処理されます。

⑦月末までは解除であれば取り消しが可能

「解除」であれば処理される月末のタイミングまでは取り消しが可能なので、誤って解除してしまった場合は取り消しをしましょう。

 

@nifty WiMAXを解除・解約する場合はこういった注意点をしっかりと押さえておきましょう。

まとめ

@niftyといえば、歴史のある大手プロバイダの一つで、WiMAXサービスについても「@nifty WiMAX」を提供しています。

本記事では、この「@nifty WiMAX」の解約について、方法や注意点を見てきました。

 

解約の際にもっとも注意すべきことは「違約金」です。

他のプロバイダでも同じことが言えますが、一定期間の契約が更新される「更新月」に解約することで違約金の支払いは不要になります。

違約金はタイミングに気をつければ本来支払う必要がないものですので、出来る限り支払う必要のなくなる更新月に解約することを心がけましょう。

 

また、もう一つ気をつけることは「解約」と「解除」という2つの利用停止の方法があることです。

@niftyのすべてのサービスを停止し、退会する「解約」は、今後@niftyを利用しないという場合に、そしてオプションごとの解約をする「解除」は光ファイバーなど他の@niftyのサービスをそのまま利用していくという場合の選択です。

自分の契約状況を踏まえて正しい選択をしましょう。

 

ここで挙げた「違約金」や「解約」「解除」以外にも今回は注意点などをまとめました。

@nifty WiMAXをもし解約や解除する場合は、この記事を参考にして失敗などがないようにして下さい。

この記事を書いたユーザー

Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。 Arimaの記事一覧

PICKUP

トップへ