ペット

ドッグフード「ACANA(アカナ)」ってどうなの?価格は?評価は??

ドッグフードを選ぶ際にはやはり製造している会社の実績や評価も参考にするでしょう。

どんな材料を使っているのか、どのような環境で製造されているのか、愛犬の毎日の食事に利用するフード選びには慎重になります。

そこで、今人気を集めているのがアカナです。

アカナはカナダで作られているドッグフードですが、地元で生産された原材料のみを配合して作られています。

さらに自社のキッチンのみで作っており、成分が栄養バランスを考えて配合されている中アレルギー源についてもきちんと排除してあります。

もう少し詳しくアカナの特徴を抑えてみましょう。

  出典:ACANA official

特長は?

地元で取れた新鮮で安全な食材のみを使用

安く出回っているドッグフードの多くには嘘の表記が記載されてあったり、産地が不確かなものもあります。

しかし、アカナでは地元カナダで取れた新鮮で安全な食材しか使用していません。

アカナはチャンピオンペットフーズ社という会社が作っているドッグフードですが、新鮮な卵やチキン、じゃがいも、ひまわり油、乾燥ビート、キャノーラ油など地元で生産されているもののみを厳選して配合しています。

どこで取れた食材かわからないという怪しいものは一切使用していません。

さらに日本にやってくるまでには輸送しないといけませんが、輸送の際には保存料を使っていません。

冷凍していないのに保存料を使わずに済むという点も添加物が気になる飼い主さんにとっては安心でしょう。

製造は自社のキッチンのみ

多くの量を製造しようと思ったら大きな工場でたくさんの人を雇って流れ作業のように作り上げていくことになります。

これでは安全性も不確かなまま店頭に並ぶことになります。

そこで、アカナは自社のキッチンのみで製造しているという徹底ぶりです。

自社のキッチンはカナダのアルバータ州にありますが、ここの工場は今までにも多くの賞を受賞しており、食品衛生上信頼できます。

細かく自社のスタッフによってチェックされてから出荷となっているので、品質に問題が発生したこともありません。

丁寧な確認を重ねながら出来上がったドッグフードなので、質だけでなく安全性も高くなっています。

アレルギー源が排除されているので安心

犬にとって穀類はアレルギー源となりやすいです。

トウモロコシや小麦など普通のドッグフードには多く含まれていますが、アレルギーを発症するリスクが高まります。

アカナではそのアレルギーについても心配しなくて良いように、最初からアレルギー源となる食材は排除しています。

その代わりに低アレルギー性成分であるオーツ麦を使用しています。

また、商品によっては穀類を一切使用していないものもあるので、どうしても心配な人は穀類不使用の商品を選ぶと安心です。

アレルギーは一度発症すると今後の食事が大きく変わります。

いつまでも健康でおいしく食事ができるように、アレルギー源となる食材には注意してドッグフードを選んであげたいです。

バランスよく栄養素が入っている

犬はドッグフードでしか栄養を補給することができません。

そこで、アカナは犬が必要とする栄養素をバランスよく配合しています。

動物性のタンパク質や脂質だけでなくビタミンやミネラルも摂取できるように、野菜やフルーツもたっぷり入っています。

野菜ではさつまいもやトマト、ニンジン、ほうれん草などを、フルーツではクランベリーやチコリーなどを配合しています。

フルーツはまるごと使用しているので、ビタミンもたっぷり補給できます。

そのどれもが地元カナダ産となっています。

栄養のある食材を闇雲に混ぜ合わせるのではなく、バランスも考えて配合してあるので犬にとっては健康的な体を維持することができます。

犬の成長段階に合わせて選べる商品

アカナは犬の成長段階に合わせて商品を選べるようになっています。

パピーシリーズは子犬が必要とする栄養素を詰め込んだフードとなっており、保存料などは一切使用していません。

このパピーシリーズには小型犬用と大型犬用に商品が分かれているので、愛犬のサイズによって適したフードを選択できます。

その他にも低アレルギーフードであるパシフィカや体重コントロールに活用できるライト&フィットと、犬の状態に合わせて最適なドッグフードを商品一覧から選ぶことができます。

商品が多くあって迷ってしまうかもしれませんが、今の愛犬の体型や食欲、健康状態などを考慮した上でぴったりなものを選んであげましょう。

価格は?

数々の商品ラインナップがあるアカナ ドッグフードですが、それぞれの価格も気になるところです。

アカナには主に3種類のドッグフードがあること、その中でまた味や犬のサイズ、内容によって少しずつ価格が異なってきます。ここでは商品ごとに価格を紹介します。

アカナクラシック(あらゆる犬種と年齢に応じたフード)
小型犬子犬用2.27キロ 4644円
中型犬子犬用2.27キロ 4644円
大型犬子犬用13キロ 15984円
小型犬成犬用2.27キロ 4644円

※体のサイズによって価格が変わります。

アカナシングル(低アレルギー対策用)
NEWラム&オカナガンアップル2キロ 5400円
NEWダック&バートレット梨2キロで5400円
NEWポーク&バターナッツスクワッシュ2キロ 5400円

※グラムと価格はどれも同じで、それぞれフレーバーが異なります。

アカナ レジオナル(穀類不使用)
ランチランド2.27キロ 5940円
ワイルドプレイリードッグ2.27キロ 5400円

※平均2キロの重さであれば5000円代という価格に設定してあります。

評価

いろんなシリーズがあるアカナ ドッグフード、評価はどのようになっているのでしょうか?

良い評価

アカナはブリーダーさんに教えていただいてから、我が家ではずっと愛用しています。

成長段階に合わせて種類を変えてきていますが、できるだけ穀物不使用を選んで消化不良を起こさないように注意しています。

小さな頃から同じメーカーのドッグフードでも特に問題なくしっかり食べてくれます。

ホームセンターからこちらのアカナでドッグフードを選ぶようにしてから毛艶が全然違います。

そして、体も適度に引き締まり健康体であることがよくわかります。

フードのお味も満足のようで、こちらのシリーズはどれも気に入ってくれます。

悪い評価

アカナは若干粒が大きめだと思います。

よって、小型犬の場合は少しふやかしたり、砕いてからあげると良いです。

この手間がかからなければもっと楽だなという気はしますが、フードの内容には満足しています。

アカナに変えてから今までより体調を崩すことなく過ごせています。

ただ大型犬を飼っているので、フード代が毎月高いです。

犬のことを第一に考えて作られていることには感謝ですが、もうちょっとお安いと助かります。

まとめ

カナダで作られているアカナは犬の健康を第一に考えて、人間でも安心して口にできるような原材料のみを配合しています。

他のドッグフードに比べると犬種や年齢によって適したフードを選べるようになっているので、きっとあなたの愛犬も気に入るフードがあるでしょう。

毎日おいしく食事ができるだけでも犬にとっては幸せなはずです。

大事な食事の時間をアカナに変えるだけでも今までと違う変化を見ることが出来るかもしれません。

ABOUT ME
kimako
奈良出身!ファッション・おしゃれ大好き!海外ドラマにハマり中。 nanairoでは主に健康ジャンルを担当しています!