MENU

転職は自分だけのものではない!不安があっても家族に相談しよう!

現在転職を考えている方、実際に活動している方は、その事実を周りの人に伝えているでしょうか。友人、恋人、パートナー、両親、兄弟など、あなたの重大決心を伝えるべき相手は様々ですが、誰でも良いので相談をしておくことをオススメします。

特に家族、その中でも一緒に生活を共にしているパートナーやご両親には絶対伝えるべきでしょう。あなたが転職するべきかどうかの判断材料にもなりますし、新しい知恵や方法が見つかるかもしれません。

この記事では、家族や身内の方に転職について相談すべき理由、そのベストタイミング、そして反対された時の対処法について解説していきます。

目次

転職の意思を家族や身内に伝えたほうが良い理由

生活を同じにするものとして、収入の話は他人事ではない

結婚していれば、収入はあなただけのものではありません。あなたの収入が減れば、パートナーの収入も減りますよね。なので、転職することで収入に変化がある場合は、必ず伝えるべきです。自分には知らないところで、住居や自動車購入などの出費の予定があるかもしれません。ただそれを事前に伝えておけば、その予定を変更する、他の出費を減らすなど、調整ができるはずです。

お子さんは当然ですが、ご両親もあなたの収入に依存している場合は、なおさら相談すべきでしょう。

説明をしておくことで、不安を解消することができる

転職に不安はつきものです。新しい仕事そのものへの不安だけではなく、職場での人間関係や起床と就寝の時間が変わることへのストレスや、当然、収入面、昇給などの不安もあるでしょう。転職を実現するにはこの不安から逃げていてはいけません。真正面から立ち向かい、一つずつ克服していく必要があります。当然、転職を考える以上、現状の仕事に不満をもっているはずなので、今の仕事を働き続けていても、不安があるはずです。

このような不安を家族に伝えて、共有することで不安を軽減できます。転職の悩みは職場の人にもなかなか言えない内容なので、自分ひとりで抱え込んでしまい、不安の渦に巻き込まれてしまうケースが多々あります。そういった不安定な精神は、面接でも自信の無さとして現れるので、不合格なりやすくなります。そして、その結果でまた落ち込んでしまうのです。

また、不安な様子だけ家族に伝わっている場合、その家族の方も、あなたを心配しているはずです。悩んでいる様子を無理して隠すのではなく、そのふるまいも、その理由も包み隠さず共有することで、あなただけでなく周りの皆も不安が少し解消されるのです。

理解をしてもらえれば、転職活動の支えとなってくれる

転職の意向を伝え、それが受け入れられれば、それだけで大きな心の支えになってくれることでしょう。転職とは悩むものであり、その決断に重みがあります。その選択に正解は存在しないので、何度も何度も転職するべきかどうか悩むことでしょう。

そんな時に、「あなたの決断は間違っていない」という仲間や家族がいたらどうでしょうか。これは正しい選択だと思えるようになり、正々堂々と転職活動ができるのではないでしょうか。「最後の一押しが足りない」「あとちょっとの勇気が出ない」。特にそういった方は、信用できる人や家族に、応援してもらう気持ちで、背中を押してもらいましょう。

人に話すことで、自分の転職意志をより固められる

人間は能動的に目標を超えに出すと、達成する確率が上がります。これをコミットメントと呼び、営業経験者なら知っている人も多いでしょう。月間目標などを自らの口で発表し、他人に伝えることで「達成しなければならない」というプレッシャーや責任を負うという考え方です。

これは、心理学でも立証されており、一貫性の原理と呼ばれるものです。ただ、仕事における目標というのは、ほとんどが会社に決められたものであり、結局は外圧的かつ強制的な目標にすぎないので、大きなストレスを感じる人も多いでしょう。

しかし、転職に関しては外圧的なものではなく、あなたの能動的な意思です。自分で考え、悩みぬいた末の決意の場合は、反発できなませんし、100%あなたが責任を負うので、一貫性の原理は、より一層効果を発揮するでしょう。

また、お子さんがいらっしゃる場合は、子供にも伝えることを推奨します。それが0歳であっても10歳ででもです。年齢は関係ありません。なぜなら、「決意を子供がどう受け止めるか」ではなく「子供に伝えている時のあなたの意識変化」が目的だからです。「子供を守るために、幸せにするために絶対転職を成功させる」といった気持ちで語りかけると良いでしょう。

隠したまま転職活動をすることはとても大変…

「転職を考えていることを家族に伝えるのが怖い」、「心配をかけたくない」という気持ちはよく分かるのですが、それでも勇気をもって伝えることをオススメします。転職が決まってから報告したい方もかなり多いですが、事前に報告や相談することで転職が成功しやすくなるので、努力が必要な転職の場合は、決意した段階で伝えてしまいましょう。

隠れたままの活動は、自宅での企業研究も堂々とできませんし、家事育児などの家庭内業務が疎かになった時に不満を感じさせてしまいます。会社でも家庭でもリラックスできない環境では、転職のモチベーションも低くなってしまいます。やる気を培うためにも、会社以外は最善な環境にしておきたいところです。

転職の意志を家族や身内に伝えるタイミングや方法

妻や旦那、家族へは転職活動を始める前に伝えるのがベター

転職を考えている段階で、伝えてしまって構わないと思います。「なぜ退職したいのか」、「家族のことを養っていけるのか」、「今後はどうなるのか」といった話をとことん話すべきです。パートナーから転職の理解があるか、どうかで活動の熱量が全然違います。

活動中に報告すると「なぜもっと早く言ってくれなかったのか」といった不安などの感情が先行する可能性が高いです。また、それを言葉にまとめることで、あなた自信の考えも整理されるというメリットもあります。

両親への報告もできる限り早い方がいい

両親が一緒に住んでいない場合は、内定を獲得してから伝えるのも悪くないと思います。活動の進捗状況が伝えられず、不確定な情報だけ伝わることで、不安な気持ちだけ与える可能性があります。

ただ、妻や旦那などのパートナーと同じように、相談できる相手は一人でも多いほうが安心感はあるでしょう。また、思わぬコネクションなどを紹介してくれるかもしれません。

メールでなく、会話でしっかりと転職理由を伝える

最初の報告、相談はメールやラインといった文字情報ではなく対面や電話で伝えるべきでしょう。情報の正確性や、表情から読み取れる感情などが求められるからです。また、相手もあなたに聞きたいことが沢山あると思いますし、あなたも伝えるべきことが沢山あるはずです。一度話した上で、そのまとめを文章で送るのが最も丁寧かつ、信用を得る最善の方法でしょう。

もし家族に反対された場合はどうすればいい?

転職をすることでのメリットを伝える

ご両親に転職の相談をすると、割と反対されることが多いです。(終身雇用が一般的だったため)。したがって、転職するメリットを丁寧に伝える必要があります。もちろん、今の会社で働き続けることのデメリットでも問題ありません。あなたのことを大事に想ってくれている人であれば、最悪、体調を崩す可能性や、精神的疲労について伝えれば、転職の理解は得られるでしょう。

転職活動の方法やスケジュールを伝える

転職のスケジュールは必ず伝えましょう。もちろん、具体的に分からない場合は、現段階の計画で問題ありません。スケジュールを伝えることで、収入面の上下のタイミングが分かるので、収入面での不安が解消されますし、そのための準備もできるでしょう。実際、収入が変化することよりも、どうなるかが分からないことが不安の原因であることが多いです。

また、どんな企業を探しているのか、webで探すのか、転職エージェントに登録するのか、転職活動は退職の前から行うのか、退職後から始めるのか、といった具体的な部分まで踏み込んで伝えると尚良いでしょう。もしかしたら、企業を探してくれたり、失業保険について調べてくれたり、予想外のサポートを受けられるかもしれません。

必ず転職活動の報告をする

特に妻、夫には転職活動の進捗状況を細かく報告するべきです。しつこいくらいに伝えるべきです。新入社員研修で学んだ報連相をパートナーにするべきなのです。ただの愚痴や不満を言うのならともかく、転職活動の結果報告や相談をして嫌がられることはほとんどないでしょう。

なぜなら、転職を成功させないと、相手自身の生活にも影響を与えるからです。収入があなただけのものでない以上、新たな方法を得るための努力、活動は二人で行うべきです。ドライな考え方をするならば、会社を退職して収入が得られなくなると、パートナーの収入も減ることになるので、仲がどれだけ悪かったとしても転職関係の相談はなかなか無視できません。

例えるならば、2人だけの会社でしょうか。あなたが社長、パートナーが事務、もしくは相談役といったところです。適切なアドバイスをもらうためにも、相手を安心させるためにも、あなたの転職への熱を冷まさないためにも、報告は細かく行いましょう。

まとめ

人間は支え合って生きています。あなたが転職することによって左右される人間はあなただけではありません。守るべき人がいるのであれば、その方の意見も踏まえて後悔のしない決断をするべきでしょう。転職は自分だけのものではないことを念頭に入れておいてください。「自分さえよければよい」という考え方は、転職後に実害となって現れる可能性があります。

また、反対されたからといってすぐに転職を諦めないでくださいね。ご家族に相談する理由は、あなたの精神的不安の軽減と、転職のサポートを得ることです。反対されたまま転職活動をするのが難しいのであれば、説得し、了承を得てから始めるべきです。人に退職したい理由や転職先の目星などを伝えることは、あなた自身の転職に対する考え方を整理するのに最適です。

自己分析や、面接での練習だと思って粘り強く取り組んでみてください。しつこく説得すればいつか必ず応えてくれます。あなたが大事だと思う人ですから、あなたのこともきっと大事に想っているでしょう。そんな人が苦痛に耐えながら毎日、働くことも一種の不幸だと思います。

転職が成功しても、ご家族が不満であれば、その転職は結果的に失敗になる可能性もあります。家族みんなで、一緒に転職活動するくらいの気持ちで取り組めたら最高ですね。転職の喜びを家族全員で分かち合えてこそ、本当の成功と言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

nanairoでは、転職、カードローン、脱毛、通販などのジャンルを担当させてもらっています。

コメント

コメントする

目次
閉じる