転職

30代におすすめの転職エージェント・転職サイトはどこ?

チャンスの神様には、前髪しかありません。本格的な年収アップやキャリアアップ、思い切った転職をつかみ取りたいと考えるなら、30代のうちに動きはじめましょう。

社内で責任ある立場につく人も出てくる30代だからこそ知っておきたい、転職の成功要因や失敗の原因、利用するべきおすすめの転職サポートをご紹介します。

30代の主な仕事の悩み

30代のビジネスマン、ビジネスウーマンの多くが仕事に悩みを抱えています。

同期が出世するなか自分だけ取り残されている

とくに、30代の男性は働き盛りだからこそ出世話に敏感です。出世できないのは能力がないからだと悲観的になってしまう人も少なくないですが、優秀な人でも会社の査定基準と自分の能力にずれがあることが原因の場合もあります。

任される仕事が増えすぎてやりたい仕事ができなくなった

部下をもつようになり、マネジメント中心の仕事が増えてくると、自分のやりたいことや自分の仕事ができずに歯がゆい思いをすることも少なくありません。

結婚や妊娠に対して職場が理解をしてくれない

女性にとって、30代は結婚や妊娠についてもっとも深く考える時期です。それだけに、会社側に理解がないと「仕事を取るか、結婚や妊娠出産を取るか」深く悩むことになります。

人生の一大事だからこそ、子育てのサポートが充実している会社に転職するという解決策が必要なのです。

自分の能力が給料に反映されていない

仕事量や内容に給料が見合っていない、自分の能力がきちんと評価されないというのは大きな苦しみです。会社によって人事の評価基準や福利厚生の充実度、人件費にかける余裕は違いますので、正しく評価してくれる会社に転職した方が良い場合もたくさんあります。

仕事の責任が増えて私生活とのバランスが取れなくなってきた

日本の企業では、できる人に仕事を集中させることが多いです。上司からは大量の仕事を振られ、部下の尻拭いもしながら自分の仕事もしなければならない。このような状況で家族との時間が持てない、趣味を楽しむ余裕もないなら、思い切って転職した方がライフワークバランスも取ることができるようになります。

30代の転職メリット・デメリット

30代の転職における、メリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

30代の転職メリット

経験と能力があるからこそキャリアアップできる

30代は、仕事に必要な経験と力、そして向上心を兼ね備えた年代です。いまの会社よりも業績のよい会社に転職すれば、管理職を目指すこともできるのです。

本当にやりたい仕事をすることができる

これまでの経験があるからこそ、本当にやりたい仕事がなにかをはっきりと意識し、やりたいことができる会社へ転職できます。

IターンやUターン転職に強い

即戦力として通用することは、全国どこにいっても評価される30代の強みです。30代は子供の成長や親との同居、ライフスタイルの思い切った変化に合わせて地元に戻るIターン、Uターン転職を考えるのにうってつけの年代といえます。

30代の転職デメリット

まったく別の業種にチャレンジするのは難しい

30代からまったく違う仕事に飛び込んで成功するのは、決して簡単ではありません。これまでの経験や技術を上手に転用できなければ、転職するのは難しいです。

転職先をうまく見極めないと年収や待遇が大きく下がる可能性もある

転職をするなら、年収や働き方など、何かしらの改善ができる会社を見極めなければなりません。一般的に、転職は年齢と回数を重ねるほどつぎの成功が難しくなり、年収や待遇も落ちていくのです。

転職直後は一時的に収入がさがる

ヘッドハンティングでもない限り、転職直後は一時的に収入がさがります。前職をやめてから転職し、収入を取り戻すまでの生活費をどうするかも考えておくべきです。

30代の転職で成功・失敗するケース

30代の転職において、どういう人が成功してどういう人が失敗するのか、ご紹介します。

30代の転職で成功するケース

即戦力になることができるとアピール可能

30代のビジネスマンとして転職を成功させるには、「自分を雇うとどうして企業にとって得なのか」を具体的に説明できなければなりません。

そして、多くの企業は即戦力を求めています。だからこそ、30代はこれまでの経験やプロジェクトの成功事例、技術を伝えて一定以上のスキルをもっていることをアピールする必要があるのです。

深い知識や専門的なスキルを身につけている

その道のスペシャリストであること、高い能力を身につけていることは転職において大きな武器となります。ほかの転職希望者に一歩先んじて転職を決めるのは、自分の優秀さをしっかりと転職希望先に伝えることができる人です。

積極性をもっている

積極性は、あらゆるビジネスにおける成功の秘訣です。ずば抜けて優秀でもない限り、積極性のない転職希望者を高く評価する企業はありません。

転職では、自分のよさや能力、なぜ転職が必要なのかといったことをアピールできる積極性が大事なのです。転職は、自分という商品を企業に売り込むビジネスだと考えましょう。

30代の転職で失敗するケース

転職を希望するしっかりした理由や目的がない

20代ではチャンスのある「なんとなく」での転職も、30代以降では通用しなくなってきます。目的や理由のない退職、転職は企業から「雇っても辞めてしまうのではないか」と思われてしまうだけなのです。

前の会社を辞めてから転職をはじめた

退職してから本格的に転職について考えはじめるのは、リスクが大きすぎます。転職活動が長引くと生活費の問題が出てきてしまい、希望の会社を見つけるまえに安易に転職先を決めてしまうことにつながるからです。

前職の経験をうまく活かせない

どれだけ優れた能力をもっていたとしても、採用のときにしっかりアピールできないと転職はできません。転職活動をするときは、これまでの経歴や自分の得意な仕事を棚卸しして、転職先でどのように活かすのかをよく考える必要があります。

企業が働く30代に求めることってなに?

企業が30代の転職希望者に求めるのは、「即戦力のビジネススキル」と「新しい人間関係のなかでも円滑に仕事を進めるマネジメントスキル」です。

ふさわしい能力が前提になるため、転職のハードルは20代よりも高くなってきます。しかし、その分、転職によって自身の能力に応じた待遇や評価を受けることもできるのです。

とくに、マネジメントの経験や技術は、将来の管理職登用へもつながります。企業は優秀な人材を雇うことができ、転職希望者はキャリアを手に入れることができるのが、30代の転職なのです。

30代が転職するうえで、おすすめの資格ってあるの?

30代の転職に役立つ可能性が高い、おすすめ資格5つをご紹介します。

宅地建物取引士

資格がない場合、大きな不動産取引には関わることができません。不動産業界への転職を考えているなら、いわゆる宅建の取得は必須です。

①中小企業診断士

基本的な経済論から財務会計、経営理論、中小企業の経営プランなどを学ぶことができます。健全な企業経営に必要な知識をそろえることができるため、管理職を目指すならぜひもっておきたい資格のひとつです。

②行政書士

官公庁などの行政機関に提出する書類作成を、代行することができる資格です。日本は契約書社会ですから、契約書や書類に詳しいことは転職において大いに評価されます。また、将来的に独立を考えることができるのもポイントです。

③基本情報技術者

本格的なITエンジニアとしての知識を証明することができる、難関資格のひとつです。IPパスポート試験の上位にあたり、さらに応用情報技術者という資格もあります。レベルの高い資格であればあるほど、ITに精通していることをアピール可能です。

④医療事務

医療関係の仕事は需要が多く、資格が必須なので未経験からでもチャレンジしやすいという特徴をもっています。資格をもっていれば転職のチャンスが増えるため、とくに女性におすすめの資格です。

30代で転職するなら転職サイトか転職エージェントを利用すべき!

転職活動において、採用を決めるのは企業の採用担当者、つまり他人です。自分の能力や意欲を選考で正しく相手企業に伝えるためには、「他人から見た自分の市場価値」を客観的に捉える必要があります。

だからこそ、第三者である転職サイトや転職エージェントを利用すべきなのです。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントの違いは、「専任のキャリアアドバイザー」がつくのかどうかです。30代の転職では、人それぞれ仕事の経験や能力が違います。そのため、より細やかなアドバイスをしてもらうことができる転職エージェントのほうが向いています。

30代におすすめの転職サイトランキング

【1位】リクナビNEXT

求人数が多い業界大手の転職サイトです。気になる企業に直接応募することができるため、どういう会社に転職したいかはっきり決まっている人にとって非常に使いやすい転職サービスとなっています。

【2位】キャリア転職サイト@type

首都圏を中心に、古くから求人紹介を行っている企業が運営する転職サイトです。各種の求人を確認できるほか、登録した情報にもとづいておすすめ求人を教えてくれるマッチングサービスやオファーDM、スカウトといった機能も充実しています。

【3位】はたらいく

これまでに培ってきた能力を活かして、Iターン転職、Uターン転職を考えるなら地域密着型の求人情報が多いはたらいくの利用がおすすめです。地方都市の求人をたくさん扱っているため、大手にはない魅力的な求人を見つけることもできます。

30代におすすめの転職エージェント

【1位】リクルートエージェント

転職エージェントは多数ありますが、業界トップクラスのリクルートエージェントはアドバイザーや営業担当の質が高いです。質の高い求人が目白押しなので、キャリアアップや能力に応じた転職先を見つけやすくなっています。

スカウトシステムも充実しており、魅力的な企業からスカウトを受けて転職に成功するケースも少なくありません。

【2位】JACリクルートメント

おもに、外資系や海外企業の求人を扱っている転職エージェントです。高い能力をもつ人材でないと、求人を紹介してもらうことすらできません。好条件の求人が多いため、うまく活用すれば思い切ったキャリアアップをすることもできます。

転職希望者を厳選していることもあり、キャリアアドバイザーの助言がとてもていねいです。

【3位】DODA

DODAの求人数は、業界トップクラスとなっています。それぞれの業界経験者をキャリアアドバイザーとして採用しているため、業界の裏話や採用の豆知識などを聞きながら、転職活動を進めることができるのが特徴です。

まとめ

30代の転職は、求められるハードルが高い分、成功すれば大きなリターンを手にすることができます。無事選考に通るためには、自分の市場価値と企業が求める人材のレベルが釣り合っているのかを見極めなければなりません。無理なチャレンジは、即失敗につながってしまいます。

そのため、30代の転職には転職サイトと転職エージェントの利用が欠かせません。ひとつのサービスにこだわる必要はないので、まずは気になる転職サポートサービスを利用してみて、自分の強みや市場価値を評価するところからはじめましょう。

ABOUT ME
hori
nanairoでは、転職、カードローン、脱毛、通販などのジャンルを担当させてもらっています。