自分に合った転職エージェントを選ぼう!特徴や違いを徹底比較!

目次 ※クリックで開閉します

転職エージェントとは無料で転職をサポートしてくれる強い味方であり、退職の方法や履歴書の作成方法など、様々なアドバイスを受けることができます。転職活動をする上で転職エージェントを使わない手はないといっても過言ではありません。

ただし、転職エージェントは数多くあり、各社様々な特徴があります。この記事では、大手の転職エージェントを中心にその違いや特徴を比較しながら説明いたします。また、転職エージェントの選び方のポイントや、活用方法も兼ねてお伝えいたします。

転職エージェントとは

「転職サイト」と「転職エージェント」は別モノ!

企業を探す際の最強のツールである転職サイトと転職エージェントですが、その違いがイマイチ分からないという方のために、その違いを説明いたします。

一番の違いは専属アドバイザーの有無

転職サイトは今求人募集している企業の情報を検索できるサービスです。ただ、単純な求人情報だけではなく、求める人物像や豊富な写真、先輩社員のコメントなど詳しい情報を得ることができます。また、履歴書、職務経歴書の情報をサイト内に登録することで、スカウトメールが届いたり、あなたにぴったりの企業を自動で紹介したりと、もはや単なる情報サイトの垣根を超えたサービス内容になっています。職務経歴書の書き方や面接の仕方など、転職活動における様々な悩みに対したアドバイスの情報も網羅されており、もはや転職における教科書のようなものでしょう。

ただし、どれだけ情報が豊富であっても、何を探していいかも分からない方にとっては苦痛以外の何ものでもありません。

そのような方には転職エージェントに登録することを推奨いたします。転職エージェントにはキャリアコンサルタントといったあなた専属のアドバイザーがつきます。

キャリアコンサルタントはあなたの転職の課題についてカウンセリングを行い、適性のある企業を紹介してくれるのです。

転職サイトと転職エージェントの一番の違いはズバリ、担当のアドバイザーの有無でしょう。やはり、第三者が傍にいるというのは心強いものです。

公開されている求人数も違う

求人の数も全く違います。数だけでいえば転職エージェントのほうがよいでしょう。その一番の理由は企業にとって「求人に登録するだけなら無料」だからです。

転職エージェントは求職者の紹介を経て、内定承諾が得られた段階でようやく紹介手数料が発生します。すなわち、採用が成立しなければ一切、お金を払うことなく面接ができるのです。ただし、転職サイトは掲載するだけで掲載料が発生します。

さらに、短い期間で多くの求職者が応募するので、「とにかく今すぐ採用したい企業」や「短期間で数多くの採用目標がある企業」がメインになるでしょう。

このような採用の形式の差はありますが、転職サイトに掲載している企業も転職エージェントには登録していることがほとんどなので、キャリアコンサルタントから紹介を受けた企業がすべて、非公開求人ではないので確認をしてください。

転職サイトに掲載をしていないが、転職エージェントに登録している非公開求人は「緊急性はないが、いい人がいたら採用したい」「専門的すぎて転職サイトでは採用できない」「面接などの採用にかかるマンパワーを投下できない」といった理由が大半だと思われます。意外とあなたにマッチした優良企業が発掘されるかもしれません。

企業との面接の調整のサポート

面接をしたい企業を見つけたら、担当のコンサルタントに伝えるだけで、募集企業とスケジューリングをしてくれます。推薦するということはそれなりに理由があると考えられるので、書類選考の通過率は、一般応募よりも比較的高いでしょう。

また、履歴書などの各種書類の添削もしてくれるので、初めての転職でも安心です。

最終的な転職成功率も転職エージェントの方が高い

転職エージェントが紹介しているので、「この人とこの企業はマッチングしやすいだろう」というキャリアコンサルタントの判断が含まれています。

企業側が転職エージェントをし尿している場合、あなたにも一定の評価や信頼を置いているはずです。全くマッチしない企業を紹介された場合、求職者だけでなく企業からの評価も落ちてしまいます。

このような背景から転職エージェントの方が転職成功率は高いと言えるでしょう。

転職エージェントごとに違いや特徴はあるのか

転職エージェントもさらに分類可能

総合型の転職エージェントと業種特化型の転職エージェント

転職エージェントは、とにかく多くの企業情報を持つ総合型のものと、専門分野に特化したものの二つに分けられます。

営業職や事務職などのどの業界にも必要とされる職種の場合や、自分が目指すべき業界が分からない場合、とにかく自分が向いている企業を客観的に判断してほしい場合は、総合型の転職エージェントのほうが良いでしょう。

反対に、自分が働きたい業界や職種が明確に決まっている場合は業種特化型のエージェントを推奨します。ただし、その業種を求めている企業があまりにも少ない場合、その業種専門のエージェントが存在しない場合もあるので、一度調べてみましょう。

医師、薬剤師、建築系などの士業などは企業からのニーズの割に、人が不足しているので専門型エージェントが大きな力になってくれるでしょう。他にも、福祉関連、webゲーム関連、ITエンジニア、アパレル系、海外企業(外資系)などの分野は、複数の転職エージェントが特化しています。

一般クラスの転職エージェントとエグゼクティブの転職エージェント

経験値による区分も存在します。30代、40代を対象にしたマネジメント職向けの転職エージェントなどがその典型ですね。

高年収の求人が豊富ですが、その分求められるものを大きくなっていきます。その反対に若手に特化した転職エージェントもあります。

総合型で一般クラスのおすすめ転職エージェントの特徴

リクルートエージェント

必ず押さえるべき転職エージェントの代表格です。例え専門的な分野での転職を希望していたとしても、一度はヒアリングしてもらうことを強くオススメします。

求人数も実績も圧倒的に多く、あなたに一押しの企業が見つかるかもしれません。

マイナビエージェント

キャリアコンサルタントの質が高いことで有名なマイナビエージェント。何をしていいか全く分からない方や、相談したいことがある場合はオススメできます。

パソナキャリア

名前にキャリアと入っているだけあって、高年収、好待遇向けの求人が豊富。パソナは派遣で有名だが、別会社なので注意。パソナグループによる幅広い求人数が魅力

typeエージェント

関西は少し弱いが関東地方に圧倒的強みを持っているのが特徴。地域特化している分、キャリアコンサルタントの徹底的なフォローが実現できています。総合的な求人数は少なめだが、関東だけで見ればかなり多いです。

DODA

インテリジェンスが運営している転職エージェント。総合求人数は第二位。とにかく非公開求人が多く、今まで知らなかった優良企業が見つかるかもしれません。

JAC Recruitment 

他のエージェントと比べれば求人数は少なめだが、外資系企業の紹介に関しては断トツで一番多い。海外勤務の求人も豊富であり、外国勤務を考えているのであれば、JACリクルートメント一択でしょう。

転職エージェントを選ぶポイントは?

転職エージェントを利用した成功率は、エージェントとの相性で決まる

転職エージェントそのものにも特徴はありますが、それ以上にキャリアコンサルタントとの相性も非常に重要です。あなたとの相性によって、評価点が変わるので紹介企業も多少変わってきます。

もし、あなたを高く評価してくれた場合は、求人募集をしていない企業でも面接のセッティングをしてくれたり、いきなり役員面接をすることができたり良いことづくめです。

合わないコンサルタントは遠慮なく変更してもらおう

キャリアコンサルタントとの相性があまりにも悪い場合や、専門知識が無いことから全く頼れないと感じた場合は、変更を申し出ることも可能です。

一回目の変更は遠慮なく申し出ても良いですが、それ以降は、明確な理由がない変更は断られる可能性もありますので、気を付けてください。

先方に変更してもらう以上、何が不満なのか、どう変更してほしいのかをしっかりと伝え、それ以降の無駄な変更を控えるべきです。

一つのエージェントに絞らず、複数の転職エージェントに登録しよう

エージェントによって紹介企業が変わってくるので、複数の転職エージェントに登録することを強く推奨いたします。複数登録することで、やっとエージェントの良し悪しも比較できるようになりますからね。1社だけでは、良いか悪いのか判断ができません。

また、1つのエージェントで2人や3人と複数のキャリアコンサルタントが担当につくことはかなり稀であり、基本的には1人が最後まで担当すると考えてください。

つまり、運悪く人間的な相性が悪い場合は紹介企業が限られてしまいます。担当を変更してもらうことも可能ですが、変更をお願いするのは少し気が引けますよね。複数のエージェント

登録することで、こういった場合にも備えられます。

総合型と特化型、一般クラスとエグゼクティブなど、種類を跨いだ登録もオススメ

複数のエージェントに登録する際は、似たような種類のものにこだわる必要は全くありません。総合的と特化型の組み合わせはよくある例でしょう。

例えば、違う業種への転職も考えているエンジニアのAさんは、メインはエンジニア特化のものを利用し、たまに総合のものを使う、など。また、一般社員向けのものと、ハイキャリア、エグゼクティブ向けのもので使い分けるのもオススメです。

無料で活用できるので、好きなだけ登録して、あなたにピッタリのキャリアコンサルタント出会いましょう。

まとめ

転職エージェントは人財の商社のようなものです。多くの求職者、多くの企業と接触を持ち、その橋渡しをする社会的貢献性の高い事業でしょう。

また、企業側は入社が確定するまで一切費用が発生しないので、安心して利用ができます。もちろん、求職者側は永久無料ですし、さらに、お祝い金などがもらえることもあります。

ともあれ、求職者にとってはプラスでしかない転職エージェントですので、複数登録してどんどん活用しましょう。稀に「沢山の転職エージェントに登録しても、入社する会社は一社だけなので、それ以外のキャリアコンサルタントを裏切ってしまうようで申し訳ない…」と感じる方がいらっしゃいますが、そう感じる必要は全くございません。

あなたの心を掴み、あなたに最も適した企業を紹介できるかどうかが彼らの実力の分かれ目であり、あなたが選ばなかったことはあなたの責任ではなく、彼らの責任なのです。

あなたにとって一番大事なことは転職を成功させることです。その一番の目的を絶対に忘れずに転職エージェントを最大限活用しましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ