転職

転職サイトとハローワークはどっちがいいの?特徴や違いを比較

転職を考えるうえで、転職サイトとハローワークのどちらを利用すればよいのかは人によって違います。もし、両者の違いを知らないまま適当に転職活動をはじめてしまうと、転職に失敗してしまうこともあるのです。

今回は、転職サイトとハローワークの特徴と違いを紹介し、どういう人におすすめなのかを説明していきます。

転職サイトの特徴

転職サイト最大の特徴は、「営利企業が運営する、民間の転職サポートサービスである」ということです。

企業がお金を払って人を募集する転職サイト

転職サイトとは、転職したい人に求人を紹介する転職支援サービスです。民間企業が運営を行っており、企業によい人材を紹介して見返りをもらうことで利益を出しています。

企業は経費がかかるものの優秀な人材を雇うことができ、転職サイトはよい人材を企業に紹介することでお金を稼ぐことができ、転職したい人は転職サイトのサポートを受けながら企業の求人を紹介してもらうことができるのが転職サイトなのです。

よい転職希望者をよい企業に紹介するためのサービスが充実している

転職サイトは、企業が満足するよい人材をたくさん紹介すればするほど売上がアップします。そのため、転職サイトに登録した転職希望者に対するサポートが手厚いです。

自己分析から面接対策、履歴書、職務経歴書の書き方、転職に有利になる知識や資格、技術の紹介などさまざまな面から転職希望者の後押しをしてくれます。

無料で利用できる

企業は求人を出すのにお金が必要ですが、利用者は基本的に無料ですべてのサービスを利用可能です。

ハローワークの特徴

ハローワークの一番大きな特徴は、「地域の人々の就職支援をする公共サービスである」ということです。

企業が1円も払わずに求人を出すことができるハローワーク

ハローワークは、厚生労働省が管轄する行政機関です。営利企業ではないため、転職サイトと違って求人を出す企業も無料で利用することができます。

求人の質は問わず、とにかく人がほしい企業と職がほしい人を結びつけるために存在している機関です。

転職弱者をサポートするために存在している

ハローワーク本来の目的は、地域の雇用を安定させることです。そのため、キャリアアップや好条件での転職先だけを厳選して取り扱うようなことはありません。経歴に空白期間がある、転職回数が多い、年齢が高めでなかなか求人がないといった転職弱者をサポートするのが目的だからです。

求人を出したいという企業ならどこでも利用することができますし、就職をしたいという人はだれでも求人を紹介してもらうことができます。一方で、利益を出すことを目的としていない分、民間企業が運営する転職サイトに比べてきめ細やかなサポートを受けるのは難しいです。

利用料はかからない

企業も利用者も、一切利用料はかかりません。むしろ、特定の条件を満たす人を雇用した場合には企業が助成金をもらうこともできます。

転職サイトとハローワークの違い

転職サイトとハローワークの違いを、求人の数や質、転職サポート面、利用のしやすさからそれぞれ見ていきましょう。

転職サイトは好条件の求人が多い

企業は、転職サイトを利用するためにお金を支払っています。能力の高い人材、自社の雰囲気に合う人材の採用に前向きです。そのため、転職サイトで扱われている求人は全体的に年収が高く、待遇もよいことも多くなっています。

また、転職サイトは雇うつもりもないのに助成金目当てで求人だけを出しているカラ求人や、募集内容と実際の労働条件がまったく違うブラック企業もほとんどありません。転職サイトでカラ求人を出すとお金の無駄になりますし、転職サイトは求人を載せる前にある程度企業のことをチェックしているからです。

ハローワークは地元の求人が多い

ハローワークは、無料で求人を出すことができます。お金がかかる媒体で求人を出していない企業も、お金がかからない気楽さから「とりあえず」で求人を出すことができるため、とにかく求人数が多いです。

また、ハローワークは国の行政機関ですので、全国の都道府県、市区町村のどこにでも「近所のハローワーク」が存在します。近くに無料で求人を出すことができる機関があるため、求人にお金をかける余裕があまりない中小企業や、地元企業からの求人が集まりやすいです。

一方で、カラ求人やブラック企業の求人が多いというデメリットもあります。営利を目的としていない分、ハローワークでは求人情報のチェックが厳しくないからです。

転職サイトは転職サポートが充実している

転職サイトは、転職に成功する人が増えると儲かります。魅力的な人材でも、転職活動でうまく自分をアピールすることができないと採用にはつながりません。そこで、特に転職サポートに力を入れているのです。自身の利益を追求するためですので、転職サポートはハローワークよりも充実しています。

受けられるサポートは幅広く、かつ実戦的です。普段なかなか書く機会のない履歴書や職務経歴書の書き方、自分では気づかない強みを判定してくれる自己分析、自分の経歴や能力に合わせた求人のおすすめから面接中の質問に対する答え方、面接後に採用担当の印象に残るお礼状の出し方まで、企業の元採用担当や長く転職サポートしている人から教えてもらえます。

ハローワークは職業訓練を受けられる

職業訓練とは、語学やプログラミング、電気工事、事務など、転職に役立ちそうな技術や資格取得の勉強をすることができる制度です。講座の多くは、教科書代を除けば無料で受けることができるようになっています。

また、ハローワークも面接対策や履歴書の書き方指導をしています。ただ、忘れてはならないのが、ハローワークは基本的に転職弱者のためのサービスだということです。

ハローワークで受けられる転職サポートは、好条件で求人を出している企業の選考において、自分を上手にアピールして採用を勝ち取るテクニックではありません。むしろ、転職活動をするうえで知っておくべき必要最低限のマナーに近いものだと考えましょう。

転職サイトはネット中心で転職活動ができる

転職サイトは、名前のとおりインターネット上にあるサイトが転職支援サービスの本体です。パソコンやスマートフォンを使えば、24時間いつでもどこからでも求人情報を確認することができます。

大量の求人情報を比較するのも楽なうえに、転職活動を好きなタイミングではじめることができるのもポイントです。転職しようか迷っている人から、仕事を続けながら転職したいと考えている人、いますぐ転職したい人まで、活用できる場面が幅広いといえます。

ハローワークの転職活動は対面中心

ハローワークは実際に近くのハローワークに出向いて求人を検索する、職員と相談して求人を紹介してもらう、という対面でのやり取りが中心です。

ネットで求人情報を検索できるサービスもありますが、登録されている求人のうち一部しか閲覧できず、使い勝手がよいとはいえません。ハローワークそのものが朝から夕方までしか開いていないこともあり、日中に時間をつくって転職活動をできる人でないと利用しづらいのも事実です。

転職サイトとハローワーク、どっちがおすすめ?

両者がそれぞれどういう人に向いているのか、お伝えします。

転職サイトが向いている人

転職サイトは、比較的年齢の若い人、転職による収入アップやキャリアアップを考えている人、手厚く転職サポートをしてほしい人におすすめです。

積極的に収入アップ・キャリアアップを考えている

転職サイトは、広告費がかかるぶん資金に余裕のある大企業、勢いのある中小企業の求人がおもに掲載されています。将来性や高い能力のある人を募集しているため、収入や福利厚生などの条件がよいことも多いです。好条件の転職先を見つけるにはうってつけといえます。

20代・30代・第2新卒

若い世代の人は、転職サイトのほうがおすすめです。転職市場では、若さが武器になります。将来性や意欲、これからの働きぶりを評価されて採用される可能性があるからです。

転職活動に慣れていないためできる限りのサポートがほしい

転職活動のサポート体制に関しては、ハローワークよりも転職サイトのほうがよいです。

自らの目指す業界や、これまでの自分のキャリアに合わせた行き届いた指導を受けられるのは、転職活動に不慣れな人にとって大きなメリットとなります。

ハローワークが向いている人

ハローワークは、年齢が高めの人、地元で働きたい人、転職が難しくなる条件をもっている人に向いています。

地元から離れたくない事情がある

ハローワークでは、大企業やベンチャー企業の採用こそ少ないですが、地元中小企業の求人が豊富です。

地元が好き、親の介護がある、持ち家があるため住所を移したくないなど、なんらかの理由で地元での転職を考えているなら、地域密着型の求人を多く扱っているハローワークの利用が向いています。

年齢が高め

一般的に、転職したい人の年齢が高ければ高いほど転職は難しくなります。勤続可能年数が若者よりも短い、加齢によって病気などの健康リスクがある、新しい技術や仕事の仕方を覚えるまで時間がかかることが多い、年上の部下は扱いづらいイメージがある、といった理由があるからです。

しかし、雇用を安定させる目的で運営されているハローワークなら、年齢が高めな人向けの求人も取り扱っています。転職サイトよりも全体的な求人数が多いため、チャンスもたくさんあるのです。

空白期間や結婚予定など転職が難しい条件をもっている

前職をやめてから空白期間がある、結婚や出産の予定があるなど、転職を難しくしてしまう条件をもっているなら、ハローワークを利用しましょう。

ハローワークの求人情報は、応募要件がゆるいものも多くあります。単純な就職のしやすさなら、転職サイトよりも優れているのです。

両方登録するのはありなの?

転職サイトとハローワーク、両方に登録して転職活動をするのも、もちろんありです。

たとえば、メインの転職先は転職サイトで探しつつ、面接対策や履歴書のチェックは両方のサービスを利用し、面接に慣れるために何度かハローワークの求人に応募する、といった使い方をすることもできます。

ただ、ハローワークは夜間や休日に利用できません。両方登録して活用できるのは、ある程度まとまった時間がある人だけになるでしょう。

まとめ

質の高い求人が多く、転職サポートが充実していて24時間いつでも手軽に使うことができる転職サイト。地元の求人が多く、職業訓練なども受けることができる一方、朝から夕方までしか利用できず、カラ求人やブラック企業の求人もまぎれこんでいるハローワーク。

どちらも無料で利用できますので、転職サイトとハローワーク両者の特徴と強みを知って、自分の転職活動に役立つ使い方を考えましょう。とはいえ、ハローワークでなければ転職先が見つからないという人以外は、最初に使い勝手の良い転職サイトから始めてみるのがおすすめです。

ABOUT ME
hori
nanairoでは、転職、カードローン、脱毛、通販などのジャンルを担当させてもらっています。