【2021新春】名店おせちの予約状況

クロロゲン酸を摂取できる食品と人気のサプリは?クロロゲン酸の効果を紹介

身近な食品に含まれるクロロゲン酸。

一部では、健康維持などに役立つとされています。

具体的に、どのような働きを期待できるのでしょうか。

クロロゲン酸に期待できる効果とクロロゲン酸を摂れる食品などを解説します。

気になる方は、参考にして下さい。

クロロゲン酸とは何か?

最初に、クロロゲン酸の概要を解説します。

クロロゲン酸は、どのような成分なのでしょうか。

クロロゲン酸とは

コーヒー

クロロゲン酸は、植物に含まれるポリフェノールの一種です。

コーヒーから単離されたこと、コーヒーに多く含まれていることなどからコーヒーポリフェノールと呼ばれています。

コーヒーというとカフェインをイメージしますが、含有量はカフェインよりクロロゲン酸の方が多いとされています。

強力な抗酸化作用

クロロゲンには、強力な抗酸化作用を期待できます。

抗酸化作用とは、体内で活性酸素の発生を抑制する、活性酸素の働きを抑制する、活性酸素を取り除くなどの働きです。

この働きにより、様々な健康にうれしい効果を期待できるのではないかと考えられています。

苦味成分のポリフェノール

クロロゲン酸を含むポリフェノールは、光合成によりできる植物の色素成分・苦味成分です。

クロロゲン酸は、コーヒーの生豆に特に多く含まれており、コーヒー特有の苦みを生み出す成分のひとつと考えられています。

コーヒーに含まれる主なクロロゲン酸は、カフェオイルキナ酸、フェロイルキナ酸です。

異性体を含めるとクロロゲン酸には、60以上の種類があります。

クロロゲン酸の効果・効能は?

ダイエット

クロロゲン酸には、様々な効果・効能が期待されています。

ダイエットをサポート

クロロゲン酸は、リパーゼの働きを阻害することで脂肪の分解・吸収を抑制する可能性があると考えられています。

この働きから、ダイエット効果を期待できるといわれています。

生活習慣病の予防

クロロゲン酸は糖質分解酵素を阻害することなどで、食後の血糖値の上昇を抑制すると考えられています。

このことから生活習慣病の予防が期待されています。

抗酸化作用

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸には、活性酸素の発生や働きを抑える強力な抗酸化作用があると考えられています。

適量であれば、免疫機能をサポートするなど健康に良い働きをする活性酸素ですが、その量が増えすぎると健康に悪影響を与えてしまいます。

つまり身体を酸化して錆びさせるといわれています。

クロロゲン酸は、強力な抗酸化作用で身体の錆を防ぐといわれています。

コーヒーでダイエット?!いま注目のクロロゲン酸のチカラ

コーヒー豆

コーヒーに含まれるクロロゲン酸はダイエットに役立つ可能性があります。

具体的に、どのような働きを期待できるのでしょうか。

コーヒー豆に多く含有するポリフェノール

クロロゲン酸は、コーヒー豆から単離されたポリフェノールの一種です。

コーヒーの生豆に特に多く含まれています。

その含有量は、カフェインより多いとされています。

コーヒーはクロロゲン酸を摂るのに適した食品といえるでしょう。

メタボを予防してくれる!

コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸は、メタボを予防する可能性があると注目を集めています。

このように言われる理由は、脂肪を分解する消化酵素・リパーゼを阻害して、脂肪の分解・吸収を抑制すると考えられているからです。

過去に行われた調査で、クロロゲン酸を多く含むコーヒーに脂肪肝を抑制する効果もあることが示唆されています。

糖尿病の予防にも?

メタボと脂肪肝以外では、糖尿病の予防にも役立つ可能性があると言われています。

血糖値が急激に上昇すると、余分な糖を脂肪に変えて蓄えるインスリンの分泌量が増えることによりメタボのリスクを高めるとともに糖尿病のリスクも高めます。

クロロゲン酸は、糖質分解酵素を阻害して食後の血糖値の上昇を抑制すると考えられています。

クロロゲン酸の摂り方

クロロゲン酸を利用したい場合、どのように摂れば良いのでしょうか。

クロロゲン酸の摂り方を解説します。

1日の推奨量・摂取量

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2015年版)」にクロロゲンの推奨量や摂取量は定められていません。

クロロゲン酸の推奨量や摂取量は公に定められていないと考えられます。

サプリメントなどに記載されている目安量を参考の摂ると良いでしょう。

摂取のタイミングは?

摂取のタイミングに関しても特別な決まりはありません。

食品から摂りたい方は食事のタイミング、サプリメントから摂りたい方は好きなタイミングで摂ればよいと考えられます。

妊婦さんには付加量が必要?

妊婦さん・授乳婦さんの付加量も定められていません。

妊娠中、授乳中であっても付加量を検討しなければいけないということはありません。

デリケートな時期なので、妊婦さん・授乳婦さんは、クロロゲン酸を摂る前に医師に確認しましょう。

クロロゲン酸の注意点や副作用

クロロゲン酸を摂りたい方は、注意点も確認しておきましょう。

過剰摂取・欠乏の影響を解説します。

過剰摂取すると?

基本的には、安全に利用できると考えられていますが、大量に摂取するとミネラルなどの吸収を阻害する恐れが指摘されています。

サプリメントなどから摂る方は、定められた目安量を守りましょう。

一般的な食事などから摂る量で問題を起こすことはほとんどありません。

欠乏すると?

欠乏の影響は特に指摘されていません。

健康維持に役立てたい効果が示唆されているので、興味のある方は積極的に利用すると良いでしょう。

クロロゲン酸と相性の良い成分とあまり良くないもの

クロロゲン酸を利用したい方は、相性の良い成分と相性のあまり良くないものも抑えておきましょう。

相性が良い成分

カルニチン
牛

脂肪をエネルギーに変える働きを助けます。

このことから、クロロゲン酸と相性が良いと考えられています。

メタボ予防などの目的でクロロゲン酸を摂る方は、一緒にカルニチンを摂るとよいかもしれません。

カルニチンは赤身肉や牛乳など動物性食品に多く含まれています。

相性があまり良くないもの

医薬品
医薬品

一部の医薬品と相互作用を示す可能性が示唆されています。

何かしらの医薬品を服用中の方は、念のため、医師に相談してからクロロゲン酸を利用しましょう。

クロロゲン酸を多く含んでいる食品

クロロゲン酸は、身近な食品に多く含まれています。

どのような食品に多く含まれているのでしょうか。

コーヒー
コーヒー

クロロゲン酸を含む身近な食品の代表です。

コーヒーカップ一杯に含まれるクロロゲン酸の量は55~240㎎程度といわれています。

ちなみに、焙煎したコーヒー豆より焙煎する前の生豆の方がクロロゲン含有量は多いとされています。

コーヒーからクロロゲン酸を摂るときは、カフェインの摂りすぎに注意しましょう。

カフェインを摂りすぎると、睡眠障害、不安、めまい、心拍数の増加などの影響が現れる恐れがあります。

さつまいも
さつまいも

コーヒーに匹敵する量のクロロゲン酸を含む食品がサツマイモです。

100gあたり220㎎程度のクロロゲン酸を含むといわれています。

サツマイモに含まれるクロロゲン酸は、表皮部に多く存在しています。

クロロゲン酸を摂りたい方は、皮ごと食べるとよいかもしれません。

りんご
リンゴ

りんごもクロロゲン酸を含みます。

リンゴはクロロゲン酸のほか、カテキン、エピカテキン、プロシアニジンなどのポリフェノールを含みます。

これらをまとめてリンゴポリフェノールと呼んでいます。

リンゴポリフェノールには、健康にうれしい様々な効果・効能が期待できるとされています。

ごぼう
ごぼう

ごぼうもクロロゲン酸を多く含むことで知られる食品です。

切ったごぼうを放置すると黒く変色するのは、クロロゲン酸などの成分によるといわれています。

クロロゲン酸のほかでは食物繊維が豊富です。

ごぼうも健康維持に活用したい食品です。

なす
なす

以上のほかでは、ナスがクロロゲン酸を含みます。

クロロゲン酸のほかではアントシアニンというポリフェノールを含みます。

この他では、ビタミンB群、ビタミンC、カリウムなども含みます。

まとめ

クロロゲン酸は、コーヒー豆などに多く含まれるポリフェノールの一種です。

コーヒーの苦みのもとになっているといわれています。

強力な抗酸化作用を期待できるとともに、メタボの予防や生活習慣病の予防などに役立つ可能性があるとされています。

サプリメントから摂ることもできます。

サプリメントのメリットは、カフェインを避けながらクロロゲン酸を効率よく摂れることです。

この点に魅力を感じる方はサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。

クロロゲン酸を摂取できるサプリメント

クロロゲンはコーヒーに多く含まれるポリフェノールです。

コーヒーをたくさん飲むとカフェインを摂りすぎてしまいます。

この点が気になる方は、クロロゲン酸を含むサプリメントを利用すると良いでしょう。

サプリメントを利用すれば、カフェインを気にせずクロロゲン酸を摂ることができます。

コレスリム

コレスリム

コーヒークロロゲン酸を高濃度に含むグリーンコーヒー豆に、メラメラサポート成分・Lカルニチン、

αリノレン酸を豊富に含む亜麻仁油、アミノ酸をたっぷり含むカツオ煎じパウダー、

ダイエッターにうれしいブロック成分を含むギムネマシルベスタ、

164種類の植物を使った植物発酵エキス・野草発酵エキスを加えたサプリメントです。

燃えるだけで終わらないので実感力が異なると評価されています。

製造は、GMP認証取得工場で行われています。

こだわりのサプリメントを探している方にオススメされています。

エクササイズコーヒー

エクササイズコーヒー

食べたものとたまったものにアプローチするクロロゲン酸に燃えるダイエットをバックアップするL-カルニチンとカルニチンを助けるコエンザイムQ10を配合したサプリメントです。

相性の良い3つの成分を配合することで効率のよいダイエットをサポートしてくれます。

無理なくスリムを目指す方にオススメされています。

MCTコーヒーダイエット

MCTコーヒーダイエット

ココナッツオイルなどに含まれるMTCオイル(中鎖脂肪酸)に糖質制限食のバランスサポート役・オメガ3系脂肪酸(DHA/EPA)とクロロゲン酸を豊富に含む生コーヒー豆エキスを加えたサプリメントです。

ダイエッターを応援する成分をバランスよく配合している点が魅力です。

製造は、GMP認証取得の九州の工場で行っています。

リピート率92.5%なので安心して利用できるはずです。

SOFINA iP
SOFINA iP

  出典:kao official

 

コーヒー生豆からクロロゲン酸のみをじっくりと抽出し、低分子コラーゲンとビタミンB6を加えたサプリメントです。

栄養成分が内側をめぐることで、疲れやストレスなどで低下しがちな美の活力に働きかけます。

厳しい環境でも美しくあり続けたい女性などにオススメされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

奈良出身!ファッション・おしゃれ大好き!海外ドラマにハマり中。 nanairoでは主に健康ジャンルを担当しています!

NEW POST