ペット

「メディファス」キャットフードの成分や評判は?価格はどうなの?

猫を飼われている人は、製造場所や原産地が国内か海外かでキャットフードを選んでいる人も多いかもしれませんね。

最近はさまざまな海外のキャットフードが輸入されていますし、その中には高い評価を得ているブランドもあります。

一方で、もちろん国内にこだわって開発・製造されているキャットフードブランドも多種あります。

今回は、その中でも「メディファス」というキャットフードブランドについて特徴や成分、価格などを紹介していきましょう。

メディファスとは?

「メディファス」はペットライン株式会社という日本の企業により開発・製造されているキャットフードブランドです。

ペットライン株式会社はキャットフード以外にもドッグフードやフェレット用のフード、鑑賞魚用のフードなどを手掛けていますが、キャットフードとしては「メディファス」のほか、キャネットシリーズや「メディプロ」といったブランドを立ち上げ、フードの製造にあたっています。

まずは「メディファス」がどんなキャットフードなのか、その特徴を見ていきましょう。

年齢と生活習慣に合わせた下部尿路ケア

「メディファス」は猫にとって重い健康リスクである下部尿路ケアに特化しているキャットフードです。

そもそも猫は年齢によってできやすい尿路結石が異なるほか、適切なミネラルバランスや尿ph値も年齢に応じて変化していくと言われています。

「メディファス」はここに着目し、年齢ごとの結石化の仕組みや対応を研究することで尿路結石に対する年齢ごとの対策を製品化することに成功したそうです。

さらに「メディファス」では下部尿路ケアに加え、猫の健康リスクとなりうる生活習慣に対応したフードも多種開発・製造することで、さまざまなニーズに合った商品を生み出しているようです。

ヨード卵・光を配合

「メディファス」のキャットフードには「ヨード卵・光」というプレミアム卵も配合されています。

「ヨード卵・光」は日本初のブランド卵であり、通常の卵よりも栄養価が高く、高品質であるとされています。

メディファスの原材料・成分は?

「メディファス」のキャットフードは、厳選された上質な素材を使用し、必要な栄養素をバランスよく配合したプレミアムフードであると公式サイトに記されています。

では、実際には「メディファス」はどのようなキャットフードなのでしょうか。

今回は「メディファス」のラインナップの中でも1~6歳までを対象にして製造されているという「1歳から チキン味」について見ていきましょう。

こちらはAAFCO(米国飼料検査官協会)が定めた栄養基準を満たしているほか、ペットフード公正取引協議会が提示している「成長期用の総合栄養食」の基準を満たしていることが証明されているようです。

さっそくその原材料や成分の内訳をみていきましょう。

【原材料】

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、豆類(おから)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール)、糖類(フラクトオリゴ糖)、卵類(ヨード卵粉末)、シャンピニオン、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

【成分表】

タンパク質 31.5%

脂質 12%

粗繊維 4%以下

灰分 8.5%以下

水分 10%以下

カルシウム 0.8%

リン 0.7%

ナトリウム 0.6%

マグネシウム 0.081%

出典 ペットライン

穀物がメイン

そもそも猫は完全な肉食動物であるため、動物性たんぱく質を多く摂取する必要があると言われています。

その一方で炭水化物は猫にとっては重要度が低く、摂取しなくとも問題ない栄養素であるとも考えられているようです。

しかし「1歳から チキン味」の原材料を見ると、最初に「穀物」の記載があることから穀物メインのフードになっていることが分かります。

さらに穀物として使用している「トウモロコシ」や「コーングルテンミール」は猫にとって消化が難しい食材でもあるうえ、アレルギーを引き起こす原因になることもあるそうです。

そのため、穀物メインのキャットフードは一見ヘルシーそうではありますが、猫にとっては最適なフードとは言えないとされています。

ミートミール類

原材料には「肉類」も使用されているようですが、その中身は「ミートミール」や「チキンミール」といった、お肉類を粉末状にしたものとなっています。

実はこういった「〇〇ミール」という記載があるお肉類は純粋な肉部分ではなく、爪や毛などを混ぜた粗悪な部位をわからないように粉状にして使用している可能性があるそうです。

さらに「チキンミール」ならば鶏肉であることが分かりますが、「ミートミール」は動物の種類さえも明確に記していないものなので、決して上質なお肉を使用しているとは言えないでしょう。

植物性たんぱく質が多い

「1歳から チキン味」の成分表を見る限りはタンパク質量が全体の31.5%とあることから、猫が必要とする動物性たんぱく質が多く含まれているようにも見えますが、実際に原材料を見てみるとむしろ植物性たんぱく質量が多いように感じます。

植物性たんぱく質量が多いキャットフードの場合動物性タンパク質から摂取できる必須アミノ酸などの栄養素が不足する恐れがあるので、猫にとってあまり良いフードとは言えません。

メディファスの種類と価格は?

「メディファス」は現在ドライフードのほかにもウェットタイプ、スープパウチタイプのフードを多種類展開しています。

その中でも、ドライフードは15種類という多彩なラインナップを誇っており、先ほども消化した通り年齢や生活習慣から選ぶことができるようです。

ここでは、そんな15種類の「メディファス」キャットフードについて、Amazon、楽天両方の販売価格をそれぞれまとめてみました。

「子ねこ チキン味(1.5kg)」

Amazon 927円 楽天 1,080円

「子ねこから10歳まで 避妊・去勢ケア チキン&フィッシュ味(1.4kg)」

Amazon 1,471円 楽天 1,180円

「1歳から チキン味(1.5kg)」

Amazon 1,080円 楽天 980円

「1歳から フィッシュ味(1.5kg)」

Amazon 927円 楽天 980円

「1歳から ダイエット用 チキン&フィッシュ味(1.4kg)」

Amazon 1,471円 楽天 980円

「1歳から 室内猫用 チキン&フィッシュ味(1.4kg)」

Amazon 927円 楽天 1,070円

「1~10歳 美しい毛艶 チキン&フィッシュ味(1.4kg)」

Amazon 1,647円 楽天 1,180円

「7歳から チキン味(1.5kg)」

Amazon 1,036円 楽天 1,080円

「7歳から フィッシュ味(1.5kg)」

Amazon 927円 楽天 980円

「7歳から ダイエット用 チキン&フィッシュ味(1.4kg)」

Amazon 1,607円 楽天 1,080円

「7歳から 室内猫用 チキン&フィッシュ味(1.4kg)」

Amazon 1,080円 楽天 980円

「11歳から チキン味(1.5kg)」

Amazon 1,080円 楽天 1,080円

「11歳から 室内猫用 チキン&フィッシュ味(1.4kg)」

Amazon 1,080円 楽天 1,080円

「15歳から チキン味(1.5kg)」

Amazon 1,080円 楽天 1,069円

「15歳頃から 長生き猫の高栄養 チキン&フィッシュ味(560g)」

Amazon 756円 楽天 1,180円

メディファスの口コミは?

最後に「メディファス」のキャットフードに寄せられた口コミの傾向をまとめて紹介していきましょう。

まず良い評価の口コミとしては「食いつきが良い」「便の状態や匂いが良くなった」「下痢の症状が改善した」「アレルギーの子が食べても大丈夫だった」といった意見が多く寄せられていました。

一方で、「全く食べない」「飽きやすい」「毛質が落ちた」といった低評価につながる意見も多数見受けられました。

まとめ

いかがでしたか?

「メディファス」は猫によって食いつきが良くなかったり食べ残してしまったりと、味の好みの面では個体差があるようです。

しかし下部尿路のトラブルに悩まされている猫ちゃんには一度試してみても良いかもしれませんね。ぜひ参考にしてください。

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。