アンチエイジングとエイジングケアの違いって何?肌の老化の原因と対策

目次 ※クリックで開閉します

最近は、アンチエイジングをうたった商品やテレビコマーシャルが増え、昔よりも年を重ねた方が美容に関しての意識が高くなっているように感じます。

これは女性が美しさを保ちたい!という意識が高まっている証拠なので、とても良いことです。

しかし一概にアンチエイジングといわれても、実際は根本的には一体どんなことを酢rのがアンチエイジングなのか理解できていない人が多いのも現状です。

今回は、萬栄しているアンチエイジングというワードをもう一度分かりやすく解説し、どんなことをするのがベストなのかをお伝えします。

アンチエイジングとエイジングケア

アンチエイジングとエイジングケアの違い

「アンチエイジング」エイジングケア」といった言葉を雑誌やテレビで見ることはあっても、大きな違いはよく分からないのが現状ですよね。

 

言葉は違えど、中身は同じなのでは?と把握している方も多いのではないでしょうか。

 

以下はアンチエイジングとエイジングケアの違いをあらわした表です。

 

アンチエイジング エイジングケア
アンチ(反対する、抗う)エイジング(加齢)は、老化を防止するといった意味合いで使用をされます。

言葉の通り、アンチエイジングには老化を防止すると強い力を込めた意味が含まれるので、薬事法により、医薬部外品のものにしか使用をすることができません

このアンチエイジングを使っているアイテムはすべて医薬部外品のもので、有効成分の効果や効能が実証されているため、主に予防に着目をした商品といえるでしょう。

エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味で使われる言葉です。

年を重ねると身体やお肌のお悩みは一つではありません。

乾燥・シミ・シワ・たるみ・毛穴など、加齢に伴うお悩みを広い意味でケアすることに特化していれば、この言葉が使われます(たとえばエイジングケア化粧水など)。

 

アンチエイジングとエイジングケアは、目指しているものは同じでも、その意味合いは微妙に違います。

 

どちらも加齢が気にならないほど美しさを保つといった観点では共通をしていますが、この小さな違いを知識として持っていると、スキンケアグッズの購入時やお手入れの際に役立つでしょう。

肌の老化の原因

肌の老化はどうして始まるの?

ここまでは、アンチエイジングについてのお話をしてきましたが、根本的な「何が原因で肌は老化をするのか」についてご説明します。

 

肌の老化の原因は、大きく分けて4つあります

・乾燥

・紫外線

・加齢

・活性酸素

これら4つが原因です。

 

以下の表でさらに細かくご説明をします。

 

老化の原因 説明
乾燥 私たちは年を重ねるごとに、肌の水分量が減少していきます。

赤ちゃんの頃はみずみずしかったお肌も、年とともに水分が肌の奥深くにまで浸透をしなくなり、乾燥状態となります。

さらに肌の中のコラーゲンが減少してしまうため、シワやたるみといった肌トラブルの原因ともなります。

紫外線 紫外線を浴びている年数が長ければ長いほど、お肌には負担がかかります。

このダメージは年々蓄積をされ、しっかりとケアをしていないと、良からぬ結果としてあらわれてきます。

上記の乾燥の原因にもなりますし、シミの原因にもつながります。

若いうちからの紫外線対策が重要ですが、若いころにうまくできていなかったのであれば、ここからは特に力を入れて対策するようにしましょう。

加齢 ある程度の年齢を迎えると、人はお肌の新陳代謝が衰えてターンオーバーがうまくいかなくなります。

これはどんなに美しい大女優でも同じことなので落ち込む必要はありません。

活性酸素 人間は呼吸をすることで生きています。

新鮮な空気を吸っていても、空気を吸うことで、身体の中から酸化をしていきます。

肺に入った酸素の一部が活性酸素になることで、細胞を酸化させてしまい、肌のコラーゲンが減少する仕組みになっています。

 

以上が肌の老化を促進する原因です。

対策方法は?

これらは加齢による仕方がないものから、お手入れの仕方で防ぐことのできるものまで対策方法はさまざまです。

 

以下は主な対策方法です。

 

老化の原因 対策方法
乾燥 ・高保湿の化粧水などを使ってケアを行う

・体内から乾燥をしないように適度に油分を摂取する

・コラーゲンの入ったサプリなどを服用する

・週に一度はフェイスパックをして肌にうるおいを与える

紫外線 ・毎日の紫外線ケア(日焼け止めを塗るなど)をしっかりと行う

・肌を白くする効果のあるビタミンCのサプリなどを補給する

・日に当たったら、すぐに保湿をし、乾燥させないように努める

加齢 こればかりは仕方のないことではありますが、さらに状況を悪化させないためにも、内側からも外側からも念入りにお手入れをする
活性酸素 ・ストレスをため込まない

・禁煙

・脂っこい食事を減らす

・紫外線を浴びすぎない

 

上記の表に記したことに気を付けて、今までよりもプラスアルファのお手入れができると良いですね。

まとめ

肌が老化をすると、一気に老け込んだ見た目になり、なんだか残念ですよね。

この見た目の変化は気持ちを落ち込ませる原因にもなります。

ネガティブな感情は、さらに肌の老化につながるので、絶対に避けたいものです。

正しいアンチエイジング・エイジングケアの知識を身に着けて、肌の老化にストップをかけられるよう努めていきましょうね。

PICKUP CONTENTS

トップへ