エイジングケアに最適な食材?ミランダカーも大好きな「サーモン」の魅力を徹底解明!

目次 ※クリックで開閉します

あのスーパーモデル「ミランダカー」も、サーモンより好きな食べ物はないと断言をするくらい、サーモンは美にうるさい著名人たちから愛されている食材の一つです。

なぜサーモンは美容と健康に良いといわれているのでしょうか。

今回は、サーモンの魅力を徹底解明します。

サーモンに含まれる美容・健康効果!

サーモンはスーパーフード!

サーモンには、

・アスタキサンチン

・ビタミンA、B、D

・DHA

・EPA

・ビオチン

・パントテン酸

・マグネシウム

・リン

・亜鉛

・鉄

…といったように挙げ出したら止まらないほど、たくさんの種類の成分が含まれています。

チエイジングケアをサポートする成分に注目

低価格でアンチエイジングができる!

アンチエイジングを謳っている基礎化粧品って、どれも値段が高く、手が出しにくいイメージがありませんか?

 

しかしサーモンは、スーパーでも手軽に購入ができる安価設定なので、わざわざ高い金額を支払わなくても食べるだけで美しくなることができるんです。

 

食べるだけでアンチエイジングができるのはストレスなく継続ができるので、魅力的ですよね。

 

では一体どんな形でアンチエイジングのサポートをしてくれるのでしょうか。

注目は「アスタキサンチン」

サーモン(鮭)に含まれている「アスタキサンチン」という成分をご存知でしょうか。

 

最近では、アンチエイジングのスキンケアアイテムにも含有されている抗酸化作用の高い成分です。

 

その抗酸化作用の高さは、なんとビタミンE の1000倍もあるのが特徴です。

 

サーモンのキレイなピンク色は「アスタキサンチン」によるもので、これは天然色素の一種です。

このアスタキサンチンが、高い抗酸化作用を発揮してくれルので、アンチエイジングに効果があるといわれています。

 

抗酸化作用の他にも、美白を促す効果が含まれているため、メラニンの生成を抑制して、シミやそばかすを防いでくれます。

 

体内を活性酸素の抑制をしてくれるので、もちろんコラーゲンの減少をストップする力もあり、アンチエイジングをしようとお考えの方には、進んで食べていただきたい食材です。

シミだけじゃない!うるおいも補給できる

そして驚きの点は、サーモンには、うるおいを肌の内部から補給できる

・マリンプラセンタ

DMAE

・プロテオグリカン

も含まれています。

 

これらはどれも年齢肌に失われがちなうるおいや水分を自然と補ってくれる力があるのです。

 

特に、プロテオグリカンはプラセンタよりも肌が潤うと話題の成分で、これはサーモンの頭から抽出されているものです。

 

見た目はグロテスクで食べるのに勇気がいりますが、サーモンのお頭焼きは美容にピッタリのメニューのひとつですね。

 

一般的には、動物性コラーゲンよりも海洋性コラーゲンの方が身体にやさしいといわれています。

(アレルギー反応の心配が少ないといわれています)

 

そして体内への吸収率が高く、即効性があるため、ぷるぷるの美肌を手に入れることができるのです。

疲労回復もできる

サーモンに含まれる「アンセリン」という成分は、疲労回復に効果的な成分です。

 

年齢を重ねる毎に疲れやすい毎日となり、それでもなかなか疲れが取れず苦労をしている方もいるのではないでしょうか。

 

そんな時にサーモンを食べれば、アンセリンの力で疲労回復が早期にできるのです。

EPAでターンオーバーを早める

加齢とともにターンオーバーのめぐりが悪くなり、どうしてもお肌のシミやハリといった点が改善されにくくなりますよね。

 

青魚に多く含まれているEPAがサーモンにも豊富に含まれています。

このEPAは血液の循環を促す効果があるため、肌のターンオーバーを促進します。

 

年齢肌の悩みである、なかなか肌の荒れが回復をしないというのは、ターンオーバーの乱れが原因で起こっているものです。

 

このターンオーバーを正常化することでアンチエイジング効果を高めることができるので、やはりサーモンは積極的に食べたいですね。

鮭の美容と健康のパワーを最大限に活かす食べ方

いろんな料理に簡単アレンジできるのが特徴

サーモンの最大の特徴は、何と言っても癖のない味なので、さまざまな料理にアレンジが可能という点です。

 

そのため、毎日食べようと思っても飽きずに食べ続けることができるのがポイントです。

 

特にオススメをしたい食べ方は、油と一緒に調理をする方法です。

 

前述のアスタキサンチンは、油と一緒に調理をすることで、より高い効果を発揮します。

 

そのためバター炒めにしたり、カロリーが気になるようであればオリーブオイルを使って調理をしたりしてアレンジをしてみてください。

皮もしっかりと食べる

サーモンの皮って、なんだかテカテカと光っていて食べにくいイメージがありますよね。

しかしこのサーモンの皮にこそ、美肌につながる栄養素がふんだんに含まれているのです。

 

サーモンの皮には、加齢とともに減少をしていくコラーゲンが豊富に含まれています。

身の部分にももちろんマリンコラーゲンは多く含まれていますが、皮に一番多く含まれているので、捨ててしまうのはもったいないです。

 

そして皮の下の部分にある脂質には、たくさんのDHAとEPAが含まれているため、アンチエイジングを目指す方だけではなく、勉強を頑張りたい育ちざかりの子どもにも絶対残さず食べてほしい部位です。

よく焼きはNG

ちょっと焦げ目のついた香ばしい焼きサーモンはとてもおいしいですよね。

 

ついつい焼きすぎてしまいがちですが、アンチエイジング効果を高めたいのであれば、実はこの「よく焼き」はNGなんです。

 

焼きすぎてしまうことで、アスタキサンチンが失われてしまいます。

 

ですので、サーモンで高いアンチエイジング効果を得たいと考えている方は、シチューに入れたり(この時に皮つきのまま調理をしましょう)、蒸し料理になるホイル焼きなどが、栄養素を失わずに摂取できるポイントです。

合わせて野菜も取ろう

癖のない味なので、どんな食材とも相性の良いサーモンですが、アンチエイジング効果を高めたいのであれば、野菜と一緒に調理をするようにしましょう。

 

特に血液をサラサラにしてくれる効果のある玉ねぎは、サーモンと組み合わせやすい食材の一つです。

 

前述のホイル焼きやシチューに一緒に入れたり、スモークサーモンであれば生の玉ねぎスライスをトッピングしたりと、調理がしやすいです。

 

サーモンのEPA成分と玉ねぎの血液をサラサラにする成分が相まって、さらにターンオーバーの促進が期待できそうです。

まとめ

高い化粧品を使っても効果が得られなったら意味がありません。

いざ使ってみて後悔をしないためにも、体内からのアプローチは重要です。

サーモンなら手軽に摂取ができる食材ですので、難しい調理も必要なく簡単にエイジングケアができますね。

外側からのアプローチももちろん大切ですが、内側から改善をして、早くエイジングケア効果が実感できるよう整えていきましょうね。

 

参考文献: わかさ生活

PICKUP CONTENTS

トップへ