ペット

ドッグフード「ドットわん」ってどうなの?価格は?評価は??

ドッグフードは中身も重要ですが、見た目で買ってしまうこともあります。

そして、ずっと必要なものだから価格も気にするでしょう。

そこでドットわんというドッグフードがあります。

シンプルながらにも可愛らしいパッケージが特徴のドッグフードですが、原材料はすべて国内産のものを使用しているという徹底ぶりです。

そして、いつまでも健康的に過ごせるように体を強化する栄養素も配合してあります。

パッケージによってフードの味が違うので、日によって違う味を出してあげるのも犬にとっては飽きないでしょう。

もっとドットわんの特徴について以下で説明をしていきます。

  出典:ドットわん official

特長は?

原材料はすべて国内産

国内産という言葉を見ただけで安心できるという人多いでしょう。

最近は食に関する不信感も募っている中、国内産と書いてあるだけでも信頼できます。

ドットわんでは使用する原材料に関して、スタッフが直接足を運んで自分の目で確かめたもののみを選んでいます。

ドットわんには味が異なる種類もあるのですが、たとえば鶏ごはんで成分を見てみると山形県産の玄米に三重や和歌山産などの鶏胸肉、埼玉県の豆腐おから、かつお節、さつまいも、ニンジン、昆布、ワカメと人間にとっても体に良さそうな原材料が使用されています。

1つ1つの素材にこだわってドッグフードに配合してあるのは、飼い主にとっても安心できますね。

大豆の成分も心配なし

ドットわんには豆腐おからが原材料の中に含まれています。

豆腐おからは大豆からできていますが、犬にとって大豆のトリプシンインヒビターという成分が危険と言われています。

しかし、ドットわんに含まれる豆腐おからについてはこの危険について心配する必要はないと言われています。

なぜなら、加工している段階で加熱や熟成を行っているからです。

トリプシンインヒビターは加熱などによって消えてしまう成分なので、豆腐おからがドッグフードの中に含まれていても心配しなくても大丈夫なのです。

素材だけでなく配合するエキスにもこだわりアリ

ドットわんには素材をそのまま使用しているものもありますが、一部エキスを配合しているものもあります。

鶏ごはんの場合であれば、ポークエキスやカツオエキスが入っています。

このエキスにもこだわっています。

ホームページにはエキスについても食品衛生上の基準をしっかりクリアした質の高いものを使用しているとのことです。

そして、エキスよりも原材料に使用する素材をそのまま活かして配合している割合の方が大きいので安心できるドッグフードと言えるでしょう。

味にバリエーションがあって楽しめる

犬にとっても毎日同じドッグフードだったら飽きてしまいます。

途中で食べなくなってしまっても困るので、日によってフードを変えるのも食事を楽しむ上で大切です。

ドットわんには味にバリエーションがあるので、その日の気分で食べたい味を選ぶことが出来るでしょう。

ドットわんレッドマインドは牛肉をメインとしたフードになっており、しつこくなくさっぱりと食べられるようになっています。

ドットわん鶏ごはんは、2種類の良質な鶏をブレンドして配合しており、ドッグフード独特の臭みもなくカツオだしの香りと共においしく食べてくれるでしょう。

ドットわん豚ごはんは味の濃い豚肉を使用し、その他野菜などもたっぷり入っています。

鶏ではあっさりしすぎているけれど牛肉にするのはちょっと・・・というときにもちょうどよいでしょう。

牛、鶏、豚と3種類紹介しましたが、これ以外に魚ごはんもあります。

低脂肪な舌平目を使用し、さっぱりとした味わいがポイントです。

魚臭さなどは感じられないので、快適に食べられるでしょう。

ドットわんは味が全部で4種類となっていますが、それぞれの種類の小分けパックなども販売しています。

そのため愛犬のお気に入りの味があったら旅行など外出の際にも持ち運びできるサイズがあるので便利です。

他のドッグフードよりも味が豊富でどれもおいしいと評判なので、愛犬の好みをリサーチしながら選んでみましょう。

価格は?

種類も豊富で見た目もかわいく、さらに内容も充実しているドットわんですが、価格もチェックしておきましょう。

継続して注文するのなら価格も参考にしておかないといけません。

ドットわんはどの味を選ぶかによって、価格が少しずつ異なります。

レッドマインド(牛肉)の場合は、120グラムで486円、500グラムで1728円、3キロで9331円となっています。

これは豚ごはんも同じ価格に設定してあります。

鶏ごはんは120グラムが453円、500グラムが1620円、3キロが8748円です。

鶏ごはんの方がレッドマインドや豚ごはんに比べると少々安くなっています。

魚ごはんは120グラムが518円、500グラムが1836円となっており、3キロになると9914円となります。

その他、ミニやお徳用パックなど量が違うパックもあるので、愛犬の体型や体重、食べる量などに合わせて選ぶと良いです。

評価

いろんな味があって犬も飼い主もその日の食事を楽しめるようになっているドットわんの評価はどうなっているのでしょうか?

良い評価

牛、豚、鶏、どの味もうちの犬にとっては満足できるお味になっているようです。

そして、どれを食べるかによってその日の排便の量が大きく変わることにもびっくりです。

牛を食べると多い時は1日に4回ほど便をします。

快便すぎて本人もすっきりしているようです。

他のお肉を選んでも便秘になることはなく快調です。

ドッグフードといえばあの独特な臭いがありますが、ドットわんはそれがありません。

どれもおいしそうと感じる臭いになっており、市販のドッグフードとは食いつきが違います。

小型犬であまり食べない方だったのですが、鶏ごはんがお気に入りのようでいつもより量は多めにしても完食してくれます。

ドットわんにお世話になってから10年になります。

10年もの間、飽きずに毎日食べてくれることに驚きですが、それほどドットわんさんのドッグフードはおいしいのでしょう。

中でも愛犬のお気に入りは豚ごはんです。

豚ごはんの日は急いで走ってきて待っています。

悪い評価

犬にとって穀物が消化できない点から穀物不使用のドッグフードが徐々に登場してきていますが、ドットわんには玄米が入っているのですべての犬種にはおすすめできません。

特に老犬になると消化器官のトラブルも起こりやすくなるので、穀物が入っている点だけが気になります。

ドットわんの鶏ごはんを取り寄せてみたのですが、偏食の愛犬は食べてくれませんでした。

他の味なら食べるのかなとも思いましたが、全く食べてくれないと困るので注文はしていません。

やはりクチコミを見ていても良い点ばかりではなく悪い点もしっかり確認しておかないといけないと痛感しました。

ドットわんを買ってみたいけれど穀物アレルギーを持っているので購入することができません。

穀物不使用のドッグフードも出てきている中、今後改良されてドットわんも穀物不使用になると良いのになと思います。

試してみたいけれど試すことができないという状況です。

まとめ

ドットわんは味に、牛、豚、鶏、魚と種類があり、愛犬の好みによって選べるのが便利です。

日によって味を変えるのも犬に飽きさせないためには良い方法でしょう。

原材料はすべて国内産ということで、飼い主さんも安心してドットわんのドッグフードを選ぶことができます。

ただし、穀物不使用ではないのでその点は理解しておきましょう。

小分けタイプもあるので外出の際にも持っていくことができます。

使いやすくバリエーション豊富なのがドットわんの大きな特徴と言えるでしょう。

ABOUT ME
kimako
奈良出身!ファッション・おしゃれ大好き!海外ドラマにハマり中。 nanairoでは主に健康ジャンルを担当しています!