引越しで大量に出た不用品や粗大ごみを処分する8つの方法を紹介!

引越しをすると驚くほど多くの不用品がでます。

これらの処分はどのように行えばよいのでしょうか。

引越しででた不用品の処分方法を、金銭面重視、スピード重視、どちらも重視に分けて紹介します。

引越しをする方は参考にしてください。

引越しで出てくる不用品は思いの外多い!

タンスや押し入れの中にしまった荷物まで引っ張り出すので、引越しで荷造りを始めると予想以上に不用品がでます。

不用品にどのように対処すればよいのでしょうか。

不用品が出ること事態は悪いことではない

大量の不良品が出ると、無駄なモノを買いすぎた、使っていないモノが多すぎるなど、落ち込む方が多いはずです。

不用品が出るたびに悪いことをしているように感じるかもしれませんが、不用品が出ること自体は悪いことではありません。

新居に運び込む荷物が減ると、荷造り・荷解きの手間が減るほか、引越し費用が安くなるからです。

引越しをする方はいるモノといらないモノを厳しく選別して、不用品を新居に持ち込まないようにしましょう。

無駄なモノを買いすぎたなど気分が落ち込んだ方は、ライフスタイルを改めるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

大量の不要品や大型のゴミは一般のゴミ回収では出せない

引越しで出た大量の不要品や大型のゴミは、基本的に一般のゴミ回収に出せません。

その他の方法で処分する必要があるのです。処分は様々な方法でできます。

不用品や大型ごみの処分方法は、手間はかかってもお金に換える方法、手間をかけず素早く処分する方法、お金と手間をあまりかけず処分する方法に分けられます。

具体的に、どのような方法があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

不用品を少しでもお金に変えたい!

自分にとってゴミであっても、世間一般では価値のあるものがあります。

これらの「ゴミ」は売却することができます。

手間はかかりますが、不用品をお金に変えたい方は次の方法を試すと良いでしょう。

引越し費用の助けになるかもしれません。

オークションサイト・フリーマケットへ出品する

不用品をできるだけ高く売りたい方は、オークションサイトを利用しましょう。

複数の落札希望者が競り合うので、人気のあるモノであれば予想以上の高値がつきます。

利用には、アカウントの作成、商品撮影、手数料(落札代金の数%程度)の支払いなどが必要です。

また、実際に商品が落札されると出荷作業も必要です。

高値で売却するためには出来るだけ多くの方の目に触れる必要があるので、オークションの開催期間は1週間程度がオススメといわれています。

高値で売却できる可能性はありますが、手間と時間がかかる不用品の処分方法といえるでしょう。

不用品をまとめて売却したい方にはフリーマーケットへの出店がオススメです。

良いものをできるだけ安く買いたい方が来場するので、希望する価格で売れるとは限りませんが一度にたくさんの不用品を並べて処分することができます。

便利な不用品の処分方法ですが、出店には参加料がかかります。

また、会場まで不用品を運ぶ交通手段が必要です。これらにお金をかけすぎると赤字になることがあります。

出店の申込期限はフリーマーケット開催日の1カ月前以上であることが多いので、フリーマーケットで不用品を処分したい方は計画的に行動しましょう。

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップの買取もお金になる不用品の処分方法です。

どれくらいの金額になるかはお店の方針や商品状態、人気によりますが、様々な不用品をまとめて売却することができます。

手間をかけずに不用品をお金に変えたい方にオススメです。

大型家具や大型家電を処分したい方にもリサイクルショップの買取はおすすめです。

状態によっては値段がつかないこともありますが、引き取ってもらえれば処分代が浮きます。

大型家具や大型家電を処分したい方は、積極的にリサイクルショップを利用しましょう。

専門の買取店舗に査定に出す

ブランド物の衣類や最新家電など人気の高い不用品は、リサイクルショップではなく専門店の買取を利用したほうが良いといわれています。

市場価値に沿った査定をしてくれるので、リサイクルショップに比べ高額になることが多いからです。

手間はかかっても高値で売却したい方は、専門店の買取を利用しましょう。

以上の方法で不用品を売却できます。

注意点は、すべての不用品を必ず売却できるわけではない点です。

売却できない不用品はその他の方法で処分する必要があります。他の方法も検討しておきましょう。

手間を掛けずに素早く処分をしたい!

大量の不用品を手間をかけず素早く処理したい方もいます。

あてはまる方は、次の方法で処分すると良いでしょう。

引越し業者に不用品回収を依頼する

不用品を素早く処分する方法のひとつが、引越し業者に依頼することです。

引越し業者の中には、有料で不用品の回収サービスを行っているところがあります。

引越しを依頼する流れで不用品の回収を依頼できるので、最も手間のかからない不用品の処分方法といえます。

見積もり時に相談すれば、料金を提示してくれるはずです。

不用品回収業者に依頼する

大量の不用品や大型のゴミは、不用品回収業者に依頼して処分することもできます。

不用品回収業者の良い点は、部屋を養生してから不用品を運び出してくれる点です。

大型のゴミであっても、部屋を傷つけず処分できます。

また、依頼者の予定にあわせてくれる点もよい点です。

回収日を指定できるので、忙しい方であっても不用品を処分できます。

興味のある方は見積もりをお願いしてみてはいかがでしょうか。

費用も手間もそこそこに処分をしたい

多少の手間がかかっても、費用を抑えて不用品を処分したい方もいるはずです。

あてはまる方は、次の方法で不用品を処分すると良いでしょう。

自治体ごとの粗大ごみ回収サービスを利用する

大型のゴミは自治体が行う粗大ゴミ回収サービスで処分できます。

料金と回収するモノは自治体により異なります。

(基本的には、一辺が30センチを超えるゴミ、金属、木、プラスチックでできているゴミを回収します。)

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどリサイクルの対象になるものは回収できません。

利用は以下の流れで行います。

  1. 自治体に粗大ごみ回収サービスの利用を申し込む。
  2. 所定のシールを購入する。
  3. 大型のゴミに2のシールを貼る。
  4. 指定日にゴミを廃棄する。

タイミングによっては、申し込みから回収まで数週間かかることがあります。

粗大ごみ回収サービスを利用する方は、早めに申し込みを行いましょう。

地域のごみ処理施設へ直接持ち込む

出来るだけ節約したい方は、自分で地域のゴミ処理施設へ持ち込むとよいかもしれません。

大量の不用品や大きなごみを運ぶ手間はかかりますが、大幅にゴミ処分代を抑えられることがあります。

利用にあたって、事前申し込みが必要になるケースがあります。

詳しくは、地域のゴミ処理施設へ問い合わせてください。

友人や知人に譲る

まだまだ使えそうなモノなどは、友人や知人に譲ることでも処分できます。

自宅にとりに来てもらえば手間を省けます。ただし、大型家具などになると運び出すだけで一苦労です。

運ぶ方法などを考えてから、友人、知人に譲りましょう。

最近ではSNSなどで不用品を引き取ってくれる人を募集し、友達にもシェアやリツイートで広めてもらう方法を取る方もおられます。

友人・知人の伝も馬鹿にできない時代になってきましたね。

まとめ

引越しをすると、大量の不用品や大型のゴミがでます。

これらの処分は様々な方法でできます。

少しでもお金に変えたい方は、オークションサイトやリサイクルショップを利用すると良いでしょう。

できるだけ早く処分したい方には、引越し業者のオプションサービスや不用品回収業者の利用がオススメです。

お金をかけずに不用品を処分したい方は、粗大ごみ回収サービスなどを利用すると良いでしょう。

いずれにせよ、不用品の処分にはそれなりの手間と時間がかかります。

引越しの予定が決まった方は、計画的に処分しましょう。