自営業でもカードローンでお金は借りれるの?おすすめ業者を紹介!

自営業だとお金は借りられないと思っていませんか。自営業だと借りられないというのは一昔前の話で、現在では自営業者でもお金は借りられます。

 

ただし、サラリーマンとは違う書類が必要だったり、目的によって違う種類のローンが組めたりと普通とは少々異なることもあります。自営業者がお金を借りるにはどうすれば良いのか詳しく見ていきましょう。

自営業者がカードローンを利用する場合のサラリーマンとの違いは?

自営業者の場合、勤め人であるサラリーマンとは異なる点がいくつかあります。理由は2つあり、1つは利用出来るローンが異なること、そして収入の証明をしなければいけないことです。

 

自営業の場合、生活資金を借りるのか事業資金を借りるのかというのが問題になります。カードローンは使途自由となっていますが、中には「ただし、事業資金を除く」と書かれていることもあります。

 

生活資金を借りる場合はどこのカードローン会社を選んでも良いのですが、事業資金を借りたい方は公的融資か自営業者用のカードローンを利用する必要があります。自営業者用のカードローンは手続きや必要書類が若干異なります。

 

また、自営業者は、収入が不安定だと捉えられています。サラリーマンの場合、会社がある程度の給料や社会保障を用意してくれています。

 

しかし、自営業の場合その保障はありません。もちろん、中には安定して収入を得ている方もいるし、普通のサラリーマンより収入が良いという人もいるかもしれません。自営業の場合、稼いでいる人もいれば、毎月赤字続きで生活に困っているという方もいるので、なかなか実態がつかめないのです。

 

金融機関はお金を貸すのが仕事ですが、きちんと返済をしてもらわなければ困ります。継続的に返済してもらうためには、安定した収入を得ているのかどうかをしっかり見極める必要があるのです。

必要書類が違う

事業者用ローンを利用する場合必要書類が異なります。

本人確認書類

本人確認書類は、通常のカードローンでも事業者用ローンでも必要になります。運転免許証が確実ですが、ない場合はパスポート健康保険証などでも代用できます。写真が必要な場合、住んでいる場所と住所が異なる場合は2つ以上の確認書類が必要となることもあります。

所得証明書

自営業者用のローンの場合、所得を証明する書類が必ず必要になります。納税証明書や確定申告書などきちんとした証明書が必要なので、あらかじめ用意するようにしましょう。

 

また、通常のカードローンでも所得証明書が必要となるケースもあります。消費者金融は希望額が50万円を超える場合、または他社との借り入れ合計額が100万円を超える場合に必要となります。銀行は各銀行の指定金額以上の借入の場合に必要となります。

 

ただし、個人事業主の場合これ以外の金額でも所得証明書が必要となることがあります。事前に用意をしておくとスムーズに申し込みが完了します。

確定申告書・決算書

自営業者用カードローンの場合、確定申告書や決算書類は必ず提出することになっています。カードローン会社によっては2期分必要となることもあるので、事前にどのくらいの分が必要となるのか確認しましょう。

 

中には事業を証明する書類の提出を求められることもあります。個人事業主は開業届を出せばそれで成立してしまいます。そのため、事業実態がつかめないのです。

 

事業を証明する書類は、営業許可証や報酬明細などが挙げられます。また、カードローン会社によっては、印鑑証明書や借入れ計画書などの書類が必要となる事もあります。どのカードローン会社に申し込みをするか決めたら必要書類を必ず確認しましょう。

在籍確認の方法が違う

自営業者の場合、在籍確認もサラリーマンとは異なります。サラリーマンの場合、電話以外でも在籍が確認出来る書類で対応してくれることがあります。

 

しかし、自営業者は必ず会社に連絡が来ます。家族経営で家族に知られたくない場合は、自分で電話に出られる時間帯を予め指定しておきましょう。インターネット申込みの場合、申込み後、オペレーターに電話して伝えておけば考慮してくれます。

職場に固定電話がなくても申し込める?

ほとんどのカードローン会社が、固定電話の電話番号以外の登録を認めていません。携帯電話や050のIP電話などは実態がつかめない、電話番号を変えやすいという特徴があるためです。

カードローンを組む前に固定電話を引くか、カードローン会社に相談をすると良いでしょう。

仕事場が自宅の場合でも大丈夫?

特に職場の指定はないところが多いので、仕事場はどこでも問題ありません。フリーランスの方で職場を持っていないという方もいるかと思いますが、その時は開業届の登録地で申込をします。仕事場が自宅で審査に不利になるということはないので安心して下さい。

自営業者は高額借り入れが可能

事業用のお金を借りる場合、高額な融資を希望する方が多いでしょう。通所のカードローンは基本的に個人への小口融資となるため少額の借り入れになりますが、自営業者用のカードローンであれば高額な借入れが可能です。

 

次の入金までのつなぎ融資が欲しい方、売り上げに波があるからいつでも借入れ出来る状態にしたいという方でもすぐに高額な資金が用意出来るのが自営業者用のカードローンです。これなら資金不足の時でも安心です。

自営業者は総量規制対象外

なぜ、高額な借入れが可能かというと、自営業者用カードローンでは、自営業者は総量規制の対象外となるからです。ただし、いくつか条件があります。

 

条件はカードローン会社によって多少異なりますが、一般的には以下の条件です。

  1. 個人事業主の確定申告書があること
  2. カードローン会社指定の事業計画書、収支計画、資金計画の提出をすること

0円申告で所得なしの事業者は借り入れできない?

事業を始めてまだ日が浅く、利益が出ていない、つまり所得がない状態では借り入れは出来ないのでしょうか。

消費者金融は総量規制対象なので所得なしでは借り入れできない

消費者金融で通常のカードローンを申込む場合、所得0円では借り入れが出来ません。消費者金融には総量規制という決まりがあり、年収の3分の1までしか融資が出来ません。所得が0円なら融資出来る金額は0円となるのです。

所得なしでも借りれる総量規制対象外のカードローンは?

しかし、総量規制の対象外のカードローンであればお金を借りる事が出来ます。総量規制対象外のカードローンは2つ、銀行カードローンと事業向けカードローンです。

銀行カードローン

銀行カードローンは、使途自由で総量規制の対象外なので、事業資金だけではなく、生活費の補てんをすることも出来ます。その他、自由度の高い使い道が出来るのが特徴です。しかし、消費者金融より審査は厳しい傾向にあります。

事業者向けローン(ビジネスローン)

事業者向けのローンは、使途が事業用に限られてしまい、生活費の補てんには充てられません。また、事業計画書などの提出もあり、やや面倒な点はありますが、高額な融資が可能なため、事業を軌道に乗せるためには便利なローンです。

 

銀行の融資を断られた場合でも、審査に通ることができ、通常のカードローンと同様に限度額までなら何度でも借入れ出来るのが特徴です。自営業者向けなのでしっかり書類を提出出来れば比較的通りやすいです。

自営業者は総量規制対象外なの?

ここで一旦、自営業者の総量規制についてまとめておきます。

個人事業主の場合

個人事業主の場合、消費者金融で借入をする場合は総量規制の対象になります。しかし、事業者向け、銀行カードローンを利用する場合は総量規制の対象外になります。つまり、どこで借入をするかで変わります。

法人の場合

総量規制は個人の借入に適用される法律です。法人で借入する場合は、そもそも総量規制は関係ありません。ただし、事業者用ローンは法人の代表者なら利用可能で、その場合総量規制対象外になります。

前年度の所得の申告を修正したらダメ!

よくインターネットの口コミで、所得の修正をすれば審査に通るとありますが、これは絶対にやってはいけません。バレれば審査に通過できないどころか、今後二度と借入が出来なくなる恐れがあります。総量規制を気にして書類の修正をするくらいなら総量規制対象外の金融機関に申し込みをすることをオススメします。

公的融資の利用とカードローンの利用はどっちがいい?

事業用の資金を調達するには公的融資という方法もあります。

公的融資とは

事業用の融資はおもに、政府系の金融機関(中小企業公庫や商工組合中央公庫など)と地方自体から受けることが出来ます。つまり、国や自治体が資金を提供してくれるものでこれを公的融資といいます。

 

公的融資の特徴は、金利が安いことです。しかし、手続きが遅く、実際に融資が降りるまで数ヶ月程度かかるものばかりです。

急ぎなら事業者向けローン(ビジネスローン)

少し金利は高くなりますが、すぐにでも融資を受けたい場合は、事業者向けのローンがオススメです。最短1日で審査結果が出て、早ければ翌日に融資を受けることが出来ます。公的融資と事業者向けのローンは目的に合わせて使い分けるのが賢い方法です。

自営業者でも借りれるおすすめカードローン

最後に自営業者にオススメのカードローンをご紹介します。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、実質年利率1.7%~17.8%、利用限度額は最高800万円です。

口座開設不要で、資金使途も自由(ただし、事業性資金には利用不可)なので、生活費の補てんにも使うことが出来ます。

オリックス銀行カードローンの詳細はこちらをご確認ください。

オリックス銀行カードローンの審査基準や在籍確認の方法は?

オリックスVIPローンカードBUSINESS

こちらは総量規制対象外の事業者用ローンです。オリックスVIPローンカードBUSINESSの特徴は、使途自由でプライベートにも使えるところです。実質年利率6.0%~17.8%、50万円~500万円まで借り入れ可能です。

 

ただし、1年以上事業を営んでいる個人事業主か、法人の代表でなければいけません。最短即日融資も可能なので、すぐに資金が必要な方にもオススメです。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの詳細はこちらをご確認ください。

オリックスVIPローンカードBUSINESS(旧オリックスクラブカード)の審査

アイフルのビジネクストカードローン

消費者金融のアイフルでも事業者用のカードローン商品があります。原則無担保、無保証で1,000万円まで借り入れ可能、実質年利率8.0%~18.0%です。

 

100万円未満と100万円以上では金利が変わり、100万円以上の高額融資の方が金利は安くなります。こちらは2年以上事業を営んでいる自営業者か法人の代表者が利用できます。1,000万円まで借り入れ出来るので、高額融資を希望する人にオススメです。

ビジネクストの詳細はこちらをご確認ください。

事業者専用ローンの『ビジネクスト(ビジネスローン)』の審査方法

まとめ

いかがでしたでしょうか。自営業者の場合は通常のカードローンを申込むより、自営業者向けのカードローンか公的融資を利用することをオススメします。

 

どちらの方が今の状況に合っているかを判断し、適切な借入れをすると返済もすんなり出来るはずです。適切な融資で事業を発展させて下さい。

PICKUP CONTENTS

トップへ