転職

40代におすすめの転職エージェント・転職サイトはどこ?

40代の転職は厳しい状況です。しかし、40代から転職をはじめて、うまくキャリアアップを成功させている人もなかにはいます。ただ、40代の転職はしっかりとした準備と対策をせずにはじめた場合、ほぼ100パーセント失敗してしまうのです。

今回は、転職を手伝ってくれる転職サイトと転職エージェントについてご紹介します。

40代の主な仕事の悩み

同世代の人たちがどういうことに悩んで転職を決意するのか、興味はありませんか。

同期の男性社員と同じくらいの業績をあげているのに出世できない

バリバリ働き、会社に貢献してきた女性に多い悩みが、「男性社員との格差」です。仕事ぶりが給与や役職に反映されないというのは、企業体質の問題といえます。同じ会社にいる限り、解決するのは難しいです。

これ以上いまの会社にいても年収があがらないと気付いてしまった

会社の業績や業界内での立ち位置、上役の懐具合などからこれ以上の昇給が見込めないと気付いてしまった場合、転職のチャンスだと考えましょう。年収をあげるには、自分が取締役になって会社を変えるか、転職するかを選ぶ必要があります。

会社や社長の方針に嫌気が差した

会社や社長の方針が肌に合わない状態で、今後20年以上働きつづけるのは大きなストレスです。快適な勤め先を見つけて転職し、実力を発揮するほうが自分にとっても周りにとってもよい影響を与えます。

上司と部下に挟まれて人間関係がうまくいかない

40代は、役職的にも年齢的にも、ちょうど若手社員と取締役に挟まれる立場です。年齢や立場の違う人たちの意見をまとめるのは、簡単なことではありません。板挟みになった結果、社内の雰囲気が悪くなったり、上司や部下のミスを押し付けられたりするようになってしまったら、転職を考えるのもひとつの手です。

仕事がつまらないと感じるようになった

職責や仕事そのものも落ちついてくると、仕事に対する面白みを感じなくなってしまう人も少なくありません。変化がないということは、自分の能力の向上や経験の蓄積がとまっているということです。転職という大きな変化は、再度自分を成長させるきっかけとなります。

40代の転職メリット・デメリット

40代の転職における、メリットとデメリットをご紹介します。

40代の転職メリット

職場の中心人物としていきなり活躍できる

40代の転職希望者に企業が求めるのは、高い実力と経験をもっていることです。いいかえれば、エース級の即戦力として雇用されることが多いため、転職後すぐに実力を発揮することができます。

転職希望者が少ないため圧倒的な経験や技術で差別化しやすい

40代で転職を希望する人は、それほど多くはありません。数が少ないからこそ、自らの経験や能力、実績でほかの転職希望者との差別化を図りやすいのです。

これまでの経験や人脈を活かせば勢いのあるベンチャーにも入りやすい

長い経験や人脈は、お金で買うことができません。成長中のベンチャー企業では、細かな渉外活動や交渉などに強い人材を求めている場合もあります。うまくアピールできれば、将来性の高い企業へ転職することも可能です。

40代の転職デメリット

新しい環境に慣れるまで大変

若い人でも、新しい環境に慣れるまでは時間がかかります。年齢を重ねていれば、なおさらです。また、40代の場合社内のリーダーや管理者としての役割を求められます。これまでまったく関わりのなかった多くの部下を、上手にまとめる実力がないと仕事を進めることができません。

結果を求められるプレッシャーがある

転職先の企業は、40代の転職者に対して結果を強く求めます。結果を出せないと、年収等の条件が変更されたり、閑職に回されたりする可能性もあるのです。

転職後はどうしても収入がさがる

40代の転職で、大きなキャリアアップや年収アップを実現するのは簡単ではありません。多くの場合、収入はさがります。住宅のローンや子供の教育費など、必要な支出と収入のバランスを取ることができるよう、転職前の資金計画といった準備は必須です。

40代の転職で成功・失敗するケース

同じように転職活動をはじめたつもりでも、成功する人と失敗する人がいます。転職に成功している人はどうやっているのか、失敗する人はなにがいけないのか、ぜひ参考にしてください。

40代の転職で成功するケース

豊富な経験や成功体験をうまくアピールできる

40代のビジネスマンは、プロジェクトの企画や進行を自らが中心となって行った経験をもつことが強みです。部下の管理を含め、仕事を俯瞰で管理することができる能力は、身につけるのが難しいぶん転職市場において非常に強力なアピールとなります。

これまでの人脈や情報網を利用してニーズに合致した企業を選ぶ

取引先との付き合いや、個人的な親交から人脈を広げている40代も少なくありません。転職するにあたって、狙っている企業や業界がいまどのような人材を求めているのか、知り合いから話を聞くことができれば、企業のニーズに合わせた売り込みができます。

転職に関する情報を大量に集めている

40代以降はとくに、求人数が少ないです。だからこそ、40代の転職に成功するためには、どれだけ多くの情報を集めているかが重要になります。

あとで紹介する転職サイトや転職エージェントを複数利用して情報量を増やすのはもちろんのこと、自らも積極的に業界研究、企業研究をして転職に失敗するリスクを減らす努力は欠かせません。

40代の転職で失敗するケース

条件にこだわりすぎて転職先が決まらない

好条件の求人は数が少ないため、こだわりすぎるといつまでたっても転職できません。最低限妥協できない条件を決めて、それ以外は柔軟に考えるようにしましょう。

また、提示された条件をうのみにするのではなく、交渉してさらによい条件を勝ち取る工夫も、ときには必要です。

成功する確信もなく異業種に飛び込んでしまう

転職市場における、40代の強みは経験の豊富さです。経験がない異業種への転職は、アピールできる強みがないためけっしておすすめはできません。もちろん、まったく経験のない業種へ転職して成功する人もいますが、あくまでも一握りだと思っておきましょう。

マネジメント能力に自信がない

部下をまとめ、仕事を進めるマネジメント能力に自信がない場合、転職は難しいです。いわば兵士、作業員としての求人は、伸びしろのある20代やスキルをもっている30代が独占しています。

企業が働く40代に求めることってなに?

企業が40代の人材を求める理由をひとことでいうと、「リーダーシップをもつ人材がほしいから」です。同時に、後進の育成能力が高ければいうことはありません。

企業は40代にサッカーでいう「監督」の役割を求めている

プロサッカーチームでたとえると、20代や30代の転職者に求められるのはサッカー選手として活躍する能力です。一方、40代の転職者に求められるのは現役選手としての能力が高いことではなく、監督として戦略を考え、チームをまとめることなのです。

個人の能力よりも、いかに集団としての能力を高めることができるかが、評価を左右します。

40代が転職するうえで、おすすめの資格はある?

40代の転職では、資格が大きな強みになりづらいです。そこで、異業種に飛び込み、手に職をつけるのに役立つ資格を中心に紹介します。

①ファイナンシャルプランナー

資産運用を含む、総合的なお金のプロとしての資格です。できれば1級以上、CFP、AFPといったプロとして通用する上級資格を取得していれば、独立も視野に入れることができます。

②第二種運転免許

タクシー運転手として働くことができる資格です。一定以上の運転スキルがあることの証明にもなります。

③中小企業診断士

企業の経営状態を的確に把握し、適切に経営していけるようアドバイスをするための資格です。ビジネスマンにとっては、管理職に求められる広い視点をもっていることをアピールできるという魅力があります。

④宅地建物取引士

不動産業界に転職するなら、ぜひもっておきたい資格です。宅建を足がかりにマンション管理士などの資格取得を目指すことも可能ですし、営業の技術があれば不動産の営業マンとして独立を考えることもできます。

⑤電験三種

大きなビルや施設などの、電気設備のメンテナンスをするさいに必須の資格です。受験の条件がなく、未経験でも資格を取得すれば、電気関係の保安業務に転職することができます。

40代で転職するなら転職サイトか転職エージェントを利用すべき!

40代で転職を考えたとき、転職サイトや転職エージェントを利用しない、という選択肢はありません。使えるものはなんでも使って希望を叶えるハングリーさがないと、40代での転職は難しいです。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職活動をサポートしてくれるサービスには、大きく転職サイトと転職エージェントのふたつがあります。基本的に、求人情報の紹介、好きな求人に応募すること、転職に関する勉強ができること、といった機能はほとんど同じです。

しかし、転職エージェントの場合、キャリアアドバイザーという専属のスタッフが1名つき、担当者と話し合いを重ねながらよい転職先がないかを探していくことができます。

40代におすすめの転職サイトランキング

転職サイトは数多ありますが、求人数が多いものを利用するのがおすすめです。

【1位】DODA

公開求人のみならず、非公開求人も多い転職サイトです。40代限定の転職サイトではありませんが、求人数が多いぶんよい転職先が見つかる可能性も高いです。

【2位】フロム40

40代、50代の求人を中心に集めた転職サイトです。若者向けの求人が掲載されていないため、ニーズに合わない企業に応募してしまって書類選考にとおらない、という無駄をなくすことができます。

【3位】リクナビNEXT

20代や第二新卒の転職から、40代、50代の転職まで幅広く扱っている転職サイトです。さまざまなジャンル、応募条件、勤務地の求人を探すことができるため、希望の職種にどのような求人があるのかを確認するだけでも役に立ちます。

40代におすすめの転職エージェントランキング

40代におすすめなのは、専属の担当者がつく転職エージェントの利用です。

【1位】ビズリーチ

ビズリーチは、年収1000万円以上の求人も扱う、トップビジネスマンのための転職エージェントです。6500以上の企業が利用しており、1800人のヘッドハンターがおすすめの求人を紹介してくれます。

【2位】JAC Recruitment

JACリクルートメントは、外資系をはじめとする海外企業の求人に強い転職エージェントです。マネジメント職の求人も多く扱っているため、40代の転職には最適といえます。

【3位】リクルートエージェント

国内の転職サービスにおいて、トップクラスの転職成功実績を誇るのが、リクルートエージェントです。40代の転職エージェント選びでは、いかに優秀なエージェントを抱えているかが重要になってきます。

その点、実績の豊富なリクルートエージェントは、アドバイザーの質も高いため安心です。

まとめ

40代は、企業から高いマネジメント力で即戦力として活躍することを期待されています。大幅なキャリアアップや収入アップこそ難しい年代ですが、企業風土や人事評価システム、社内の人間関係を気に入る企業に転職できれば、今後20年快適に働くことができるのです。

ただ、転職に成功するためには、転職エージェントの活用が欠かせません。サポートの弱い転職サイトだけでは、大量の求人から自分に合ったものを選び取るのが難しいからです。40代の転職は、転職エージェントを利用して上手に進めていきましょう。

ABOUT ME
hori
nanairoでは、転職、カードローン、脱毛、通販などのジャンルを担当させてもらっています。