オリックス銀行カードローンの審査基準や在籍確認の方法は?

目次 ※クリックで開閉します

オリックスグループの『オリックス銀行カードローン』は、2012年3月から取扱開始した新しいローンサービスです。

 

三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクと比べれば、知名度の低いオリックス銀行ですが、最近はカードローンにすごく力を入れています。CMで篠原涼子さんが起用されているのをご覧になられた方もいらっしゃると思います。

 

まず最大の特徴は、銀行・コンビニなど「提携ATMの充実度」が群を抜いていることです。しかも、提携ATMご利用時は、「借入・返済どちらでも手数料終日無料」という嬉しいサービスを提供しています。

 

他にも「ご利用限度額最高800万円」「1000円~借り入れ可能」「口座開設の必要なし」「即時振込サービス」といったものがあります。

オリックス銀行カードローンの特徴

  • 提携ATMの充実度
  • 提携ATM利用手数料が終日無料
  • 利用限度額最高800万円
  • 1000円~借り入れ可能
  • 口座開設の必要なし

利用限度額に応じた借入利率

コース 利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%

申し込みから審査までの手順

条件

オリックス銀行カードローンは、以下の条件をすべて満たす方がお申し込みできます。

  • お申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満
  • 原則、毎月安定した収入のある
  • 日本国内に在住

(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)

  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる

1.必要書類の準備

申し込みする前に、あらかじめ必要書類の準備をしておきましょう。

①本人確認書類(以下のいずれか)

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 日本政府発行のパスポート

(顔写真入りのページと所持人記入欄(氏名・住所)のページ)

  • 在留カードまたは特別永住者証明書

②所得証明書類(以下のいずれか)

 

☆お勤めの方

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)(*1)

 

☆個人事業主・会社経営の方

  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)(*1)

 

(*1)税務署の受領印があるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知が必要となります。

③預金口座振替依頼書

返済方法が口座引落の方のみ提出します。振込(ATM)返済の場合には、提出不要です。

2.WEB申し込み

オリックス銀行のカードローン公式サイトで申し込みをします。

※毎日 AM 3:00~AM 4:10 定期メンテナンスのため申し込み手続きはできません。

 

必要事項の入力後、登録Eメールアドレスに「Eメールアドレス確認用URL」が送付されます。メールが届いたら「Eメールアドレス確認用URL」をクリックし、受信確認を行ってください。

 

受信確認が済めば、審査結果等の通知が今後Eメールで送られてきます。そして、ローンの審査が終わると、登録したメールアドレスに1次審査の結果メールが届きます。

※申込み受付時間、申込み内容の確認状況、審査状況などによって、1次審査結果の待ち時間は変わってきます。(最短即日~2.3営業日後~1週間後に回答)

3.在籍確認

次に、勤務先へ在籍確認の電話が行われます。担当者が勤め先に電話をする時は、基本カードローンの審査とは分からないようにしてくれます。

 

また、そもそも銀行名(オリックス銀行)で電話が掛かってくることが多いので、消費者金融に比べたら、同僚にバレる可能性は少ないと言えるでしょう。もし本人が出た場合は、簡単な確認で終わります。

 

しかし、

  • 職場に電話が掛かってくることがあまりない方
  • カードローンの審査ということが絶対に知られたくない方

など電話確認が絶対に困るという方はいらっしゃると思います。

 

そういった方には、他の銀行カードローンまたは消費者金融を検討することを勧めます。

 

具体例

一応、在籍確認は電話方式を採用していますが、実際にバンクイック利用者のレビューなどを調べたところ、勤務先に電話がなかったケースが多々あるそうです。

 

おそらくですが、収入や属性、借入れ希望額などを考慮した上で、電話確認するかしないかを判断していると思われます。

 

また、『バンクイック』の方が借入れ金額によっては低金利ですし、『オリックス銀行カードローン』に申し込みするよりは、電話確認なしの可能性がある『バンクイック』の方が、申し込む価値はあるんじゃないでしょうか。

4.ローンカード発行

在籍確認が済んだら、ローンカードが発行され、自宅に郵送されます。

※ローンカードは、郵送物の送付先を「ご勤務先住所」に選択されたとしても、自宅に送付されます。

5.必要書類の提出

ローンカードの発行と同時に、登録した Eメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が送られてきます。この「必要書類アップロードURL」をクリックし、準備した必要書類のアップロードを行ってください。

 

最終審査と必要書類の確認が終了したら、ローンカード到着後よりローンカードがご利用できます。

6.審査完了後の借入方法

提携ATMから引き出し(ATM引き出し)

届いたローンカードを持って、提携ATMへ行きお金を引き出します。利用限度額の範囲内で、何度でも繰り返しご利用可能です。

指定口座への振込(振込融資)

パソコンや携帯電話から、お客さま専用サイト「メンバーズナビ」にログイン(ログインIDまたはカード番号、パスワードを入力)し、振込融資の手続きをします。手続き完了後、指定の口座にお金が振り込まれます。

 

また、「登録口座」「振込専用口座」を両方登録すれば、振込融資のお申し込みの度に、受取先を2つの口座から指定できます。

「登録口座」と「振込専用口座」について

「登録口座」「振込専用口座」は、両方登録することをお勧めします。

例えばですが、

  • 目的の決まった大切な資金は「登録口座」
  • お小遣い用は「振込専用口座」

と区別することで、明確に整理できるので便利です。

即日融資はできるのか?

はじめに

オリックス銀行カードローンの公式サイトには「最短即日審査可能」と書いていますが、即日融資となると、はっきり言って不可能に近いです。

 

一番の理由は、実際の最終審査完了までには、最短でも2~3営業日かかることがほとんどだからです。オペレーターにも電話で確認しましたが、即日融資は難しいという回答でした。

 

さらに、オリックス銀行では、土日祝日に審査は行ってないので、休みをはさむ場合は最短でも4~5日かかることになります。

 

おそらくですが、「最短即日審査可能」というのは、始めのWEB申し込み後の1次審査のことを指しており、最終審査のことではないと思われます。

 

以上から、『オリックス銀行カードローン』は即日融資には不向きなカードローンと言えます。

即日融資に対応している銀行カードローン

「どうしても今日お金が必要」や「できるだけ早くお金を借りたい」

といった人のために、即日融資が可能な銀行カードローンを具体的に紹介しておきます。

 

UFJ銀行の口座を持っていれば、審査完了後すぐにお持ちのUFJ口座にお金を振込してくれます。また、口座を持っていなくても、UFJ銀行支店内にある「テレビ窓口」へ行き、ローンカードを発行すれば即日融資ができます。

 

口座を持っている場合、審査完了後、お持ちのキャッシュカードにローン機能を付帯させることができます。口座を持っていない場合は、ローン契約機(ACM)へ行ってローンカードを発行すれば、即日融資可能です。

 

審査完了後、指定の口座(本人名義の金融口座)に即日振込みをしてくれます。また、レイク自動契約機へ行き、ローンカードを発行することで、当日お金を引き出す方法もあります。

 

☆紹介した4つの銀行カードローンは、審査が最短で当日完了するので紹介しています。

即時振込サービスとは?

『オリックス銀行カードローン』では、『ジャパンネット銀行』に口座を持っていると、より便利に利用することができます。

 

それは、指定の口座(登録口座もしくは振込専用口座)が、『ジャパンネット銀行』の場合に限り、24時間365日いつでも即時振込してくれるからです。

 

また、それ以外の銀行の口座では、平日8:40~15:00までの受付分につき、即日の振込が可能です。

 

※システムメンテナンスのため、毎日 AM 3:00~AM 4:10はご利用できません。

※融資当日の取引状況によっては、振込融資ができないケースがあります。

即時振込サービスの条件

①契約後(カード発行後)

②登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

※①と②の両方とも必須

返済

返済方法

お客さまご指定の口座からの口座引落しによるご返済

毎月10日or月末日に、指定の口座( 登録口座)から自動引き落としされます。毎月、返済日の前日までに、返済資金を準備してください。

当社指定口座へのお振り込みによるご返済

  • 返済専用口座への振り込み(振込手数料は利用者負担)

返済専用口座への振り込みにより、返済できます。

提携金融機関のATMからの入金によるご返済

  • 提携ATMからの返済(利用手数料無料)

提携ATMにて、ローンカードで入金することにより、返済する方法です。

随時返済

繰り上げ返済のことです。毎月の指定日の返済(約定返済)以外の日にも、余裕があって多めに返したい場合に、随時返済することができます。随時返済であることを、連絡する必要はありません。

 

随時返済には以下の方法があり、一括返済もできます。

 

 

返済額

借入残高に応じたご返済額を、毎月返済していく「残高スライドリボルビング方式」です。

オリックス銀行カードローンと提携しているATMを紹介

紹介文章でも書きましたが、『オリックス銀行カードローン』の最大の売りは、「提携ATMの充実度」です。なんと提携ATMの数は全国に97,000台以上(2017年5月末現在)あります。

 

また、提携ATMご利用時は、「借入・返済どちらでも手数料終日無料」です。たとえば消費者金融の場合は、提携ATMの手数料を有料としているところが多いので、これは大変嬉しいサービスと言えます。

 

主な提携ATM

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • E-net(ファミリーマート等)

オリックス銀行カードローンの質問コーナー

家族に内緒で借りることは可能?

オリックス銀行カードローンは、家族にバレないよう利用するには難しいと言えます。

 

なぜなら、お申込み後、絶対にローンカードの自宅郵送があるので、家族に知られてしまうリスクが高過ぎます。また、このローンカードは、たとえ郵送物の送付先を「ご勤務先住所」に選択したとしても、自宅に送付されるようになっています。

 

したがって、カードの自宅郵送から逃れられない以上、家族に内緒でお金を借りることには向いていない銀行カードローンです。

 

もし、家族に秘密で借入れ可能な方法がある銀行カードローンをお探しなら

などをおすすめします。ぜひ検討してみてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ