【2021新春】名店おせちの予約状況

見た目年齢に大きく影響する肌や髪の状態をより美しくできる「アルガンオイル」の優れた効果

肌や髪を美しく健やかな状態をキープできる美容オイルは数多くの種類がありますよね。その中でも「アルガンオイル」にはアンチエイジング効果に優れた成分が多く含まれているとして、最近注目を集めています。

こちらではアルガンオイルに含まれている栄養素や得られる効果、そしてアルガンオイルの効果的な使用方法・摂取方法をご紹介します。

アルガンオイルに含まれる注目のアンチエイジング成分

アルガンオイルはモロッコ原産のアルガンツリーの木の種から採取した植物油のことで、約30kgの木の種からわずか1リットルほどしか採れない大変貴重なオイルです。

モロッコでは昔から健康や美容のために使用されてきたアルガンオイルには、ビタミンE・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・パルミチン酸・ステアリン酸といったアンチエイジング効果に優れた成分が多く含まれています。

ビタミンE

アルガンオイルには非常に多くのビタミンEが含まれていて、その量はなんとオリーブオイルの約3~4倍!ビタミンEの作用の中でも特に有名なのが「抗酸化作用」です。抗酸化作用とは、細胞が酸化するつまり老化する原因として挙げられる活性酸素を抑える効果です。

肌の細胞が酸化すればシミやシワといった肌の老化のみならず、ハリや潤いを保つために必要なコラーゲンやエラスチンの生成の働きも衰え肌のたるみにも繋がります。

したがって、老化の原因の1つとなる活性酸素の働きを抑えられるビタミンEは、若々しく美しい肌を保つうえで必要不可欠なアンチエイジング効果を持つ栄養素となりますよ。

オレイン酸

オレイン酸は食事として口から摂取すると、悪玉コレステロールを減らしながら善玉コレステロールを増やします。サラサラの血液へと改善するほか、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞といった時には命の危険にも関わる疾患の予防に役立ちます。

また、オレイン酸を皮膚に直接与えた場合には、皮脂に非常に近い成分であることから肌を柔らかくしたり乾燥から肌を守ったりといった優れた保湿効果を発揮します。

リノール酸

近年、私達の食生活は欧米化からリノール酸は過剰摂取に陥りやすくなっています。さらに、リノール酸を過剰摂取する状態が続くと生活習慣病に繋がるほか、善玉コレステロールが減少したりアレルギー症状の原因になったりといった健康を阻害するリスクが高まります。

しかし、リノール酸が健康に悪影響を与えかねないのは食事から過剰に摂取した場合になります。実はリノール酸は厚生労働省に医薬部外品の有効成分として認められているほど、美白効果、肌の油分と水分のバランスをコントロールして肌を柔らかくする効果、肌荒れやニキビといった肌トラブルを防ぐ効果に優れています。

したがって、食事から摂取するのではなく、スキンケアとして使用する場合には高い美容効果が得られますよ。

リノレン酸

高血圧、動脈硬化、心筋梗塞を予防する働きがあり、老化やアレルギー症状のほかうつを軽減する作用があります。体内では生成することができないため、必須脂肪酸として分類されます。

パルミチン酸

皮脂腺の増加や過剰な皮脂分泌を抑えて角栓やニキビを予防できるほか、ビタミンAを安定させることでしみを予防・改善に役立ちます。善玉コレステロールを増加させる作用によって、動脈硬化の予防に効果を発揮します。

ステアリン酸

水と油を乳化させる作用から優れた保湿効果を発揮しシワを予防することに加え、抗菌作用から肌を清潔な状態に保つことが可能となっています。

アルガンオイルの効果

アルガンオイルに含まれる成分は肌や髪に直接使用すれば保湿効果や老化を予防する効果が、食事から摂取すれば血液のサラサラ効果から心筋梗塞や動脈硬化といった様々な疾患の予防に役立ちますよ。

保湿&抗酸化作用で美肌効果

アルガンオイルに含まれている保湿効果の高い成分によって肌の水分量が保たれると、肌本来が持つバリア機能が高まります。バリア機能によって肌が健やかな状態へと改善され、肌のターンオーバーがきちんと働くようになります。

肌のターンオーバーが促進されると、古くなった肌組織やメラニン色素の排出も正常に行われるようになり美白効果が得られますよ。また、毛穴詰まりから生じるニキビや角栓を予防・改善できるほか、肌荒れや既にできてしまったニキビの修復も早まります。

さらには毎日受ける紫外線ダメージから生じる肌の老化も、抗酸化作用によってそのスピードを遅らせることが可能となりますから、肌のたるみ・シミ・シワの改善・予防にもgood!つまり、保湿効果から肌本来が持つ機能を高めながら、抗酸化作用によって肌内部からのアンチエイジングが可能となるのです。

頭皮や髪の状態を整え

髪の毛は頭皮の状態に大きく左右されます。頭皮が乾燥していたり過剰な皮脂分泌から毛穴詰まりが生じたりしていると、抜け毛や薄毛の原因となります。

また、血行不良から頭皮に多く存在する毛細血管から栄養素や酸素をきちんと受け取ることができなければ、髪を育てたり健康な状態を保ったりすることができません。

頭皮を健やかな状態へと改善しながら、全身の血行を促進できるアルガンオイルでは、髪に必要な栄養素を送り届けて美しくしなやかな髪へと導いてくれますよ。

食べればダイエット&便秘解消効果が

アルガンオイルには食用と化粧品用の2種類があり、それぞれで得られる効果に適した加工が行われています。

食用のアルガンオイルを食事から摂取すれば、抗酸化作用から体の内側からアンチエイジングを目指せられます。加えて、血行促進効果から新陳代謝が高まるのと比例して脂肪燃焼効果が効率良く行われるという嬉しい作用も同時に得られます。

さらに、オレイン酸には腸内環境を整える効果がありますから、便秘を解消・予防にも効果を発揮しますよ。動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞といった疾患の予防に役立ちますし、花粉症・アトピー・喘息といったアレルギー症状の緩和にも効果を発揮しますから、全身の様々な症状の総合的な改善が期待できますよ。

アルガンオイルの効果的な取り入れ方

アルガンオイルには食用と化粧品用の2種類がありますから、「髪や肌に直接使用する」「食事から摂り入れる」といったように使用目的に応じて選ぶようにしてくださいね。

最後に、アルガンオイルを効果的に取り入れられる様々な方法をご紹介します。気になる部位や解消したい悩みに応じた使い方を見つけてくださいね。

スキンケア

アルガンオイルが持つ優れた保湿効果&アンチエイジング効果を実感するには、肌に直接使用するのが1番!ベタつかずサラリとしたテクスチャで肌なじみが良いアルガンオイルは、幅広い使用方法で毎日のスキンケアに取り入れられますよ。

1.洗顔後の保湿ケア

洗顔後すぐにアルガンオイルを1~2滴手のひらで伸ばし、両手で顔を包みこむように押し当てると保湿効果から肌がもっちりに!ニキビや肌荒れといった肌トラブルの治りも早くなります。

2.特別な日のフェイスパックに

適量のアルガンオイルを顔全体に優しく伸ばしたあと、ホットタオルを置いて5~10分放置するだけでフェイスパックの完了です。温まって血行が良くなっていますから、アルガンオイルの効果をより多く得られるように!特別な日に向けたスペシャルパックとして使用したいですね。

3.バスオイルとしてお風呂に入れる

お湯をはった湯船にアルガンオイルを2~3滴垂らし、15分ほど入浴するだけで全身に保湿効果を与えられますよ。入浴中の肌は毛穴が開いていて潤いが逃げやすい状態にありますが、アルガンオイルの保湿効果で水分を肌に閉じ込めておくことが可能に。

4.マッサージクリームに混ぜる

普段使用しているマッサージクリームにアルガンオイルを1~2滴混ぜて使用すると全身がもちもちに!さらりとしたテクスチャで肌なじみが良いのでベタつく心配はありません。

5.クレンジングオイルとしても

肌の乾燥やトラブルから、普段使用しているクレンジング剤でも肌がピリついたり痛みを感じたりする時にもアルガンオイルは役立ちます。

普段使用しているクレンジング剤にアルガンオイルを1~2滴混ぜて優しくクレンジングすれば、肌へのダメージが減らせられて肌のつっぱりも感じません。

6.乾燥が気になる部分の集中ケアに

かかと・ひじ・ひざ・唇・爪といった乾燥が気になる部分にアルガンオイルを付けるだけで集中保湿ケアに!

ヘアケア

アルガンオイルは保湿効果やアンチエイジング効果から、髪のみならず頭皮もより健やかで美しい状態へと導いてくれますよ。洗わないトリートメントとして普段使いしたり、特別な日の頭皮マッサージに使用したりして地肌から美髪を目指しましょう。

1.頭皮マッサージに

濡れた髪に5~6滴のアルガンオイルを手にとって体温で温めた後、頭皮と髪と頭全体に指の腹でマッサージしながら塗り込みましょう。アルガンオイルの栄養素や保湿効果が頭皮や髪へと浸透し、美しい髪を作る土台の形成に役立ちます。マッサージが終わったら、シャンプーで丁寧に洗い流しましょう。

保湿効果やアンチエイジング効果から頭皮が柔らかくなれば、フェイスラインが引き上がって顔全体の印象も若返りますよ。高いリラックス効果が得られますから、気分をリフレッシュさせる意味も込めて定期的に行いたいですね。

2.ドライアー前のトリートメントとして

パーマやヘアカラーによるダメージヘアが気になる人、切れ毛や枝毛が目立ったりパサついたりと髪の毛がまとまらない人は、ドライアー前のタオルドライした髪にアルガンオイルを洗い流さないトリートメントとして使用しましょう。ダメージが気になる毛先からつけはじめ、髪全体へと行き渡らせるようにしましょう。

保湿効果からしっとりまとまる美しい髪になるほか、ドライアーの熱ダメージから髪を守ってくれますよ。しかし、アルガンオイルといえどオイルですから付けすぎると髪がベタつきます。毛先からつけること、そして使いすぎないように気を付けてくださいね。

食用アルガンオイルは料理に使おう

食用アルガンオイルであれば、毎日の料理に使用することもできますよ。調理油として使う、サラダのドレッシングとして使用する、バゲットにつけて食べる、アイスクリームにトッピングするといった様々な使い方が可能となっています。アルガンオイルはヘーゼルナッツのような豊かな香りがしますから、食欲増進にもgood!

しかし、アルガンオイルを食事から摂取する場合には、1日の摂取量スプーン1杯程度の目安を守ってくださいね。体に良いからと過剰に摂取してしまうとお腹が緩くなりますし、体重の増加にも繋がりかねません。普段の調理で使用する油のかわりに、あるいはほんの少しちょい足しするイメージでの摂取を心掛けていきましょう。

まとめ

アンチエイジング効果に優れた成分がギュッと詰まっているアルガンオイルでは、肌や髪に直接使用して体の外から、食事から摂取すれば体の中から健康に美しくなれることが分かりました。

見た目年齢に大きく影響する肌や髪の状態をより美しくできる優れた効果は、早速明日から取り入れたくなるほど!肌や髪の悩みに合った毎日のケアで、確かな効果を実感していきたいですね。

また、アルガンオイルを食事から摂取する際には決して過剰に摂取するのではなく、適量を毎日コツコツと摂取を継続していきましょうね。

スキンケアにおすすめのアルガンオイルはこちら

上質な原液100%のアルガンオイルでシンプルスキンケアを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman

NEW POST